東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


腱鞘炎を早期で治す為の原因理解し最短で完治する治療法

腱鞘炎とは何かとその治療

腱鞘炎とは、腱と腱鞘の間に炎症が起きることで、手指のばね指が最も多いです。腱は腱鞘の中をとっており、摩擦がないので手指を曲げたり伸ばしたりしてもスムーズに動きます。しかし炎症が起きることで余計な摩擦が発生し、痛みを感じます。主な原因は手指の使いすぎで、デスクワークなど手指を多く使う職業の人がなりやすいです。腱鞘炎は最初は手指を動かしにくくなったり、痛みが瞬間的で気にならなかったりします。初期段階で治療をすれば問題ありませんが、悪化すると痛みで日常生活で不便を感じたり手術でしか治せなくなったりします。女性はホルモンバランスの変化によって、筋肉の限界値に違いがあります。出産後にホルモンバランスが急激に変化することで、赤ちゃんを抱っこして腱鞘炎になることも多いです。

吉祥寺スーリヤ接骨院は深層筋療法とインディバを併用して治療にあたります。インディバとは、スペインで開発された高周波温熱機器の名称で、捻挫、肉離れ等のスポーツ外傷に有効です。インディバアクティブはサッカー界では、バルセロナ、ACミラン、パリサンジェルマンといった一流のクラブが導入しております。世界トップアスリートが怪我予防や治療、疲労の早期回復、運動機能向上、疼痛の早期緩和、傷害の早期回復、リハビリテーションとして利用しております。

発症して数週間し、治療院に行っても腱鞘炎の痛みが一向に改善しない場合、治療法が間違っています。腱鞘炎を治せるか、治せないか、その違いは、正しい腱鞘炎治療法を知っており、患部に対し正しいアプローチが出来るか出来ないかの違いです。
つまり、正しい治療法さえ知ってしまえば、腱鞘炎は早期に完治します。

腱鞘炎の原因について

腱鞘炎とは腱と腱鞘の間に起こる炎症のことです。その原因として、「関節部分の使いすぎ」があげられます。
例えば、作家さんなどの長時間に渡ってペンを使う仕事、またスーパーなどのレジ打ちの仕事の人、パソコンを使う事務員さんなど、腕や手首に負担がかかる方がなりやすいともいえます。
また、妊娠・出産後、更年期などの加齢や閉経が関係する「ホルモンバランスの低下」「骨粗しょう症」「筋力が低下する」なども、腱が痛みやすくなるため、腱鞘炎を引き起こす原因の一つといえます。特に、小さな赤ちゃんは意外と思っているより重く、抱っこすることで負担がかかるお母さんが腱鞘炎になる可能性が高いともいえます。
初期の症状として、物を持った時に手首が痛んだり熱を感じます。それを我慢して生活してしますと、更に進行して何もしなくてもズキズキと痛み続けます。辛い腱鞘炎にならないために、また痛みを感じる方はこれ以上進行しないためにも、「手首や腕を使い過ぎたな」と感じた時は、大きく回したり振ったりして動かすことが良いでしょう。また、一つの仕事を長時間より続けるのではなく、定期的に休みながら取り組んでいくことも必要です。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。注射、湿布、その治療方法では痛みをごまかすことができても根本的に痛みを解消する事は出来ません。適切な治療をすれば早期に完治します。

電話

予約

下記沿線から多数来院頂いております。

東京都練馬区、東京都新宿区、東京都目黒区、東京都府中市、東京都三鷹市、東京都武蔵境、東京都豊島区、東京都渋谷区、東京都世田谷区、東京都杉並区、東京都池袋、東京都調布市、東京都港区、東京都中野区、東京武蔵野市、東京都西東京市、東京都小金井市、東京都町田市。

腱鞘炎の症状とはどんなものか

腱鞘炎の症状は、比較的自分での判断がつけやすいものであるといった特徴があると言えます。その理由としては、炎症を起こしている部分に液体が溜まるといった症状が起きやすく、それにより腫れが確認出来ると言えます。また腱に近い部位を動かす事により、痛みを伴うといった事からも判断がつけやすいものだと言えます。また炎症を起こしている部位が動かしにくいといった特徴や、起床時に患部が不自然に動かなくなってしまっているなどといった特徴もあり、この様な場合には自然に回復していくのを待つ必要があると言えます。

腱鞘炎の主な原因としては、関節部分への負荷であると言えます。特に近年では、デスクワークなどを始めとしたパソコンを使った業務に従事している方などが多く発症するケースが報告されています。これにより一定の負荷を継続的にかけているといった事へと繋がり、その結果としてそれが痛みを発症する事へと繋がり、その負荷を出来るだけ逃がしてあげる事が必要になると言えます。始めは軽い違和感程度であり、あまり深刻に捉えないといった方も多いですが、その後、それが悪化して重症化してしまうといったケースも多く、出来るだけ早い段階での処置が求められると言えます。

腱鞘炎の治療法には色々あります

腱鞘炎の治療法は、炎症が現在も進んでいるのかどうかや、痛みが深刻かどうかなどで最適な方法が異なっていきます。ある段階なら効果的なものでも、他の段階だと逆に良くないという事もあります。今はインターネットや健康番組で容易に病気に関連した情報が入手できますが、個々人のケースを診察しなくてはどれが一番いい方法かは分かりません。医師から診察を受けてからどの治療法が自分には合っているのかが、初めてわかるのです。
炎症が今でも治まっていない場合は、痛みがある患部を冷やすことで症状が治まります。炎症が発生していると、その部分だけ体温が他の部位とは異なりますから、すぐにわかるでしょう。まだ初期の段階なら、熱がなくなると同時に炎症が治まり、痛みがなくなります。炎症がまだ続いている時に患部を温めると逆に悪化してしまう恐れがありますから、注意した方がいいでしょう。痛みが慢性化している場合は、逆に温めことで患部の血行不良が改善されて痛みが緩和しますし、指先の動きが軽快になります。

進行した腱鞘炎の治し方

ごく初期の腱鞘炎なら、炎症があるところを冷やしてあげれば自然に治りますし、もし痛みが残っていたとしても温めて血流を良くすることで症状は改善します。もっと進行した場合は、医療機関で専門的な治療を受けることになります。
患部に直接注射を打つ場合は、かなり進行した場合です。ステロイドを注入すると辛い痛みは劇的に良くなります。ただ、ステロイドを使う治し方では患者さんの間でも好まない人もいますし、副作用が発生する場合があります。副作用はステロイドが原因の色素沈着や、注射した部分が陥没することなどです。
患部に直接働きかけるものには、レーザーを使った治し方もあります。肌を通過して患部だけに作用してくれますし、痛みも感じない程度ですから、患者さんにとっては負担が少ない治療法です。これなら色素沈着など肌に発生する副作用も心配ありませんね。体には悪影響などはありませんから、その点でも安心できるものになっています。
手術で治すこともできます。腱鞘炎患者さんの中でもかなり重症の人に行われます。腱鞘を手術で切開して、腱がスムーズに動くように治してくれます。腱と鞘の間でこすれることがなくなれば、辛い痛みは発生しません。

簡単にできる腱鞘炎の改善法とは

腱鞘炎を経験された方以外は、その痛みはわかりにくいものです。そんな辛い痛みを軽減させる改善法には次のような方法があげられています。参考にして痛みを改善させておられる方も実際におられます。まず腱鞘炎がおこる原因を考えてみましょう。構造上、腱と腱鞘の間に炎症が起こることが問題なのです。これには、主に関節部分の使いすぎが考えられます。一日中パソコンを使って仕事をされている方がかかりやすいと言えますし、指先の酷使によるキーボード打ちは指の関節に炎症がおこります。その他、執筆活動や事務仕事でのペンを使った作業のしすぎからも手首や指の関節に炎症がおこります。まだ首がすわらない赤ん坊の世話などでは、抱っこする母親の手首に負担がかかります。これら負担がかかっている関節部の痛みを少しでも和らげる改善法としては、まず患部を休ませることが重要です。出来る限り無理しないようにしていきます。簡単なストレッチもあります。腱鞘炎をおこしている患部を力を入れたり、緩めたりすることで緊張はほぐれ、痛みは和らいでいきます。

自分でできる腱鞘炎の対処法

腱鞘炎は手を使う仕事をする人の多くが悩まされている症状ですが、対処法を知ることで症状をできるだけ悪化しないようにさせることが可能です。
腱鞘炎に対するケアの方法には様々な種類があります。まず、何も道具を使わずにできる対処法として、患部をできるだけ動かさないようにすることが挙げられます。手を動かさないようにするのは日常生活をおくる上では非常に難しいですが、自宅に同居している人がいるのであれば、身のまわりの作業を代わりにやってもらったりすることで、患部を休める時間をつくることが可能です。
仕事上で手を酷使することが避けられない場合は、テーピングやサポーターをつかって、患部の可動域を制限する方法もあります。
腱鞘炎の症状が軽ければ、上記の方法を試すだけで炎症や痛みが緩和されていきます。しかし、症状が重くなり、慢性化した状態になると、これらの方法だけでは治すのが難しくなり、ステロイド注射やレーザー、外科手術などを用いる必要が出てきます。

腱鞘炎の際にやってしまう間違った治療法

腱鞘炎は特定の患部に負担をかけることで起こる症状で、腱を覆う腱鞘が炎症して痛みや動かしにくいといった症状が現れます。デスクワークでキーボードを打つ仕事や、ピアニスト、筆記具を扱う漫画家や作家といった職業に多く見られる症状です。ただの筋肉痛と勘違いして放置する人もおり、いつの間にか悪化して関節の動きに制限がかかってしまうことも少なくありません。関節が痛いからと患部を直接マッサージすると炎症が酷くなって余計に痛みが酷くなり、悪化することにもなるので注意しなくてはいけません。また、患部を温めるか冷やすかで判断に迷うことがありますが、この治療法はどちらも正解です。ただし、症状の状態によって使い分けることが必要となるため、間違った治療法を行わないようにしなくてはいけません。腱鞘炎になった当初は患部が炎症を起こして腫れているので、アイシングなどで冷ましてあげるのが正しい治療法です。痛みが引いてきたら、今度は患部を温めて、血行を良くするために患部の周りを優しく撫でるようにマッサージします。炎症を起こしているかどうかは、痛みによって判断できるので、患部が痛いときは冷ます、痛みがなくなったら温めると考えておけば問題ありません。

関連ページ

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

腱鞘炎
腱鞘炎(手首)の症状を理解し最短で完治する治療法

腱鞘炎発症の原因となる筋肉について 腱鞘炎は、前腕部の腱が通る腱鞘部分に炎症が起き腫れることで、指や手首を曲げる際に腱と腱鞘に通常時以上の摩擦が発生し、痛みを生じる状態のことです。原因となる筋肉は短母指伸筋や長母指外転筋と呼ばれる部分で、親指や親指の …