東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


スポーツ外傷の捻挫を早期回復させるリハビリとは

捻挫の基本的なリハビリ方法

捻挫後の基本的なリハビリメニューは、タオルギャザー、チューブトレーニング、バランスボード、の3つです。捻挫の治療のために、ギプスや包帯によって長い間、足関節を固定していると足底部や下腿の筋力が衰えてしまいます。するとうまく立てないなどの障害が出てくるので、これを防ぐためにリハビリを行います。タオルギャザーは足底筋膜を強化するための方法です。床にタオル(なんでも良い)を敷いて、足の指だけでタオルを自分の方向に手繰り寄せるようにします。時間の目安は、5分間を2セットとして行います。
チューブトレーニングは、下腿の筋力を鍛えるための方法です。チューブ(タオルでも可)を使って、上下左右の方向に足を動かします。チューブの一方を足にかけて、もう一方は自分の手で持って動かします。強く引きすぎると痛みが出る可能性があるので、痛みのない範囲で行うことが大切です。目安は各20回×2セットです。
底屈では排膜筋とヒラメ筋、背屈では前脛骨筋、内反では後脛骨筋、外反では排骨筋群を、それぞれ鍛えることができます。
バランスボードは、足首の捻挫によって衰えたバランス感覚を補強するためのトレーニングです。バランスボードの上にのり、できるだけ静止時間を長くします。30秒×5セットを目安として行います。これによりバランス感覚の向上をはかることができます。
タオルギャザーは比較的早い段階からできますが、チューブトレーニングとバランスボードは捻挫から2週間〜3週間を目安にして取り組みます。

捻挫をした時に行うリハビリの目的

捻挫自体は損傷した靭帯が回復する、炎症が治まる、腫れが引くなどによって回復したと判断する事は出来ます。しかし処置の基本は固定する事、そして安静にする事で、ずっと動かさない状態でいた関節などは急に動かす事は出来ません。無理に動かせば時には再度炎症を起こしてしまう事もあるので十分気を付ける必要があります。従って、捻挫をした時も他の怪我をした時と同様にリハビリが必要となる場合は少なくありません。

この場合のリハビリの目的の一つは関節の動きを戻すと言う事です。ずっと固定した状態になるとどうしても関節は固まってしまい、動きが鈍くなってしまう事は少なくありません。急激に動かすと筋などを傷めてしまう可能性もあるので、徐々に動かすようにします。そこで必要となるのがリハビリです。

もう一つは筋力の回復です。例えば骨折をした時にギプスで固定していると、その部分の筋肉は一気に衰えて行ってしまう事も少なくありません。これは捻挫でも同様で、安静にしていたり動かさない様にしていると筋力が低下してしまいます。そのままでは上手に歩く事が出来ないと言う事もあるので、リハビリを行う事によって筋力を徐々に回復する事を目的としています。

リハビリはその人の捻挫の状態、さらに筋肉や関節の状態などによってどのような方法にするかが別れます。ただ共通して言えるリハビリの目的は、怪我をする前の状態に出来るだけ近づけると言う事です。従って一見不要なのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実は日常生活を送る上で必要な場合も少なくありません。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。

電話

予約

捻挫による痛みが引いたらリハビリを始めよう

日常生活を送る中で思いがけずケガを負ってしまうことがあります。階段で転んでしまうこともありますし、料理をしているときに火傷を負うこともあるでしょう。中でも起こりやすいケガと言えば捻挫です。足首や手首をひねると捻挫と呼ばれる状態になり、適切な処置を行わなければなりません。病院を受診するかどうかは痛みの程度によって判断することになりますが、安静にしていても痛みが続くときは吉祥寺スーリヤ接骨院へご相談下さい。
自宅でケアする場合はサポーターなどを使い、再び捻挫しないよう細心の注意を払うことが大切です。ただ一度捻挫した部位は何度も繰り返してしまうケースが少なくありません。繰り返しているうちに状態が悪くなり、場合によっては骨折してしまうこともあるので気を付けましょう。
適切な処置を施して痛みが引いたら、リハビリをして徐々に元の生活に戻していかなくてはなりません。リハビリの方法を間違うと、かえって悪くしてしまうこともあります。必ずリハビリの方法を当院専門スタッフに確認してから始めるようにしましょう。まずは歩くことから始めるといいでしょう。刺激を与えることは良くありませんから、痛みが引いたからといってジョギングをしたりウォーキングを始めることは避けましょう。筋力が低下しているため、足の指や足首を動かしながら少しずつ筋力を戻していきます。

リハビリ

捻挫のリハビリと開始する時期は種類によって違う

足首の捻挫の種類には、内反捻挫と外反捻挫の2種類があります。簡単に言うと足首を内側に捻るか、外側に捻るかの違いです。これによって損傷部位が変わってきます。内反捻挫の場合、前距腓靭帯・前脛腓靭帯を損傷した場合は、足関節の安定性を保つ重要な部位であるため、適切な処置をほどこさないと、後々まで後遺症に悩まされることになります。また外反捻挫で損傷しやすいのは三角靭帯で、ここも捻挫をすると重症化しやすい部位です。

捻挫をした直後は、まずは患部の炎症、出血等を落ち着かせなくてはなりません。靭帯を損傷している場合は患部の固定と安静が必要になってくるので、この時期は損傷箇所の回復だけに集中する必要があります。捻挫のリハビリと開始する時期は、自己判断では行わず、必ず専門医の判断に従うことが大事です。リハビリ開始時期は、患部の固定が終わってギプス等がはずれたタイミングから始まる事が多いです。固定された箇所は、損傷部位は修復していても、その周りの筋肉は固まって柔軟性に欠けた状態なので、必ずリハビリは必要になってきます。リハビリ方法は損傷の種類によって異なりますが、大まかに分けて、痛めた部位をトレーニングする「患部トレーニング」と痛めた部位の周辺の筋肉を強化する「患部外トレーニング」に分けることができます。どちらのトレーニングも怪我の前の状態に回復させるためには大事なものなので、しっかりと指導に従って、病院・自宅でのトレーニングを行うことが大事です。

足首捻挫のリハビリ方法とは

足首の捻挫をした際、家でも出来る足首捻挫のリハビリ方法はいくつかあります。軽いもので冷水程度で済むものや重い場合ギプスや包帯もしなければならない場合もあります。捻挫をしてから治るまで、ギプスや包帯をしておかなければならなかった方は、後の処置として床にタオルを敷いて、足の指でタオルを手繰り寄せる方法があります。これは、足首の筋肉を強化するものです。筋肉の強化でもう一つの方法は、チューブトレーニングという所謂チューブを使用したトレーニング法です。チューブでなくてもタオルでも効果的です。チューブまたはタオルを足にくくりつけてもう片方は柱にくくりつけたり自分の手で持って痛くない範囲で足首を上下に動かします。この方法は4種類あり、底屈方法または背屈方法、内反方法、外反方法があるので自分に合った方法でやると効果的です。タオル以外でやる方法でバランスボールを使用する方法も効果的です。これは、タオルでやる方法は筋肉を和らげ強化するものでしたがバランスボールは足首捻挫でで低下したバランス感覚を向上させる方法です。やり方はとても簡単でバランスボールの上にただ乗っているだけで良いのです。あとは、出来るだけその場で静止出来るように心掛けながらやっていきます。このような方法で捻挫をした際包帯を外した後での処置も自分で出来るように心掛けていくことです。筋肉の強化とバランス感覚を取り戻して完治の方向へと持っていくことが大切です。

捻挫のリハビリ時に気をつけるべきこと

転んだり、ひねったりなど、何かの拍子で起こってしまう捻挫ですが、骨が折れているわけではないとはいえ、痛みが激しくなれば、まともに動くことは出来ません。また、そのまま放置してしまえば、さらに患部が悪化するだけです。一刻も早く治すためには、リハビリが必要です。
そんな捻挫のリハビリ時に気をつけるべきことと言えば、骨の位置が正常かということです。捻挫なのだから、損傷を受けているのは筋肉のように骨ではなく肉の部分だけだと考えて、テーピングや軽いストレッチをすることが多いですが、もしも捻挫をした拍子に骨の位置がずれていれば、完治する事はできません。見た目には腫れが引いたとしても骨がずれていれば、再び捻挫を引き起こしてしまうかもしれないのです。特に骨がずれやすいのが足首を痛めた場合で、スポーツ選手で何度も同じ箇所を捻挫することが多いは、このためです。
では、どうすればよいのかというとリハビリをするまえに、骨がずれていないのかを確認する事が必要です。むしろ、骨のずれを矯正しないと、リハビリが再発の可能性が高めると言っても良いのです。ただし、ずれるのは本当に少しだけなので、レントゲン画像で確認しようとしても、わからないこともあります。病院ではどうにもできない捻挫で生じた骨のずれでも、吉祥寺スーリヤ接骨院でも治療を行うことが可能です。
捻挫の治療であれば、整骨院、接骨院でも保険が適用されるので、費用の負担は軽減されます。

捻挫を予防するためには足首の筋肉を鍛えることが大事です

捻挫と言うのは、手首や足首などを初めとする関節に一時的に大きな力が加わることで、靭帯や関節を包む組織などが損傷した状態の事を指します。特に関節の中でも二足歩行する人間の身体の中では身体の全体重を支える足首に良く起こります。足首などの間接と言うのはある程度の可動範囲があるのですが、その範囲を超えた動きを無理やりにしてしまうことで関節の中で骨と骨をつなぐ関節周辺の組織に捻挫が起こります。
これは関節周辺の組織がねじれたり部分的に断裂したりする状態ですが、このように一部組織に損傷が起きても関節内の骨同士は正常に保たれている状態なのが特徴です。
捻挫をすると、足首などの関節部分が腫れて、動かしたり押したりすると患部が痛みを感じることがあり、見た目にははれること以外関節部分が変形することはないのですが、何日か経過すると多くの場合内出血によるあざが現れます。
一口に捻挫と言ってもその程度はさまざまです。そして2日から3日程度経過しても患部の腫れた状態が続き、体重をかけると強い痛みが続いているような場合には、骨折の可能性が疑われるので、すぐに医師の診察を受ける必要があります。
そして捻挫を起こしやすいという人は日頃からテープやサポーターで関節を固定するのがおすすめです。さらに、捻挫を予防するためには足首の筋肉を鍛えるトレーニングを行って、筋肉によって関節をサポートできるようにしておくことも大切な予防法のひとつです。

足首の捻挫を繰り返さないために捻挫予防法で大切なこと

二足歩行で行動する人間は身体のさまざまな関節の中でも特に足首に負担がかかりやすい状態です。
足首などの関節に大きな力が一時的に加わることで関節を包む組織や靭帯などが傷ついた状態が捻挫と呼ばれる症状です。身体全体を支える部分である足首は関節の中でも特に捻挫を起こしやすい部位です。
骨と骨をつなぐ関節の周辺組織の損傷によって靭帯や関節包、滑膜からなる関節がダメージを受けるのは、関節の可動範囲を超えた動きを無理やりにしてしまうことで起こります。無理な動きや力がかかることで関節周りの組織にねじれや一部が断裂することが起こり、それでも骨同士の位置はいつもと同じ状態に保たれているのが捻挫です。
捻挫してしまうと幹部がはれ上がり、動かすと痛みを感じますが、その程度は靭帯の伸び具合や断裂の度合いによって軽いものから重症のものまであり、何日も経過しているにもかかわらず痛みが引かない場合には骨折の可能性が考えられるのですぐに医療機関を受診するようにします。

リハビリ
一度捻挫をしてしまうと、再び同じ部位に起こりやすくなるといわれていますが、足首の捻挫を繰り返さないためには足首をテーピングやサポーターなどを使って固定しておくことが効果的です。
さらに、脚力を鍛えるトレーニングをすることで、関節を保護する筋肉を強化しておくことも効果があります。大腿四頭筋や大腿屈筋群などを強める運動をすることで関節を衝撃によるダメージから守る効果が得られます。

捻挫の後遺症予防のストレッチ方法

捻挫のあとは放っておくと足首が固くなってしまうので、ストレッチはちゃんと行ったほうが宜しいです。ただし、痛みが残っているうちはあまり動かさないようにします。
痛みが引いたら、なるべく早い段階で足を上げ下げしてストレッチします。立てるようならば、立ったままアキレス腱を伸ばすと良いです。ストレッチを試みるタイミングは、筋肉がほぐれて柔らかくなっているお風呂上がりです。
捻挫後の後遺症として多いのは、可動域制限です。動かせる範囲が狭くなってしまい、うまく歩けなくなるなどの障害が残ります。
これを防ぐストレッチ方法としては、ストレッチボードを用いた方法があります。これは靭帯を伸ばすのとは別の動きです。器具がない場合には、傾斜や階段を利用して試みても良いです。比較的早い段階から取り組むことで、可動域制限を防ぐことができます。
捻挫予防に効果があるのは、アイソメトリックトレーニングです。関節を動かさず、筋肉を収縮させる方法です。足首を前後左右に5秒間ずつ長めに倒します。一人で行うよりもペアで行うとやりやすいです。他には、チューブトレーニングがあります。ゴムチューブを使って、自分のほうに足を引っ張ったり、足をくっつけたまま左右に足を開かせる動きを行います。これによって足首の筋肉を強化することができます。アイソメトリックトレーニングもチューブトレーニングも、どちらも座ったまま行えるので足への負担が軽くて済むというメリットがあります。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

東京でスポーツ外傷の捻挫はインディバで早期回復

重度の捻挫によるスポーツ外傷とは 捻挫は、スポーツを楽しんでいる時に見舞われるケースが多いことから、スポーツ外傷と呼ばれることもあります。スポーツ外傷とは、運動中に何らかの衝撃により足に大きな負担が生じ、骨と靭帯が外れてしまうことを言います。通常の歩 …

捻挫治療は深層筋療法でその日に改善可能

スポーツで起きやすい捻挫とは 些細な事が原因でも起きやすいスポーツ障害の症状のひとつに捻挫があります。捻挫とは、手首や足首をひねった時、骨と骨を繋いでいる関節部分が傷ついた症状の事です。酷い場合は、骨や靭帯にも影響が出て、骨折や靭帯断裂に繋がっていく …

捻挫治療は病院か接骨院か?吉祥寺スーリアで当日緩和

捻挫の処置を正しく行おう 捻挫をする事は誰でにもありますが、その時の処置をどうするかによって回復までの期間が変わる事も少なくありません。 出来るだけ早く良くする為にも、正しい処置を知っておく必要があります。 基本的には酷く捻挫をしてしまうと言う事は少 …