surya接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

   


ぎっくり腰とはどういう症状?コルセットはつけた方が良いの?

ぎっくり腰でコルセットはつけた方が良いの?

ぎっくり腰とは正確には急性腰痛症といいます。突然腰に激痛がはしるもので、ご自身や周囲の方になった経験をお持ちの方も多い、非常にポピュラーな疾患です。多くの場合、筋肉や椎間板、関節、じん帯等が損傷を起こすことで生じます。基本的には安静にして痛みが引くのを待つしかありません。ただ、気をつけなければならないのは、腰の周りに痛みを引き起こす疾患には内臓系の障害に起因するものが少なくないことです。人間の痛みの感覚は必ずしも正確ではなく、筋肉が痛いのではないかと思っても実は内臓に問題があるということは非常に多いので、大きな痛みが生じた場合は、まずは医師にみてもらうようにしましょう。
ぎっくり腰は様々な要因で発生しますが、加齢や運動不足により筋力が低下することが大きな要因として挙げられています。予防の為に、腹筋や背筋を鍛えるような一定以上の運動を欠かさないようにしましょう。
さて、先程申し上げた通り、基本的にぎっくり腰は安静にして痛みが引くのを待つしかありませんが、ずっと寝てばかりもいられません。ある程度動き回れるように、湿布薬や痛み止めを服用するとともにコルセットを使用することも選択肢の一つになります。「コルセットはつけた方が良いの?」というご質問には「楽になるのであればためらう必要はありません」が答えになります。ただ、ずっとつけたままですと筋力が弱くなりますので、痛みが弱くなってきたら外すようにしましょう。

代表者からの挨拶

代表からの挨拶

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。注射、湿布、その治療方法では痛みをごまかすことができても根本的に痛みを解消する事は出来ません。適切な治療をすれば早期に完治します。

プロアスリートからの推薦

アスリートからの推薦

お客様の声

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

腰痛
初期症状のぎっくり腰で気をつけたい動作とは

ぎっくり腰発症期の動作での注意事項 腰は体の中心に位置し、上半身を支え、様々な臓器を抱えているとても負担のかかりやすい体の部分です。その腰に痛みを感じる方は多くいますが、その中でもぎっくり腰はとても有名です。ぎっくり腰とは正式名称を急性腰痛症といい、 …

ぎっくり腰治療で保険適応するには

ぎっくり腰治療で保険適応するには デスクワークの増加もしくは達仕事の増加など同じ姿勢を繰り返すことが多くなっていることによって、本来2足歩行で動くことが理想の体の一部に大きな負担がかかることが増えています。それによって生じた負担が限界を超えた場合に脳 …

接骨院が教える突然起こるぎっくり腰の応急処置法

突然起こるぎっくり腰とは?その応急処置法 激しい痛みから「魔女の一撃」とも呼ばれるぎっくり腰、重い物を持った時起こるだけでなく、ちょっと姿勢を変えただけでいきなり襲ってくることも多いようです。ぎっくり腰とは正式には急性腰痛という名称ですが、多くは1週 …