東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


野球肩治療は深層筋療法で症状、原因見極め早期完治

野球肩が治らないのは間違った治療法だから

野球肩だと診断されたけどなかなか治らないという方は意外と多いと思います。何故、野球肩が治らないのだろうかと疑問に思われるかもしれませんが、それは間違った治療法だからです。

今までだと筋力を鍛えたり、注射を打ったりしていたら時期に治ると思われたかもしれませんが、ただそれだけではいけません。
その他にも電気治療をしたり、アイシングだけをしたり、違ったフォームをしているだけと思ったり、投げ過ぎが原因だと考えたりしているだけでは野球肩を完治させるのは難しいと言えます。
野球をしているから多少は肩が痛くなるのは仕方がないと考える人もいますが、それは間違った治療法をし続けてきたからです。
原因を理解して、正しい治療法を行なえば野球肩でも改善させることができます。野球肩の症状は人それぞれで長く野球をし続けていた人ほど症状は重いですが、それでもしっかりとした治療をし続けていれば治す事は可能となっていますので、間違った治療法をしないようにしましょう。

インディバでの野球肩治療

スーリヤでは野球肩の治療にインディバと深層筋療法を併用して治療を行います。インディバアクティブとは?インディバとは、電気メスの発明者であるスペインの物理学者ホセ・カルベット氏により開発された、電磁波エネルギーによる「高周波温熱機器」です。世界のトップアスリートたちも使用しているインディバアクティブ、捻挫、打撲、肉離れ、オスグット、野球肩、テニスなどのスポーツ障害の治療に使われています。
特に、ヨーロッパにおけるスポーツ界においての使用実績は多数あり、サッカー界では、バルセロナ、ACミラン、パリサンジェルマンといった一流のクラブが導入。

スポーツ専門誌「Marca」に、プロテニスプレイヤーのナダル選手が手の負傷の回復の為にインディバアクティブの施術を受けている様子が掲載されております。慢性痛は治療期間がかかる場合がありますが、インディバアクティブを施療することでその治癒期間を圧倒的に短縮できます。急性の痛みに対しても短期間で治癒に導く事が可能です。

野球肩にほとんど効果無い電気治療

野球肩が発症してしまい、なんとか症状を改善させようと接骨院に通う人は多いと思います。その接骨院で行なう治療の多くが電気治療となっていますが、野球肩にとって効果無い接骨院の電気治療となっています。

多くの接骨院で行なわれている治療法なのに何故、効果がないかと言いますと、疲労などで痛みが発生している箇所に対して、表層に電気による刺激を与えても原因の筋肉にはアプローチ出来ておらず根本改善にはなりません。
筋肉のコリがあるほど慢性的に痛みが発生して、投球の際に痛みを感じてしまいますから、電気治療によって表層部に刺激をする行為は逆効果と言えるのです。
ですから、なかなか野球肩が治らないからと効果無い接骨院の電気治療を続けていると一時的な痛みやそれほどない痛みが慢性的になったり、強くなったりかる可能性があるのです。

野球肩を改善しようとする時に電気治療はあまり効果がなく、逆に痛みが慢性的になる可能性も高いので、他の治療法を選択した方が懸命です。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。注射、湿布、その治療方法では痛みをごまかすことができても根本的に痛みを解消する事は出来ません。適切な治療をすれば早期に完治します。

電話

予約

野球肩の症状のレベルから重症度を見る

野球肩とは、投球動作を行ったときに生じる肩の痛みを言います。肩を怪我している場合と、肩の使い過ぎが原因の場合の2つに分けることができます。怪我が原因の場合は、激痛が走るなどしてはっきりとした症状がある場合がほとんどで、一般的に野球肩というと肩の使い過ぎが原因である場合がほとんどです。痛みの程度や頻度、痛む部位などによって症状のレベルが考えられ、治療法や完治にかかる期間も変わってきます。まず、時々痛いときがある場合や、肩の使い始めが痛いケース、練習後に痛いケースがあります。これらの場合はまだ症状が軽い状態です。次に軽くなら投げられるが、強く投げると痛い、というケースがあります。野球肩で一番多い症状で、このレベルではリハビリやトレーニングで十分に対応することができます。その次が塁間の距離をノーバウンドで投げられない、投げる動作だけではなく肩を動かしただけで痛くなる、となるにつれ重症度が上がります。

野球肩の一般的な病院での処置について

野球肩とは野球をしている人に多く生じる現象でレントゲン上は骨に異常がないものの投げたり腕を上げたりすると痛みが生じる肩のことをいいます。
野球肩になるとボールを投げるときに肩が痛むだけでなく、投げるのが怖くなり全力投球が出来なくなってしまいます。また無意識に肩の痛みを意識してしまうためフォームが崩れ本来の投げ方とは異なる投げ方が身についてしまいます。
このようになる前に肩に痛みを感じた時は出来るだけ早い段階で治療をするのがおすすめです。野球肩で悩む人が病院に言った場合、一般的な病院での処置は原因が使い過ぎが主な原因ですので、基本的な治療は保存療法による治療を前提に治療を実践していきます。保存療法では運動制限をおこなったり、アイシングや抗炎症剤の服用によって痛みを和らげる治療になります。
また必要に応じてリハビリを行う事もあります。
この治療は治療開始後すぐに痛みが治る治療ではなく完治は難しいです。そのため痛みとうまく付き合っていくしかないといえます。

野球肩と注意したいマッサージについて

野球肩とは、野球の投球動作をする時に感じる肩の痛みの事で、無理に動かしたり使い過ぎてしまった時等に肩関節に付着する腱や筋が損傷してしまう事によって起きる症状です。
損傷の部位によって痛みを感じる場所は違って来ますが、一般的には肩の前方か後方が傷みます。

まず重要な事は、損傷を起こして居る部位を悪化させない事です。
本来は痛みを感じたら出来るだけ早く無理をしない事が重要となりますが、なかなかそれが出来ない場合も少なくありません。
また野球肩自体はいずれその痛みに慣れて行くからと言ってそのまま肩を使わせてしまう事もあり、そういう場合はより悪化してしまう事も多々あります。

実際には損傷している部位を出来るだけ動かさない様にする事、無理な動きをさせないようにする事が重要です。
また検査をし、腱や筋がどのような状態になっているかを見て治療法をどうするか決める事になります。
その為、どんな痛みに対してもコリが原因だと言ってマッサージを行ってしまう場合がありますが、時にはそれが悪化の一因となってしまう事もあるので注意が必要です。学生が行っている技術の無い接骨院のマッサージもあるので注意しなければいけません。

野球肩の予防と改善にはストレッチ

野球では肩を酷使する事が多く、一度野球肩を発症すると慢性化する事が問題になります。野球肩を防ぐ為には、ストレッチの習慣を取り入れる事が大切で、常に柔軟性と筋力を維持する事が大切です。
痛みや違和感が発生する野球肩は、繊細な肩関節を痛めてしまう事が引き金で、筋肉の柔軟性低下がリスクの増加に繋がります。
また、野球で使用する筋肉は数多く、インナーマッスルも鍛える事が野球肩の予防に役立ちます。
ただ、どれだけ筋肉で肩関節を守っても、肝心の筋肉が硬ければ野球肩に結び付くのは時間の問題です。硬くなった筋肉を解したり、柔軟な方の動作を維持したいのであれば、積極的にストレッチを行う事がおすすめです。
ストレッチを行う際の要点としては、肩を支える複数の筋肉を重点的に行ったり、時間をかけて血流を改善する事が重要です。
入浴後のストレッチは疲労回復にも役立つので、次の試合に負担を残さず済む事がポイントです。
小さい頃からストレッチの習慣を身に付ける事、試合前には必ず柔軟性を高める二点が、怪我を避けて長く野球を楽しむ為の条件になります。

野球肩の原因となる筋肉

ボールが投げられないなど、野球をやっている人がなりやすいため野球肩といわれていますが、そもそも野球肩という部位は身体には存在しません。
野球肩になってしまう原因として考えられるのは、ピッチャーなどのように何千、何万球とボールを投げることで起こる使いすぎの場合と、肩の亜脱臼、関節唇損傷などといった肩のケガによるものに分けられます。
そして肩関節の周囲にある筋肉が炎症を起こすことも野球肩の特徴です。
痛みの原因となる筋肉名は回旋筋腱板と呼ばれる筋肉群です。この筋肉群は棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋にわけることができて、別名でローテータカフとも呼ばれます。
これらの筋肉はいわゆるインナーマッスルと呼ばれる身体の奥にある筋肉で、上腕を回す動作に必要不可欠です。
特に棘上筋は関節の損傷や脱臼を防いでくれる役割をしているのでとても重要で、この筋肉酷使することで疲労がたまり、結果として炎症を起こし野球肩が発症に繋がってしまう場合があります。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

野球肩の最善の治し方の深層筋療法で早期完治

野球肩とはどのような症状か 野球肩とはピッチャーがなりやすく、投球の動作をすることで起こる肩の痛みです。原因としては使い過ぎとけががあります。回旋筋腱板や関節唇、関節の周囲の石灰化などが原因となっており、腕を外側から上に挙げることが困難になります。 …