東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


吉祥寺で整体ならスーリヤ式深層筋療法で辛い症状は即日緩和

整体とは体のゆがみを修復し、元に戻します。

人間の体は、頭蓋骨から体幹にあたる背骨を中心に、両手両足や両目、両耳に代表されるように、左右対称と考えがちです。ただし、心臓は左側に1つです。そのように、厳密にいえば、完全に左右対称ではありません。左右の腕の長さや、脚の長さは微妙に違います。利き腕や、利き足もあって、筋肉の付き方も違います。しかし、人間の体は、そのわずかな違いには、適応する能力が備わっていて、日常生活にはほとんど支障はありません。それでも、年齢とともに、その差が大きくなり、いろいろな影響が発生してきます。なんとなく、左の肩だけ凝ってくるとか、右足だけいつも疲れた感じがするとか、少しだけ首が右に傾いているとか、このように、左右のバランスが微妙に狂ってきて、体に支障をきたすことがあります。そんな時こそ、体の修正です。長年かかって発生したゆがみを修復することで、いろいろな体の不調を改善できます、整体とは、そのような体のゆがみやこわばりを、解消する療法です。資格ある整体師が、患者さんの体をみれば、すぐに体のゆがみに気が付きます。それが原因して、いろいろな不調が発生していることもわかります。原因する部分の歪みを修復し、ズレがある場合は矯正し、慢性的な筋肉の硬直をほぐし、体調をもとのように調整します。おもに、手や足を使い施療しますが、体の部分や症状により補助道具で行う場合もあります。症状が重いと感じるときには、武蔵野市の吉祥寺スーリヤ接骨院へご相談ください。

下記沿線から多数来院頂いております。

武蔵野市吉祥寺北町、武蔵野市吉祥寺東町、武蔵野市吉祥寺本町、武蔵野市吉祥寺南町、武蔵野境南町、武蔵野市御殿山、武蔵野市境

整体とマッサージの違いを分かりやすく

整体とマッサージの違いとして、一番大きい違いは、資格です。整体師は、民間資格ですが、マッサージ師は、正確にはあん摩マッサージ指圧師と呼ばれる国家資格があります。リラクゼーションマッサージやリンパトリートメントなどは、エステなどと同じで癒しを目的としたリラクゼーションサービスに該当します。整体では、身体全体の関節のずれやゆがみを手足を主に使って、改善していきます。対して、マッサージの場合は、身体の表面をもんだり、おしたり、たたいたり、さすったりなどの施術を行い、血液循環やリンパ循環を促すことを目的にした施術になります。
マッサージの手わざは、あん摩マッサージ指圧師しか施術することができないため、整体師が行った場合は違法になります。しかし、様々な手法や流派などもあるため、もんだりさっすたりなどの行為に類似した手技が施されることもあります。
整体に施術方法の明確な定義がないため、一般的な整体院で受ける整体では、マッサージをミックスした施術を行っているところが多いです。肩こりや腰痛、背中のハリなどの症状を治したい場合には、自分に合った施術を受けることが大事になるため、施術の特徴や口コミなどの情報を参考にすることです。武蔵野市の整体で治療を受ける場合には、再発のしにくい身体へ導く施術を受けることが大切です。

代表者からの挨拶

代表からの挨拶

整体とカイロプラクティックのちがいについて

整体とカイロプラクティックの違いがわからないでなんとなく、どちらでもいいかと施術をうけるとその目的も効果もちがってしまうということがあります。整体とは体を整るということですが、つまり筋肉をほぐしていくことを目的としています。整体の施術は60分とか90分と決められていてその中で、つらい部分を中心にほぐしていくことを目的としています。やり方もベットに寝てやることもありますが、床に寝てもらってやる場合があります。一方カイロプラクティックとは施術時間が15分から30分になっています。まずは患者さんの体の検査をしてゆがんでいる様子を調べていきます。そのうえで神経の圧迫などんど矯正をしていきます。
それによって患者さんの症状の改善を目的としています。目的は猫背やゆがみがあってもそれを正確に直していくということではありません。あくまでも患者さんの症状が改善していくのが目的で、そのためにその人にあった神経の圧迫などをしていきます。
このように整体とカイロプラクティックというのはやり方違いますが、両方に共通しているのは、患者さんのつらさに耳を傾け、少しでも症状が改善していけるように努力していく姿勢ということが共通しているところです。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。注射、湿布、その治療方法では痛みをごまかすことができても根本的に痛みを解消する事は出来ません。適切な治療をすれば早期に完治します。

下記沿線から多数来院頂いております。

中央線吉祥寺駅、吉祥寺駅公園口、JR吉祥寺駅、武蔵野市吉祥寺北町、武蔵野市吉祥寺東町、武蔵野市吉祥寺本町、武蔵野市吉祥寺南町、吉祥寺小学校、吉祥寺バス停、吉祥寺駅北口、吉祥寺駅南口。

プロアスリートからの推薦

アスリートからの推薦

整骨院と整体院の違いは何ですか

整骨院と整体院の違いについて説明します。整骨院も整体院も、痛みの治療を行います。しかし、その性質や治療内容は異なります。整骨院は、一定の教育課程で、基礎医学や専門知識、技術、関係法規を学習した後、 国家試験に合格し厚生労働大臣から柔道整復師免許を与えられた柔道整復師が開設する施術所で、 捻挫、打撲、筋、腱の損傷である挫傷、骨折、脱臼などの施術をするところです。もちろん、これらをきっかけ原因とする腰痛や膝痛などを治療するために、整体院にかかることもできます。整体院は治療施設ですので、保健所に開設届けを提出して認可を受けなければ開業できません。さらに、健康保険の適用が認められています。一方、整体院は、脊椎、骨盤、肩甲骨、上肢、下肢など、からだ全体の骨格や関節の歪み、ずれの矯正、骨格筋の調整などを、手足を使った手技と補助道具で行い、痛みを取り除くように施術します。施術者の資格も定められていませんし、開設するのに認可を受ける必要はありません。独自の利用法や得意とする分野に特化している整体院もあります。また、健康保険の適用はありません。保険が適用できる症状であれば、接骨院が適しています。しかし、慢性的な症状には、整体院のほうが効果的な場合もあります。結論を言うと、整骨院は、比較的急性の痛みにも対応できる施術所であり、一方、整体院、比較的緩やかな痛みに対応してくれる施術所と言えるでしょう。

意外と知らない、接骨院と整体院の違い

の体は脆く、ささいなことで骨格のすべてにダメージが及びます。ひとたびバランスを崩すと、ケガにつながります。従来の病院ではなく、骨の施術をメインとする接骨院に診てもらうのが最適です。けれど、同じように骨格を施術する整体院もあります。
接骨院と整体院の違い、これを説明できる人間はほんの僅かです。同じような響きでも、中身は全く違います。接骨院は、主にケガの施術を行います。捻挫・打撲・挫傷など、急性のものや痛みが慢性化する亜急性のものを治します。接骨院では保険が適用できるので、治療費を安く抑えることが可能です。整体院は、四股や脊髄などの骨格全体の施術を行います。ケガをした人が通っても、門前払いされます。あくまで骨格の調整を行う場なので、治療扱いにはならないです。こちらは保険が利かないので、間違えないことです。残りの違いは、資格があるかないかにあります。接骨院は国家資格が必要ですが、整体院は民間資格で十分です。通う際は、くれぐれも間違えないことです。違いを把握しておくことで、急な事態にも迅速に対応できます。しかし、本当は行かないことが理想です。

手技療法の一種の整体の資格とは

整体は、名前が示しているように身体のゆがみを整えることを目的とした手技療法の一種で、伝統的な民間療法とアメリカのカイロプラクティックが融合して誕生したと考えられています。特に、身体の中心部に位置している骨盤を重視しており、この部位を矯正する施術を中心としています。これにより、負担を均等に支えられるようになるので、歪みが原因で生じていた痛みや不調が改善されることになります。

なお、整体は統一した組織や教育機関を持たないということが特徴で、鍼灸師や柔道整復師とは違い、業務を行う上で資格は必要ではありません。中には、整体師という資格を保有している人も存在していますが、これは国が認定したものではありません。つまり、整体の資格とは、あくまでも民間団体の内部でのみ通用するものに過ぎず、国家ライセンスとは違うということになります。

このために、資格を保有しているということと整体師として優秀ということはイコールではないので、治療師を見つけ出す際の目安にはなりません。それよりも、実際に施術を受けた人の口コミの方が参考資料として信用できます。統一した組織がないということは治療師のレベルも一定ではないということになるので、事前の比較検討は非常に重要なポイントです。

通常の整体とは違うスポーツ整体とは

スポーツ整体とは、スポーツ愛好家やアスリートなどに対して行われる専門的な手技療法のことです。通常の整体はリラクゼーション整体といい、リラクゼーションサロンなどで痛いところやつらい箇所を問診し、歪みや不良のある部分を中心に施術を施します。最も多いケースが、腰や膝、肩などの痛みやしびれです。その他、美容整体や産後整体と呼ばれる女性に特化した整体もあります。一方、スポーツ整体では、主にスポーツ愛好家たちのコンディションを調整します。具体的にはアライメントと呼ばれる骨の配列不良や、動くことによって生じる歪みといったものを改善します。そのためスポーツ整体師は、身体の骨や筋肉についての知識だけでなく、スポーツに関する知識も必要になります。患者によっては、スポーツトレーナーとしての役割が求められるケースもあります。スポーツ整体では施術を行う際、常にボディチェックを行って、どの箇所が不具合を起こしているかを判断します。患者の身体を触った感覚やその動きから、どの部分が悪く、どう施術すれば改善できるのかを瞬時に判断する実力が求められます。近年、成人病の予防の観点からスポーツを楽しむ人が増えているため、スポーツ整体の需要も増加しています。

整体の種類が多様なわけ

整体の種類を知るためには整体の歴史について見ることに手掛かりがあります。整体の起源はいろいろな説がありますが、有力なものの一つとして中国におい行われていた2000年前の推拿(すいな)と言われ、これは古典按摩を進化させたもので針灸、漢方に続く中国三大医療の一つです。西洋においてはアメリカで1800年代に創始されたカイロプラクティックがありますが、これは病気は神経系の機能障害によって起きるという考えに基づいた脊柱矯正術です。いずれも手技をメインとして用いられた療法で、整体とはこれらの技術が融合、発展して出来上がったものと言うことができます。つまり統一された体系はなく施術者によって施術の内容は異なることになります。このことで整体には多様な流派や種類が生まれることになります。これは西洋医学的なものが科学的、客観的なものとして発展してきたことに対し、東洋医学的なものは臨床に基づいて発展してきたことによる違いが影響していると言えます。中国整体、スポーツ整体、美容整体という看板の数々は施術者が得意としている症状や施術に依拠して掲げられてしますので、選ぶ時の参考にすることができます。また整体師には公的な資格はなく誰もが行えることから質に善し悪しがあるとも言われます。

整体と指圧の違いはどこにあるのか

肩こりや腰痛など体の調子が悪くなった時、病院に行くほどではないと思ったら指圧や整体へ行く事がよくありますがそのふたつの違いを理解していない人も少なくありません。では整体と指圧の違いはどこにあるのでしょうか?

指圧は、指や手のひらで体を圧迫して刺激を与えることで、生体反応を引き出して治療を行う手技療法です。
揉むことはなく、あくまでも押すことでリンパや血液の流れを良くして、老廃物や疲労物質を取り除く、筋肉の緊張をほぐしていくというものです。
指圧を行えるのは、あん摩マッサージ指圧師という国家資格の資格保有者であることが条件となります。

対して整体とは、手技で体の歪みを矯正していき、それにより血行促進、疲労回復などを図る民間療法です。
体が持っている自然の力を使って癒やしていくという点では、指圧と同じですが、気功やカイロプラクティックなど多くの種類があり、得意とする症状も異なります。その中にはいい加減な施術を整体と呼ぶこともあるので注意しなければいけません。それというのも国家資格が必要な指圧と違い、整体は無資格でも出来る点が根本的な原因です。
もちろん高い技術をもって施術をする整体もあるのですが、利用者が見極めなければいけないのでトラブルが起きることを防ぐことは難しいのです。

整体の歴史は2000年前から始まる

整体の歴史ですが、2000年前の中国で行われていた椎拿(すいな)が原型となっています。椎拿は、中国三大医学のひとつであり、鍼灸や漢方などと共に、中国では現代でも重要視されています。整体と同様に手技療法であり、筋肉や骨格や筋肉の歪みを正す他に、リハビリテーションにも使用されています。日本ではこの椎拿に、日本古武術より伝わる手技療法や、民間の指圧療法なども加わり、明治以降に整体が行われるようになりました。また、日本の整体に影響を及ぼした手技療法に、オステオパシーがあります。オステオパシーは1874年にアメリカ人のアンドリュー・テイラー・スティルによって開発され、その後、大正時代の日本に伝わりました。整骨医学と翻訳される場合があることからもわかるように、主に骨の歪みを改善していきますが、身体全体の歪みも調べます。そして、身体全体のバランスを正常に戻すことを目指しています。その他、1895年にアメリカ人のダニエル・デビッド・パーマーによって開発されたカイロプラクティックも、大正時代の日本に伝わり、整体に影響を与えました。現在の整体には多くの流派があり、国家試験による整体師の資格はありません。しかしどの流派であっても、基本的に骨格や骨格筋の歪みを改善するという点で一致しています。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

関連記事はありませんでした