東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


足首内反捻挫の早期回復、予防テーピングの巻き方

捻挫をした時のテーピングの方法は

捻挫の中でも多い足首が内反した時に行うテーピングの方法は、足首がより内反しないようにテーピングをして固定するようにします。捻挫をした時には湿布薬を貼るのではなくテーピングをすることです。ハード伸縮テープによる足首固定方法は内側に反るのを抑えるために内側のくるぶしより少し上から小指側へ強く引っ張り小指側の足首の細い所より上の部分でカットします。その時に少し場所をずらして2段にして巻くのも良いです。そしてそれが剥がれてこないように足首の上の部分を巻きます。少しの捻挫であればこれでも大丈夫ですが痛みがある時には足の動きを抑えるように「フィギュアエイト」にして巻きます。くるぶしの少し上の部分から始めて小指側から強く引っ張りあげます。正面から見るとXの字のようになります。状態は足首から吊り橋のようにして足を吊る感じになrます。これで足の裏を指先から上にあげないようにします。それでも不安な場合にはくるぶしとかかとの先の間を通り、くるぶしを中心として三角形ができるように巻きます。最後にはソフトな伸縮テープを巻きます。捻挫をした時のためにテーピングの方法を知っておくことは日常生活の中でも役立つこととなります。ハード伸縮テープを使ったテーピングの方法で固定をすると動いたりまたは軽い運動もできるようになります。痛みが強く歩くのもできない場合には完全に固定をするテーピングの方法では伸縮のしないテープを使ったものでします。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。

吉祥寺スーリヤ接骨院に来院されるの多くの方が、色々な治療院通ったのち、当院へ来られます。通常、整形外科では湿布だけで経過観察で治療はしてくれません。マッサージ、整体院、接骨院や整骨院では電気治療と軽度のマッサージをして終了が殆どです。2度と同じ痛みを再発させない事を目的として施術を行います。是非ご相談下さい。

電話

予約

捻挫をした時の損傷した靭帯を保護する方法

足首などを捻ってしまい、いわゆる捻挫をしてしまった際には、靭帯が傷ついている可能性が高いです。中には歩けないほどでもないからと、大した処置もせずに放置してしまう人もいるのですが、治りが遅くなるということだけでなく、癖になってしまうことがあり、何度も同じ箇所を傷めてしまう恐れがあるので注意が必要です。
損傷した靭帯を保護する方法としては、まず患部を冷やさなければなりません。これは内出血しているのを抑えるためで、血管を収縮させることにより血の巡りをわざと悪くするのです。ただ、ずっと冷やし続けると逆効果なので、熱が引いたら、すぐに温めるようにしましょう。こうすることにより、今度は積極的に血液が流れ、傷ついたところが修復されるのを助けてくれるというわけです。
そして重要なのが、ここで無理して動いてしまうと再び捻挫をする可能性があるということです。なぜなら捻った拍子に靭帯が伸びているので、足首が不安定になっているからです。そのため、包帯やサポーターなどで固定をして、しばらくは安静にしておく必要があります。
ある程度痛みや腫れが引いてきたのなら、少しずつ動かすようにしていきましょう。無理は禁物ですが、長期間動かないと筋力の低下を招きますし、筋肉が固くなり、柔軟性が失われてしまうのです。
以上のような処置をできるだけ素早く的確に行っておくことで、症状が酷くなるのを避けられるのと同時に、完治するのも早くなります。

捻挫になったら再発防止のためのサポーターやテーピングをしよう

捻挫は関節を許容範囲を超えて不自然な形にひねったときに起こる、関節を痛める怪我のことをいい痛みや腫れを伴います。
症状が軽度の場合はセルフケアで治すこともできますが、靭帯が傷付いているいたり骨が折れていたりする場合はセルフケアでは直りませんのですぐに病院に行くようにします。
また軽度の捻挫でセルフケアで治す場合でも正しい治療をしなければ悪化させてしまうこともあるため、正しく治療しなければなりません。
その際に日常生活で動いたりするためサポーターやテーピングなどをして動くと患部が安定するため、運動時にくじき癖をつけないようにしてくれます。
また治療が終わり痛みや違和感などがなくなり治ったあともしばらくは、再発防止のためのサポーターやテーピングを行うとよりよくなります。
捻挫は治癒した後でもその周囲の筋肉が硬くなっていたり疲労していたりする状態であるため、関節の稼動域が狭くなっています。
そのため今まで大丈夫だった範囲で関節を捻っただけで、捻挫をしやすくなってしまいます。
再発防止のためのサポーターやテーピングは硬くなった筋肉を柔らかくして、稼動域が捻挫する前まで戻るまではつけておく必要があります。また再発防止のためではなく予防のためのサポーターやテーピングも効果があり、普段から関節を捻りやすい運動をしている人はサポーターやテーピングをしておくと無理に関節を捻ってしまったときに衝撃を和らげてくれます。

捻挫をした時の足首や太もものテーピング方法

捻挫をした時は痛みを抑えるために足首を固定しなければなりませんが、足首や太もものテーピング方法としては、関節の動きを補正するためにワセリンを塗った布などを入れて、皮膚に粘着スプレーを吹き付けます。足首の場合は足先を上に向けて直角を維持した状態でアンダーラップを巻いていきます。この時に気を付けなければならないのは、テープにできるシワやねじれ、すき間などで、これらがあると皮膚がかぶれたりするので、引っ張りながらテープを巻かなければなりません。足首のテーピングの場合は内側のくるぶしから握りこぶし1個くらい上まで巻くことで完全に固定をすることができます。またアンダーラップを貼り終えたらアンカーと呼ばれる固定するためのテープを使用するのですが、やや強くアンカーを巻くことで完全に足首を固定することができます。太もものテーピングは肉離れが起きた時に必要となりますが、関節部分ではなく、筋肉の動きを制限するために使用するので、太ももの筋肉に余計な負担が掛からないように固定する必要があります。スポーツなどをする場合にはサポーターを使用することが多くなっていますが、テーピングのように筋肉の状態によって固定することができないので、競技の時の疲労を軽減したり、血流の流れを改善するために使用されるのが一般的です。太ももは膝より上の部分は関節が関係ないので、筋肉を十分に締め付けることに注意をしてテーピングをすると症状の悪化を防ぐことができます。

捻挫した時のために覚える足首のテーピングのコツ

不意に階段を踏み外したり、激しいスポーツを行っていると、足首をくじいて捻挫することがあります。靭帯にダメージがいくことで炎症を起こすなど、痛みを伴うことになるので、通常は安静にして痛みが引くのを待つのが良いのですが、どうしても動き回る必要がある場合は、無理に動かさないためにもテーピングで固定する必要があります。大体の人がテーピングというと、ガチガチに足首を固めて動かないようにするものだと考えていますが、きつく巻いてしまうと血管を抑えてしまい血液が流れにくくなって、逆に足を痛めることにもなるので注意しないといけません。足首のテーピングのコツは、血液の循環を悪くしないように、連続して巻かないことです。特にふくらはぎや母趾球あたりに巻くアンカーをきつく巻く人がいますが、血液の循環だけでなく、骨の状態まで悪くなってしまう可能性があるので注意しましょう。また、足関節の動きを妨げないようにする必要があるので、伸縮性のあるテープを使用して、ヒールロックとフィギュアエイトによって固定するのが最も良い方法だと考えられます。関節がまったく動かないと筋肉が硬直してしまって、治った後でも動きにくくなってしまうので、ある程度は遊びを作っておくと良いです。固定しやすいように皮膚に直接テープを貼る人もいますが、長時間使用する人ではムレやすくかぶれの原因ともなるので、なるべくアンダーラップを使用するようにしましょう。どうしてもがっちりと固定したいという人は、アンダーラップの使用を最小限にすると良いでしょう。

手首捻挫のテーピングのコツについて

正しいテーピング法を知るためには、専門家の知識を得ることが最も重要です。接骨院や整体院をはじめ専門のクリニックでアドバイスを受けてみましょう。捻挫をしてしまったら、まずは正しい方法でテーピングを行うことが欠かせません。手首のテーピングのコツを知ることで、短期間で治癒することも可能になります。しかし、自己流のテーピング方法や見よう見まねで実践してしまうと加減が分からずに締め付けてしまう結果になり、捻挫を悪化してしまう原因にもなりかねません。
捻挫してしまった手首部分を締めつけてしまうと血行障害に見舞われてしまう危険性もあります。その為、正しい方法でテーピングを行うことは、短期間で捻挫を治すためにはとても重要です。
専門家に手首のテーピングのコツをアドバイスしてもらうことも大切ですが、忙しくなかなか専門のクリニックや整骨院に足を運べないという方は、テーピングで覚えておきたいポイントをチェックしてみましょう。まず、テープの切り方のコツを知ることが大切です。テーピングを行う際に使用するテープはなかなか上手く切ることができません。
この際に焦ってしまう方も少なくありませんが、半円を描くように切れ目を入れることでテープが切りやすくなります。また、テープを張る力加減にも注意しましょう。これ以上伸びないという所まで、しっかり引っ張ることが大切なポイントです。その他にもテーピング巻く力を適度に行うことも重要点です。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

関連記事はありませんでした