東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


捻挫治療は病院か接骨院か?吉祥寺スーリアで当日緩和

捻挫の処置を正しく行おう

捻挫をする事は誰でにもありますが、その時の処置をどうするかによって回復までの期間が変わる事も少なくありません。
出来るだけ早く良くする為にも、正しい処置を知っておく必要があります。

基本的には酷く捻挫をしてしまうと言う事は少なく、自宅で何とか出来る場合も少なくありません。重要な事の一つは安静にする事です。少々痛かったとしても我慢をして動かしてしまうと言う人もいますが、それをしてしまうとより一層腫れてしまう事もあるので良くありません。まずは動かさない事が重要です。

次にすべき事は冷やす事です。腫れている場合はすぐに冷やしましょう。それによって炎症を抑える事が出来るし、何より痛みも軽減していきます。また固定をする事も重要です。手の場合はどうしても使ってしまう事が有るので、三角巾やアームホルダーなど使って動かさないようにしましょう。その方が炎症が早く良くなるのでお勧めです。また足などの場合は包帯で固定する事もできますが、テーピングを行う方法もあります。

これらは自宅で行う事が出来る方法です。ただ捻挫の度合によっては自宅で簡単な処置をしたからと言って良くならない場合もあるので、そういう場合は早めに外科に行って検査をしてもらい治療を受けましょう。実は捻挫だと思っていたら骨にヒビが入っていたとか割れていたと言う事もあるので、ただ痛いだけだからと言って適当な処置をしてしまったり無理に我慢してしまうのは良くありません。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。

吉祥寺スーリヤ接骨院に来院されるの多くの方が、色々な治療院通ったのち、当院へ来られます。通常、整形外科では湿布だけで経過観察で治療はしてくれません。マッサージ、整体院、接骨院や整骨院では電気治療と軽度のマッサージをして終了が殆どです。2度と同じ痛みを再発させない事を目的として施術を行います。是非ご相談下さい。

電話

予約

足首の捻挫の捻挫のタイプと処置のポイント

足首の捻挫のタイプですが、大きくわけて2種類のタイプが存在します。一つ目のタイプは足の裏が内を向く内反捻挫タイプです。もともと足首は内側への方が可動性が大きいので起こりやすいタイプなのですが、総じて軽症のことが多いのがこのタイプの特徴でもあります。二つ目のタイプは足の裏が外を向く外反捻挫です。
足首は外側への可動性が低いため起こりにくいタイプではありますが、起こってしまうと靭帯断裂などの重症化しやすいのが特徴です。捻挫の症状の9割が内反捻挫という統計が出ています。
捻挫のときに一番大事なことは慢性化させないということです。何度も同じ怪我をする場合、毎回同じ足の場合は体の構造が原因になっている場合が多いのです。例えば軸足ばかり怪我をしてしまう場合は、軸足だけに負担をかけないように意識することが必要です。また内臓の不調や内臓下垂も捻挫の原因となることがありますので、体調を整える工夫が必要です。
そのためには怪我をしたときのショックを脳から取り除くことも必要です。効果的な処置方法のポイントですが、急性期の場合は痛みを伴うことが多いので、まずは足首を使わないで休ませることが大前提になってきます。
次に損傷した組織から内出血しないために足首を冷やしましょう。怪我をして1日~3日後、お風呂などに入って患部を温めてみて、ズキズキとした痛みが加速しないようであれば温熱療法に切り替えます。ズキズキが続くようでしたら継続して冷やします。

捻挫の中でも軽い捻挫の場合の処置について

捻挫と一言で言っても状態は人それぞれです。酷い場合は病院にすぐに行って検査を受ける必要がありますが、軽い場合はわざわざ病院に行かなくても何とかなる場合も少なくありません。では軽い捻挫の場合の処置はどのような物があるのでしょうか。
重要な事はこれ以上炎症を悪化させないと言う事なので、出来るだけ早い段階で冷やしましょう。痛みが強く出ている場合は軽度の捻挫の場合ではない事もあるので、その場合は病院に行く方が無難です。

またある程度冷やしたら今度は固定します。動いてしまうと炎症が広がってしまう事もあるので、ここではしっかりと固定しましょう。湿布を貼っている場合は包帯で出来るだけ動かない様にする、またテーピングを施すと言うのも一つの方法です。
ただテーピングに関しては上手に行わないとどうしてもうっ血してしまったりする事もあるので、最初は病院でその方法を見せて貰ったりする方が安心です。腕の場合は三角巾などで吊って動かさないようにする事も重要となります。
軽い捻挫の場合はそれ程痛みが引くまでに時間は要しませんが、そこで動かしてしまうと悪化する可能性は十分あります。
出来るだけ動かさない事、無理をしない事などが軽い捻挫の場合の処置としては必要な事です。

中程度の捻挫の場合の処置について

捻挫にもさまざまあるのですが、一番多いとされているのは、足の裏が内側を向くように捻ってしまい、外側の靭帯を傷めてしまうことです。軽いものだと決めつけて放置してしまう場合もあるのですが、治りが遅くなるだけでなく、下手をすると癖になって何度も同じ箇所を傷めることになってしまうことがあるので、適切な処置が必要です。
中程度の捻挫の場合の処置ですが、怪我をした直後はできるだけ早く患部を冷やすことが大切になってきます。急激に腫れて熱を持っているのを少しでも抑えるためですが、場合によっては内出血を伴っていることも考えられるので、切れた毛細血管を収縮させることにより、出血を抑えることができるのですが、だからといって過剰に冷やすと凍傷なども引き起こすので気をつけておきしょう。
その後、熱が引いたら逆に温めるようにしておきましょう。今度は患部に血液を送るようにすることで、回復を早める効果が期待できるのです。それと同時進行で、足首を固定するようにしておきたいのですが、テーピングやサポーターでも悪くはないものの、中程度の捻挫の場合の処置としては、できれば専門医に診てもらい、ギブスを使用するようにしておきたいです。
完全に痛みが取れたのなら、ギブスを外してリハビリを行います。この時に注意しておきたいのは、長く動かしていなかったので足を支える筋肉が低下しているのと、柔軟性が失われているため、必ず誰かの手を借りて無理のない範囲で動かしていくようにすると良いです。

強度の捻挫の場合の処置

健康志向の高まりで運動を行う人が増えていますがその半面急激な運動によって負荷に耐えきれず怪我をする人が増えていますが、その怪我の種類の中で最も多いのが捻挫です。捻挫は手首や足首の関節には動かした時の負荷を軽減するためのクッションとしての役割として無数の筋肉の繊維で分散させているのですが、その筋肉の繊維が突発的に一度に大きな衝撃を加えたりまた衝撃が積み重なることで炎症を起こし熱を帯びたりまた痛みとなる怪我です。通常の捻挫自体は患部を温冷療法と湿布を貼り負担をかけないで過ごすことで体の自己修復能力で2日から最低でも1週間をめどに治りますが、しかしただ捻挫と侮ると後々後悔する状態が捻挫の状態が強度の捻挫の場合です。強度の捻挫の場合は関節を支える筋肉繊維が完全に断裂している状態で、その状態は激痛以外にも骨が外れる疲労骨折を誘発する可能性があるため運動障害を起こしたり関節の変形が起こり歩行困難を招くことになります。そのため強度の捻挫の場合の処置は迅速に行う必要があります。強度の捻挫の場合の処置はどのようなことを行えばよいかというと、患部を見て尋常ではないはれ上がりを見た時には自己判断をせずに初期治療と同じく温冷療法と湿布を貼りさらに患部が医療機関に到着するまで動かないようにするためにアルミ板と包帯で完全固定をします。そして整形外科を受診し状態を見て包帯やテーピングなどでの固定で終わる場合もありますが、大半はその後手術をして切れた関節の筋肉を縫合したうえでギブス固定し1週間の入院と機能回復するためのリハビリをすることになります。

足首捻挫を早く治す応急処置のコツ

足首をひねって捻挫をしてしまうことはなにもスポーツをやっている人ばかりとは限りません。日常生活でもちょっと段差でつまずいてしまったり、冬場などでは道路が凍って滑ってしまったり、家の中でもお風呂場で足を滑らせてしまう可能性があります。
そんな時に、ちょっとひねっただけだからとほうっておくと後から痛みがひどくなったり、なかなか治らなかったり、すぐに同じところがねんざしやすくなってしまうかもしれません。
捻挫というとそれほどひどくない怪我のように感じる人も多いかもしれませんが、治す時にはしっかりと治療しましょう。
では軽い捻挫だったり、すぐに病院にいけない時などのために知っておくとよい足首捻挫を早く治す応急処置のコツがあります。
俸給処置の基本となるのが、まず第一に安静にすることです。足首の場合、日常生活を送る上でどうしても歩いてしまったりと動かなければならないことが多いですが、治療をどうこうという前にきっちりと動かないように我慢する必要があります。
次に捻挫で患部がずきずきと熱を持っていたみ始めた場合はよく冷やすことが大切です。この時のコツは湿布を利用するのではなく氷などを利用して冷やしましょう。注意点は長時間冷やしすぎないということです。長くても1時間くらいで冷やすのをやめて、2時間ほど間を置き改めてまた冷やすというように何度も続けます。
そしてテーピングなどでしっかりと固定します。最後に寝る時などは足をあげた状態にしてあげると効果的です。

捻挫した場合の応急処置の基本について

捻挫をしてしまったら、応急処置の基本である「RICE」を行います。
RはREST(安静)です。痛い部分を動かさないように、テーピングや包帯で固定し、衝撃を与えないようにします。
IはICE(冷やす)です。氷、冷水、冷感シップなどを使って患部を冷やします。炎症を抑えて痛みを取るのが目的で、15~20分を目安とします。
CはCOMPRESSION(圧迫)です。腫れの原因となる内出血を止めるために、弾力包帯やテーピングで患部を圧迫して固定します。
EはEREVATION(高挙)です。腫れ、内出血、うっ血を防ぐために、患部を心臓より高い位置に保ちます。その日、一日は心臓より高くなるようにしておくとよいでしょう。
捻挫をしても、応急処置を適切に行えば、症状や痛みが軽減します。痛みが小さい場合には、靭帯まで傷ついていないので、セルフケアで様子を見るとよいでしょう。捻挫して4~7日後の慢性期には、患部を温めると痛みや腫れが早くひきます。お風呂で温めたり、温感シップを使用します。運動時には、必ずサポーターをして、悪化させないようにします。
患部が腫れて、歩けないほどの痛みがあるとき、関節がグラグラするとき、応急処置をして安静にしても痛みが引かないときには、靭帯が損傷していたり、骨折している可能性があるので、整形外科を受診してください。
捻挫を予防するには、運動の前に十分なウォーミングアップを行い、サポーターやテーピングをすることをおすすめします。

捻挫をした時は包帯で固定する

捻挫を早く治す為にはしっかり固定させて安静にすることが大事です。また、固定することによって痛みも出難くなりますから痛み対策としても有効と言えるでしょう。固定をする際には包帯が適していますが、ただし正しく巻くようにしないと効果が低くなってしまいます。
巻き方は捻挫をする場所によって異なります。例えば捻挫する箇所の定番でもある足首への巻き方ですが、90度に固定することで安定度が増しますのでまずは足を90度の角度にしましょう。そして最初に足の甲から土踏まずに掛けて巻いたら今度は足首の方へと向きを変えて巻いていきます。丁度かかとだけが露出した状態になりますが、さらに強度を高める為にも8の字を描くように何度か巻きます。
何度か巻くと足首が固定されている感覚を得られますので最後に適当なところで留めて完了です。また、留める際には全体にゆるみやしわがないかどうかを確認しておいた方が良いでしょう。ゆるみやしわがあると強度が落ちますし、そこから解けてしまうこともありますので全体をよくチェックしておくことが大切です。ちなみに巻いている時に足首を動かしてしまうと包帯がたるみ易くなりますので動かなさいように気を付けます。
捻挫を起こしてしまった時にはこのように包帯を巻くことで治りを良くすることができます。包帯ですと伸縮性があって色々な部分に使えますので、常備にしておくと安心です。ただ闇雲に巻いてもあまり意味はない為、巻き方を知っておくことも大切と言えます。

捻挫した時はテーピングが有効

スポーツをしていると、捻挫をすることもありますが、テーピングをする治療方法もあります。しかし、捻挫によってはテーピングは治療方法としてむかないこともあるので注意が必要です。捻挫をしたばかりの時は、応急処置をしなければいけません。
もしも腫れがひどかったり、腫れが全然ひかないという場合は、テーピングをすると血管を圧迫してしまうのでしない方がいいでしょう。腫れがひどい場合は、整形外科に行き診てもらってください。
捻挫をした時に自分でテーピングをしようとしてもかなり難しいので、うまくいかないことが多いです。
できるだけ家族などに頼んでしてもらいましょう。
整骨院などでもやってくれるので、周りにしてくれる人がいない場合は、お願いしましょう。テーピングを間違った方法でおこなうと、余計捻挫がひどくなる可能性があります。正確な方法を知らない場合は、無理しておこなわず、専門家に依頼するといいでしょう。軽い捻挫の場合のテーピングの効果は、動かした時の痛みが軽くなり、パフォーマンスが良くなることや、固定されているので安心して動かすことができます。サポーターに比べると、しっかり固定できることも効果がある点です。
ただし、激しく動くとゆるんでしまったり、テープで皮膚がかぶれるなどのデメリットもあるので気をつけてください。テーピングをする前に、アンダーラップの保護テープを貼ると皮膚のかぶれをおこさなくてすみます。初めての場合は、難しいですが繰り返し練習することで簡単におこなえるようになります。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

捻挫
足首捻挫で早期に改善する為の対処法は深層筋療法が最善

捻挫を治す為の対処法 捻挫という症状は、スポーツ時に生じる怪我の中で、最も発生率が高いと言われています。多くの方が運動中に見舞われる症状で、珍しくないことから軽視されがちな傾向があります。しかし、実際は適切な治療を講じなければ重症化するケースが後を絶 …

捻挫
足首の捻挫を早期に改善させる最善の治し方

捻挫とは?捻挫のレベル 捻挫とは運動中や日常生活において、転倒したりそれを堪えるために手首や足首を強い力で不自然にひねり、骨と骨を繋ぐ役割をしている関節部分を損傷してしまうことです。関節は関節包という袋に包まれており、その袋の中には軟骨や潤滑剤が入っ …

インディバ
東京でスポーツ外傷の捻挫はインディバで早期回復

重度の捻挫によるスポーツ外傷とは 捻挫は、スポーツを楽しんでいる時に見舞われるケースが多いことから、スポーツ外傷と呼ばれることもあります。スポーツ外傷とは、運動中に何らかの衝撃により足に大きな負担が生じ、骨と靭帯が外れてしまうことを言います。通常の歩 …