東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


スポーツ外傷(捻挫・肉離れ)の包帯の巻き方

簡単にできる足首捻挫の包帯固定方法

足首は外側に向きにくい反面、内側の可動範囲が大きいため、捻るなどして極端に強い力が内側に向けて掛かると、靭帯を痛めてしまう「捻挫」の状態となってしまいます。
捻挫した場合、患部を動かすと痛みを生じるため、動かさないよう包帯で固定する必要があります。足首捻挫の包帯固定方法は、捻挫の程度によって異なりますが、軽度の捻挫の場合はギプスなどは使用せず、包帯のみで固定します。
例えば左足に包帯を巻く際には、固定したまま地に足をつけられるよう足首を90度の角度とし、足首部分を一回巻いた後、足首の内側から甲を通って足の裏を這わすようにし、更に甲を通って足首の外側へと回します。これを繰り返し行い、4回から5回ほど巻き上げますが、痛みを感じない程度に多少引っ張りながら巻くのがポイントです。
靭帯を酷く損傷するような捻挫の場合は、包帯だけに頼らずU字型のギプスを使用し、その上から包帯で巻き上げます。
包帯をU字型ギプスの上から巻く方法は、足首を90度とした状態で、包帯の端を足の甲部分から巻き始めます。そのまま包帯を足の裏方向へと回した後、甲部分へ返して回転させます。これを3回から4回ほど繰り返しますが、しっかりと固定されるよう上方向へ引っ張りながら行います。甲から足裏へと数回巻いた後、足首部分のギプスが固定されるよう巻いていきます。足首部分は適当に巻かず、強度を保つために少しずつ包帯をずらしながら巻いていくのがコツです。

捻挫のときは足関節内反捻挫の包帯固定が有効です

日常生活を送っていく上で、捻挫をすることは決して珍しい話ではありません。とりわけ、スポーツをしている人であれば、ほぼ例外なく経験していることではないでしょうか。いわば、典型的な故障例と言ってもいいでしょう。人間の体の中でも、足首という部位は捻挫をしやすい箇所なのです。足首の捻挫をしたときは、足関節内反捻挫の包帯固定が最優先です。
そして、安静を保つようにすれば、回復が早くなることがあります。足首を捻挫する原因は、内側に向かってねじる動作に端を発していること多いものです。足首を内側に捻挫した場合に、自身で包帯固定をする方法を身につけておくことは、決して損にはなりません。まず、足首を固定するときは、包帯を巻こうとする足首を直角の90度にします。
というのは、人間が立ったり、歩いたりするときというのは、重心となる線と床との交わる角が90度になっていることを見てもわかるように、非常に安定する角度だからです。足首を90度に曲げることで体の安定度を保ち、負傷した足首を保護することにつながります。包帯を足首に巻いていくときは、巻いている最中に足首を動かしてはいけません。気をつけなければならないのは、足首と土踏まずのところで包帯をまくとき、しわでできないようにすることです。そうすれば、固定力が高まります。
最初は難しかもしれませんが、何回かやっているうちに慣れてくるものです。足関節内反捻挫の包帯固定をやり方をマスターしていると、いざというときに助かります。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。

電話

予約

足首捻挫の包帯の巻き方について

捻挫の症状は損傷した箇所が皮下出血をおこし肌の色が変わってしまい足の痛みによって歩行が難しくなってしまいます。時間がたつにつれ徐々に足にできた腫れや皮下出血が広範囲に広がる特徴があります。靭帯が断裂している場合、適切な治療を行わないと日常生活に支障がでたり、スポーツを行う事にも障害が出ますので、適切な医師の治療が必要になります。また足のひねり方が悪いと足首の内側や足の甲の靭帯を痛めたり、剥離骨折骨折や骨折など重症のケースもあり、治療が遅れてしまうと後遺症が残る可能性がありますので注意が必要です。捻挫を起した場合、間接を安静に保つことや関節の可動範囲を制限するために包帯を使用します。捻挫は足首を内側に捻って起すことが多く、捻挫をした方への足首の包帯の巻き方は包帯を巻く方向に注意して行います。右足の場合、足の正面から右巻きに巻き、左足の場合は左巻きに巻くことが大切です。また包帯を巻いている間は足首の角度を90度維持することが必要で、90度を維持することが難しい場合は台などを利用し動かさないようにして包帯を巻くことが大事です。また足首に包帯を巻くときの注意点は、巻いているときに土踏まずと足首の部分の包帯にしわができないことが固定する力が上がることにつながります。特に巻いている途中に足首が動いた場合は固定がゆるくなりますので確実に患部を固定するためにはこの様な点に気をつけて巻くことが必要になります

捻挫した部位に包帯は必要ない?

捻挫は足首やひざなどの関節部が、無理にねじれたり、急激な負担がかかることで、靭帯などが引き延ばされた状態のことを指します。厳密に決められた症状ではなく、稼働許容範囲を超えた関節の動きをした場合など、患部に痛みや炎症を起こした状態であれば全てをそう呼称することになっています。一般的には2~3週間で完治でき、それまでは患部を無理に動かさないことが肝要であるとされます。多くは炎症を起こしているため、アイシングや冷湿布などを用い、その上から包帯を巻くことが治療とされますが、実際には包帯は必要なく、そのままの状態でも治療には問題ありません。逆に包帯によって固定されてしまうと、歩きづらかったり、風呂に入るにも外したり巻き直す必要も出てきます。夏場ではムレて肌がかぶれる原因にもなるので、無理に巻く必要はないとされます。部位によっては湿布を貼ると剥がれやすくなることもあるので、外れにくくするための抑え目的や、どうしても動かしたくない場合の固定として利用する目的であれば問題ありません。しかし、固定目的であればテーピングでよく、包帯を使う理由がなくなってしまいます。変な固定をしてしまうと、関節や靭帯にゆがみができてしまい、治りが遅く痛みが続くこともあるので注意が必要です。ちなみに、長期間の固定を行うと、動かさなかった筋肉が硬くなってしまい、ほぐすための期間が長くなるので、本来ならば何も巻かずに冷やすだけにしておいたほうが良いと言われています。

軽い捻挫の場合の包帯固定について

足の関節を捻挫をしたときには、足首を動かしてしまうと痛むため、軽い捻挫の場合の包帯固定はおよそ一週間から二週間位の期間で行います。
そして軽い捻挫の場合の包帯固定をしている間も、リハビリテーションの一環として、足の指を動かすという運動を行います。
また、靴を履こうとした際に、軽い捻挫の場合の包帯固定をしている包帯に厚みがあるために、靴が履けないときには、テーピングで足首を固定させる方法に切り替えると靴が履けるようになる場合もあります。

単なる捻挫だけではなく、足の関節の靭帯が損傷しているときには、足首が不安定になってくるため、U字の型をしたギプスを使って足首を固定させます。さらに、足の関節の靭帯の損傷している具合が重く、強い痛みが出てくるときには足首全体を覆うようなギプスを使って固定します。
特に初めて捻挫をしてしまったというときには、完全に靭帯が繋がらないと、同じところを何度も捻挫してしまいやすくなるため、完全に靭帯が繋がるまでしっかり固定しておく必要があります。ギプスを使って足首を固定しておく期間はおよそ三週間ぐらいを目処に行います。

足の関節の靭帯を損傷したときに、スポーツの練習などに復帰する際には捻挫が再発してしまうリスクを回避するためにユニバーサルという装具を装着して捻挫の再発の予防をします。ユニバーサルという装具を装着すると、足首のぐらつきが制限されるために足首を安定させてくれます。

中程度の捻挫の包帯固定

捻挫と聞くと、大した怪我ではないと思う人がいます。怪我のうちにも入らないと考える人さえいます。骨折は重傷、捻挫なら軽傷と考える人も多いでしょう。しかし捻挫も程度によって治療期間は異なり、治療を間違えるといつまでも患部が痛みます。骨折よりもはるかに長引くこともありますので注意が必要です。
軽度な場合、湿布をしたり、軟膏を塗ったりして安静にしておくと良いでしょう。数日で痛みがなくなります。中程度であれば、包帯でしっかりと固定しなければ治りが遅くなります。ほんの少し動かしただけで激痛が走るような重度、または靭帯が切れている場合はギプス等で固定します。
治療段階で最も間違いが起こりやすいのが中程度の捻挫の場合のの包帯固定です。重度であれば、痛みがありますので誰だって安静にするのですが、中程度の場合、早く動かしたいという気持ちが先に立ってしまい、つい早めに包帯固定を外してしまったりします。寒い時期に古傷が痛むのは、ほとんどが包帯固定を充分に行わなかったからです。
中程度の捻挫の場合、包帯で固定した上で装具を使い、しっかりと患部を固定することが大切です。ギプスと違って固定しつつ、患部以外の周囲の筋肉を動かせる優れた装具があります。
スポーツをしていると、捻挫は日常茶飯事といっても過言ではありません。団体スポーツの場合、捻挫くらいで欠場などできない、という雰囲気になることもあります。しかし、軽く考えると選手生命を絶たれることにもなりかねません。

強度捻挫の場合の包帯固定とギプスでの治療方法

捻挫の症状でも、靱帯が完全に断裂していて、痛みや腫れがどちらもかなり強い場合には、強度の捻挫の場合のの包帯固定が必要になります。この状態は、強い痛みがあるので、動作も困難になり、立っていることすらも困難です。このように痛みが強い場合には、包帯やアルミ板などによる強めの固定をして、腫れや痛みが取れて損傷された部分が修復された状態で固定を取るようにします。

強度の捻挫の場合のの包帯固定は、軽度よりも強めに行うことが重要です。歩いたり、立ったりする際に出来る限り、足関節に負荷をかけないように工夫をするためと、炎症を抑えるために行います。炎症が落ち着いて来れば、腫れも徐々に引いていくようになります。また、このような強度の捻挫の場合のの包帯固定の他には、骨折と同じようにギプスによる固定が必要な場合もあります。特に、足関節では約1か月程度の固定を必要とします。固定期間が終わった後には、機能訓練を積極的に行います。同時に、ギプスをしていたことで筋力が低下してしまっているので、筋力強化を目指した機能訓練が必要です。この訓練をしっかりと行っていくことで、捻挫の再発防止に役立ちます。

強度の捻挫の場合のの包帯固定やギプスは、途中で勝手に外してしまうことで、再発の危険性を高めてしまいます。捻挫を甘く見ることなく、固定期間が終わった後でも、スポーツや重労働などの際には、サポーターを装着するようにして保護をすることに努めましょう。

包帯の種類を知れば捻挫等様々な症状に対処出来る。

捻挫等になってしまった時に私達は包帯を使います。しかし包帯の種類には様々な物があり、それによって包帯の性質や適した症状も違ってくるのです。まず紹介するのは最も一般的な包帯である伸縮包帯、これは名前の通り伸縮性があり関節部にもしっかりとフィットする事が出来る他、何より巻き易い事が最大の特徴となっています。次の粘着包帯は粘着剤の付いている包帯で他の包帯と違って巻く必要が無く一枚一枚切る等をしてガーゼやパッドの様に使っていきます。3つ目は弾力包帯です。これは伸縮包帯同様に伸縮性のある包帯ですが他の包帯よりも厚手の物となっており、強い圧迫力によってテーピングの様に患部を固定する事が出来るようになっています。4つ目は綿包帯、これは伸縮性が全く無い事が特徴で圧迫力も弱く巻いた箇所への負担が少ない包帯です。そして5つ目はネット包帯、これはチューブ状になっている事が特徴で関節部や頭部等の巻き難い場所に使います。また包帯の種類以外に包帯の巻き方である包帯法も目的によって大きく2つの種類に分かれます。1つはヒポクラテス帽子帯、眼帯等に代表される患部の被覆、保護、圧迫を行い汚染や外の力から患部を保護する方法。もう1つはギプス包帯、副子包帯等に代表される患部の固定、支持、牽引を行って患部の疼痛を緩和させる方法です。これらの包帯と包帯法の用途を知る事で捻挫には固定の包帯法を使い、且つその力に優れた弾力包帯を使うといったような対処が出来る様になっていくのです。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

捻挫の根本原因にアプローチしその日に改善可能です

足首の捻挫の原因と予防法 捻挫と一言で言っても実は、色々な捻挫があります。首、手首、腰、足首などの人間が体を動かす際に必ず動かす全ての関節周りで切るのです。その中でダントツに多いのが足首でしょう。足首は歩いたり走ったりする際に必須の関節であり、全体重 …

捻挫治療は病院か接骨院か?吉祥寺スーリアで当日緩和

捻挫の処置を正しく行おう 捻挫をする事は誰でにもありますが、その時の処置をどうするかによって回復までの期間が変わる事も少なくありません。 出来るだけ早く良くする為にも、正しい処置を知っておく必要があります。 基本的には酷く捻挫をしてしまうと言う事は少 …

東京でスポーツ外傷の捻挫はインディバで早期回復

重度の捻挫によるスポーツ外傷とは 捻挫は、スポーツを楽しんでいる時に見舞われるケースが多いことから、スポーツ外傷と呼ばれることもあります。スポーツ外傷とは、運動中に何らかの衝撃により足に大きな負担が生じ、骨と靭帯が外れてしまうことを言います。通常の歩 …