東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


野球肩の最善の治し方の深層筋療法で早期完治

野球肩とはどのような症状か

野球肩とはピッチャーがなりやすく、投球の動作をすることで起こる肩の痛みです。原因としては使い過ぎとけががあります。回旋筋腱板や関節唇、関節の周囲の石灰化などが原因となっており、腕を外側から上に挙げることが困難になります。
治療法としては野球を含むスポーツをしない、ストレッチ、アイシング、筋力トレーニングを行いますが、あまりに痛い場合は鎮痛剤を投与するなどの薬物での治療や、手術による治療が行われます。重症化してしまうと治るまでに数か月かかることがあるので、痛みや違和感を感じた場合は吉祥寺スーリヤへご相談下さい。
野球肩は肩周りの使い方が悪いことも挙げられるので投球フォームを矯正したり、肩甲骨の周辺の筋力をつける、肩やひじ関節の可動域の改善を行ったりといった治療を開始します。インナーマッスルを鍛えることで早く治るので定期的にリハビリを行うようにします。野球肩は子供がなることが多いです。痛みを訴えた場合は早めの受診おすすめします。

インディバでの野球肩治療

スーリヤでは野球肩の治療にインディバと深層筋療法を併用して治療を行います。インディバアクティブとは?インディバとは、電気メスの発明者であるスペインの物理学者ホセ・カルベット氏により開発された、電磁波エネルギーによる「高周波温熱機器」です。世界のトップアスリートたちも使用しているインディバアクティブ、捻挫、打撲、肉離れ、オスグット、野球肩、テニスなどのスポーツ障害の治療に使われています。
特に、ヨーロッパにおけるスポーツ界においての使用実績は多数あり、サッカー界では、バルセロナ、ACミラン、パリサンジェルマンといった一流のクラブが導入。

スポーツ専門誌「Marca」に、プロテニスプレイヤーのナダル選手が手の負傷の回復の為にインディバアクティブの施術を受けている様子が掲載されております。慢性痛は治療期間がかかる場合がありますが、インディバアクティブを施療することでその治癒期間を圧倒的に短縮できます。急性の痛みに対しても短期間で治癒に導く事が可能です。

野球肩の症状は

野球肩とはその名前の通り野球のトレーニングや試合によって現れる肩の症状です。肩関節に関連する腱や筋肉が、激しい稼働量によってダメージを受ける事で発生します。その具体的な症状は個人によって様々です。腕や肩を伸ばす事によって激痛を感じる方々もいれば、過労や損傷によって、腕の稼働やストレッチ自体が不可能に陥る方もいます。

またルースショルダーと呼ばれる症状も、野球肩のカテゴライズされます。肩関節が生まれつき、平均以上に稼働している人々がなりやすいものであり、こういった先天的な特性を抱える方が、体質を自覚せずに過度なトレーニングに励みますと、厄介な症状が現れます。具体的は肩周辺のだるさ、慢性的な脱力感、けだるい気持ち等です。野球肩にカテゴリに分けられるルースショルダーですが、バレーボール選手やテニスプレイヤーにも見られる症状ですので、肩を酷使する方々にはしばしば起きうる問題と考えておくべきです。若い野球選手に見られる傾向も強く、誤った投球フォームが姿勢を悪くし、肩の筋や腱に負担を強いている事が原因となります。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。注射、湿布、その治療方法では痛みをごまかすことができても根本的に痛みを解消する事は出来ません。適切な治療をすれば早期に完治します。

電話

予約

野球少年の野球肩の原因は

野球肩の原因は人それぞれであり、これが絶対的な要因というものはありません。しかし、たいていのケースにおいては肩や腕の酷使が原因となっており、月並みではありますが、無理な練習は控える事が予防に結びつきます。特に努力家のアスリートや野球少年は一日中、投球の練習を続けてしまいます。また理想的なリフォームで投球を重ねなければ練習効率は上がらず、肩に疲労が蓄積しやすくなり、野球肩の原因を作り出します。

成長期の子供たちは特に投球フォームが安定しておらず保護者や指導者のチェックが欠かせません。更に成長期に差し掛かりますと、今までは柔軟性を持っていた肩の筋や腱が、それまでの少年の体とは裏腹に筋肉質な状態に変化します。いわゆる少年野球チームで名投手として活躍していた少年は、成功を収めていた現在の投球フォームを維持してしまいやすく、成長期による肩や筋力量の変化を自覚を計算に入れず、そこから野球肩に陥る事例があります。成長期を迎えるにあたり少年の多くが投球フォームを矯正、または大幅に変えているのには野球肩の原因を回避する効果があります。

野球肩に陥る2つの原因とその治療法について

野球肩の原因は、大ざっぱに区分すると2通りに分けられます。まずは先天的に肩に問題を抱えていた事例です。
生まれつき肩関節の可動部が常人より広い、あるいは狭い事が原因で起きます。それ自体であれば症状は現れませんが、その言わば特異な体質を気付かずに常人と同じようなフォームで、大量の投球練習をしてしまうと、野球肩に陥ります。このタイプの治療法としては、まず休養を取る事です。そして投球練習を再開する前に必要最低限な筋力を蓄えましょう。肩を始めとした上半身の筋量が少ないと野球肩の問題は再発しやすくなります。

そして2つめの原因ですが、こちらは無理な投球フォームで過労に近い投球練習を続けていた場合です。こちらの治療法も症状が現れ次第、練習を一旦ストップさせる事が効果的です。また接骨院や野球肩の治療に実績のあるスーリヤへ相談下さい。大学病院または整形外科に行けば、最新の医療設備が整った環境で診断が受けられますし、重症化している場合であれば医師によるリハビリが治療法として必要になりますので、野球を楽しく続けたい方は早めの相談が大事です。

野球肩の治し方について

野球肩になる事で、ボールを投げる時に肩が痛いだけではなく、投げるのが怖くなり野球を楽しむ事が出来なくなってしまうだけではなく、痛みは放っておく事でどんどんと治りにくくなります。腕を上げると痛みがある方、レントゲンを撮って異常がないなどの症状の野球肩の治し方は、肩を冷やす事で関節などに炎症を起こしやすい部分を冷やす事によって、損傷を防ぐ事ができます。炎症が悪化してしまう事で、組織の損傷が進み骨が変形をする事などもあり、早めの対処の注意が必要です。
それでも痛みが止まらない場合は、専門医に診てもらう事が必要です。
野球肩の間違った治し方として、自分でテーピングを巻いたり、痛み止めの薬を飲む対処法は、その場しのぎの対策なので、根本的な解決ではありません。完治するまでの間は、軽いキャッチボールをする程度にしておく事が大切で、野球肩の痛みの減少に伴い徐々に投球の強度を上げていくように行う事が早く治るポイントです。

野球肩を早く良くする改善法とは

野球肩になってしまうと、治るのにかなり時間がかかってしまうことが多いとされています。野球肩が長引いてしまう原因の一つとしてあげられるのが、「無理をしてしまう」ことです。軽度のうちに安静にするよう心がければ、1ヶ月程度で痛みがおさまり、回復するといわれています。しかし、「大したことはない」と無理をしてしまった場合、症状が重くなり、改善まで3ヶ月以上もかかってしまうのです。その名の通り野球をされる方がなることの多い病気であり、回復する前に無理に投球を行い、より症状を悪化させてしまう場合もあります。しかし野球肩を早く治すためには、はやる気持ちを抑えて、患部に負担をかけない生活をおくることが大切です。しっかりと体を休めることこそが、一番の改善法といわれています。
また、野球肩は関節唇などに損傷が起きているかどうかでも、症状に違いがでてきます。症状の原因をきちんと特定して対処するためには、医師による診断を受けることが必要です。

野球肩の対処法について

野球肩とは、野球を行う場合の投球動作が原因となり引き起こされるスポーツ障害です。肩の筋肉の酷使と関節の酷使により発症するものです。野球肩の対処法としてはいくつかの方法があります。ひとつはストレッジです。ストレッジは固くなった筋肉をほぐし肩の痛みを軽減します。野球運動の後に実施することが有用です。
その他にはアイシングがあります。アイシングとは患部を冷やして炎症や痛みを軽減させる方法です。野球運動後できるだけ速やかに冷やすと効果があります。時間的には20分程度患部を冷やすことが有用です。
また、その他の方法としては筋肉強化があります。特に肩周りのインナーマッスルを鍛えると効果的です。インナーマッスルを鍛えると野球肩の予防にもつながります。ゴムを用いた筋肉強化が多く採用されています。適度な負荷をゆっくり肩にかけることが有用です。

野球肩と早期回復に向けての治療方法

野球肩の症状は放置すると治りにくくなるため、早期回復に向けて治療をしていく必要があります。痛みをかばいながら無意識に投げていると、そのうちに全力投球もできない状態になります。痛みを庇う投げ方では、いつしかクセが習慣になるので、正しい投げ方をできなくなります。

野球肩の治療は、保存療法をメインに実践していきます。原因になっているのは使いすぎなので、保存療法での治療を前提となります。保存療法は運動制限にアイシング、インディバといた治療をしながら、症状の回復を図ります。

肩のアイシング方法としては、保冷効果も高い肩専用のサポーター装着での、アイシングの実践方法もあります。肩専用のアイシング専用サポーターを利用することで、密着性の高い使い心地になります。全体的に肩関節を包み込むことのできる構造です。肩にプロテクターみたいな、サイズの大きなアイシングサポーターを巻くこともできます。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

野球肩治療は深層筋療法で症状、原因見極め早期完治

野球肩が治らないのは間違った治療法だから 野球肩だと診断されたけどなかなか治らないという方は意外と多いと思います。何故、野球肩が治らないのだろうかと疑問に思われるかもしれませんが、それは間違った治療法だからです。 今までだと筋力を鍛えたり、注射を打っ …