東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


テニス肘とはどんな病気か?症状や原因見極めその日に緩和

テニス肘の症状において原因となる筋肉

通称テニス肘という疾患は肘の外側に痛みが出る疾患です。どのように診断するかというと物をねじる瞬間に肘が痛くなります。わかりやすい表現としてはタオル絞りの動作で肘が痛いなどです。安静時には痛みは出ません。

正式な名称は上腕骨外側上顆炎です。テニスによっても発生しますし日常生活や繰り返しの作業によって発生することもあります。急性の症状というよりは繰り返しの負荷や負担によって徐々に症状が進んでいくものです。蓄積されたものなので痛みも長期間にわたることが多いです。原因となる筋肉は、手首を伸ばす筋肉、短撓側手根伸筋です。原因の多くは前腕にあります。テニス肘の原因は大きく分けると二つで、一つは、肘の関節に原因がある場合ともう一つは前腕の筋肉に原因がある場合です。前者の関節に原因がある場合は、スポーツなどで強い衝撃を繰り返し受けていると肘の関節や骨の部分にダメージがかかり関節内部や骨がボロボロになってしまいますが、大半は後者の前腕の筋肉によるものです。

肘に症状が出ていることから肘だけを治療されてしまいがちですが原因となる筋肉の治療も大切です。 前腕に負担や負荷がかかり過ぎないようにしなくてはなりません。原因となる筋肉は前腕のみではありません。首や腰の筋肉も含まれます。肩こりや腰痛が発生していると前腕にも負担が入るようになります。そしてテニス肘は確実に治る疾患です。

吉祥寺スーリヤ接骨院は深層筋療法とインディバを併用して治療にあたります。インディバとは、スペインで開発された高周波温熱機器の名称で、捻挫、肉離れ等のスポーツ外傷に有効です。インディバアクティブはサッカー界では、バルセロナ、ACミラン、パリサンジェルマンといった一流のクラブが導入しております。世界トップアスリートが怪我予防や治療、疲労の早期回復、運動機能向上、疼痛の早期緩和、傷害の早期回復、リハビリテーションとして利用しております。

発症して数週間し、治療院に行ってもテニス肘の痛みが一向に改善しない場合、治療法が間違っています。テニス肘を治せるか、治せないか、その違いは、正しいテニス肘治療法を知っており、患部に対し正しいアプローチが出来るか出来ないかの違いです。
つまり、正しい治療法さえ知ってしまえば、テニス肘は早期に完治します。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。注射、湿布、その治療方法では痛みをごまかすことができても根本的に痛みを解消する事は出来ません。適切な治療をすれば早期に完治します。

電話

予約

テニス肘に対して効果無い接骨院の電気治療について

テニス肘はテニスをすることで肘にストレスがかかり、発生してしまう症状です。具体的にはテニスをする際、肘を伸ばして打球を打つため、伸ばした際に肘の後面側の関節にストレスがかかってしまいます。骨は刺激やストレスが加わるとその部位に新たにコツを形成しようと反応します。その結果、肘に本来ないはず骨が発生してしまい、痛みや関節運動性下に繋がってしまいます。またそれに対し、多くの方は接骨院を利用して治療を試みます、接骨院では治療として電気治療を施すことが多いですが、基本的には治療の効果は認めていません。そのため多くの方は効果無い接骨院の電気治療を受けていることになります。効果がない理由として、電気治療では骨の再生や回復を促進する作用を持つことが多いです。しかしテニス肘においては骨がすでに発生しているため、治療や再生を目的とする電気治療の必要性はありません。また一度発生した骨は手術などで直接的に除去しないと解決しないため、整骨院では治療を行うことが叶いません。また手術で除去してもその際の骨切りなどによる骨へのストレスが刺激となり、再び新たな骨の発生を引き起こしてしまいます。そのため繰り返す可能性の高い症状と言えます。

テニス肘で痛みがある場合早期回復に向けて

テニス肘というのはその名のとおりテニスをすると肘に痛みが生じるものです。これはテニスだけではなくゴルフやバドミントンなどでも同様の症状があらわれます。テニス肘はひどくなると何かものを掴むだけでも痛みが生じることがあります。このような症状が続くと生活に支障が出てくるため、早期回復に向けて治療を行うことです。
テニス肘を治療するにはその原因が何かきちんと調べてから治療を行うことです。自分で判断してシップを貼ったり、マッサージをしたり治療は行わないようにすることです。
テニス肘はスポーツをしている人もそうでない人も手に力を入れすぎてしまい、肘に負担がかかるような使い方を続けてしまうようなことがあれば筋肉が硬くなり痛みが発生してしまうのです。
早期回復に向けて改善する方法は、まずその原因となっている手の使い方から改善をしておくことが必要です。そして筋肉を柔らかくするようなケアを行いながら治療を続けると早期回復が期待できます。
これらは病院などできちんと治療をするほうがいいです。リハビリというのはとても大切なので、そのメニュー通りに続けて治療を行うことが大切です。このように早期回復に向けて、根本的な原因をつかんで原因をまず改善して治療を行うといいです。

テニス肘の症状のレベルにあわせた治療法

肘の外側から前腕にかけて突然痛みが走る症状は、テニスをする人がかかることが多いことからテニス肘と呼ばれるようになったものです。テニス肘になると多くの人が日常生活の中で例えばドアノブを回す、タオルを絞るといった手首を使ってひねる動作をくわえるときに患部に痛みが現れ、痛みの症状のレベルによっては日常生活を送る上で支障をきたすケースが少なくありません。
病院を受診すると手首を後ろにそらせる動きの際の肘の外側の痛みや、肘を伸ばした状態で力を加えたときに痛みが誘発されるかどうかを診断します。
対処法としては症状のレベルによっては患部を安静に保つために運動などは禁止させる一方で、温熱療法や低周波による理学療法を活用したり、痛みが強いときには荘園鎮痛薬の内服や外用などとあわせてテニスひじ用のサポーターを使用するなどの治療法が行われます。テニス肘はテニスをする人だけに起こるものではなく、年齢を重ねることで肘の腱が損傷しやすくなることで起こるものでもあるため、中年以降の年代に起こりやすいという特徴もあります。

テニス肘を慢性化させない方法

起床後に指を動かしにくかったり、手首が腫れて指を動かすたびに突っ張る感じがある時は、テニス肘が慢性化したと判断できます。慢性化すると適切な治療をしても、治りが遅くなるので痛みがある時は、運動を止めるようにします。テニス肘が痛むのは腱が傷ついているためで、筋肉のようにトレーニングで強化されるものではありません。無理をして運動を続けると、1年間の治療を受けるなどロスが大きくなります。普段の運動でテニス肘を予防するには、テニスでフォームを改善して筋肉をしっかり付けるのが良いです。しかしテニスをしなくてもテニス肘になる人はいます。そのような場合は、日頃からストレッチを丁寧に行って筋肉の強張りを解消し温めます。特に関節部分の柔軟性を高めると、日常生活における衝撃くらいなら吸収することができます。ジムで重たいバーベルを持ち上げるようなハードな運動は控えます。ストレッチして血行が良くなったら、比較的軽いダンベルで腱の周囲にある筋肉を鍛えます。腱に関するトラブルで手術をするケースは少ないです。

テニス肘に効果的な予防法とは

「上腕骨外側上顆炎」とは、おもに中高年でテニスを趣味としている方に多く見られる症状のため、「テニス肘」とも呼ばれています。症状としては、物を掴んだり持ち上げようとすると、肘の外側から前腕にビリビリとしたような痛みが出ます。外側に痛みが出る場合には、「テニス肘」、内側に痛みが出る場合には、「ゴルフ肘」と呼ばれています。雑巾を絞るような動作も痛みが出やすく、安静にしている時にも痛みがあるという特徴があります。おもな原因ははっきりしていませんが、加齢などに伴って肘の腱に負担や傷みが出たり、使い過ぎによって痛みが出る場合もあります。必ずしもテニスが原因で起こるわけではなく、日常的な動作によっても起こりうる症状です。テニス肘の予防法は、運動をする前などに、手首や腱のストレッチを行うことです。肘を床に向けてしっかり伸ばし、そのまま手首に力を入れた状態で下に曲げ、5秒間程度保ちます。そのまま、手首をくるくる回したり、軽くねじるなど、毎日軽めのストレッチをこまめに行い、徐々に筋肉を付けていくと良いでしょう。肘や腱に急なストレスを与えないように注意したり、もしも、テニスをしたり手首や腱などを酷使する動作をする場合には、肘全体を覆うようなサポーターを着けて行いましょう。

テニス肘の一般的な病院での処置について

「テニス肘」というのは、中年以降の年代で、テニスが好きな人に多くみられる肘関節の症状を指しています。炎症が起こる部位については、手首を伸ばすときに働く「短橈側手根伸筋」と考えられており、この部分に不具合が生じて症状が起きると考えられています。「テニス肘」の主な症状として、雑巾をしぼる動作をすると、肘の外側~前腕が痛むことがあげられます。重い荷物を持ち上げるときに痛むこともあります。
整形外科を受診すると、いくつかの簡単な動作でテストが行われます。例えば、肘を伸ばしたまま椅子を持ち上げたり、肘を伸ばした状態で行う中指の伸展や手首の進展などのテストが行われます。こうしたテストでひじの外側から前腕にかけての範囲で痛みが生じた場合には「テニス肘」と診断されます。
一般的な病院での処置については、湿布や外用薬の処方を行うほか、局所麻酔薬やステロイドを注射することもあります。また、サポーターによる固定を行ったり、筋肉のストレッチを行うこともあります。こうした治療を続けても効果がみられない場合には、MRIなどで腱の状態を把握して、手術が行われることもあります。「テニス肘」の手術では、筋膜の切開や筋腱の延長、関節鏡による処置などが行われます、

テニス肘に効果無いマッサージは悪化させます

テニスやゴルフをすると肘に痛みを感じる、肘を伸ばそうとすると痛みがあるなどの症状に悩みがある場合には、テニス肘である可能性があります。
テニス肘は酷くなると少し重いものを持つだけでも痛みがでるため、日常生活が不便で気持ちが落ち込むこともあります。テニス肘は原因があり、きちんと適切な治療をすることで約1ヶ月程度で改善する症状です。
テニス肘が治らないのは理由があり、治療法が間違っている、原因を理解していないなどが考えられます。
治療を妨げてるものとして、アイシング、電気治療、効果無いマッサージ、ストレッチ、痛み止めの注射、サポーターなどです。これらの治療をしていると改善しないばかりか、繰り返すことで筋肉の緊張がより強くなり慢性化してしまうのです。特に技術の無いマッサージは症状を悪化させる原因ともなります。
テニス肘の原因は、テニスボールをラケットで打つ時の衝撃が肘周辺の筋肉に繰り返し加わることで微小断裂や損傷を起こすためです。さらに手の使い方も原因となり、ラケットを握る力が強かったり、ペンの筆圧が強かったり、日常生活で指や手に力を入れる癖があると、肘に繋がる筋肉は硬くなりやすくテニス肘となります。
テニス肘を改善するには、筋肉を柔らかくする治療やケアをしたり、肘を痛める生活習慣を見直すことです。根本的な原因は骨や関節の損傷ではなく、緊張している筋肉などを回復させることが大切なのです。

テニス肘の痛みの改善のためのストレッチの注意点

年齢を重ねると共に肘などの件の部分が傷み、肘の外側から前腕部分にかけて痛みが走るのがテニス肘と呼ばれる肘関節の症状です。物をつかんで持ち上げたり、雑巾を絞るような動作をしようとすると痛みが走り、安静にしている分には痛みがないのが一般的です。
テニスをするスポーツ選手などに起こる症状と思われがちですが、これは中年以降の年代の人でテニスの愛好家に起こりやすい症状であったためにこのように呼ばれるようになったといわれています。
肘への負担によって炎症が起きているため患部に対してはまずは炎症を沈めるための治療が行われます。対処法としては主に傷めた部分に負担をかけないように腕をなるべく使わないようにしたり、腕を使ったときに肘に負担がかからないように専用のサポーターを使ったりする方法が一般的です。
傷めた部分の筋肉の柔軟性を獲得するためにストレッチをするのは効果的なのですが、ストレッチはどのタイミングで初めてどの程度の強さで行うかがとても重要です。
テニス肘の改善のためのストレッチとして指導を受けるのが、痛みがもっとも辛かったときの半分くらいまで治まり、ストレッチすることで筋肉が引っ張られるような感覚に伴う痛みが自分で受け入れられる程度の強さで行うと言うものです。

テニス愛好家に良くみられるテニス肘とは

テニスを好んで楽しむ方は日本に沢山居ます。若い方にも多いですが、年を少し取った方でもテニスを好んで楽しんでいる方は多いです。しかし、そういった方に多い症状がテニス肘です。テニス肘とは、肘の腱が痛む事で発生する症状で、物を掴む動作をする時に痛みが発生するようになります。テニスを楽しんでいる方でこの症状に悩まされる方が多い為、テニス肘と呼ばれていますが、正式には上腕骨外側上顆炎という名前で呼ばれています。筋肉痛のような物なので、治療をする場合は手首や指のストレッチをこまめに行い、あまり負担がかからないように運動を避けるようにする必要があります。ちゃんと治療する場合はクリニックに行って、ストレッチの後に筋肉に注射をする必要があります。注射をした後はテニス肘用に作られたバンドを装着して、治療をする事が出来ます。完全に治療するには手術を受けないといけない場合もあるので、注意が必要です。とはいえ、この症状に悩まされている間にテニスを楽しむことは難しくなるので、ちゃんと治療はするようにしましょう。また、先にストレッチ等をこまめに行うようにすて、この症状に悩まされないように工夫をするようにしましょう。

関連ページ

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

テニス肘治療なら深層筋療法ですぐ治ります

テニス肘の治療法について 「上腕骨外側上顆炎」または「上腕骨内側上顆炎」、俗称「テニス肘」と呼ぶ。テニス肘の治療法は色々な種類があります。病院や接骨院に行くと色々な治療をしてもらえます。湿布をする。サポーターをして動かさないように固定する。マッサージ …