東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


ひどい肩こり最善の治療法と解消法は深層筋療法

日本人が肩こりで悩む人が多い理由

実は方こりを訴える人が多いのは日本ならではのこと。欧米などではあまりみられず、そのため英 肩こり」に該当する単語がありません。その一番の理由は、日本人は欧米人に比べ、筋肉量が少ない体質だから。少ない筋肉に大きな負担がかかることで、筋肉が緊張する、つまり「こる」度合いが多いのです。実際、がっしりとした筋肉質の人が肩こりを訴える例はあまり多くありません。
「気になっている症状」のうち、肩こりの順位がより高いのは女性です。女性のほうが男性よりも筋肉量が少ないからでしょう。
とはいえ、「体質的なものだからしかたがない」とあきらめるのは早計です。肩こりを訴える人は30歳前後で急増し、年齢別にみると、肩こり 40から60歳くらいまでは増加するのですが、それ以降は急激に減少します。それは、肩こりが働き盛りの年代に集中して起こりやすいことを示しています。

肩こりは現代社会の必然?

先にも述べたとおり、「肩がこる」というのは、くびや肩、背中の筋肉の緊張が続き、疲労している 態のことです。緊張状態が続くということは、「筋肉を動かしていない」ということ。つまり、あまり動かさず肩周辺の筋肉に負担をかけ続けていると、肩こりになりやすいのです。 現代社会には、肩こりを引き起こしやすい要因があふれています。家電製品など便利なシが普及し たことにより、職場でも家庭でも、身体を動かす機会はどんどん失われています。また、交通シ 達したことで、歩くことも少なくなっています。生活がどんどん便利になる反面、現代人の運動不足はますます助長されているわけです。 運動不足に加え現代人が肩こりになりやすい要因があります。それは、首や肩に負担がかかる姿勢をしがちなこと。姿勢が悪いと、ただ座っているだけでも首や肩に掛かる負担は増加します。職業的にも、デスクワーク中心のサラリーマンやOL、トラックやタクシー運転手は調理師などは肩こりになりやすい代表選手といえるでしょう。いまや どんなシーンでも使われているパソコンも肩こり人口を増加させています。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。注射、湿布、その治療方法では痛みをごまかすことができても根本的に痛みを解消する事は出来ません。適切な治療をすれば早期に完治します。

電話

予約

パソコンと肩こりの深い仲とは

姿勢と肩こりの関係に触れましたが、パソコンは姿勢の影響が著しく反映される作業です。
画面を注視するあまり、背中が丸くなりくびを突き出している人をよく見かけますが、この姿勢では首の後ろの筋肉が緊張してしまいます。又、両腕をキーボードの上にかざし指先だけでキーを叩き続ける姿勢は、腕が疲れるのはもちろん、腕を支えている肩にも非常に大きな負担をかけます。 更に悪いことに、仕事中はほとんど動かず、ずっとその姿勢を続ける人が多いのです。不自然なかたちに固定された首、肩、背中にどんどん疲労が蓄積するのですから、肩こりになるは当然といえます。又長時間パソコン作業をする人には「テクノストレス と言われる特有のストレス症状があると言われております。

パソコンなどハイテク機器と長時間接する事でこれなでにない緊張や、不安などさまざまなストレスが生じます。
それが肩こりとなって現れる症例が多いのです。パソコンへの依存度が急速に高まっている、現代社会では、数知れないストレスを受けながら肩こりの危険度はますます上がっているのです。

 心身を消耗させる眼精疲労と肩こりの関係

長時間のパソコン作業により起こる不快な症状は肩こりだけではありません。近年、働き盛りの世代に多くみられるのが、「眼精疲労」です。肩こりと眼精疲労、パソコン社会の弊害を代表する両者は深く関わりあっています。

眼精疲労という言葉は広く知られてますが、単なる「疲れ目」と混同している人が多いのではない でしょうか。その違いを簡単にいうならば、一晩寝ると治まるのが疲れ目で、睡眠だけでは疲れが取れないのが眼精疲労です。眼精疲労は、パソコンのディスプレイを凝視するなど、長期にわたって目を酷使することでおこります。目の筋肉が緊張することで、目の痛みから肩こりを引き起こします、酷い場合は頭痛や吐き気も伴い、倦怠感など精神的な不調を引き起こすこともあります。眼精疲労には、ストレスも大きく関係します。 「ミスをしてはいけない」などと強い緊張感もってディスプレイを凝視していると、それがストレスなって眼精疲労を引き起こすのです。そのようなストレスが肩こりを引き起こしやすくなります。

ちなみに眼精疲労の要因となる病気にドライアイがあります。ドライアイとは涙の分泌量が少なくなり目が乾燥する病気です。放っておくと目の表面に傷に付くので早期の治療が必要となります。

頸椎をスムーズに動かすための要「椎間板」とは?

くびは、かなめとなる頸椎がー本の骨ではなく、7個の椎骨によってできているからこそ広い可動域 を有していますが、ただ骨が連なっているだけでは、椎骨同士が接触してしまい、重みや衝撃ですり減 ったり損傷したりして柔軟には動きません。それらを防ぎ、スムーズな動きを保障しているのが、椎骨と椎骨の間に挟まっている「椎間板」です。頸椎も含め、脊椎を構成す24個の椎骨の間には、すべて椎間板があり、クッションの役割を頸椎の動きの対応しております。椎間板の成分は80%が水分という、非常に弾力性のある円盤型の組織であり、ゲル状の髄核が繊維輪とういう丈夫な組織で何重にも包まれてます。首を前後左右に曲げるたびに柔軟に形を変え、直立すると元の形に戻ります。細い首が思い頭部を支えながらスムーズに動くのも、この椎間板クッションがあるお陰です。

しかし、年齢を重ねると、椎間板の水分は徐々に減っていき、厚みや柔軟性を失っていきます。薄く硬くなった椎間板は、重みや衝撃を十分に受けてめられず、椎骨の摩耗や損傷を防ぐことが出来なくなります。その結果生じた椎骨の変形が、首や肩の痛みに繋がる事があります。これが、周囲の神経を刺激し、痛みに繋がる事もあります。首のスムーズな動きの為になくてはならない椎間板。その反面トラブルの要因になる存在でもあります。

肩こりの背景にあるもの

くび・肩・背中のこりは人類の宿命? 現代人の多くを悩ませる肩こりは、人類の進化の過程上、必然のことといえるかもしれません。そも そも私たちの祖先が2本足で歩いたことが、肩こりの要因となっているからです。 人類の祖先は、もともと4足歩行をしていましたが、進化の過程で2足歩行に移行しました。「足歩 行のときには、両腕を地面につけ肩甲骨を背中に乗せていましたが、直立することで両腕を肩からぷ らさげ、肩甲骨を背中に背負うようになったのです。肩甲骨は、鎖骨や上腕骨などと繋がっているものの、胴体とはしっかりつながっていません。つまり、両腕と両肩甲骨といつ荷物の重みは、ほとんど肩の筋肉のみで担わさるをえないのです。以来、私たちは常に両肩に重い荷物を背負いけて現在に至るというわけです。2足歩行により生じた新たな負担はそれだけではありません。頭を垂直にため、くびや肩にはこれまでにない重みがかかるようになりました。脳の重量が重くなっていった過程も考えると、その負担は相当なものだといえるでしょう。
このように、2足歩行は、宿命的にくび、肩背中に痛みをもたらす姿勢だといえるかもしれません。

中高年の女性がなりやすい肩こりって?

老化組織の変性は男女を問わず訪れるものです。特に、年齢を重ねた女性には、とくに不定愁訴が現れます。女性は50歳前後に開経を迎えますが、その前後10年間に、ホルモンバランスが乱れ『にさまざまな不調をきたすことがあります。そうした時期を更年期といいますが、更年期を迎えた女性は肩こりに陥る場合が多いのです。

更年期には、ホルモンバランスが変化することにより自律神経のはたらきが乱れます。自律神経と は、シャ血液循環をつかさどる神経で、そのはたらきが乱れると動信やのぼせ、手足の冷えなど の身体的な不調が現れます。肩こりもそのひとつで、血流が悪くなることで筋肉履労が蓄積してしまい こりが発生しやすくなるのです。ひどい肩こりが頭痛やめまいを引き起こし、落ち込みやイライラにつ ながることもあります。逆に、更年期特有のストレスが、肩こりを引き起こすこともあります。のちほ ど詳述しますが、ストレスと肩こりには深い関係があるのです。

また、更年期には骨粗しょう症にも注意すべきでしょう。骨粗しょう症とは、簡単に言うと骨密度が低下しスカスカになり、骨折しやすくなる病気です。閉経を迎えると、女性ホルモンのエトロゲンの分泌が減少します。エストロゲンには骨形成を促進する働きがある為、閉経後は骨粗しょう症になりやすくなるのです。更年期の女性が肩こりだと思っていた症状が実は骨折だったという報告があります。50歳前後の女性の場合、肩こりがなかなか解消されない時には骨粗しょう症を疑ってみたほうがよいかもしれません。

日本人は、肩こりになりやすい

とはいえ、日本人なら誰もが肩こりになるわけではなく、 周りを見わたせは「肩こりに悩んだことがない」という人もいます。では、肩こりになる人とならない人の違いはなんでしょうか?
もっとも大きな違いは、日々の生活のなかに肩こりの要因があるかないかです。もちろん、生まれつ きの体質や体型も影響しますが、もともと筋肉が少ない人でも、生活習慣を見直すことで肩こりを遠ざ けることができます。見直しのポイントは、主に次の3点です。

1.適度に運動をしているか

2.正しい姿勢を心がけてるか
3.ストレスをためこんでいないか

これらは、肩こりを予防するためだけでなく、一般に健康に良いとされてるポイントのひとつでもあります。健康全般ために生活習慣を見直すことが、肩こりを遠ざける事に繋がる事と覚えておいてください。 逆にいえば、肩こりの3大要因は「運動不足」「姿勢の悪さ」「ストレス」といえるのです。

姿勢の悪さは肩こりの元凶

肩こりの直接的なダメージに繋がるながる。最大の要因のふたつめは、姿勢の悪さです。姿勢が悪くなると首や肩背中の筋肉に必要以上の負担がかかるからです。にもかかわらず、残念ながら正しい姿勢を保っている方はあまり多くないというのが現状です。 姿勢を正しく保っている人は、脊椎がゆるやかなS字カープを描いています。しかし、姿勢が 崩れるとそのS字も崩れてしまいます。脊椎がゆがむと、正しい姿勢を保てなくなり、特定の筋肉に無理な力がかかります。 たとえは猫背の人は、脊椎が逆C字状に丸くなっています。そういう人は、顔を前に向けるためだけ でも、脊柱起立筋に相当の力をかけなければならないでしょう。そのような負担増が肩こりにつながっているのです。

姿勢が乱れる原因は筋力不足など様々ですが、人それぞれのくせや習慣によるものが少なくありません。

特に椅子に座った時、悪い姿勢をとく癖がある人が目立ちます。パソコン画面に顔を近付けるために背中を丸める人や、椅子に浅く腰掛けてくびだけ前に伸ばす人などをよく見かけます。そのような姿勢は、骨格がゆがみ筋肉が疲労することになります。もう一つ問題 なのは、仕事中は特に同じ姿勢のまま動かない人が多い事です。仕事中でも座りっぱのないように、ときどき身体を動かすことが大切です。

ストレス社会は肩こり社会

「ストレスが原因で肩こりになる」と聞くと意外に思う人もいるでしょう。あまり知られていませんがストレス性の肩こりは年々増加していると考えられています。肩こり人口の増加は、現代社会にストレスが豊延していることと深く結びついているのです。 人体の体温調節や血液循環、呼吸などをつかさどる神経を自律神経といいます。強いストレス を受けると、この自律神経のはたらきに乱れが生じ、血流をコントロールできなくなります。結果、血 行障害を起こしやすくなり、その血行障害が肩周辺で起きた場合、肩こりにつながるのです。ほかにも、 自律神経の乱れは動棒やめまい、のぼせなどの不定盤訴につながります。 また、ストレスを受けたときに脳から発信された情報が、神経を伝わり肩周辺の筋肉を緊張させることがあります。これが、ストレス性の肩こりが発生する第2の原因です。 現代日本に生きる人は、多かれ少なかれストレスを抱えているもの。ストレスの強さや受けた期間などによって、また個人差によって、身体に現れる影響はいろいろで。特に真面目で凡帳面な人、心配 性の人、責任感が強すぎる人などはストレスの影響を受けやすいタイプと。思いあたる人は、 なるべくストレスを避けるとともに自分なりのストレス発散手段を見つけておくとよいでしょう。 あなたの肩こりは、もしかしたらストレスの存在を教えてくれる危険信号かもしれません。ほかの症状が出る前に、ストレス解消を心がけてみましょう。

まだある肩こりの意外な要因

肩こりの3大要因は「運動不足」「姿勢の悪さ」「ストレス」ですが、要因はこれらだけではありません。くび・肩背中にはさまざまな負担がのしかかっておりいくつもの要因が複雑にからみあつて肩こりが生じることも少なくないのです。

まず骨格そのもののゆがみが原因になる場合があります。骨格が左右対称ではなくゆがんでいる人 は、くびや肩の筋肉のうち左右どちらか一方が緊張を強いられています。歯のかみ合わせが悪い人や左右の足の長さが違う人も肩こりになりやすいといえるでしょう。また、もともと身体のゆがみがなくても、足を組んだりほおつえをついたりするくせがあると、骨格がゆがんでいくので注意しましょう。
目が悪いことや眼鏡が合っていないことも要因になります。さらに、髪型や服装、靴の高さ、普段持 ち歩く荷物の重さも影響します。
肩こりが職業病となる仕事の代表格は、バンコン作業を主としたデスクワークとタクシーなどのドラ イバー。どちらもほぼ1日中、両腕を中空に留めたままの姿勢を長時間続けざるをえません。また、目 や神経を酷使するところも共通しています。

一方、いかにも肩への負担が大きそうな、運送業など重い荷物を上げ下げする仕事では、実はそれほ ど肩こりにはなりにくいといわれます。重い荷物はたしかに肩を直撃しますが、筋肉を動かしているこ とで負担が集中しないせいでしょう。いずれにせよ、職業病だからとあきらめず要因を一つひとつ取り除く努力が大切です。

肩こり解消は正しい姿勢から

肩こりに悩も人に共通しているのは、姿勢の悪さです。これは現代人全体の課題ともいえることで 実際、意識せずに姿勢を正しく保つことができる人はほとんどいません。知っているようで案外知らない正しい姿勢を、ここで確認しておきましょう。 直立するときには、身体の上から下まで、中心に1本の線が通るように意識します。具体的にいうと、 日線をまっすく前に向け、あごを軽く引き、胸を軽く張って両腕をまっすぐ下に下ろした状態です。お 腹とお尻を軽く引き締め、ひさをまっすく伸はします。 正しい姿勢を保とうとするあまり、肩を後ろにグーッと反らし、腰を前に突き出す人がときどきいま す。しかし、それでは脊椎のS字カープがきつくなりすぎ、筋肉が緊張状態に陥ってしまいます。横か ら見たときに、耳の穴と肩峰、骨盤の中心が一直線になることを意調しましょう。 慣れないうちは、こういう姿勢をすることでかえって疲労を感じるかもしれません。しかし、『し 姿勢を保つために必要な筋肉がだんだんと身についてくるのでやがては楽になります。逆にいえば 節肉が不足していると姿勢を正しく保つだけでも疲れてしまうのです。ですから、適度に運動をして全身の筋肉量を増やすことも心がけましょう。

正しい生活習慣で肩こりを撃退しよう

慢性的に肩こりに悩まされている方の肩こりになりやすいパターンがあります。それを変えなければ、肩こりは永久に治りません。マッサージなどで楽になるのは一時的なこと。根本的な要因 を取り除かなければ、何度もマッサージ店に通うことになります。そこで、肩こりになりにくい生活習のポイントです。
ひどい肩こりの人は、たいてい運動不足です。身体を動かす習慣がない人は、筋力が衰えているので、 頭や腕の重みを支えきれず、くびや肩に筋肉疲労を起こすのです。また、運動不足は血行不良を招きま す。血行が悪くなると、老廃物質が排出されにくくなり、こりの発生につながります。
適度に運動をすれば、筋力がアップし、血行が促進されます。また、全身の組織の老化を防くことが でき、老化による肩こりの予防にもつながります。生活習慣病を予防するためにも、軽いスポーツを始 めてみてはいかがでしょうか? これまで運動に縁がなかった人には、負担が少なくて全身をバランス よく動かすスポーツがおすすめです。ウォーキングやサイクリング、水中ウォーキング、水泳などがよいでしょう。

冷えは肩こりの大敵

こりが生じるのは患部周辺に血行障害が起こるからであり、その主たる原因は筋肉疲労だとこれまで述べました。しかし、血行が悪くなる原因はほかにもあります。それは、患部の「冷え」です。 寒い季節にしもやけができるのは、手足など末端の血管が血行障害を起こすからです。冷えを感じる と、それだけで血行が悪くなります。ですから、肩こりを予防するためには、身体を冷やさないことが 大切なのです。 身体が冷えるのは、冬だけではありません。特に女性にとって、夏の冷房は冷えの大敵です。冷風に 直接当たらないようにすることはもちろん、肩にショールを羽織るなどして、くびや肩を冷やさないよ うに工夫しましょう。肩だけでなく、全身が冷えないようにひさがけやカーディガンなどを使い、体温 調節をすることが大切です。

一方、冬には冷えのほかにも肩こりになりやすい要因があります。寒いところでは、気がつかないう ちに身体をこわはらせて肩をギュッと縮めているものです。これが肩の筋肉を緊張させ、こりを生じやすくさせるのです。しっかりと寒さ対策をして、身体を暖かく保つことが何よりです。とはいえ、厚着しすぎて身体を締めつけると血行不良につながります。また、重いコートなどは肩への負担を増し。 寒いなかでも、軽くて動きやすい服装を心がけるとよいでしょう。

枕選びは快眠肩こり解消の決め手

朝目覚めたとき、十分に睡眠をとったはずなのにくびや肩の疲れが残っていることはありません 。それは、机に周題があるせいなのかもしれません。どんなに肩こりに気をつけていても、寝るときに身体に合う枕を使っていなかったら台無しです。それほど枕選びは重要なのです。 人が仰向けになったとき、頭と肩は床面に接しますが、くびの下にはすきまができます。そのため、 床面に接した部分だけでくびの重みを支えさるをえず、肩の筋肉に大きな負担がかかってしまうのです。 ですから、枕はくびの下のすきまを埋められるものを選ぶことが肝心です。 大きさは、縦幅が後頭部から肩先までをカバーできる程度。横幅は、寝返りを打ったときに頭からは ずれない程度の長さが必要です。頸椎の生理的湾曲に沿うように力ープがあるものがおすすめです。 もうひとつ、高さを選ぶことも大切です。枕が高すぎると、くびの筋肉やじん帯が無理に伸はされて しまい、緊張状態に陥ります。逆に、低すぎると頸椎の力ープが反りすぎてしまい、筋肉や椎間板に負 荷がかかります。成人なら、頭をのせる部分が5~7センチ程度の高さが適当です。横向きで寝る人は、そ れよりも若干高めのものを選びましょう。また、羽毛など柔らかい素材のものは頭が沈み込みすぎるの で、ある程度硬さのある素材が適しています。 いずれにしても、身体にびったり合う就は人それぞれ違います。机がしっくりこない場合には、足りない部分にバスタオルをあてるなどして、高さを調節するとよいでしょう。

 

 

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

関連記事はありませんでした