東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


テニス肘治療なら深層筋療法ですぐ治ります

テニス肘の治療法について

「上腕骨外側上顆炎」または「上腕骨内側上顆炎」、俗称「テニス肘」と呼ぶ。テニス肘の治療法は色々な種類があります。病院や接骨院に行くと色々な治療をしてもらえます。湿布をする。サポーターをして動かさないように固定する。マッサージをする。電気治療をする。等あります。
上記の方法は、対処療法になりますのでテニス肘の根本を治すものではありません。対処療法というものは原因を把握せずに症状で対処しておりますので原因を理解して治療した方が効果的です。テニス肘という俗称の通りテニスをしていてなることが多い病気になります。テニスをしている人が全員テニス肘になるかというとそうではありません。テニス肘にならない為にきちんとしたフォームで打つことでなりにくいです。不自然なフォームでテニスをしていて強い力が肘に付加された場合は肘の外側の筋肉が痛くなってしまいます。安静にしていたら痛みがしばらくするとなくなりますが、同じフォームで打ってしまうとまた痛みが出てきます。テニスをしていてなるのでしたら打つフォームを治す事も重要です。

発症して数週間し、治療院に行ってもテニス肘の痛みが一向に改善しない場合、治療法が間違っています。テニス肘を治せるか、治せないか、その違いは、正しいテニス肘治療法を知っており、患部に対し正しいアプローチが出来るか出来ないかの違いです。
つまり、正しい治療法さえ知ってしまえば、テニス肘は早期に完治します。

テニス肘の原因を知って、症状を改善

重い荷物を持った時や、雑巾を絞る時に肘の外側に痛みを感じることがあります。テニス肘は、テニスでバックハンドを行った時に起こりやすいので、この名称が付いていますが、他のスポーツで肘を酷使したり、家事や仕事で中指や肘をよく使っているのが原因で起こります。テニス肘を改善するためには、肘の周囲の筋肉を休めることが大事ですが、仕事や家事が忙しい人は安静にするのが難しいと感じている人がほとんどです。
整形外科のクリニックでは、痛み止めの内服薬を処方してくれたり、湿布薬を処方されますが一時的な対処法でしかありません。
仕事や家事をしていない時は、なるべく腕を使用しないようにして、安静を保つようにしましょう。
テニス肘の原因を知っておくことで、辛い症状を緩和できるので、痛みが強い時は放置をせずに、野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、靭帯損傷、肘内障、上腕骨上顆炎、滑液包炎、変形性肘関節症の可能性もあるので、吉祥寺スーリヤ接骨院へご相談下さい。激しいスポーツをしている人は、しばらくの間は運動を控えることも大事です。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。注射、湿布、その治療方法では痛みをごまかすことができても根本的に痛みを解消する事は出来ません。適切な治療をすれば早期に完治します。

電話

予約

下記沿線から多数来院頂いております。

東京都練馬区、東京都新宿区、東京都目黒区、東京都府中市、東京都三鷹市、東京都武蔵境、東京都豊島区、東京都渋谷区、東京都世田谷区、東京都杉並区、東京都池袋、東京都調布市、東京都港区、東京都中野区、東京武蔵野市、東京都西東京市、東京都小金井市、東京都町田市。

テニス肘の段階的にあらわれる症状

テニス肘とは、中年者以降のテニスの愛好家に症状が発症しやすいのでテニス肘と呼ばれています。一般的には、加齢とともに肘の腱が痛んで生じます。病態や原因については十分に分かっているわけではありませんが、主に手首の起始部が肘外側で障害されて生じると考えられています。手首をのばす働きをする部分と、手首をのばす働きをする部分指をのばす働きをする部分に痛みを生じます。
その症状としては、モノをつかんで持ち上げる動作やタオルを絞ったりする動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが生じてきます。しかし、多くの場合は安静にしているときは痛みはありません。その症状は初めのうちは痛みがあるわけではなく違和感がある程度です。違和感を感じたままテニスを継続していくと、ストローク時に肘に痛みを感じるようになります。しかしまだ、プレーができないほど深刻なものではありません。そのままテニスを続けていくと、痛みの部分が広がっていき肘だけではなく手首に広がることもあります。
さらに重い症状となると、ラケットが握れなくなったり、ボールが持てない、ドアノブを回せない、コップにお茶を注げないなど、日常生活に支障をきたすことになります。ひじに違和感を感じた場合は、こうした重篤な症状になるまでほおっておかずになるべく早くご相談下さい。

自分でできるテニス肘の治し方はあるのか

重い物を持ち上げたり、雑巾やタオルなどをしぼったりしたときに、肘の外側に痛みを感じる場合は、上腕骨外側上顆炎と呼ばれる症状が起きている可能性があります。この症状は、テニス選手に起きることが多いことからテニス肘と呼ばれていますが、日常生活に支障がない程度の痛みであれば、治し方さえ覚えていれば自力で改善させることができます。
テニス肘を自力で治す場合は、まずは痛めている腕をできるだけ動かさないようにすることが大事です。そして、肘の負荷を減らすためにサポーターを装着しましょう。テニス肘に効果のあるサポーターにはたくさんの種類があるので、自分にあったものを選ぶと良いです。
しかし、単に安静にしているだけでは肘のあたりにある筋肉の柔軟性が失われてしまいます。そのため、ある程度痛みが緩和された段階で、手の甲や手のひら、前腕などにストレッチを施すようにします。例えば、腕を肩の高さまで上げたあと、手の甲や手のひらを手前に引き寄せる動作を2~4セット、1セットにつき20~30秒程度行うと、筋がのびていきます。ストレッチを行う場合は、せっかくおさまってきた炎症が再発してしまわないように、加減をよく考えて行いましょう。

テニス肘やその改善法について

テニス肘はテニスなどのラケットを持ちながら動くスポーツをする人に多く見られる障害ですが、正式には「上腕骨上顆炎」という疾患名であり、バックハンドストロークなど一定の動作を繰り返し、肘を使い過ぎる事によって発生する症状です。
テニス肘は30代から50代にかけて発生する事が多い障害と言われていますが、テニス経験がまだ浅い人でも起こる可能性がありますし、テニスをしてなくても仕事でパソコンを長時間使用している人や調理師などにも起こる事がある障害です。
初期症状が筋肉痛程度で気付きにくいかもしれませんが、症状が悪化すると慢性的な鈍痛に襲われるようになり、タオルを絞ったり重いものを持ったりするだけでも痛みを感じてしまうので、症状が酷くなると日常生活にも支障をきたすレベルの障害です。
テニス肘の改善法としてはテニスを休んだり長時間のパソコン使用をやめて患部を安静にする事が一番です。人間には自然治癒能力があるので、とにかく休ませる事で自然に改善していくと言われています。
他にも治療法としてはサポーターの装着やアイシング、症状によってはステロイド注射を打つ治療法などもありますが痛みが改善しない場合、治療方が間違っているのでご相談下さい。ただ再発の多い障害なので正しいフォームに改善する事も効果的ですが、基本的にテニス肘を改善するためには安静にする事が重要です。

突然痛みが走るテニス肘の対処法

テニス肘は通常は安静にしているときには痛みを感じることはないのですが、決まったい動きをするときに強い痛みが発生するために、日常生活の中でも支障をきたすことがあります。テニス肘という名称から、テニスをする人がかかる症状だと勘違いし、自分は特に何のスポーツもしていないのになぜこのような症状が出るのかとふしぎに思う人も少なくありません。テニス肘という名称は、中年以降のテニスを愛好する人に生じやすい症状なことからこのような名称で呼ばれているものであり、テニスをするかどうかは発症と密接な関係があるわけではありません。一般的には年齢を重ねることで肘の腱が傷むことで起こる症状と考えられ、その病体や原因については十分解明されているわけではありません。
対処法としては手を使う作業などを控えるようにしても痛みを軽減する事が無い場合もありますが適切な働きかけをすれば早期に改善していきます。

テニス肘のついやってしまう間違った治療法

テニス肘は肘周辺にある総指伸筋や、その周囲にある部位に負担がかかることで、筋の捻れ、炎症を起こして痛みを伴う症状です。多くはテニスをする人に起こる症状のためこの名称となっていますが、手首の動きが負担となって起こるため、パソコンのキーボードやマウス、スマートフォンなどの操作でも起こり得る症状と言われています。テニスをして症状が現れた場合は、間違ったフォームでラケットを使用し、手首に過剰な負担をかけることで痛みが現れるので、症状が出た場合はフォームを見直す必要があるとされます。筋肉が引き攣れたような痛みとなるので、つい肘の周囲をマッサージしてしまいますが、圧迫することで患部がダメージを受けて悪化することにもなるため、知識、技術の無いマッサージなどは行わないで下さい。安静にすることが大切で、炎症を起こしていた場合は冷湿布などのを用いて患部を冷ますようにします。間違った治療法ではつい温めてしまいがちですが、炎症の場合血流量が増加しているので、患部を冷やして血流量を抑えるのが正しい方法となり、痛みが引いたら逆に温めて血行を良くするようにします。

テニス肘を生じた際のセルフケアの仕方

現在、多くの方が健康維持のためにスポーツをする傾向にあります。最近では中でもテニスを始める方も増え、テニスブームに火がついております。テニスはハードなスポーツの1つでもあるため、1度は怪我を起こす方も少なくありません。中でも多く見受けられるのがテニス肘となります。テニス肘は打ち方が悪かったり腕だけの力で行うことで生じてしまうだけでなく、セルフケアとしてテニス後のクールダウンとしてアイシングをしない事で発生することが多いと考えられます。セルフケアとして肘を酷使しないためにまずは腕だけでなく肩からしっかり筋力を付けることが大切となります。またテニスを始める前にもしっかり肘や肩周りの筋肉をほぐしてから行うことが重要になります。またテニス肘を発生することを事前に予防するためにも専用のサポーターなどを装着して行うことことで、肘への負担は大幅に減少します。もしテニス肘になってしまった場合、癖になってしまっている場合は早めに病院に行くなどして長くスポーツが続けられるようにケアをする事が大切となります。今後も多くの方がスポーツを熱心に行うことは間違えありません。自ら健康で楽しく行っていくためにもまずはテニス肘に対するセルフケアの知識を得ることが大切であると考えます。

下記沿線から多数来院頂いております。

東京都練馬区、東京都新宿区、東京都目黒区、東京都府中市、東京都三鷹市、東京都武蔵境、東京都豊島区、東京都渋谷区、東京都世田谷区、東京都杉並区、東京都池袋、東京都調布市、東京都港区、東京都中野区、東京武蔵野市、東京都西東京市、東京都小金井市、東京都町田市。

スポーツ障害について

スポーツ傷害とはスポーツによる運動器の外傷(スポーツ外傷)とスポーツを続けることで起きる身体の障害(スポーツ障害)の総称です。スポーツ障害は、大きくは外傷と障害に分けられます。

外傷

捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、一度に強い外力が加わることにより生じるものを指します。

障害

特定の部位に繰り返し外力が加わり軟部組織を損傷するもので、野球肘、野球肩、ランナー膝等と呼ばれているものがこれにあたります。

バレーボール バスケットボール
・ジャンパー膝
・シンスプリント
・捻挫
・足底筋膜炎
・指の骨折 ・指の脱臼
・肉離れ ・打撲
・インピンジメント
・ジャンパー膝
・シンスプリント
・突き指
・足首捻挫
・足底筋膜炎
・肉離れ・打撲
サッカー 野球・ソフトボール
・足首の捻挫
・半月板損傷
・靭帯損傷
・打撲
・肉離れ
・野球肩
・野球肘
・投球障害
・シンスプリント
・腰痛 ・ヘルニア
・分離症
・腰椎すべり症
・インピンジメント
ラグビー 陸上
・骨折 ・肩の脱臼
・捻挫 ・打撲

・肉離れ ・十字靭帯

・側副靭帯損傷
・ジャンパー膝
・シンスプリント
・突き指 ・捻挫
・足底筋膜炎
・肉離れ ・打撲
・ランナー膝
・ジャンパー膝
・足底筋膜炎
・外脛骨炎
・シンスプリント
テニス 柔道
・テニス肘
・インピンジメント
・シンスプリント
・ジャンパー膝
・シンスプリント
・突き指 ・捻挫
・足底筋膜炎
・肉離れ ・打撲

 

スポーツ障害の主な部位と種類

 むち打ち症等
 野球肩、リトルリーガーショルダー等
 野球肘、テニス肘等
 腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群等
 ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨等
 シンスプリント、アキレス腱炎等
 足底筋膜炎、踵骨骨端症等

関連ページ

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

テニス肘とはどんな病気か?症状や原因見極めその日に緩和

テニス肘の症状において原因となる筋肉 通称テニス肘という疾患は肘の外側に痛みが出る疾患です。どのように診断するかというと物をねじる瞬間に肘が痛くなります。わかりやすい表現としてはタオル絞りの動作で肘が痛いなどです。安静時には痛みは出ません。 正式な名 …