東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


捻挫の症状と知っておきたいスポーツ障害

捻挫の症状にはなにがあるか

捻挫はふとした瞬間になるもので、多くの場合足をひねったりくじいたりすることにより歩けなくなるぐらいまで痛くなります。
軽い症状としてはひねった部分が腫れたり少し痛みが生じたりします。腫れも少しのため、家庭にある湿布などで冷やしておくと3日ほどで治ります。じん帯が伸びきったことが原因ですので安静にしていても治ります。
中等度としてはひねったりしたところが大きく腫れてきて、熱っぽい、歩けはするがとても痛い、皮下出血があるという症状があります。これはじん帯の一部分が裂けてしまったため起こっているので整形外科などに行く必要があります。家庭で湿布を貼っておいても良いですが、治るのに1か月ほどかかります。
じん帯が切れてしまった場合は、大きく腫れてきて、歩くと激痛が走ります。そのため手術が必要で、完全に治るまでは数か月かかります。どの状態も冷やすことが大事で、動かさない、腕などはタオルなどで固定、心臓より高い位置にするということも大切です。冷やす場合は20分程度とし、冷やし過ぎないように気を付けます。痛みが再び出るようであれば、冷やすことを継続して行います。
捻挫は転倒や衝撃により関節部分に力が働き、じん帯が伸びたり切れたり、関節を包む部分が傷ついたりして起こります。特に足首が捻挫になりやすいので、関節部分を安定させるためにサポーターを使用しても良いです。捻挫を防ぐためにも関節を柔らかくし、運動前には必ずウォーミングアップを行うようにします。

捻挫の治療法について

捻挫とは、手首や足首をひねることで骨と骨の繋がりである関節部分が傷つくことで起こったものです。放っておけば治るだろうと放置してしまうと、靭帯が切れたり骨折をしている可能性があるので、きちんと治療をしなければなりません。また、軽い捻挫を何度も繰り返しているとクセになり運動をするたびに捻挫をしてしまうこともあります。
捻挫をしたらできるだけ、早期に正しい治療を受ける事が重要です。

応急処置として、捻挫後すぐは患部を動かさずに足首などはテーピングや包帯で固定圧迫し、腕は三角旗やタオルで吊ります。次に炎症を抑えるために氷などで患部を15分程度冷やします。腫れや内出血などを防ぐために患部は心臓よりも高い位置に挙げて過ごします。大切なのはすぐに冷やすことで、腫れや傷みの原因となる症状を和らげる効果があります。慢性期の4~7日後は炎症が落ち着くころです。
この時期になると腫れや傷みは落ち着くので、深層筋療法+インディバで血行をよくしていきます。温めることで血管が広がり、痛みや腫れが早くなくなりやすくなります。また、治療の効果を早めるために軟膏やビタミンEを含むサプリメントを摂取することもおすすめです。一度捻挫を引き起こした捻挫がクセにならないように、日ごろから運動前は十分なストレッチを行い、怪我をしないように運動用のサポーターを着用したりするなど予防を心がけておきます。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。

電話

予約

捻挫を早期改善する方法

捻挫という状態がいまいちピンとこない人もおられるでしょうが、足を挫くことを言い、通常人間の関節にある可動範囲を超えるよな力がかかった場合、この状態となり、高い位置から飛び降りたり、階段を踏み外す、スポーツにて過負荷が掛かった場合、関節部分に痛みを伴う炎症を起こします。
ひどい症状になると靭帯損傷や脱臼を伴う症状もあります。捻挫になると、関節を動かすことで痛みを生じ、時間の経過とともに炎症を酷くし、紫斑が出ることがあります。
捻挫の一番の改善方法はインディバです。インディバアクティブとは、深部加温効果と微弱電流刺激により、トップアスリートのスポーツ前後の故障の予防、疲労に早期回復、アキレス腱痛、運動機能向上、疼痛の早期緩和、肉離れ治療、リハビリテーションとして利用されています。
足の捻挫の場合、寝るときや座った時にななるべく、足を上に上げて安静にしていることが良いでしょう。
理想的な体制は、心臓の位置よりも高い位置に足関節を上げ、台などに上にタオルやクッションなどを引いた状態でその上に固定した足を乗せて安静にするのがもっともよいです。ただし、無理な体制であると体に負担が大きいため、高齢者の場合枕の高さ程度で良いでしょう。

捻挫の原因について

捻挫は、関節に不自然な力が加わって、運動の許容範囲を超えたことが原因で起こるケガです。関節の骨にズレがある場合が「脱臼」で、ズレがない場合が「捻挫」になります。内部の血管が傷ついて内出血するため、患部は腫れてきます。体の中には多くの関節が存在します。それぞれの関節で骨と骨をつなぎとめて、動きをコントロールするのが「靭帯」です。この靭帯の損傷の度合いによって、捻挫の重傷度が決まります。つき指やぎっくり腰、むちうち症も捻挫の一種です。
捻挫のレベルは3つに分けられます。

1度は痛みや腫れが少なく、靭帯は一時的に伸びた状態です。2度は、靭帯の一部が切れた状態、3度は靭帯が完全に切れて関節が不安定な状態です。場合によっては、筋肉や腱が傷ついたり、骨の一部が剥がれてはく離骨折することもあります。捻挫した直後に適切な応急処置を行えば、痛みや腫れが悪化するのを防ぐことができます。

その後は、捻挫の程度によって異なりますが、弾力包帯、テーピング、装具などで関節の動きを制御します。軽度の場合には、セルフケアで自然治癒も可能ですが、痛みが続くのに放置していると、運動障害や関節軸変形につながります。応急処置をして安静にしても、痛みが1~2週間も引かない場合には、はく離骨折や靭帯断裂の可能性がありますので、吉祥寺スーリヤ接骨院へご相談下さい。

捻挫が起こりやすいスポーツと予防

捻挫は日常生活の中でも起こり得るものですが、やはり最も発生しやすいシーンといえばスポーツです。軽症で済む場合も多い一方、重症で慢性化してしまうケースもあるので、長く安全にスポーツを楽しんでいく為にも、十分に注意することが必要となります。捻挫は全身の様々な関節に発生する可能性があるものですが、中でも多いのが足首の捻挫です。
原因としては、ジャンプ時の着地に足を捻ることによるものが多く、このことから捻挫が起こりやすいスポーツとして、バスケットボールやバレーボール、サッカーなどがまず挙げられます。
これらのスポーツをプレイするにあたって、ジャンプは絶対に必要となる動作ですが、足を捻った状態で着地をしてしまうと、重症の捻挫となってしまうケースが多いので注意しましょう。
また、急激なストップと全力疾走を繰り返すスポーツも、捻挫が起こりやすいという特徴があります。特に、テニスやバスケットボール、バドミントンなど比較的狭い範囲で縦横無尽に動き回るスポーツは、停止や方向転換の際に足首を捻りやすいので注意が必要です。とはいえ、全力でプレーを行う以上、スポーツによる捻挫のリスクを完全に避けることは難しいといえます。
そんな中で重要となってくるのが、万が一発生してしまった場合の応急処置です。

捻挫が起こりやすい箇所とは

捻挫は手首や足首を不自然にひねることで、関節部分が傷ついてしまう症状の事を指します。内側の血管が傷ついているため内出血を起こしその部分が腫れてきます。捻挫には3つの段階があり、じん帯が少し伸びているといった軽いものは痛みがなく、腫れも少ないため、家庭でも治すことができます。中程度の場合はじん帯が少し切れている状態で腫れが強くなり痛みも増すため病院に行った方が早く治ります。一番ひどい場合はじん帯が断裂し、関節が不安定になるので激痛を伴い、日常生活を送ることが困難になります。
捻挫が起こりやすい箇所としては足首や手の指、ひざが多いです。手の指の場合、突き指とも呼ばれ、バレーボールなどのスポーツを行った際になることが多いです。ひざの場合は走っていて転んだ時、強い力でジャンプした時などに起こりやすく、足首もまた、着地をした時に起こることが多いです。どの場合も強い力が働くため無理がかかり、関節部分が傷ついてしまうことで起こります。なお、むち打ちやぎっくり腰も捻挫の一つと考えられています。
スポーツによる捻挫の場合、何度も同じところを傷つけてしまうことがあります。これは治る前にスポーツを開始してしまったり、足首の場合は歩き方がおかしかったりすることが原因となっています。軽度の捻挫の場合も油断せずにテーピングで保護したり、サポーターを利用したりするようにします。運動をする前はストレッチなどウォーミングアップを忘れずに行うようにします。

軽い足首捻挫の痛みを改善するセルフケア

捻挫をしてしまった時、腫れが少なく、痛みもそれほど酷くない場合は、1〜2週間様子を見る事になります。じん帯が損傷していなければ、わざわざ治療をする必要が無い場合がほとんどなのです。しかしながらその場合、直後の応急処置が重要になってきます。いざという時の為に覚えておきたい、捻挫のセルフケア方法をご紹介します。
捻挫をしてしまった時の足首の痛みを改善するためのセルフケア、その基本を覚えるのに「RICE(ライス)」という言葉があります。これは、rest(休める)、ice(冷やす)、compression(圧迫する)、elevation(挙げる)の頭文字を取ったもの。一つずつ詳しく見てみましょう。
まずはR、休める。捻挫をしてしまったらとにかくなるべく動かさない事が重要です。必要に応じてテーピングなどで固定して、安静に。体が持っている自然治癒能力を最大限に働かせてあげて下さい。
Iの冷やすは、氷や冷感湿布などで患部を冷やし、炎症を抑える事で痛みを和らげる事です。
Cの圧迫とは、内出血の危険性があるので幹部をおさえ、またしっかりと固定する事で、痛みが悪化する事を防ぎます。
Eの挙げるとは、捻挫した足首を心臓よりも高い位置に挙げる事で血流を抑制し、腫れなどを防ぐ事です。
この様に、捻挫による足首の痛みを改善するためのセルフケアとして、まずは怪我の直後のRICEが大変効果的です。ひとつひとつはどれも簡単な事ばかりなので、是非覚えておきましょう。

知っておきたい捻挫のレベル

捻挫は足首などに起きやすい物で、靭帯を損傷してしまう事によって起きます。靭帯がどのような状態になっているかによっても重症度が違ってきて、そのレベルによって治療法や治療に必要とする期間、さらにリハビリの有無なども変わってきます。
できるだけ正しく捻挫のレベルを判断し、その状態に合った治療を施す事がスムーズに捻挫を治す上では必要な事だと言って良いでしょう。

軽度の場合は人体も伸びているだけという事も少なくありません。この場合は数日冷やしているだけでも充分状態を改善する事が出来ます。また湿布を貼っていれば炎症も治まって行き、さらにリハビリの必要はほぼありません。

中度、重度の場合は靭帯に亀裂が入っていたり、切れてしまっていると言う事も多々あります。肌の表面は内出血しており、さらに腫れてしまう事もあるので十分気を付けましょう。痛みもひどく出る場合もあるので、しっかりと固定する事と動かさない事、冷やす事が基本です。この場合は治療に必要とする時間も長く、また炎症が治まったからと言って動かしてしまうと状態が悪化してしまう場合も珍しくありません。
再発する可能性も十分あるので、痛みが引いてからもサポーターなどで固定する事が重要です。またリハビリも必要となる場合が多く、徐々に元の状態に戻していくと言うのが中度、重度の場合の捻挫に関して必要な処置となります。この様に捻挫のレベルによって状態も対応も変わってきます。正しい対応をしてなるべく早く良くする様に努力しましょう。

スポーツ障害とは何か

スポーツ障害とはスポーツをしているときに発生する怪我の事です。スポーツは普段使わない筋肉を使用する為怪我などが非常に多いことが挙げられています。スキーやスケートに於ける捻挫、野球による肩の炎症などはその代表的なもので、得に捻挫は日常生活のちょっとした気のゆるみでも起きやすいものです。
捻挫の原因は、手首や足首の関節が不安定な状態で強い力が加わって靭帯を損傷してしまうことによって起きるものです。大抵は強い痛みを伴うことが多いのですが、中には気づかないうちに捻挫を起こし、のちに痛みが強くなってくる場合もあります。その為、運動を継続し損傷を激しくしてしまう危険も有るので注意が必要です。
捻挫をしてしまった際にはまず患部を冷やすとともに血流をスムーズにするために心臓よりも高い位置に上げ、痛みを和らげます。そしてテーピングや包帯などで患部を固定し、間接への負担を和らげることが大切です。無理に動かしたりすることは避け、痛みが引くのを待つことが大切です。
捻挫に限らずスポーツ障害を防止するためには、体を動かす前の十分なウォーミングアップが重要です。更に基本的なフォームや体の動かし方をしっかりと身に着け実践することが重要になります。無理な姿勢を取ったり、長時間運動し続けていると体に異常をきたし怪我などをしやすくなってしまうので注意が必要です。スポーツ障害は正しい体の使い方をしていれば防げるものです。

捻挫の痛み軽減・改善する方法

手首や足首などの捻挫をしてしまった時には鋭い痛みを感じることがあります。そうした事態を早期に改善する為にも捻挫の痛み軽減・改善を知っておいた方が良いでしょう。適当な対策方法ですとクセになる恐れがありますし、甘く見ているとさらに症状が酷くなることがありますので要注意です。
対策法としてはまずアイシングをするのが良いとされています。捻挫をした部位は熱を持っており、熱がある状態ですと痛みを感じ易くなります。その為、捻挫をした時はしばらくアイシングをして熱を奪うようにしましょう。
20分ほどアイシングをしたら包帯やテーピングなどで圧迫します。血流が良い状態ですと腫れ易くなりますし内出血をしていることもありますので、そういった症状を抑える為の対策です。また、固定をすることによって痛みも出難くさせることができます。
固定したら心臓よりも高いところにあげておきますが、これはうっ血や腫れ、内出血を予防する為です。
最初の対策としてはこのような内容になりますが、4~7日ほどで慢性期に入りますので今度は温めるようにします。血流が悪いままですと治りが良くありませんので温めて血流を良くするのが改善のポイントです。
段階的に対策をしていくのが捻挫を早期に治す為のポイントですから、以上のように最初は冷やして固定をする、そして慢性期に入ったら温めることを心掛けた方が良いでしょう。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

足首捻挫の症状と効果ある治療法の深層筋療法で即日緩和

捻挫におけるⅠ度(軽度損傷)の定義と処置 捻挫症状は状態によりⅠ度(軽度損傷)からⅢ度(重度損傷)まで分類することが出来ます。そのうち最も軽微な捻挫であるⅠ度に該当する物としては「靭帯の損傷が無いもしくは少ないものであり、靭帯や関節の動きに制限が見ら …