東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


足首捻挫の症状と効果ある治療法の深層筋療法で即日緩和

捻挫におけるⅠ度(軽度損傷)の定義と処置

捻挫症状は状態によりⅠ度(軽度損傷)からⅢ度(重度損傷)まで分類することが出来ます。そのうち最も軽微な捻挫であるⅠ度に該当する物としては「靭帯の損傷が無いもしくは少ないものであり、靭帯や関節の動きに制限が見られないもの」となります。例えば足をひねってしまって痛みがあるが問題なく動かすことはできる等の場合ですとⅠ度に分類されることになるでしょう。ではこの場合の処置としてはどういったことを行うべきなのかというと、基本的にはRICE処置と呼ばれる処置を行えば問題ありません。RICE処置とはRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(持ちあげる)の四つの処置の総称であり、つまり捻挫を発生させた人を無暗に動かさないようにし、発生箇所を冷やしつつ、適度な圧迫や患部を心臓よりも高い位置に持ち上げることで腫れや炎症をコントロールするといった具合です。
実際のところ患部の圧迫と患部を持ち上げることに関しては行わなくても良いケースが多いのですが、もしも患部が明らかに腫れてきているということであれば応急処置として行った方が良いでしょう。Ⅰ度の場合は靭帯の損傷がほとんど無く、あったとしても軽微なものであるためその後のリハビリに関してはそこまで考える必要はありません。もしスポーツを行っているのであれば捻挫完治後にトレーニングの再開となるでしょうが、その場合は捻挫した部分には出来るだけ負荷を与えないようにして様子を見ながら行うようにしてください。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。

電話

予約

捻挫におけるⅡ度(中程度損傷)の定義と必要な処置

捻挫はその程度によって大きく三段階に分類されることになりますが、その中でも中程度の症状として扱われるのがⅡ度(中程度損傷)です。このⅡ度に分類される状態としては「靭帯の部分断裂が発生しており患部が腫れ、歩くことが出来るが走ることが出来ない」という状態が当てはまります。もし患部が腫れておらず走ることが出来るのであればⅠ度に分類される可能性が高いですし、全く歩くことすらできない状態なのであればⅢ度に分類されることになるでしょう。
ただⅡ度に分類される状態ですと本格的な治療を受けるためにも病院、整形外科、もしくは整骨院の受診が基本になります。
ただスポーツを行っている最中に捻挫が発生した場合には、スポーツに必要な治療に関する知識が豊富な吉祥寺スーリヤ接骨院へご相談下さい。Ⅱ度の場合は2~3週間ほどで完治することが多いとはいえ、放置すると後遺症が発生するケースも稀にありますので甘く見ずに必要な処置を適切に行うようにしていきましょう。

Ⅲ度(重度損傷)の捻挫とはどういうものか

捻挫程度、大したことはない、と思われがちです。確かに、大したことはないものもありますが、中には重症のものもあるのです。捻挫は、その程度によってⅠ度(軽度損傷)からⅢ度(重度損傷)までの3つに分けられていますが、程度を説明するよりも前に、まず捻挫とはそもそもどういうものなのか、きちんと説明しましょう。
捻挫は、骨関節に許容範囲を越えた外力がかかることで引き起こされます。骨関節は、ある程度の可動域を持っており、それ以上は多少の力がかかっても動きません。それは、骨と骨とが靭帯と呼ばれるもので結び付けられているからです。しかしながら、あまりに強い外力がかかった場合、この靭帯を損傷してしまうことになるのです。これが正体です。
そして、Ⅲ度の捻挫とは、靭帯が完全に断裂してしまった状態を指します。捻挫は足首に起きることが最も多いですが、足首の腫れが強く、皮膚は紫になっていて皮下出血があり、歩くこともままならない、という場合はⅢ度の可能性があります。
治療は的確に行うことにより、さらなる重症化を防ぎ、回復も早くなります。正しい技術によるしっかりとした治療が必要です。捻挫は、誤った対応をすると再発しやすくなります。これは、靭帯がしっかりと元に戻らないままに完治したように見えてしまうことが原因ですから、気をつけましょう。

捻挫の初期症状の違いとそれぞれの対処法

運動していて捻挫したという経験は誰でも一度ぐらいあるでしょう。捻挫とは手首や足首をひねるなどして、骨と骨とを繋いでいる靭帯を傷ついてしまうことです。捻挫は初期の段階での応急処置が大事です。早いうちに冷やしたり、テーピングで固定するなどの処置が重要です。しかし、捻挫の初期症状と一言で言っても、それは怪我の深さによって3つに分けられるので、処置の仕方にも違いがあります。まずは1番軽いものです。これは軽くひねった場合で、靭帯が伸びきっただけの状態です。その初期症状は、ひねった部分が軽く腫れるぐらいです。痛みは少しありますが、動かすことは可能です。この場合の対処は、患部を冷やして安静にすることです。病院に行かなくても3日~1週間程で完治します。2番目は靭帯の一部が裂けている場合です。この初期症状は患部が大きく腫れて熱を持ちます。歩くことはできますが、相当痛むはずです。この場合の対処は、そのまま患部を冷やしていても完治するまで1か月以上かかることもあるので、きちんと病院で見てもらう必要があります。3番目は靭帯が切れてしまった場合です。この場合の初期症状は、患部が明らかに大きく腫れて歩くことも不可能ですし、大変な激痛を伴います。この場合の対処は、手術する必要があるので、すぐに病院にいくことです。捻挫は初期の段階でどんな処置をしたかが重要です。よほど軽い症状なら、患部を固定して冷やすだけで良いですが、それ以外は、直ちに病院へ行って診察してもらうべきでしょう。

どうして捻挫(ねんざ)の症状が起こるか

捻挫の症状は、不自然な形にひねる事で起きてしまい、関節を痛める怪我の事で、スポーツや転倒時にひねってしまう事が多く、足首や指の部位に起こりやすい傾向です。
どうして捻挫(ねんざ)の症状が起こる原因は、スポーツや転倒などによって足首や指などをひねってしまい、関節部分が傷がつく事で起こるのが原因です。
腫れがなかなかひかない場合や、関節がグラグラしている時などは、骨折や靭帯断裂などの場合もあり注意が必要です。どうして捻挫(ねんざ)の症状が起こるかの原因は、捻挫はひねって関節を痛める怪我の事です。
年齢を重ねる事によって横転しやすくなり、無理な体勢で手や指や足首をひねってしまう事で捻挫になってしまいます。
捻挫になってしまった場合は、症状を悪化させない事が大切で、軽度の捻挫であれば更に痛めないように、サポーターやテーピングなどで保護する事で、自然治癒で治る場合もあります。
痛みが続く場合にそのまま放っておく事で、運動障害や関節軸変形につながる場合もあり、注意が必要です。
捻挫の症状は、くじいた関節の可動範囲が狭まるなどの症状が出るため、しっかりとした治療が必要です。
安静にしておく事で痛みが治まる場合もありますが、2週間しても痛みが引かない場合は骨折や靭帯断裂などの可能性があるので、病院へ行くことが必要になります。
無理な体勢で横転してしまった時は、安静にして症状を見ることが大切ですが、捻挫は注意が必要な怪我です。

足の捻挫(ねんざ)とその後遺症とは?

普段生活している中で高いヒールをはいている女性や運動中の学生もしくはスポーツマンにおいて捻挫は付き物です。気を抜いた瞬間に足をひねってしまう可能性は大いにあります。ですが捻挫を侮ってはいけません。捻挫によって足の不具合を引き起こしてしまうことはよくある話です。足の捻挫(ねんざ)とその後遺症の例について知っておくことで対処法を学んでおくといざと言うとき役に立つはずです。まずねんざとは捻り、くじくことを言いますが症状やひねり方などは様々です。そのひねり方などによって症状は異なりますし程度も異なります。あまりにもひどい場合には感知までに時間がかかってしまいます。また、ひねり方が悪いと靭帯を傷つけてしまったりすることもあります。靭帯や骨に影響してしまうと後遺症が残ってしまう可能性もあります。靭帯や骨に異常があると感じた場合には気をつけて生活しなければなりませんし、すぐに病院へ行くことをお勧めします。スポーツをする際には念入りに準備運動をして体を温め、関節をやわらかくしてから運動をすると捻挫などの怪我もある程度防げます。ヒールなどは意識して気をつける他なく、十分に気をつけて歩く必要があります。たった1度の捻挫が今後の足に大きな影響を及ぼしてしまうかもしれません。普段の生活の中でも十分に気をつけて歩いたほうがいいかもしれません。また、1度捻挫をするとそれが癖になってしまいその後も何度もくじいてしまう可能性も考えられます。足の捻挫(ねんざ)とその後遺症についてを頭に入れておき、気をつけて生活してみてください。

通常の捻挫とは異なる膝関節の捻挫

何らかの理由により、捻挫してしまった場合は、捻挫した部分をしっかりと固定し、冷やして熱を取ることが重要です。
自分で対策を講じても、痛みや腫れが治らない場合は、スポーツトレーナーもいる吉祥寺スーリヤ接骨院へご相談下さい。診察を受けると、捻挫ではなく、靭帯が損傷していたり骨折していたという場合もあるのです。特に、膝関節の捻挫に関しては、自己判断をせずに、できるだけ早い段階でご相談下さい。
膝関節の捻挫により、歩けなくなってしまうという患者が多いのです。そして、自分に起きている症状をしっかりと観察することにより、医療機関を受診すべきかがわかります。まず、腫れの症状が酷い上に歩行が困難な場合は、迷わず病院に行くようにしてください。次に、膝関節の捻挫特有の症状として、関節が不安定になるということが挙げられます。関節が不安定になった場合には、大きな障害が発生する直前と言われているので、早急に病院に行くことが求められます。そして、激しい運動を避け、自宅でゆっくりと過ごしているのにも関わらず、痛みが続く場合も医療機関に行かなければなりません。

捻挫が及ぼす膝への影響について知ろう

捻挫の場合は、出来るだけ動かさない事が重要です。ここで無理に動かしてしまうと炎症が治まらない事もあり、なかなか良くならない、痛みが引かないと言う事も少なくありません。また少し痛みが引いたからと言って無理に動かしてしまうとより悪化してしまう事もあります。悪化、再発を防ぐ為にも出来るだけ動かさない様にすると言う事が重要となってきます。

ただ捻挫をするとどうしても人によっては歩き方が不自然になってしまったり、痛い部分をかばって普段とは違う動きをしてしまう事も少なくありません。特に足首を捻挫してしまった場合はその傾向が顕著で、なかなか上手に歩く事ができないとか、負担よりももう片方の足に負担を掛けてしまうと言う事もあります。勿論人によってはそれほど問題が無い場合もありますが、時にはそれが他の部分に影響してしまう事もあるので注意が必要です。

例えば、捻挫が及ぼす膝への影響としては、痛みを生じる様になると言うのがあります。無理をして歩いていると言う事は、体の各部分のバランスも崩れてしまっていると言う事になります。膝はその影響を受けやすい部分の一つで、痛みを感じたり人によっては水が溜まってしまったりと言う事も決して珍しいわけではありません。またなぜかその部分が腫れてしまうと言う人もいます。従って、ただ足首などを捻挫したからと言ってその部分だけを気にするのではなく、膝などにも影響を及ぼす可能性が十分あると言う事を知っておきましょう。

サッカーで痛めやすい捻挫と予防する方法

サッカーで痛めやすい捻挫は、10代のころでも発症しやすいです。ですので、捻挫を予防するにあたっては予防策をきちんとしった上でサッカーなどの運動をするときに充分にケアをしておくことが非常に大事といえます。
まず大事な点としては筋肉をやわらかくしておくことです。サッカーにおいてケガは大抵が下半身に多く見られる傾向があります。筋肉の柔軟性が不足することで、ケガにかかってしまうリスクも高まってしまいます。そのため、サッカー選手は股関節や足関節などを入念にストレッチしてやわらかくしています。
それから、筋力の付け方にもポイントがあります。筋肉の付き方のバランスが悪くなってしまうと、こちらもケガの原因になりやすくなってしまいます。できるだけバランスよく筋肉をつける様にしておくこともケガの予防につながります。
持久力をつけておくことも大事なことといえます。サッカーの試合の後半にケガが発生しやすい傾向がありますので、長く走れるようにしておくことが求められます。

捻挫の内出血について

捻挫と言うと腫れが酷い、というイメージがあるかもしれませんが、実際には内出血をする場合も少なくありません。その原因の一つが靭帯が切れると言う事です。靭帯自体は血が出ない様なイメージがあるかもしれませんが、実際には切れてしまうと出血します。とはいってもその程度によっては全く表面には見えない状態なのでそれ程気にする必要があります。はっきりと分かる状態で内出血をしている場合は、少々ひどく靭帯を損傷している場合だと考える方が無難です。

ただ、捻挫をすると数日後に内出血をする場合もあります。この場合は直接的に捻挫が関係していない、もしくは痛みによって無理に別の所に力を入れてしまった為に起きている場合も少なくありません。とはいっても急に紫色になったとか、赤くなってくると心配になる場合もあるので、ご相談下さい。

内出血自体は徐々に治まって行き、痛みが引く頃にはかなり目立たなくなっているはずです。ただ捻挫イコール内出血と思っているのは少々危険で、もしかしたら骨折してしまっている可能性もあるので十分気をつけましょう。
痛みが数日を過ぎても良くならない、全く変化しない、腫れが治まらないなどの場合は自宅で簡単な処置をするのではなく、病院でレントゲンを撮ってもらう方が安心です。また内出血に関しては通常は徐々に良くなって行きますが、ならない場合もゼロではありません。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

捻挫
捻挫の症状と知っておきたいスポーツ障害

捻挫の症状にはなにがあるか 捻挫はふとした瞬間になるもので、多くの場合足をひねったりくじいたりすることにより歩けなくなるぐらいまで痛くなります。 軽い症状としてはひねった部分が腫れたり少し痛みが生じたりします。腫れも少しのため、家庭にある湿布などで冷 …