surya接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

   


ぎっくり腰とは何かと、初めに何をすればいいですか?に対する答え

ぎっくり腰とは何か初動の治療が大事

ぎっくり腰とは正式には「急性腰痛症」といいますが、突然想像もしていなかった激痛が腰に走り、重度になると立つことも出来なくなる辛いものです。原因は人によって様々ですが、骨の歪みや腰周辺の筋肉が弱くなってしまったこと、過度なスポーツによる筋肉負荷などがあります。
そのぎっくり腰になってしまったら、初めに何をすればいいですかという質問をよくインターネットなどで見かけます。その際に、あたためてゆっくりとすること、という回答があれば信じてはいけません。ぎっくり腰とはいってみれば腰の筋肉が炎症を起こしている状態なわけですから、温めるのは逆効果です。まずは氷枕や氷嚢などを使って患部を冷やしましょう。一般的には腰を痛めてから48時間は炎症物質が出続けるといわれていますので、この間は患部を冷やすことを優先します。いけるようであればとにかく病院や鍼灸整骨院などで治療を受けることが良いのですが、そんな時間がなかったり痛くで動けない場合にはとにかく患部を冷やしておきましょう。強烈な痛みが和らいできたな、と思ったら冷やすのはやめて筋肉を伸ばすなどストレッチをすることがおすすめです。
炎症物質は温めると広がってしまうので、ぎっくり腰になっている時は出来るだけ入浴はやめましょう。足湯なども全身の血行をよくしてしまい、痛みが蘇ってきてしまうことがあります。清潔感が気になる人はシャワーを浴びて洗うくらいに留めておきましょう。

代表者からの挨拶

代表からの挨拶

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。注射、湿布、その治療方法では痛みをごまかすことができても根本的に痛みを解消する事は出来ません。適切な治療をすれば早期に完治します。

プロアスリートからの推薦

アスリートからの推薦

お客様の声

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

ぎっくり腰の病院での治し方とは

ぎっくり腰の病院での治し方とは ぎっくり腰は急性腰痛症とも呼ばれ、急な動作や重いものを持った瞬間などに身体を捻った際に起こる場合が多いです。症状としては、起き上がれないほどの激しい痛みが特徴とされます。一般的には、ぎっくり腰になった際の対処法は安静に …

ぎっくり腰
ぎっくり腰の治し方で湿布やコルセットは有効か?

回復期におけるぎっくり腰の治し方とは? 酷いぎっくり腰の治し方はまず患部を動かさないようにするという事が基本です。動かしたくても動かせないというのがぎっくり腰ですが、全く動かないという事は人が生活をしている上では考えられませんから、湿布やコルセットを …

ぎっくり腰になったら少しの安静と早めの活動が大切です

ぎっくり腰になったら早めの活動が大切です 近年、若い人にも増加しているぎっくり腰は、正式には急性腰痛症と言い、何気ない動作をした後に、いきなり腰部に痛烈な痛みが起こる病気で、急性腰痛症は、関節の捻挫や筋肉の損傷、筋膜の炎症などが同時に起こる症状ともい …