東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


腱鞘炎(手首)の症状を理解し最短で完治する治療法

腱鞘炎発症の原因となる筋肉について

腱鞘炎は、前腕部の腱が通る腱鞘部分に炎症が起き腫れることで、指や手首を曲げる際に腱と腱鞘に通常時以上の摩擦が発生し、痛みを生じる状態のことです。原因となる筋肉は短母指伸筋や長母指外転筋と呼ばれる部分で、親指や親指の関節を動かす役割があります。この筋肉が弱いか、あるいは必要以上に酷使したり、ホルモンバランスの乱れによっても発症しやすくなります。
腱鞘炎かどうかの判断は、親指と手首を同時に同一方向に動かし、痛みが増すかどうかで判断します。
仕事などで酷使することが多いほど発症しやすいため、ピアノの演奏者や作家のほか、ゲームのやり過ぎ、手首部分を頻繁に動かすスポーツ選手、乳幼児を抱きかかえる母親などにも良く見られます。また、短母指伸筋や長母指外転筋の弱い人や、生理中や更年期などホルモンバランスが変化する場合にも見られるため、特に女性に多い病気となっています。
予防するには、手首を過度に使用しないよう定期的に休憩をとることを心がけるほか、無理の無い程度に短母指伸筋や長母指外転筋を鍛えることで、効果が上がることもあります。

吉祥寺スーリヤ接骨院は深層筋療法とインディバを併用して治療にあたります。インディバとは、スペインで開発された高周波温熱機器の名称で、捻挫、肉離れ等のスポーツ外傷に有効です。インディバアクティブはサッカー界では、バルセロナ、ACミラン、パリサンジェルマンといった一流のクラブが導入しております。世界トップアスリートが怪我予防や治療、疲労の早期回復、運動機能向上、疼痛の早期緩和、傷害の早期回復、リハビリテーションとして利用しております。

発症して数週間し、治療院に行っても腱鞘炎の痛みが一向に改善しない場合、治療法が間違っています。腱鞘炎を治せるか、治せないか、その違いは、正しい腱鞘炎治療法を知っており、患部に対し正しいアプローチが出来るか出来ないかの違いです。
つまり、正しい治療法さえ知ってしまえば、腱鞘炎は早期に完治します。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。注射、湿布、その治療方法では痛みをごまかすことができても根本的に痛みを解消する事は出来ません。適切な治療をすれば早期に完治します。

電話

予約

腱鞘炎になった時にセルフケア

腱鞘炎になっても、初期の段階できちんとセルフケアをしていれば症状が進む前に治すことも可能ですし、普段から手を酷使している人なら腱鞘炎にならないように予防することにもつながります。腱鞘炎はスポーツをしている人や、手首を酷使するパソコンなどを使った作業をしている人がなりやすい病気でしたが、最近ではスマートフォンの爆発的な普及によって、スマートフォンの使い過ぎが原因で腱鞘炎の症状を訴える人が若者層の間でも増えています。
セルフケアと言っても、簡単なことばかりです。まず、手首やひじの酷使を避けるために同じ動作を長時間することを避けます。関節にかかる負担は少しの休憩だけでも大きく回復しますから、パソコンやスマートフォンを使っていて、疲れを感じたら適度に休みましょう。パソコンが原因の場合は、マウスを使う場合に手首をケアしてくれるクッションやマウスパッドなどを使うことで披露しにくくなります。もし、痛みが感じられたら悪化させないためにも無理しないですぐに安静にしましょう。

腱鞘炎の根本治療の妨げる接骨院の電気治療

腱鞘炎は手首で起こることが多い腱鞘における炎症であり、痛みや腫れを生じて動かす際に痛みを伴うようになるのが特徴です。炎症を抑えるための治療として抗炎症剤を使用することはよくありますが、根本的な治療を行うためには患部を休めて炎症を鎮めていくと共に、原因となっている動作を行わないようにするということが大切になります。その治療を早めるための方法が知られており、整骨院ではマッサージや電気治療がしばしば行われます。その効果については賛否両論がありますが、原因を治療するために炎症を鎮めていくという考えに立つと悪化のリスクがあります。腱鞘で起こっている炎症が外敵な刺激によって促進されてしまう可能性が否定できないからであり、腱鞘炎の根本治療を達成するには効果無い接骨院の電気治療と言わざるをえないのです。ただし、凝り固まってしまっているのをほぐす効果は期待できるため、あまりに固まってしまっていて痛いというときにはその痛みを一時的に取り除くことには寄与してくれるでしょう。そういった対症療法として電気治療を使用することは可能ですが、リスクの高い腱鞘炎の治療法であるということは理解した上で実施してもらうことが大切です。

腱鞘炎の早期回復に向けてできること

腱鞘炎は手首を酷使していることが原因で発症します。人はあらゆる動作をするのに手首やひじの筋肉を使いますから、あらゆる人がいつ腱鞘炎になったとしてもおかしくはないと言っても過言ではありません。ですから、普段から手首のケアやストレッチをしておくのは重要です。もしかなり悪化してしまった場合は、手術などをしなくてはいけなくなってしまいます。
もし腱鞘炎になったとしても、慢性化する前に早期回復に向けてできる範囲のことをやっていれば痛みもすぐに引いていきますし、慢性化もしません。まずはこれ以上悪化する前に、素人判断でマッサージをしたり、冷やしたりして誤魔化さないで、吉祥寺スーリヤ接骨院へご相談下さい。
どれくらいの症状になっているかや、これ以上悪化しないためにはどうしたらいいのか生活習慣や仕事上の取り組み方などのアドバイスさせて頂きます。その指示に従った生活に改めることで早期回復と症状の進行の防止が同時に可能になるのです。

腱鞘炎の症状のレベルの違いとは

ひとくちに腱鞘炎といっても、症状のレベルはさまざまで個人差があります。まず、軽い症状のレベルとしては、腱や指先に倦怠感を感じる、少し動かすとだるい、いわゆる違和感を感じます。このような症状は初期症状「レベル1」ですので、この段階で心当たりがあれば、腱を酷使しない、冷やすなどの予防措置を取るとよいでしょう。腱を押さえれば少し膨らんでいるようにも感じますが、見た目にはほとんど分かりません。

次の段階「レベル2」になると、腱が少し熱っぽいと感じたり、抑えると少し痛みがあるような気がします。見た目にも腱や手首部分の皮膚にポコッとしたような膨らみが見て取れるようになります。一瞬ビリッとするような痛みを感じますが、すぐに治るため気のせいだと思い、そのまま放置してしまいます。

「レベル3」では、痛みが気のせいではないと自覚できるようになります。継続して痛みがありますが、手を休めていれば痛みが治まるなどを繰り返すようになります。

しかし、「レベル4」の段階になると、手を動かしていなくても痛みを感じるようになり、手を使うことが億劫になってきますが、それでもまだ、日常生活は何とかやり過ごすことができます。

しかし、最後の段階「レベル5」になると、朝痛みで目が覚める、夜眠っていてもズキズキと痛みが続き眠れなくなります。手をぶらんと下に垂らしている状態でも痛みを感じ、日常生活では歯ブラシを持つことも辛くなります。

腱鞘炎が慢性化した時の対処法とは

腱鞘炎とは、手首や県の部分に痛みが出て、ひどくなれば日常生活にも支障をきたす場合もあります。腱鞘炎は、急な激しい運動や酷使をすることによって炎症が起こる急性的な場合と、いったん急性の腱鞘炎になったものの完治をすることなく、日常的な動作の積み重ねで慢性化をしている場合があります。腱鞘炎の症状は、女性に出やすいといわれていますが、家事などでどうしても毎日手を酷使してしまい、痛みがあってもゆっくり手を休める期間を取ることができないことが原因でもあります。そのため、腱鞘炎は慢性化しやすい症状でもあります。できるだけ手を使わないように気を付けることで、慢性化を防ぐことか可能です。急性の腱鞘炎の時点でしっかりと時間をかけて治しておくことが肝心です。しかし、少しでも動かすと痛みが出るなど、すでに慢性化している場合には手首や腱を冷やすのではなく、インディバを使用した治療をおすすめ致します。又お風呂で湯船に浸かった状態で、負担がかからない程度に手首のストレッチを行うようにしましょう。日常的にも、手首を冷やさないようにすることが大切です。

腱鞘炎の予防法は使いすぎない事が

以前は腱鞘炎になる人というのは、スポーツをする人や、楽器を演奏する人や、特に字を書くことが多い人などに起きる症状でした。近年では職業や年齢や性別に関係なく多くの人に起きています。それにはパソコンや携帯電話で文字を打つことが多くなってきているからです。腱鞘炎の原因ともなるようなパソコンなどを使い、仕事をしたり、ゲームをしたり、ショッピングを毎日何時間もしている人が多くなってきています。そうすると、指や手首の関節の辺りがこわばるようになり、指を伸ばしにくくなったり、痛みを感じるようになった時に腱鞘炎に気づくようになります。それが酷くなってくると日常生活にも痛みなどから支障をきたすようになってきます。年齢が上がるにつれ指や手にある腱や腱鞘が硬くなるようになり、血行も悪くなってきます。そのような時に長い時間のパソコンなどを使う作業は炎症を起こしやすくなってしまいます。腱鞘炎の予防法は、何より指や手首を使いすぎない事が一番です。自分1人でパソコンなどを扱っていると3時間や4時間がたってしまいがちです。できれば1時間に1度程度は指や手を休ませることが大切です。下げていた手を高く上げて血行を良くするようにします。こまめに休むようにしながらキーボードを打つときもあまり力を入れないように軽いタッチですることも良いです。

腱鞘炎の一般的な病院での処置

パソコン作業など手をよく使う仕事の人は腱鞘炎になりやすい傾向にあります。手首を動かすと痛い、力が入りにくい、指が曲がりにくい、重いものを持つのがつらいなどその症状も様々なものがあります。毎日使う部分だからこそ早めに改善したおきたいところです。痛みが強い場合はやはり治療で改善を目指したいですが、一般的な病院での処置はどのように行われるのかも気になるところです。

まず、病院で治療を受ける処置の方法としては腫れがある、熱を持っているという場合は湿布、アイシングなどで冷やす処置が行われます。その後は安静を保つために固定が行われたり、抗炎薬が処方されることもあります。急性期の症状の場合は冷やして対処していきますが、慢性的な症状の場合は逆に温めてストレッチなどを行い改善を目指していきます。

改善が難しい場合はステロイド注射などで炎症、腫れ、痛みなどを抑えていく治療が行われることがありますし、それでもよくならない場合は腱鞘を切開する手術が行われることもあります。症状により処置方法は違いますので、まずは専門医で診察や検査を受け、それぞれに最適な治療で改善を目指していきましょう。

効果無いマッサージでは腱鞘炎は治りません

腱鞘炎に悩んでいる現代人は少なくありません。治療するにあたっては、薬や注射、湿布などが使われていますが、マッサージもやりようによっては効果的になるのです。腱鞘炎に効果的なマッサージというのは、凝り固まった部位マッサージすることで揉みほぐし、その結果、血の流れが良くなることが期待できるからです。
昨今は、仕事でも家庭でも、パソコンを使うことが非常に増えてきました。それがもとで、知らないうちに多くの人が腱鞘炎になっているのです。パソコンをずっと長時間にわたって行っている結果、ほかにも、目の疲れや肩の凝りなどの症状が現れてきています。これらは、筋肉が固まることに原因があると言えましょう。
筋肉を固まらせないように、積極的にマッサージを受けるとか、あるいは、作業をやっている途中で手首をゆっくりとぶらっとさせたり、そのようなストレッチを行うことでも、腱鞘炎になることを防げるのです。形だけ腱鞘炎になった部位を揉むだけなら、これは効果無いマッサージとしか言いようがありません。腱鞘炎に悩んでいる人は、必ずしも手術をすることなく、治癒する治る可能性はあります。腱鞘炎に対しては、正しく働きかけをしたら、即、痛みが緩和します。

腱鞘炎の改善にはストレッチ

腱鞘炎は指先を使った細かい作業、及びデスクワークを長時間行う状況下で発症しやすい性質を持っていて、腱と筋肉の疲労状態から指もしくは手首周辺へ痛みを生じます。
一般的な治療法は時間経過による自然治癒が基本となるものの、症状が悪化したまま負担を与え続けると腱を痛めてしまう例も考えられることから、日頃から適度なケアは求められてきます。
ケアを行う際にはまず、腱鞘炎が生じるメカニズムを知っておくことが重要で、どの部分をケアすればいいか正確に把握できないと早期改善は難しいです。
特に手首が痛い場合は痛みを感じる部分が直接の原因ではなく、手首を動かす時に使う腕の筋肉などが疲労状態となった際に発症する可能性もあるため、自己診断が難しい時は医師の診察を受ける選択が重要といえます。
改善に役立つ方法としてはツボ押しやストレッチなどが代表的で、手のひらを握ったり開いたり繰り返す動作が効果的となるほか、手首を内側及び外側へ曲げる運動も腱鞘炎を緩和させるのに有効です。
ただし、無理にストレッチを行うと腱へ余計な負担が掛かってしまい悪化の原因となってくるので、ゆっくりと数回から数十回程度繰り返すやり方が適切とされています。

関連ページ

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

腱鞘炎を早期で治す為の原因理解し最短で完治する治療法

腱鞘炎とは何かとその治療 腱鞘炎とは、腱と腱鞘の間に炎症が起きることで、手指のばね指が最も多いです。腱は腱鞘の中をとっており、摩擦がないので手指を曲げたり伸ばしたりしてもスムーズに動きます。しかし炎症が起きることで余計な摩擦が発生し、痛みを感じます。 …