東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

   


坐骨神経痛を効果的に和らげる方法と治す方法を教えます

自宅で坐骨神経痛を和らげる方法

坐骨神経痛は病院に通院したからと言って、すぐに痛みがなくなることはないので、自宅での予防法も大事です。自宅で坐骨神経痛を和らげる方法は、ストレッチをすることで、自律神経痛を緩和することができます。やり方は簡単で、仰向けに寝て膝を90度に曲げ、右足を左足の下にくぐらせた状態で足を開いていくだけです。左右をそれぞれ逆にして足を開くと効果的で、筋肉が緩んだり固くなったりするのを意識してすると坐骨神経痛が和らぎます。坐骨神経痛は、体の筋肉が弱ってきて腰や股関節に余計な負担がかかることで神経を圧迫して痛みが発生します。そのため、坐骨神経を治す方法は筋肉を鍛えるのが一番で、神経痛の療法の基本は、萎縮してしまった筋肉を強くして柔軟性を高めることが基本です。
坐骨神経痛を治す方法で効果的なのは運動で、ストレッチによって柔らかくなった筋肉を強化できるウォーキングやジョギングです。

坐骨神経痛の治癒を促すテーピング療法

痺れるような痛みを伴う坐骨神経痛は、非常に厄介なものです。そのままでは日常生活にも支障をきたすため、治癒に向けた取り組みが求められます。いわゆるテーピングも、その1つです。コツとしては、お尻の中にある筋肉にそって、専用のテープを用いることになります。坐骨神経痛においては、梨状筋と呼ばれる部分に張ることが効果的です。お尻の中心にある三角形の大きな骨から、太ももの上にある丸み帯びた骨の間が、それに当たります。もちろん、よりよく治癒効果を高めるためには、テーピングだけではなく、専門機関での診察も必要です。その上で、整骨院による施術などもとりいれて、しつこい坐骨神経痛の早期改善を目指していきましょう。

代表者からの挨拶

代表からの挨拶

坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰の治療

腰の痛みの原因には、いろいろなものがあります。坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰など、痛みが強い症状のものもあります。それぞれの症状に合わせた、正しい治療を行うことが大切です。
坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアから起こっている可能性もあります。骨と骨のクッションの役割をしている、椎間板が圧迫されてしまっていたり、飛び出してしまっていることで、腰の痛みを引き起こします。慢性的な痛みが続くことや、徐々に症状が悪化してしまうので、早急に適切な治療が必要です。重症な場合には、手術も必要となります。ぎっくり腰は、ねんざのような症状で、急に起こるものです。重いものを持ち上げたりするときに起こりやすいので注意しましょう。

坐骨神経痛の時にジョギングや自転車いいのか

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びる坐骨神経が様々な原因によって圧迫・刺激されることによって痛みやしびれなどの症状のことです。
腰痛や、お尻、太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれなどが現れてしまい、ひどい場合には麻痺や痛みによって歩行障害を引き起こします。
坐骨神経痛の原因の多くが運動不足です。その他痛みが引いてきたら運動を行うことは有効です。ジョギングではなく、ウォーキングなどで十分効果を得られます。
自転車も有効ですが、ロードバイクやマウンテンバイクのような前傾姿勢をとる自転車ですと腰に大きな負担がかかってしまい悪化する可能性があります。
ペダルをこぐ時につま先に力を入れすぎるなども悪化につながるため、無理のない運動を選ぶことが大切です。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

坐骨神経痛と肩こりの症状と原因

坐骨神経痛になると、お尻から太ももにかけての部位がジンジンと痛んでしびれを感じるという症状が出ます。坐骨神経痛は腰痛の一種ですが、腰の周辺ではなく腰から離れた部位に痛みやしびれを感じることが大きな特徴になります。同じ姿勢を取り続けたり運動不足でお尻の筋肉が固くなることが原因で発症し、ストレスなどの精神的要因が元で発症するケースもあります。
肩こりの症状は、肩がこって肩の周辺が痛くなり、しびれの症状が出ることもあります。肩こりの原因は筋肉疲労や血行不良、ストレスによる緊張などで、肩の周辺の血行不良が大きな原因になります。寒さによる筋肉の緊張や自律神経の乱れが原因になることもあり、さまざまなことが原因で発症します。

治療料金

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。注射、湿布、その治療方法では痛みをごまかすことができても根本的に痛みを解消する事は出来ません。適切な治療をすれば早期に完治します。

プロアスリートからの推薦

アスリートからの推薦

ただの腰痛と侮るなかれ!坐骨神経痛の予防法

腰から太もも、足先まで通っている坐骨神経が圧迫されることが起こる坐骨神経痛。坐骨神経痛は悪化すると歩行困難になることもあるため、ただの腰痛だと油断せず予防することが重要です。その予防法を2つご紹介します。まず一番大切なのはストレッチをすることです。ストレッチは血流をよくしたり、筋肉の緊張をやわらげる効果などがあります。筋肉がかたくなると腰椎や骨盤の動きが悪くなり、腰痛を招く原因になるのでストレッチはいい予防になります。お風呂上がりなど体が温かい時にするのがおすすめです。次にストレッチなど軽い運動は効果的ですが、激しい運動は逆に腰痛の原因になることがあります。運動不足の方は特に注意が必要で、普段デスクワークが多い方などは軽い運動から始めるといいでしょう。坐骨神経痛は一度なってしまうと再発もしやすいので、普段からストレッチをして予防に努めたいですね。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

坐骨神経痛
急性期の坐骨神経痛を軽減するには軽度のストレッチが重要

急性期の坐骨神経痛を軽減するには軽度のストレッチが重要 坐骨神経痛は、おしりの付近から足の先にかけてしびれるような痛みが出る症状のこと。腰骨から延びている坐骨神経と呼ばれる神経が圧迫を受けることによって発生するものです。椎間板ヘルニアや腰椎すべり症な …

腰椎すべり症
坐骨神経痛を早期で治す治療法深層筋療法で即日緩和

坐骨神経痛の治し方について 坐骨神経痛の疑いがある場合には、整形外科か接骨院、整体院などに行く治療が一般的です。ブロック注射や薬は、一時的な痛み止めの効果のものが多く、根本的な改善にはなりません。しかし、スーリヤ式深層筋療法では坐骨神経痛の根本改善目 …