東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


坐骨神経痛を早期で治す治療法深層筋療法で即日緩和

坐骨神経痛の治し方について

坐骨神経痛の疑いがある場合には、整形外科か接骨院、整体院などに行く治療が一般的です。ブロック注射や薬は、一時的な痛み止めの効果のものが多く、根本的な改善にはなりません。しかし、スーリヤ式深層筋療法では坐骨神経痛の根本改善目指し、2度と同じ痛みを再発させない事を目的として施術を行います。
深層筋療法は坐骨神経痛の引き金となっている「筋肉」を見つけ出し、この筋肉を刺激し、コリを形成している細胞や血管を再活動させます。再活動した細胞や血管により収縮した筋肉が緩み、新陳代謝も高まり、血流が促進し圧迫されていた神経も正常な状態に回復します。短時間で最大効果の現れる手技です。坐骨神経痛が軽減する「自然治癒力」を最大限発揮させます。1~2回で劇的に良くなっている方が多数いらっしゃいます。。あらゆる治療院や整形外科で治療を受けたにもかかわらず、一向に改善しない方。医者から手術を勧められてる方。何をしても坐骨神経痛が改善せず、「もう諦めよう」と思っている方、是非ご相談下さい。

坐骨神経痛の一般的な治療法

坐骨神経痛を治す場合は、まず最初に痛みの症状を緩和させる治療方法を選択し、いくつか試みても症状が改善しない場合、吉祥寺スーリヤ接骨院へご相談下さい。
坐骨神経痛の痛みを緩和させる治療には様々な種類がありますが、その方法は薬を使うものと使わないものに種類分けすることができます。飲み薬以外の方法には、神経に麻酔薬を注射することで痛みを緩和させる神経ブロック療法もあります。薬を使用しない治療方法としてよく行われているのはリハビリテーション(理学療法)です。坐骨神経痛により強い痛みを覚えると、それを避けるためにできるだけ身体を動かさないようにしがちです。しかし、長い間身体を動かさないままでいると、身体がかたくなったり、筋力が低下していきます。接骨院、整骨院では運動療法や電気刺激療法、温熱療法などを用いて、坐骨神経痛の症状の改善をはかりながら経過を見ていきますが、1か月経過しても、坐骨神経痛の痛みが軽減しない場合、治療法が間違っている可能性があります。薬を用いない坐骨神経痛の治療方法は深層筋療法が最善です。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。

吉祥寺スーリヤ接骨院に来院されるの多くの方が、色々な治療院通ったのち、当院へ来られます。通常、整形外科では湿布だけで経過観察で治療はしてくれません。マッサージ、整体院、接骨院や整骨院では電気治療と軽度のマッサージをして終了が殆どです。2度と同じ痛みを再発させない事を目的として施術を行います。是非ご相談下さい。

電話

予約

痛くてつらい坐骨神経痛とその原因

坐骨神経痛とは、坐骨神経の経路や分布領域に沿ってしびれや痛みが生ずる症状のことで、病名ではありません。坐骨神経は腰骨の下2つとその下の仙骨から出ている人体最大の神経で、坐骨神経痛になるとお尻から太ももの後ろや横、ふくらはぎやかかと、足の甲から足先までの間に放散痛が起こります。
脊髄や坐骨神経の根元が圧迫されることが主な原因ですが、腰椎椎間板ヘルニアがその多くを占めます。椎間板とは脊椎を支える軟骨で、椎間板ヘルニアとは椎間板が収まるべき場所から外に飛び出している状態です。よく動く腰椎では特に起こりやすい症状です。

ぎっくり腰
坐骨神経痛の原因には腰椎椎間板ヘルニアの他にも、股関節を動かす梨状筋の中の坐骨神経がスポーツや外傷で損傷する梨状筋症候群、腰椎にある神経を囲む管である脊柱管が加齢などにより狭くなる腰部脊柱管狭窄症、スポーツ好きの10代の子供たちに多い腰椎分離症、老化等による腰椎すべり症等もあります。また脊椎や骨盤内に腫瘍がある場合に坐骨神経が圧迫を受けて坐骨神経痛を起こすこともあります。
椎間板ヘルニアには遺伝的要素も関係しているとされますが、これらの原因症状をできるだけ起こさないようにするには、日ごろから正しい姿勢を保って背骨に負担をかけないようにすること、スポーツ等でけがをしたら治るまできちんと安静を保つことなどを心掛けましょう。

痛みにいつまでも苦しまない坐骨神経痛の対処法

坐骨神経痛は早めに適切な処置を受ければ、治る可能性が高い症状です。しかし、我慢できる痛みだとクリニックを受診せず家庭でできる湿布を貼ったり、バンドを巻くなどの対応だけで済ませてしまう人がいます。最悪の場合慢性化してしまいますから、吉祥寺スーリヤ接骨院へご相談下さい。

腰からお尻、足への痛みが何が原因で起きているかをはっきりさせて、それに合わせた対処法を行わないと効果が期待できません。骨が神経を圧迫している時にだけいたくなる訳では無く、筋肉の緊張やストレス、内臓で発生している疾患が影響していることもあります。

日常生活の指導や薬物療法、理学療法だけで普段通りの生活を送れるぐらいまで改善できる人もいて、歩行が困難であったり麻痺が出る場合といった坐骨神経痛の対処法は手術が行われます。ヘルニアで神経が圧迫されている場合に取り除いたり、内圧を下げる、あるいは不安定な脊椎に移植をするなど手段がたくさんあります。

坐骨神経痛の薬剤を使った治療法

坐骨神経痛では、腰から足にかけて伸びた坐骨神経が、圧迫や刺激されることで痛みやしびれを感じます。圧迫や刺激の原因に関わらず、痛みを緩和させる治療法から始めます。薬物療法は最も適しえ織り、様々な薬剤が用いられます。非ステロイド性消炎鎮痛薬とアセトアミノフェンは、一般t系に痛み止めと呼ばれる薬です。非ステロイド性消炎鎮痛薬は、痛みを引き起こすプロスタグランジンという物質が生成されるのを防ぎます。効果が高いので多く使われます。胃腸障害や腎障害といった副作用がありますが、最近は副作用の少ないものが流通しています。アセトアミノフェンも世界中で使われ、市販の風邪薬にも配合される解熱鎮痛薬です。また神経に起こる痛みは、神経伝達物質が過剰に放出されることが原因なので、神経障害性疼痛治療薬を使うことも有効です。眠気やめまいといった副作用がありますが、日本だけでばく海外でもガイドラインにこの薬を坐骨神経痛の治療薬として最初に選択すると示しています。これらの薬で痛みが取れない場合は、鎮痛補助薬として抗うつ剤や抗てんかん剤、血管拡張剤などを用います。ただしこれらの薬を坐骨神経痛に処方する時は保険が適用されません。

坐骨神経痛になったらコルセットに頼り過ぎない

坐骨神経痛になった場合、腰回りの筋肉が弱い人ほど支える力が不十分になり、より痛みを感じやすくなってしまいます。このとき、サポートとして活躍してくれるのがコルセットです。

長時間座らなければならない仕事をしている人や、早く治したいときに利用すると腰への負荷を軽減できてとても便利ですが、いつまでもコルセットを付けたままだと、腰周囲の筋肉を衰えさせる心配があるので、痛みが軽減して来たら負担が強くかかる場合だけ装着するようにした方が良く、使い続けてしまうとずっと手放せなくなってしまいます。

コルセットはただ巻けば良いのではなく、位置が大切です。骨のどの部分に痛みがあるかによって違ってくるため、専門医で診断を受けて正しい位置を指導してもらいましょう。腰に負担がかからないように支えるだけでなく、腹圧を高めることも腰椎への負荷軽減につながります。ある程度きつく締めないと意味がないですが、血流が悪くなりすぎると回復が遅れますし、内臓を圧迫して気分が悪くなってしまうこともあるので、加減が大切です。

坐骨神経痛に効果無い干渉波治療を続けるか

坐骨神経痛には様々な治療法が用いられています。急性期には基本的には安静にするほか、主に消炎剤や鎮痛剤などが用いられています。一方で、慢性期になると温熱療法や電気療法なども用いられています。干渉波というのはこの電気療法の一つですが、効果が無いという患者さんも多いようです。どうして効果無い干渉波なのか、という疑問に答える前に、坐骨神経痛がなぜ起こるかを説明しましょう。
とはいっても、実はそれほど簡単、単純な話ではありません。そんなに簡単、単純な原因なら、今坐骨神経痛に悩んでいる人は激減するはずです。原因がよく分からないものが多いからこそ、様々な治療法が試されていることは事実であるのは確かです。
しかしながら、それなりにしっかりした医師に診てもらっている人、言い換えれば、医師がきっちりと診断できるような、ヘルニアやヘルペスや腫瘍などが原因ではないとはっきりしている人で、かつ慢性的な痛みに悩んでおり、干渉波治療を受けているが効かないという患者さんに恐らく多いであろうと推測できる原因は間違いなく一つあります。
それは、筋肉の硬直です。筋肉が硬く凝り固まっており、それが神経を圧迫しているのです。干渉波は、基本的には筋肉の硬直には効果がありません。それどころか、逆効果になることさえあります。治療にあたっては、筋肉の硬直に的確に対応することが必要です。

坐骨神経痛には効果無いドップラー波電療法に注意

坐骨神経痛とは、おしりから脛の後ろ側に痛みを感じて歩いたり、力を入れたりするのが困難になる症状です。場合によっては、痛みだけでなく排尿・排便障害が出ることもあります。その原因は坐骨神経が圧迫された状態になったためですが、検査をしてもはっきりとした原因がわからないこともあります。椎間板ヘルニアのように、はっきりとした原因がわかっている場合には、神経を圧迫している箇所を手術で取り除くことで治療が可能です。
痛みがひどい場合には、神経ブロック注射もありますがブロック注射により痛みを鎮めるのですが、残念ながら時間と共に元に戻り、回数を重ねると効果も落ちる為、対症療法と言わざるを得ません。
なお、やめておくべきこととして、効果無いドップラー波電療法は治療の邪魔になる可能性があります。ドップラー波電療法とは接骨院で行われる電気治療なのですが、その刺激により筋肉が固くなり、より症状が慢性化してしまうのです。そうなれば、治療の手間が余計にかかります。同様に痛みのある箇所をマッサージすれば良いと思い、施術してもらうのも効果がないこともあります。治療をするためには、技術が確立されている治療院で出来るだけ軽度のうちに治療を始める事が必要です。

坐骨神経痛で効果無い接骨院の電気治療について

一般的に、的確な部位に対して電気治療を施せば、坐骨神経痛が持つ特有の症状というのは、とても軽くなると言われています。
中でも、関節に対してダメージが生じている場合や、筋肉にダメージが生じているといった坐骨神経痛に、電気治療が効果的と言われています。一方、内臓などが要因になっていたり、血液もしくは神経が起因になっている時には、電気治療は効果ありません。
特に、整骨院の電気治療は効果が無いと言われています。効果無い接骨院の電気治療は、病院などの医療機関で用いられる機械よりも、電気の力が弱いので内部にまで届かないのです。整骨院の電気治療でさえ効果が無いということを考えると、当然それよりも力の弱い家庭用の器具においては、より一層効果がないと言えます。
ところが、効果無い接骨院の電気治療や家庭用の器具であっても、実際に使用すると効果が感じられます。しかし、それはあくまでも皮膚が刺激を感じているため、効いているように感じるだけで、実際には全く効果が無いと言っても過言ではありません。

坐骨神経痛と効果ないマッサージについて

腰回りが痛むとき、坐骨神経痛ではないかと考える方が多いものです。体を休めたり、自分でストレッチなどをしても治らない場合、マッサージを受けに行く方もいらっしゃるのではないでしょうか。しばらく続けても症状が改善しないときには、効果ないマッサージである可能性があります。痛みが続くときには、専門医にて痛みの原因を特定してもらうことが大切です。
坐骨神経痛と一口にいっても、坐骨神経はお尻から膝のあたりまで伸びている長い神経で、このうちどこかが痛むことを坐骨神経痛と呼んでいます。坐骨神経に痛みが出る原因は様々で、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などが隠れていることがあるとされています。そのため、エックス線検査やMRI検査などを行ったり、痛みやしびれの状態を把握する診察が行われます。
原因となる疾患が分かったときには、その治療を行うことが優先になります。椎間板ヘルニアの場合には消炎鎮痛剤の処方のほか、ブロック注射、手術などが検討されます。また、脊柱管狭窄症ではブロック注射や血行を改善する薬などが用いられ、手術が行われることもあります。梨状筋症候群では、ストレッチの指導が行われることが多いようです。

坐骨神経痛はストレッチで予防

腰痛を持っている人の次に多い坐骨神経痛。坐骨神経痛は腰だけでなく足まで痛みが走ります。腰痛のように部分的な痛みではないのでこちらのほうが大変かもしれません。痛みだけでなくしびれたような感覚もあり、ひどくなれば歩行困難にもなることがあります。原因は軽度のヘルニアや脊柱管狭窄によっておこります。腰から足まで伸びている坐骨神経があるので下半身のいろいろなところに症状が出てしまいます。痛みや症状が強い人は病院で薬をもらいながら治療することが望ましいです。それ以外の人はストレッチが効果的です。
坐骨神経痛は骨盤が反りすぎていることによっておこることが多いです。その部分をストレッチすることによって症状が緩和していきます。よくあるストレッチは足の裏側をよく伸ばす運動です。多くの人がその部分が固く緊張しています。ゆっくり伸ばすことによって坐骨神経痛が楽になっていきます。そして骨盤を動きやすくするストレッチをするとさらに効果的です。ふとものの前面をストレッチしましょう。そして寝転んで両足を抱えるようにして腰を伸ばすようにしましょう。これで骨盤のストレッチができて動きが良くなります。続けていくうちに坐骨神経痛が楽になっていきます。

適切な治療が坐骨神経痛の慢性化を防ぎます

坐骨神経痛とは、主に腰から足にかけて表れる、しびれや痛みと言った症状を指します。これは、坐骨神経が、様々な原因により圧迫、及び刺激されることで起こります。多くの場合、まず腰痛から始まり、次にお尻や太ももの後部・すねや足先にまで、痛みやしびれが表れます。最悪の場合、麻痺や痛みによって歩行障害にまで発展することもあります。発症年齢がまだ若い場合、腰椎椎間板ヘルニアが原因になることが多く、高齢者では、腰部脊柱管狭窄が原因となり発症することが多くなっています。坐骨神経痛を慢性化させないためには、早期に最適な治療をしていくことが大切です。リハビリテーションを行って運動機能の回復や、手術により治療を行うこともあります。いずれにしても、坐骨神経痛の予防や改善には、正しい生活習慣を送ることが大切です。足腰に負担をかける肥満を解消することや、日常的にストレッチをして体をほぐすこと、姿勢を正しく保つこと、血流を悪くする冷え症を治すことなどが挙げられます。

坐骨神経痛を早期改善するには

坐骨神経痛は病気ではなく、1つの症状ですので、病院に行ってもせいぜい痛み止めと湿布を処方されるくらいです。
坐骨神経の周囲の筋肉が硬くなって痛みとなっているため、レントゲンにもうつりません。そこで、一時的に痛みを緩和する湿布や痛み止めの錠剤を処方されて終わり、となってしまいます。病院は病気の治療をする場所ですので、この処置は仕方がないことです。坐骨神経通を病気とは捉えておらず、肩こりや腰痛と同じような1つの症状と考えていますので、症状を緩和する処置をするだけです。根本治療を試みようとはしてくれません。
痛み止めや湿布では、一時的に症状を緩和することはできても、当然効果はいつまでも持続しません。それどころか、一時的に痛みがなくなっただけで患部に負担をかけてしまい、余計悪化することがあります。いつまでも治らない原因はそこにあります。
坐骨神経痛を早期改善するには、圧迫されて硬くなっている坐骨神経の周りの筋肉を柔らかくするしかありません。但し、痛みのある場所を無理にマッサージすると、痛みで余計に筋肉が萎縮します。筋肉の仕組み、働きがよくわかっている人に施術してもらうのが一番です。

坐骨神経痛を治すためだと思っている安静、注射、シップは効果なし

年齢が若い場合は、腰椎椎間板ヘルニアからの影響がおおく、年齢が上の場合は、脊柱管が老化などが原因で狭くなり、神経根や馬尾と呼ばれる部分が圧迫されることにより、お尻や太ももの裏当たりに痛みやしびれで座ることもできないことや痛みに耐えないといけない症状の坐骨神経痛ですが、早期治療をすることによって治るものでもあります。
しかし、早期に病院にいかなかったり適切な治療をしないと一時的には抑えることができますが治るところまではいきません。
間違った治療法としては安静、注射、シップは効果なしと言えます。これらを進める病院である場合は違う病院に診てもらうことをおすすめします。一時的にはしびれや痛みが抑えられる可能性はありますが根本的な治療までにはいたりません。これを治すためには専門的な知識をもった専門医に行く事で改善することができます。

坐骨神経痛から早期回復するには

坐骨神経痛は何らかの原因によって坐骨神経に刺激や圧迫が起き、その部分が炎症を起こすことによって坐骨神経痛となります。こうした症状を発症してしまうと、急場しのぎとしてシップを貼ってみたり、痛み止めの薬を服用してみたりすることをやってしまいがちですが、あくまで急場しのぎであり、根本的な解決には至りません。結果として慢性的な坐骨神経痛を患うこととなり、早期回復から程遠い状態となります。ですので、早期回復をするためには坐骨神経痛を発症したらすぐに吉祥寺スーリヤ接骨院へご相談下さい。

坐骨神経痛に悩まされている人は坐骨神経に刺激や圧迫を与えている原因を除去していないからこそその痛みに悩まされていると言えます。ですので、その原因をいち早く見つけることが早期回復の近道となります。原因としては、骨や筋肉などの異常、ヘルニア、女性なら妊娠や生理痛も坐骨神経痛の原因となります。早期に治療するポイントとして、座っている時間が長い、姿勢が悪い、何らかの違和感を抱えている、何かしらの痛みがあるといったことがあげられます。こうしたものの積み重ねが坐骨神経痛を発症することになるので、できるだけ早い段階での治療が求められます。

坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症関係について

坐骨神経とは、背骨からお尻、また太ももの後ろ側を下がってふくらはぎにかけてある神経のことで、この神経の通り道が痛むものが「坐骨神経痛」というものです。坐骨神経痛は実は病名ではなく一つの症状を指すものであり、その原因として「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」があげられます。
椎間板ヘルニアとは、骨の一部が飛び出し神経にあたり炎症を起こして痛みを伴うものであります。
また、脊柱管狭窄症は高齢の方に多くみられ、若い頃に重い荷物を運んだりする重労働の仕事についていた人におこりやすいものです。その症状は、腰回りが重いと感じる・はりや違和感・しびれ・痛みなどで、普段の生活の中ではあまり感じないのに、いざ歩き出すとしびれや痛みを感じることで歩けなくなるようなものです。そこし休むと再び歩けたりすることも特徴です。
このように坐骨神経は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症関係から引き起こされていくものともいえます。その治療法は、「痛みやしびれを起こす神経の周りの硬くなっている筋肉を柔らかくしていくこと」が必要であるといえます。湿布を貼ったり、コルセツトを巻くことは根本的な治療とはいえませんので、根本的な痛みの原因を調べて適切に治療することが大切だと言えます。

坐骨神経痛とは病気なのか

坐骨神経痛とはどのような病気なのでしょうか。”坐骨”なので腰のあたりが痛むようなイメージで誤解されやすいですが、それは違います。坐骨神経は腰のあたりら太もも全体にまであり、発症すれば足にまで影響が及びます。坐骨神経痛とは、痛みやしびれがあって歩行が困難になるなどの”症状”を表しますので病気の総称ではありません。

原因がわからない場合が多いのですが、”椎間板ヘルニア”を発症している人は、神経の圧迫が起因して坐骨神経痛が発生しやすいと言われています。短期間で自然に治癒する場合もありますが、治療が長期に場合もあります。原因や細かい症状が人それぞれですので、適切な治療方針を立てる必要があります。

人によってはストレッチや日常生活での姿勢、動作の改善で軽減する場合があります。ストレッチは痛みを増加させてしまうこともあるので様子を見ながらの注意が必要です。専門の整体師などに相談すると良いでしょう。ひどい場合には歩行困難になるほどの痛みを訴える人もいますので、日頃から予防的措置は意識して行っていきます。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

急性期の坐骨神経痛を軽減するには軽度のストレッチが重要

急性期の坐骨神経痛を軽減するには軽度のストレッチが重要 坐骨神経痛は、おしりの付近から足の先にかけてしびれるような痛みが出る症状のこと。腰骨から延びている坐骨神経と呼ばれる神経が圧迫を受けることによって発生するものです。椎間板ヘルニアや腰椎すべり症な …

坐骨神経痛を効果的に和らげる方法と治す方法を教えます

自宅で坐骨神経痛を和らげる方法 坐骨神経痛は病院に通院したからと言って、すぐに痛みがなくなることはないので、自宅での予防法も大事です。自宅で坐骨神経痛を和らげる方法は、ストレッチをすることで、自律神経痛を緩和することができます。やり方は簡単で、仰向け …