東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


足底筋膜炎治療の最善の治し方深層筋療法で早期完治

足底筋膜炎の治療に湿布は効果なし

歩く時に足の裏やかかとが痛い、土踏まずを押すと痛い、立ちっぱなしでいると足の裏が痛くて仕事に集中できない、ランニングをしたいのに走ると痛いのでできないなどというのは足底筋膜炎の症状です。かかとや足の裏が痛い時にはスポーツをすることや家事や仕事もスムーズに行うことはできません。足底筋膜炎は足の疲労や筋肉が硬くなって起きてくるのです。それを治そうとするときに間違った方法で行うと症状を悪化させることにもなります。足の疲労を取り、血行を良くして、筋肉を柔らかくすることが大切です。それを行う手っ取り早い方法は温かいお湯に浸かって体を休めるようなお風呂に入ることです。それなので患部を冷やすような湿布は効果なしと言えます。痛みがあると冷やしてしまいがちですが、足底筋膜炎は冷やすと筋肉が硬くなってしまい血流が悪くなってしまうのでより悪化させてしまいます。足底筋膜炎になった場合には温めることが一番大切です。

足底筋膜炎でのテーピングは対処法のみ

足底筋膜炎などにより引き起こされている踵や足の裏の痛みというのは、できるだけ早く治す必要があります。治療が急がれる理由は、足の裏が痛い場合、スポーツはもちろんですが、仕事や家事に従事することも困難なためです。
しかも、買い物や旅行にも行くことができないので、ストレスを抱える要因にもなります。
人間は歩かずに日常生活を営むということは不可能なので、いかに足底筋膜炎に見舞われると大事になるのかがわかります。
比較的、マラソンを楽しんでいるランナーに起こりやすいとして認知されている症状ですが、一般人にも十分起こり得る症状です。特に、ランナーに足底筋膜炎が起こった場合は、長期間練習を中止しなければならないので、もどかしい気持ちになってしまうものです。特に、レースが近づいていると、テーピングで補強して練習してしまうという方が多いのですが、無理して運動してしまうと、障害足が不自由な状態で過ごすことになります。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。注射、湿布、その治療方法では痛みをごまかすことができても根本的に痛みを解消する事は出来ません。適切な治療をすれば早期に完治します。

電話

予約

足底筋膜炎の症状について

長時間立ったままの仕事に従事している人で、足裏が痛くなる人はもしかすると足底筋膜炎である可能性があります。足底筋膜炎とは、足の裏にある筋膜の炎症によるもので、その症状は足の指の付け根からかかとまで足の裏に膜のように張っている筋組織に炎症がおき、小さな断裂を起こし痛みを伴うというものです。
足底筋膜炎はかかとや土踏まず、指の付け根のあたりが痛むと言う人もいれば、足裏全体が痛むと言う人もいて、人それぞれです。しかし、そのおかげでマラソンや山登りなどのスポーツが出来なくなるだけでなく、旅行や普段の買い物にも支障をきたす恐れがあります。
足裏の土踏まずがない人がこの症状になることが多く、またそうでなくても加齢によって足裏の形が変わってしまい、そうなるケースもあります。つまり、足裏にカーブがないことでジャンプやランニング時の衝撃をまともに足裏に受けてしまうということが足底筋膜炎になりやすい原因と言うわけです。

足底筋膜炎となる原因は何か

足の裏に痛みが出た時、足底筋膜炎の可能性があります。足底筋膜炎というのは、土踏まずをつくっている腱の付け根の部分が硬直しているために、衝撃を和らげることが出来なり、腱が引っ張られる形で痛みが生じてしまうのです。
この足底筋膜炎になる原因としては、ひとつはスポーツをして、足の裏に強い衝撃が何度も繰り返されることがあります。
例えばマラソンのように駆ける競技の場合、長時間足の裏に衝撃が加わり続けることになり、それが毎日続けばやがて限界を迎えます。
スポーツで起こりやすいものですが、必ずなるということではなく、足の裏を十分にほぐすようストレッチやマッサージをすることで予防する事ができます。
もう一つの原因としては、日々の生活で立ちっぱなしの仕事をしていたり、子供をおんぶしていたりと、スポーツほど激しくはなくても足の裏に負担がかかる生活をしていくと、疲労が蓄積して足底筋膜炎になります。
こちらも、十分に足の裏をケアすることで、予防する事ができます。

1分でできる足底筋膜炎の予防法

人間にとって足はとても重要な部位です。歩いたり走ったりするだけではなく。体のバランスをとるときにもとても重要な役割を果たします。しかし、この重要な足に問題を抱えてしまうと、今まで簡単にできたいたことの多くが、たちまちできなくなったり、とても困難になってしまうことでしょう。そして、年を重ねていくと患いやすい足の症状が、足底筋膜炎です。これは足の裏の筋肉が、炎症を起こしている状態です。どうしても高齢になると体も徐々に衰えてきてしまうので、運動不足になりがちです。元々筋力が低下していることに加えて、運動不足が重なると、ますます体が衰えるスピードは加速してしまいます。そこで足底筋膜炎にならない為の予防法を説明します。まず、歩いて外出する前や、ウォーキングに出かける前は足の裏をグーパーグーパーと繰り返してストレッチしてください。これを外出する前に1分ほどするだけで、足裏の筋肉が解れて足底筋膜炎になりにくい足になります。

足底筋膜炎にならないための対処法

足底筋膜炎は、マラソンなど日頃から足を酷使するようなスポーツに興じてきた方が陥る症状として有名です。
しかし、今日においては普段スポーツに興じることがない若い女性であっても、足底筋膜炎に見舞われるケースが増加しています。
その理由は、女性が着用することの多いフラットシューズで症状が関与しています。
フラットシューズというのは、靴底が硬いのにも関わらず、一般的な靴よりもふくらはぎや足にかかる負担が軽いので、つい長い時間着用して足に負担をかけてしまうことになります。
ところが、こうした負担を足にかけ続けてしまうと、土踏まずから親指の付け根までを繋ぐ筋膜という部位に負担が生じ、歩く度に痛みを感じるようになります。
そこで、有効な対処法としてインソールの使用が挙げられます。
インソールといえば、サイズが大きな靴を着用する時に、サイズ調整という目的で使用されることが多いものの、足に対する負担を軽くするという意味でも活躍します。

足底筋膜炎の治療法について

足底筋膜炎は、足の裏の筋肉のうち、特にかかとの部分に負担がかかり、炎症を引き起こすという症状です。体質的には肥満体質の人や足首の関節の硬い人、それ以外の条件としては、靴のあっていない人や立ち仕事の多い人が発症しやすいと言われています。足底筋膜炎は、足の疲労と筋肉の硬直が主な原因となっているため、治療法としては、休養を取り、足の筋肉をほぐして血行を良くする必要があります。そのために効果的なのは、入浴とストレッチです。特に入浴をしながらストレッチをすると、入浴によって疲れを取りつつ血行を良くしながら体もほぐせるため、一石三鳥と言えます。ちなみに、ストレッチが効果的な個所は、足の裏ではなく、ふくらはぎやすねであるという点には注意しなくてはなりません。

これらを繰り返しても症状の改善が見られない場合は、吉祥寺スーリヤ接骨院へご相談下さい。なお、上記のような事情から、患部を冷やすことは筋肉の硬直化と血行の悪化を招き、症状を悪化させることになります。

知っておきたい足底筋膜炎の治し方

足底筋膜炎は、足の裏やかかとに痛みが生じる病気です。これは、足にある足底筋膜と呼ばれる部分が硬くなったり、疲れが蓄積することで生じます。筋肉の炎症でもあるので、きちんとした治療を行なえば症状は改善されるので、あまり心配する必要はありません。しかし、痛みや症状をそのまま放置してしまうと、状態が悪化し、歩くことが困難になってしまう場合もあるので、注意する必要があります。足底筋膜炎の治し方としては、足の筋肉を柔らかくすることが大切です。筋肉の硬化により痛みが出るので、これは重要なことですが、これは足の疲れを取ることにも繋がります。一番簡単なのが、入浴などで血行を良くすることです。また、ストレッチを行なうことで血の巡りを良くし、足の裏を柔らかくすることが出来ます。

足底筋膜炎の治療

春が近づき、暖かくなると春らしいファッションに身を纏った女性が増加します。冬の間に活躍したブーツなどから、フラットシューズに衣替えするという方も多いのですが、フラットシューズには危険性も潜んでいます。
それは、足底筋膜炎に見舞われる可能性があるということです。フラットシューズというのは、足首やふくらはぎに対して負担を感じることなく着用することができるので、つい普段の靴よりも長時間着用してしまう方が多いというのが実情です。
しかし、靴底が硬い靴を長時間履くということは、身体に大きな負担をかけることになります。
足底筋膜炎とは、筋膜という部位に必要以上の負担が生じてしまう症状です。足底筋膜炎に陥ってしまうと、歩き始めもしくは長時間歩行した後に鈍い痛みを感じてしまうようになります。
特にマラソンを楽しむ方に多い症状とされています。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

関連記事はありませんでした