東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


武蔵野市の接骨院で軽いぎっくり腰治療は深層筋療法で即効緩和

軽いぎっくり腰は接骨院で治療できる

ぎっくり腰のような腰痛になってしまったときには、どこに治療しにいくのが良いのか迷う場合もあるでしょう。ぎっくり腰を診てくれる施設として、接骨院があり、整骨院やほねつぎという言い方もします。武蔵野市の接骨院は柔道整復師が施術を行う施設のことで、柔術に含まれている骨や関節、靭帯などによって生じる脱臼や捻挫、打撲、挫傷などを治療を行います。接骨院では体の損傷に応じて、手術をすることなく、悲観血的療法と呼ばれる技を使って自然治癒力を高める治療法が採用されています。一般に接骨院で行われる施術としては、低周波の電気を痛みが生じている部分にあてること、マッサージを行うこと、湿布を貼ることが主な内容となりますが劇的によくなることはありません。接骨院は関節や骨、靭帯の痛み専門と言えますので、骨に異常が生じているときや、骨がゆがんでいることが原因で起きている腰痛であれば、良い治療場所となります。ただし、骨や関節に異常が生じているわけではない腰痛であれば、別の治療を受ける必要があります。初診でなければ、保険が適用されるときには3割負担で済みます。一般的に接骨院は治療費が安い点が大きな特徴となっており、治療にかかる時間も短いですので、武蔵野市の仕事帰りに通いたい人に向いている施設です。手技治療は10分程度しかなく、保険が適用されますが、技術のない接骨院では症状が緩和しませんので確認しておくことが大切になります。症状が重いと感じるときには、武蔵野市の吉祥寺スーリヤ接骨院へご相談ください。

下記沿線から多数来院頂いております。

武蔵野市吉祥寺北町、武蔵野市吉祥寺東町、武蔵野市吉祥寺本町、武蔵野市吉祥寺南町、武蔵野境南町、武蔵野市御殿山、武蔵野市境

接骨院で行うぎっくり腰の保険治療について

一般的に、ぎっくり腰は急性の腰のねんざのような状態と判断されるため、健康保険が適応されます。特に、症状として熱をもった痛みがある場合は保険が適応されます。動かなければ痛みはないといった慢性のぎっくり腰の場合は、日常生活の見直しや身体作りなどが大切になってくるため、適応外になる場合がありますので、施術者に相談することをおすすめします。明らかに慢性のぎっくり腰ではないと判断された場合は保険治療を受けることができます。傷害保険がおりる場合もあります。その場合は、短期間で症状がでたのかという点、予測出来ずにたまたま症状がでたのかという点、身体の外にあるものが原因でぎっくり腰になったかという点を満たすことが重要です。武蔵野市の健康保険、傷害保険、共に慢性的なものでなければ使用することができます。通常、ぎっくり腰になった場合は、一週間から10日ほどで完治するといわれていますが、実際には1ヶ月ほど完治までにかかる場合もあります。そのため、武蔵野市の保険治療で治療を受けることができるか、自己負担になるのかによって治療費は大幅に異なります。繰り返し症状がでてしまう場合には、腰回りの筋肉が凝り固まった状態になっており、凝り固まった筋肉の代わりに健康な筋肉が補おうとはたらき、負担がかかってしまいます。凝り固まった筋肉を放置しておくとくしゃみや寝返りなどの日常的な動作でぎっくり腰を誘因しやすくなります。武蔵野市の接骨院で治療を受ける場合には、再発のしにくい身体へ導く施術を受けることが大切です。

代表者からの挨拶

代表からの挨拶

軽いぎっくり腰の直し方について

ぎっくり腰になってしまった場合の直し方として覚えておきたいのが、症状に合わせて対策を行っていくという事です。ぎっくり腰になってしまった場合に、痛みが酷い場合や、患部が熱を持っている場合、まず冷やす事が大切です。それにより、痛みを和らげる事が出来ます。ただ、いつまでも冷やしているという事はおすすめできません。冷やすと痛みが和らぎますが、冷たい状態は血液の巡りが悪くなり、治りが悪くなってしまいます。ですから、痛みが落ち着いてきたら、温めて、血液の流れが良い状態にしていく事が大切です。更に、ぎっくり腰になったら、安静にしている方が早く治ると考える人は少なくありません。確かに痛みが強い間は安静にしている事も大切ですが、痛みが治まってきたら、無理のない程度に体を動かしていく事が重要になってきます。
ぎっくり腰になると、腰の筋肉は縮んでしまった状態になっています。この状態を改善する為には、体を動かし、筋肉をほぐしていく事が有効です。無理をすると、体や筋肉に大きな負担がかかる事になる為、いきなり体を激しく動かすのではなく、最初は無理のない程度に動かしていく事が大切です。それにより、徐々に筋肉がほぐれ、痛みが改善しやすい状態になります。そして、ぎっくり腰が治ったら、次に再び同じ状態になりにくいように、ストレッチを続けていく事がおすすめです。なりにくいように対策をしておく事で、同じ状況になっても、ぎっくり腰が起きにくい状態になります。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。注射、湿布、その治療方法では痛みをごまかすことができても根本的に痛みを解消する事は出来ません。適切な治療をすれば早期に完治します。

下記沿線から多数来院頂いております。

武蔵野市桜堤、武蔵野市関前、武蔵野市中町、武蔵野市西久保、武蔵野市緑町、武蔵野市八幡町、武蔵境駅。

プロアスリートからの推薦

アスリートからの推薦

ぎっくり腰が発生するメカニズムとは

突然激しい痛みが体を襲い、動けなくなってしまうぎっくり腰。歩くことすら困難になってしまうほどの痛みが発生するぎっくり腰のメカニズムとは、どのようなものなのでしょうか。
ぎっくり腰を引き起こすベースとなっているのは、筋肉が固まって緊張した状態になっているためです。筋肉がこわばって血流が悪くなっているところに、何らかのアクションを起こしたことが直接的な原因となって急激な痛みが発生します。例えば、重い物を持ち上げたり、くしゃみをした時、洗面所で顔を洗う時やシャンプーでずっと前かがみの姿勢を取っていた時などに発生します。腰に負担のかかる動作を長く続けているとぎっくり腰になりやすいのですが、下に落ちている物を拾うといった突発的な動作でもぎっくり腰になる場合もあります。
こうした慢性的な筋肉のコリが原因になっているケースもあれば、腰部椎間板ヘルニアが原因でぎっくり腰になるケースもあります。腰部椎間板ヘルニアで痛みが発生するメカニズムは、腰のあたりにある背骨の骨と骨の間にある椎間板が、突き出てしまって神経を圧迫して起こります。椎間板は骨の圧力を和らげるクッションの役割をしているのですが、加齢により弾力が失われてくると、ちょっとした拍子で変形してしまうことがあります。椎間板ヘルニアになると、腰痛の他に手足の痺れを感じるといった特徴があります。
また、椎間板の劣化で筋肉や神経に負担がかかってしまう腰部椎間板症も、ぎっくり腰を誘発する原因になり、腰に負担のかかるような姿勢を続けている時に筋肉や神経がダメージを受けて激しい痛みが出てきます。

ぎっくり腰の歪み解消と要因となる筋肉

ぎっくり腰の原因は様々ですが、何となく筋や骨などの歪みが原因になっているのではないかというイメージがあります。
確かに、重い荷物を持ったりして腰に負担を掛ける事により、その部分の筋にも同時に負担が掛かってしまいぎっくり腰になるという仕組みは正しいですが、これを予防するためにはその他の部分にも目を向ける必要があります。まず、筋や骨を正しい位置に保つためには強く柔軟性のある筋肉を保つ事が大切です。腰の部分にも筋肉があり、ぎっくり腰の要因となる筋肉は腰回りから脚にかけて伸びる筋肉です。いずれにしても下半身ですから、スクワットやウォーキングなどを行ないながら主に下半身を中心にトレーニングをしていくのが良いでしょう。下半身の筋肉が左右平等につく事によって骨や筋の周りを固める事が出来ますから、自ずとまっすぐな位置になり、身体全体がバランス良くなります。すごく重さのある荷物を持ったりして無理を続ければどれだけ身体のバランスが良かったとしても負担は掛かってしまいますが、多少の刺激には耐えられるようになります。
また、同じ筋肉でもかちかちに固まっていると逆に筋を傷める事がありますから、曲げ伸ばしなどをしながら動かして柔軟性を高める事も大切です。
トレーニング後のストレッチや筋に沿って流すようにマッサージをするというのも柔軟性を高める上で非常に役立つ行動となりますから、正しい知識の上でトレーニングを進めましょう。

ぎっくり腰になった場合の症状のレベル

ぎっくり腰は、医学的には急性腰痛症と呼び、急激に腰の周辺で痛み発生するというものです。発生するメカニズムはさまざまですが、痛みの原因としては腰椎を走る神経が急激に圧迫されることによって痛みが発生します。さらにその圧迫の程度が強い場合にはしびれや麻痺といった症状をもたらします。圧迫の理由として考えられるのは椎間板ヘルニアで、これは椎骨と椎骨の間に存在するクッションの役割を果たす軟骨である椎間板が何らかの理由で突出して神経を圧迫するというものです。また椎間板ヘルニアのほかにも椎骨が圧迫骨折したりすることでも発生します。
ぎっくり腰の症状のレベルとしては、軽症の場合には痛みが伴うことで腰を自由に動かすことが困難になりますが、耐えられないほどではないため、姿勢にさえ気をつけていればだいたいのことはこなすことができます。一方で重症になると歩くことすら困難であり、また寝ることも辛いという状況に陥ります。この場合には痛みが続くほか、腰を少し動かすだけでも痛みが発生します。このためトイレに行くことすら難しくなるほか、寝ていても痛みによって睡眠が妨げられるという状態になり、ほぼ寝たきりの状態になります。
ただぎっくり腰そのものは次第に痛みが引いていくもので、重症化した場合には2週間程度でかなり回復することが可能です。

ぎっくり腰になりやすいスポーツとはなにか

ぎっくり腰は突発性腰痛症や急性腰痛症とも呼ばれ、腰痛の一つです。じん帯や関節を包む膜が損傷したことによって起こり、急に痛みが生じ、腰を伸ばすことができにくくなります。ですが、原因が特定されないことも多く、骨や椎間板にも異常が見られません。
ぎっくり腰など腰痛になりやすい人は肥満傾向にある、痩せすぎ、前かがみになることが多い、同じ姿勢でいることが多い、急に腰を動かす、重労働が多い、運動不足などがあげられます。この他加齢やストレスなどによっても痛みが生じることがあります。
ぎっくり腰になりやすいスポーツとしては瞬間的に体を後ろにそらす動作が多い、バレーボールやテニス、バドミントン、体操や腰を急にひねることが多い、野球やゴルフ、ダンスなどがあります。特に野球やゴルフの場合、スイングをした瞬間に腰に痛みを感じることが多いです。
ぎっくり腰はくしゃみをした時や、重いものを持ち上げようとした時、顔を洗うなどの前かがみの姿勢になった時、勢いよく振り返った時、朝布団から起き上がる時に起こりやすくなります。安静にしていることが一番よく、安静にしていると2日から3日程度で良くなっていきます。痛い場合は3日までは冷やすようにし、それ以降は温めて血行を良くします。温める場合は蒸しタオルやカイロを利用すると良いでしょう。
ぎっくり腰は再びなることもあります。座ったり立ったりしたときに腰に違和感がある、腰や背中が張っているという時はぎっくり腰の前兆でもあるので、早めに安静にするようにします。

急に激痛に襲われるぎっくり腰の症状のレベルとは

ぎっくり腰は突然発生し、最初の痛みが最も強くてその後は緩やかに痛みが引いていきますが、ぎっくり腰の種類によっては適切な治療を施す必要も出てくるため、症状のレベルや痛みを見極めて対応していきましょう。
ぎっくり腰には筋肉や靭帯の損傷が原因で起きる肉離れのようなタイプと、ヘルニアなどで神経を圧迫しているタイプがあります。ぎっくり腰の症状では突然鋭い痛みが体を走り、その後は足に力が入らなくなるので立っているのが難しい状態になります。一度激痛に見舞われてしまうと、その後も腰に負荷がかかる度に激しい痛みに襲われてしまいます。
損傷の範囲が少なければ、歩行やトイレは問題なくできるため、前かがみなど腰に負担がかかる姿勢を取らなければ、何とか日常の動作をこなすことができます。
立った姿勢のまま固まってしまって動くことが困難な状態になってしまった場合、少しでも姿勢を崩すと激痛に襲われるので、壁や家具などの固定された物を掴みながら、ベッドやイスに移動します。この症状のレベルでは立っていることが辛いので、歩くことは困難です。寝ていても痛みがあり、入浴や洗顔は難しくなります。
あまりの激痛と膝に力が入らなくて立つことができず、手と膝をついたまま四つん這いで移動するといった時は、かなり重度のぎっくり腰です。このレベルでは痛みのあまりに気絶してしまうこともあり、安静にできる姿勢をとるには周囲の助けが必要になります。日常生活のすべてが困難で、食べることや寝ることすら大変になってしまいます。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

接骨院
三鷹市で接骨院なら各種保険治療のスーリヤへ

三鷹市の接骨院、整骨院とは 接骨院とはどいうった施設なのか、接骨院とは、柔道整復師という国家資格を持った施術者が施術を行うことのできる施設です。 骨折、脱臼、捻挫、打撲などの治療を保険適用で行ってもらう事ができます。しかしなが、整形外科の医師とは違い …