東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


三鷹市で接骨院なら各種保険治療のスーリヤへ

三鷹市の接骨院、整骨院とは

接骨院とはどいうった施設なのか、接骨院とは、柔道整復師という国家資格を持った施術者が施術を行うことのできる施設です。

骨折、脱臼、捻挫、打撲などの治療を保険適用で行ってもらう事ができます。しかしなが、整形外科の医師とは違いますので、レントゲン撮影をしたり、薬を処方する事はできませんが、そういった西洋医学とは違う、身体の自然治癒力を最大限に活かした治療を行います。接骨院と整骨院の違いは特になく、同じなのですが、整体院とは全く違います。整体院は国家資格などなく、全くの素人でも施術を行う事ができ、保険も効きません。
三鷹市の接骨院でも、骨折や脱臼といった治療については、保険適応なのですが、そういったケガなどではなく、慢性的に痛みがある方などが、痛みを緩和してもらうために通いたい場合は自費になってしまいますので、すべての治療が保険適応ではないという点には注意が必要です。
整形外科などでは診察までの時間が長いにもかかわらず、診察はあっという間で心配になってしまう方も多いですが、三鷹市から来院頂いているスーリヤ接骨院では、独自の深層筋療法で施術を行います。今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。

下記沿線から多数来院頂いております。

三鷹市下連雀、三鷹市上連雀、三鷹市井の頭、三鷹市新川、三鷹市野川、三鷹市中原、三鷹市深大寺、三鷹市三鷹台、三鷹市大沢

保険治療が可能な接骨院ついて

接骨院では症状に応じ保険治療が可能です。保険治療の方が治療代が安いのが利点です。三鷹から来院頂いているスーリヤ接骨院では保険外の治療も行います。重症の肩こり治療などは時間をかけ保険外の治療で良くなる可能性は高いです。しかし、治療の技術がいまいちな接骨院では、なかなか良くならない可能性もあります。良くならなければ何回も治療を受けることになって、治療代が高くなります。安静、注射、湿布、電気治療その治療方法では辛い症状は改善しません!
ねんざ、打撲、肉離れは接骨院で保険治療ができます。これらの怪我をした時は、まず保険治療をしてもらって、それで改善しない場合、スーリヤ接骨院ではインディバでの施術を行います。

インディバとは、スペインで開発された高周波温熱機器の名称で、捻挫、肉離れ等のスポーツ外傷に有効です。インディバアクティブはサッカー界では、バルセロナ、ACミラン、パリサンジェルマンといった一流のクラブが導入しております。世界トップアスリートが怪我予防や治療、疲労の早期回復、運動機能向上、疼痛の早期緩和、傷害の早期回復、リハビリテーションとして利用しております。

従来に比べて、回復までの時間を大幅に短縮でき手技だけでは不可能な深部、内部の組織にアプローチが可能です。保険治療でできるのは、患部の固定など限られたことですが、深層筋療法とインディバ治療していけば早期に改善可能です。スーリヤ接骨院の治療法が、人間が持っている自然治癒力を最大限に引き出すものなので、体の傷めた部分は良くなっていきます。腰痛のような慢性的な病気は本来接骨院の領域ではありませんがスーリヤ式深層筋療法で多くの方が改善しております。

発症して数週間し、治療院に行っても痛みが一向に改善しない場合、治療法が間違っています。症状を治せるか、治せないか、その違いは、正しい治療法を知っており、患部に対し正しいアプローチが出来るか出来ないかの違いです。
つまり、正しい治療法さえ知ってしまえば、辛い痛みは早期に完治します

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

三鷹市の接骨院治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。注射、湿布、その治療方法では痛みをごまかすことができても根本的に痛みを解消する事は出来ません。適切な治療をすれば早期に完治します。

電話

予約

下記沿線から多数来院頂いております。

三鷹市井口、三鷹市牟礼、三鷹市三鷹駅、三鷹市武蔵境駅、京王線三鷹市井の頭公園駅、三鷹市吉祥寺駅、三鷹市京王線三鷹台駅。

ぎっくり腰の接骨院治療の内容

あるとき突然に電気が走るような痛みを腰部に感じて腰を動かすことが出来ないほどの激痛が走るのが急性腰痛症で、いわゆるぎっくり腰と呼ばれるものです。ぎっくり腰が起こる原因は人によってそれぞれに異なりますが、重たいものを持とうとした瞬間に起こることもあれば、くしゃみをした瞬間や、普通に立ち上がろうとした瞬間など普段の生活の中でよく行うごく一般的な動作がきっかけになって起こることもあります。
普段の生活の中で長い時間同じ姿勢をとることが多いと、その体制を維持するために腰やお腹周りなどを支える筋肉に負担がかかり血行が悪くなってしまいます。その状態でぎっくり腰の原因になるような動作をしたときに筋肉の機能が低下して腰に力が入らなくなり痛みを起こす原因になります。慢性的にこの症状がよく起こるようになると、気休めの湿布を自分で貼るなどしてきちんと治療をしない人もいるのですが、痛みの出る症状を引き起こす原因となる筋肉はその人によって違うので、痛みを起こしている筋肉を特定し、きちんと治療を行う必要があります。
ぎっくり腰治療のためには痛みの発生源になっている筋肉を直接治療していくことが根本的に最も早く治すために有効です。スーリヤ接骨院ではぎっくり腰を改善するために特に体幹部分を支える筋肉など原因になりやすい部分を特定して血流が低下して固くなった部分をほぐす治療を行います。
痛みを感じるのは筋力不足だと勝手に断定し、痛みのあるときに無理に自己流のトレーニングを行うなどはかえって逆効果になるので注意が必要です。

交通事故の接骨院治療について

交通事故によりむちうちや捻挫、腰痛といった症状がでることがあります。そういう交通事故治療にはよく大きな病院を選ばれる方がいますが、三鷹市の接骨院や整骨院でも治療をすることはできます。大きな病院だと患者数が多いため、外来治療では待ち時間が長くなってしまいます。三鷹市から多数来院されるスーリヤ接骨院の治療は予約優先です。そのため待ち時間もなく治療を受けることができます。

交通事故のむちうち治療の研修を徹底し、きちんと後遺症を残さないような治療を行います。また、治療のために最新機器のインディバを用いていて、より効果的な治療が受けれます。また、交通事故による症状は日によって異なる場合があります。雨の日や気温の低い日に痛みが酷かったりしますが、その場合は症状によって治療内容を変え、症状の緩和を優先します。
このように交通事故治療は接骨院でも受けられます。交通事故の症状でお悩みの方は吉祥寺スーリヤ接骨院にご相談下さい。

自賠責保険での接骨院治療

交通事故被害などで接骨院での治療を受ける際に、自賠責保険を有効に使う事も大事です。自賠責保険とは、公道を走る全ての車やバイクに加入が義務付けられている被害者救済のために国が定めた保険制度です。ですので、明らかに自分に非がある事故などでなければ、どのような怪我でも自賠責保険を適応することが出来ます。
この場合、接骨院での治療費用はかかりませんし、仕事を休まなければいけない場合には休業損害や慰謝料などが加害者から支払われることとなります。また当て逃げで加害者が分からないような場合、自賠責保険が適応されないのではないかと考えてしまう方もいるかもしれませんが、自賠責保険は国の保障制度ですので当て逃げでも国が加害者の代わりに被害者に対して補償を行いますので心配はいりません。
また自賠責保険で治療を受ける際に特別な手続きをとる必要があるのか疑問に思う方もいるかもしれませんが、基本的にはそうした手続きは必要ありませんし、保険会社への連絡も治療をはじめてから行っても問題ありませんただし、交通事故の場合は警察から事故証明をもらっておかなければ、保険がおりないため注意が必要です。
もしも、自賠責保険について分からないことがある場合は、三鷹市から来院頂いているスーリヤ接骨院へご相談下さい。自賠責保険について詳しい説明が出来ますので、疑問や不安を解消させて頂きます。

むち打ち症を接骨院で治療する

不幸にも交通事故にあった場合にひどいむち打ち症の治療法として、接骨院を利用することをお勧めします。

接骨院=整骨院は柔道整復師という国家資格を持った先生がおり、保険の取り扱いが認められています。
交通事故にあった場合の検査の設備という点では、整形外科などの病院が充実しているといえます。
しかし、むち打ちのための治療があるわけではありません。安静、薬や注射は一時的に痛みはなくなりますが、すぐに痛みが戻ってきます。
その反面、接骨院では検査設備を有しているところは数多くありませんが、従手検査といったものが主になってきます。しかし、国家資格を有した自らの手技によって治療や施術を行うことができるため、その交通事故等に合われた場合の一人一人の症状に合わせた治療が可能になります。むち打ちに対する知識を持っているスタッフが施術を行うため症状の緩和、改善をすることができます。
むち打ちの症状は、実ははっきりとした原因を見つけることが難しい症状といえます。ですから、実際に交通事故等に合われてむち打ち症を患っている方で、現在病院に通っているが改善していない方は一度、三鷹市から多数来院頂いているスーリヤ接骨院へご相談下さい。
医学的に見ては問題ないのに、むち打ちの症状は現れており治らない。原因がわからないために整形外科では根本的な治療ができないといった悪循環に陥りがちなむち打ち症は、なるべく早めに適切な治療とリハビリをすることによって早期に回復するかどうかが関係してきますので、ご自分の症状をきちんと説明してその後の回復を早めていきましょう。

スポーツ障害の接骨院治療について

スポーツによる骨折、脱臼、打撲、捻挫、肉離れや、サッカー、野球、マラソン、バスケットボール、バレーボール、テニなどで起こったスポーツ障害治療ですが、接骨院で治療をすることが出来ます。
三鷹市から来院されるスーリヤ接骨院のスポーツ障害治療方法は、その症状や状態によっても違いますが、深層筋療法、インディバ治療、テーピングなどの方法を行いながら治療を行っていきます。
スポーツなどで怪我をした場合、初期の対処療法として血管の損傷を伴うので腫れや内出血(炎症)が起こります。炎症は「発赤」、「発熱」、「腫れ」、「疼痛」、「機能障害」が起こるのですが、これらの症状には「RICE処置」という初期の応急処置が必要になります。
RICEとは「安静・固定 Rest」、「冷却 Icing」、「圧迫 Compression」、「拳上 Elevation」これらの頭文字をとって「RICE処置」と呼んでおり、一般的な接骨院ではこのような処置が行われます。
この処置が必要な場合、三鷹市の接骨院では、三角巾、テーピング、サポーターなどを使用して固定したり、アイシングを行ったり、専用のスポンジやバンテージなどで圧迫を加えたりすることもあります。
徐々に症状が落ち着いてきた後は、深層筋療法、ストレッチなどを行いながら、患部のリハビリ、日常の正しい体の使い方、患部と他の部位との協調性トレーニングの指導、競技特性を考えたリハビリ指導などのリハビリ指導も行います。

五十肩治療接骨院を受ける

五十代くらいの年代になる人が多い肩の痛み。五十肩と呼ばれるものは方関節の周囲の組織に炎症が起こることで痛みを感じる方関節周囲炎が原因で起こるといわれており、実際になぜそのような炎症が起こるのかという大元の原因については判明していません。痛みの出始めは安静にしていても寝ていても辛い激痛があり、痛みによって腕を上手く動かすことが出来なくなるという人が多く、その痛みはある日突然感じることもあるし、少しずつ痛みが広がってくると言うこともあります。
肩関節の炎症がひどく強い痛みを感じる急性期から、やがて炎症が治まり、無理に動かそうとすると幹部に痛みを感じる慢性期を経て、やがて痛みはほとんど感じないけれど、以前のように十分動かすことの出来ない状態になる回復期を迎えます。
五十肩治療のためには、痛みの強い急性期の炎症をなるべく早く抑えて後遺症を残さないためにも可動域訓練を開始することが大切になります。
五十肩の激痛自体は放置していてもやがて自然に痛みはなくなりますが、肩関節が固まって動きが悪くなることを予防するためにも接骨院などで関節や筋肉に対する治療を受けることが必要です。三鷹市から来院頂いているスーリヤ接骨院では肩関節周囲の筋肉たいして運動制限を起こしている原因のある筋肉の柔軟性を高める治療を行うことで、動かしても痛みを感じない方にすることを目指します。肩関節周囲の筋肉以外にも、肩甲骨や背骨などの周囲の筋肉へのアプローチも行うことが五十肩治療には特に重要です。

往診での接骨院の役割について

怪我や捻挫をして動けないような痛みがある時は、三鷹市からも来院頂いているスーリヤ接骨院にご相談下さい。

往診にかかる費用は2キロ以内だったら、

【各種健康保険者証をお持ちの方】
・1割負担の方:1回 約500~800円

・3割負担の方:1回 約1,500~2,400円

三鷹市の接骨院も保険が適応されるので、3割負担の方の場合は負担額は2,000円程度で、1割負担の方だったら500円程度になります。治療費は怪我や痛みの程度によって変わりますが、保険が適応される治療だったら、それほど高くありません。例えば、足首の捻挫で痛くて歩けない場合は保険治療を受けられます。三鷹市の接骨院の場合は、保険外の治療もあります。例えば慢性的な腰の痛みで歩けない場合の治療は保険外になります。その場合は往診代も10割負担になって、3割負担の方だったら2キロ以内1860円になります。また保険外の治療だったら、高額になることが多く3000円程度になる場合もあります。

慢性の痛みは治りにくいですが、根本治療をおすすめ致します。接骨院は捻挫や打撲を治療することが法律で決められています。

脱臼治療は接骨院がお勧め

最近よくみかける接骨院。そんな接骨院と整骨院の違いを理解されている方は少なくないでしょう。一般的に接骨院でスタッフとして業務するためには、ある資格が必要です。それが【柔道整復師】という資格です。柔道整復師という資格をもつことでできる業務ないようには、【骨折】、【脱臼】、【捻挫】、【打撲】をはじめ【肉離れ】の処置があります。また骨折や脱臼の処置を大きく分類すると2つの方法にわかれます。一つは観血療法で、もう一つは非観血療法です。前者は整形外科医が行っているメスを使った侵襲的な方法として知られています。これには術者のメスを扱う技術が要求されます。後者の方法は、患者の体に一切メスを入れない治療法となります。また本来、資格名に用いられている【整復】とは、メスを使用せずに骨折や脱臼を元の場所に戻すことを意味している言葉なのです。どうしてもメスを入れたくない方もおられるでしょう。そのような方には、まず接骨院や整骨院での非観血療法をすすめるべきだといえるでしょう。一般的に言われる脱臼の中で、比較的に頻度が高いのは肩関節の脱臼で50%とされています。また分類上では、肩の関節は前方に外れることの方が多いとされています。今の時代、体と体がぶつかり合うスポーツも盛んに行われています。その中で、何回も繰り返し脱臼してしまうと【クセ】になりやすくなります。これらは2回以上繰り返すことで【反復性】という言葉がつき病名となります。

骨折などの際に行く接骨院と整形外科の違い

骨折などをした際に整形外科や接骨院などに治療に行くことがあります。その他にも整骨院や整体院などもありそれぞれに名前が違うと言うことはわかりますが、治療を行う先生はどの機関でも柔道整復師と呼ばれる資格を持っています。接骨院やほねつぎと呼ばれるところは整骨院に分類され、名前以外で違う点としては、整形外科の先生は医師の資格を持っていますし、接骨院などが含まれる整骨院の先生は柔道整復師の資格を持っていてどちらも国家資格となります。整形外科の場合は医師の資格を持った先生が骨折などの治療を行うために診断を行います。ケガや病気などの診断を行うことができるのは医師だけで、その他の期間では正確に診断を行うことはできません。そのため整形外科以外の場合は診断やレントゲン根度の検査、投薬、手術などと言ったことはできません。三鷹市の接骨院などの場合は先生の資格が柔道整復師であるため骨折や脱臼、捻挫、打撲などの外傷を治療することができます。また整形外科の場合は保険の適用が可能ですが、三鷹市の接骨院の場合は給付の受け取りをサービス事業者に委任することで利用する人が事業者に対して自己負担額だけを支払うようにする制度である受領委託と言う形での適応が可能となります。接骨院では明らかに骨折している場合や脱臼などの処置を行うことができますが、レントゲンを撮ってより詳しい診断を行ってもらいたいと言う場合には整形外科を受診するのが良いですし状態によって選ぶようにするのも良い方法です。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

武蔵野市の接骨院で軽いぎっくり腰治療は深層筋療法で即効緩和

軽いぎっくり腰は接骨院で治療できる ぎっくり腰のような腰痛になってしまったときには、どこに治療しにいくのが良いのか迷う場合もあるでしょう。ぎっくり腰を診てくれる施設として、接骨院があり、整骨院やほねつぎという言い方もします。武蔵野市の接骨院は柔道整復 …