surya接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

   


ぎっくり腰の症状とは、なってしまった時の普段生活での注意点

ぎっくり腰の症状と注意点

ぎっくり腰とは、重たいものを持った拍子に突然腰が痛くなって動けなくなる症状で、正式には急性腰痛といわれています。ぎっくり腰のほとんどは、1週間から2週間程度で自然に回復していきますが、改善されない場合や下半身に痛みや
しびれが生じる場合は受診する必要があります。ぎっくり腰になってしまった時は、普段生活する上での注意点があります。自宅では、自力で何もかもしようとしないで、壁や安定感のあるソファーなどをうまく利用することが大切です。特に、立ち上がる時や歩行時は体を預けられるものを活用しながらゆっくり動く必要があります。ベッドや布団に横になる時もゆっくり動くことがポイントで、腕で上半身の重みを支えながら徐々に上半身を傾けて横向き姿勢になります。そして、膝をくの字に曲げると痛みが和らぐことがあります。痛みが強い1日目から2日目は起きあがるだけでも腰の部分に負担がかかってしまいつらいですから、できる限り横になって安静に過ごすことが大切です。ベッドや布団が柔らかすぎたり硬すぎるとそれによって痛みに変化が出てしまうこともありますので、痛みが強まる時は大きめのタオルを敷いて硬さの調節をすることが望ましいでしょう。仰向けで寝る際には、両膝を立てたり座布団を2枚から3枚ほど重ねた上に膝から下を乗せると腰の負担や緊張が和らぐといわれています。横向きで眠る場合は、足の間にクッションをはさんで股関節と膝を曲げて丸くなると姿勢が楽になるのでおすすめの方法です。

代表者からの挨拶

代表からの挨拶

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。注射、湿布、その治療方法では痛みをごまかすことができても根本的に痛みを解消する事は出来ません。適切な治療をすれば早期に完治します。

プロアスリートからの推薦

アスリートからの推薦

お客様の声

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

軽度のぎっくり腰の直し方と治療法は深層筋療法が最善です

軽度のぎっくり腰を緩和させる直し方 急に起こるぎっくり腰は、激痛があり病院に行こうと思っても動くことができません。軽度のぎっくり腰はもその場で緩和する治し方を知っていると、楽になることができます。 軽度のぎっくり腰の原因は、長時間同じ姿勢を続けること …

腰痛
ぎっくり腰とはどんな状態?入浴しても問題はないか?

ぎっくり腰とはどんな状態? ぎっくり腰になると、激しい痛みのせいで生活上の簡単な動作すら取れなくなることがあります。しかしずっと横になったまま過ごすというわけにもいきませんし、食事や排泄などの行動は生きていくためには必須です。では入浴はどうかというと …

ぎっくり腰
ぎっくり腰の治し方で湿布やコルセットは有効か?

回復期におけるぎっくり腰の治し方とは? 酷いぎっくり腰の治し方はまず患部を動かさないようにするという事が基本です。動かしたくても動かせないというのがぎっくり腰ですが、全く動かないという事は人が生活をしている上では考えられませんから、湿布やコルセットを …