東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


捻挫の根本原因にアプローチしその日に改善可能です

足首の捻挫の原因と予防法

捻挫と一言で言っても実は、色々な捻挫があります。首、手首、腰、足首などの人間が体を動かす際に必ず動かす全ての関節周りで切るのです。その中でダントツに多いのが足首でしょう。足首は歩いたり走ったりする際に必須の関節であり、全体重がこの関節にかかってきます。ですので、ひとたび何かの拍子で足首をねじってしまうとそこの部分に全体重がかかってしまうので大きなけがとなります。
足首は、骨の構造上外側より内側に大きく動くようにできていますので、内側にひねってしまいその方向に過度な力がかかって足首の外側の靭帯が過度に伸びたり損傷してしまいます。これが足首の捻挫で一番多い症例ですが、その他に足のひねり方によっては内側の靭帯を痛めてしまうこともあります。いずれにしても捻挫の原因は足首の動きを固定している靭帯が過度な負荷によって損傷を受けてしまうことにあります。また捻挫の特徴として、一度やってしまうとその時は治っても、癖になってしまい繰り返し捻挫を引き起こすことがよくあります。そのため、繰り返さないための対策が重要となります。
捻挫を繰り返してしまう主な原因は、骨の歪みにあることが多いです。例えば適切な治療をしなかったため関節が本来の位置と異なるところで固定されてしまっている場合や、女性に多い骨盤のゆがみによるもの、O脚、猫背等々、骨の位置が本来あるべきところにないため体全体のバランスが悪くなり捻挫を起こしやすくなってしまうのです。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。

電話

予約

捻挫の症状の三段階

捻挫とは、身体の関節部分(骨と骨の連結部分)をひねったり、伸ばしすぎてしまうことによって、関節を痛めてしまうことをいいます。実際には骨だけを痛めているのではなく、骨と骨をつなぐ役目をしている靭帯と呼ばれる筋や、筋肉を骨に付着させる働きをしている腱なども痛めているので、内出血を起こしたり炎症を起こしたりします。
こうした捻挫は、スポーツをしているときや、転んだときなどに起きやすく、足首や腕や指の関節部を痛めることが多いです。俗に「突き指」と呼ばれているのも、捻挫のことです。

捻挫は、傷つき方によって、三つの段階があります。
一段階は、靭帯が少し伸びた程度で、痛みや腫れは少しある程度です。この一段階であれば、腫れた部分を冷やし、激しい動きをしないでいれば、一週間もあれば症状は治まります。

二段階目は靭帯や健の一部が切れてしまった状態です。
二段階目になると、腫れは大きくなり、じんじんとした強い痛みが発症します。冷やして患部を安静にすることが必要ですが、一ヶ月近く炎症が続いてしまいます。

三段階目は靭帯や腱が切れてしまって、関節を安定させることができなくなる状態です。
三段階目になると、歩くこともできない程の激痛になり、患部は大きく腫れ上がります。手術が必要な状態で、正常な状態に戻るまでには三か月近くかかります。

「ぎっくり腰」と呼ばれる症状や、「むち打ち」と呼ばれる頸椎の痛みにも、捻挫が起因していることが多いです。手指や足先だけでなく、胴体部分や首の痛みにも、注意が必要です。

捻挫に繋がる!?足首が硬くなる原因とは

日頃生活している中で足を不意にひねってしまった、捻挫してしまったと言う経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。捻挫は足をひねり、くじいてしまった際のことを言いますがそもそもなぜ捻挫してしまうのかご存知ですか?捻挫の大きな原因は足首が硬くなっていることが挙げられます。足首が硬くなる原因とは一体何なのでしょうか。スポーツマンの方はスポーツ前に準備運動を欠かすことはありません。この準備運動は絶対になくてはならないのです。捻挫や大きな怪我に繋がるからです。しかし準備運動など以外にも足首が硬くなる原因とは考えにくいところで大きな要因が一つあります。それはふくらはぎです。ふくらはぎと足首の筋肉は直接的に繋がっています。ふくらはぎの動きが悪いと自然と足首が硬くなる原因に繋がってしまうのです。しかしふくらはぎの硬さが影響するのは足首だけではありません。

それはふくらはぎが硬くなる原因にありますが、骨盤から来る体の歪みやむくみから体の冷えなどにも影響を及ぼします。ふくらはぎには様々な神経が通っています。ふくらはぎの筋肉が柔らかくなっていると体全体の調子がよくなるといっても過言ではありません。それにはまず体の歪みを治したり、運動不足を改称していく必要があります。一度にできることではありませんから毎日の中で徐々に改善していくことで自然とふくらはぎの筋肉もほぐれ、そして足首の硬さも和らぐはずです。捻挫で足に怪我をしてしまう前に生活の中で予防をしていってみてはいかがでしょうか。

捻挫はどうしたら起きるのか?

誰でも一度は捻挫してしまった経験があるでしょう。しかし、捻挫はどうしたら起きるのかを深く考えたことのある方は、意外と少ないのではないでしょうか。
捻挫は、骨と骨を繋ぐ役割をしている関節部分が傷つくことで起きます。
サッカーやバスケットボールなどのスポーツ中のアクシデントや、日常生活で躓いて転んでしまった時などに、手首や足首を強くひねってしまうと、関節の運動許容範囲を超えてしまうことがあります。そうした際に、関節に負荷がかかって起きる外傷です。
実は、突き指も捻挫のひとつなのです。指の関節が傷つくことによって痛みや腫れが起こります。ぎっくり腰や、ムチ打ちなども捻挫の一種です。さらにひどい場合には、靭帯が傷ついてしまい靭帯断裂する可能性もあります。

捻挫は、関節の傷つき方の度合いによって3つにレベル分けされています。
レベル1度……痛みも腫れも軽く、靱帯が一時的に伸びている状態
レベル2度……痛みが強く、靱帯の一部が切れてしまっている状態
レベル3度……痛みや腫れが激しく、靱帯が完全に切れてしまい(靱帯断裂)、関節が不安定な状態
このように、ひねった度合いの強さにより、損傷のレベルが高くなっていくのです。

もしも捻挫をしてしまったら、症状を悪化させないようにすることが大切です。
レベル1程度の軽いものであれば、サポーターやテーピングなどで保護すれば、自然治癒していきますが、重度の場合は必ず治療を受けましょう。

捻挫で足首をひねった方向はどっちかで重症度が変る

足首の捻挫は、内側または、外側の方向に不自然な形で強く捻ると発症します。足首をひねった方向はどっちかで、重症度も変わります。足関節の構造を見ると、足首は外側よりも内側の方に動かしやすいので、内側に捻ってくじくことが多いです。
内側に捻って起きた場合は、軽傷で済むことが多く、セルフの処置だけでも充分なことが殆どです。

外側に捻ってしまったときは、よほど強い力が加わらないと起きることはありません。外側に捻る捻挫は、ラグビーやアメリカンフットボールなどの激しい接触があるスポーツや、交通事故があります。重症になると骨折もしていることもあり、外側に捻ったときはその後も経過を観察して、腫れや痛みが激しいときはすぐに病院で診察を受けた方がよいです。

内側に捻ったときは、足関節の外側にある3つの靭帯のどれかが、損傷したり断裂していると考えることが出来ます。殆どは、前距腓靱帯のみだけか、前距腓靱帯と踵腓靱帯両方の損傷です。

外側に捻って捻挫したときは、内側の靭帯である「三角靭帯」が損傷していることが多いです。中には、骨折を伴うこともあります。捻挫は、靭帯の損傷の程度で重症度が変ります。足首の近辺の腫れ具体や痛みの度合いにより、重傷度を予測出来ます。

また、腫れが普通ではないときや、痛みが激しい、2週間以上経過しても腫れが引かないなどのときは、中度または重度の疑いが高いので、早めにを受診した方がよいです。

内側にひねった場合の捻挫に要注意

内側にひねった場合の足首の捻挫では、痛みが出ます。痛みの他には、内出血や腫れを伴うことがあります。痛みの強さは個人によって異なっていますが、強烈な痛みを感じることがあります。そんな場合は、靭帯が切れていたり、骨折をしている場合もあるので注意しましょう。痛みの感じ方にも個人差がありますが、ずきずきと脈打つような我慢できない痛みの場合は、病院に行ってレントゲンを撮影した方が良いでしょう。内側にひねった場合は、足首のどこかが腫れることもあります。腫れたときは、その部分を冷やすようにしましょう。しっかり冷やしておけば、腫れた部分がまわりに広がることはありません。腫れた部分が痛いことがあります。それほどひどくない痛みだったら、気にすることはありませんが、強い痛みが続くときは内部の血管や神経に異常が起きている恐れがあります。冷やしても腫れた部分の痛みが良くならない場合は、病院に行きましょう。捻挫してしまった時の応急処置で一番良いのはその部分を冷やすことです。冷やすことによって、その部分で行っている炎症を小さくすることができます。温めてはいけません。風呂に入ることもやめるようにしましょう。冷やし続けておけば、炎症がおさまってきます。炎症がおさまったら、患部を温めることもできますし、入浴も可能になります。温めたり、入浴することによってその部分の血行を改善することができます。また温めることで、ねんざの痛みを小さくできます。

捻挫で外側にひねった場合の対処法

捻挫に見舞われ、靭帯にダメージを負ったり、周囲に炎症が生じてしまうと、痛みを感じる物質が生成され、感覚中枢に働きかけることにより、痛みとなります。痛みが感じる物質と共に、炎症を生じさせたり、痛みを増幅させる物質も生成されるので、より一層症状に苦しめられるようになります。
捻挫した時に治療の一環として使用することの多い湿布薬には、鎮痛消炎剤が含まれているので、痛みや炎症を抑制してくれるのです。
捻挫というのは、症状が一つだけではありません。ひねってしまう方向により、生じることが異なります。特に、外側にひねった場合は内側にひねった場合に比べると、症状が重くなりやすいと言われています。その理由は、足というのは外側に大きくて太い筋肉が通っているので、炎症が大きくなりやすいという仕組みです。外側にひねった場合は、いかに湿布薬を素早く使用できるかがポイントになります。
捻挫してしまった直後は、患部が腫れるなどの炎症が生じています。そのため、まずはしっかりと患部を冷やした上で、血流を抑制させる必要があるのです。時間の経過と共に、炎症が強くなってきたら、溜まってしまっている血液を吸収させなければなりません。溜まっている血液を吸収させるためには、筋肉を柔軟にさせる必要があるので、温めてあげましょう。

捻挫の3段階をセルフチェック!

足首の捻挫のことを「足関節捻挫」といいます。スポーツ選手などの普段から激しい動きをする人に限らず、大多数の人が一度は経験するといわれています。日常生活の中での階段の上り下りのときに足首をひねらせたり、ウォーキングやジョギングなど少しいつもより激しく動いたときに足首をひねって痛め捻挫することもあります。
足首は、ひねられると靭帯が伸び、靭帯断裂することもあります。そうした時、自宅で簡単に捻挫の3段階をセルフチェックすることが出来ます。
身体の調子が良くないと感じたときは、激しい運動は避けてください。故障した後の足首を動かす時は、再発しないように最善の注意を払います。また、スポーツを行う人やこれから行おうとする人は筋肉や関節の正しい知識を持って行うことをお勧めします。

捻挫の再発の原因を知ろう

捻挫は治ったと思ってもまた再び痛くなってしまう事があります。ではその再発の原因とは一体何でしょうか。

捻挫の再発の原因として考えられる事の一つが、まだ良くなっていないのに治ったと思ってしまったと言う事です。案外治るまでには時間を必要とするのが一般的ですが、人によっては痛みが軽減した、腫れが引いたからと言って良くなったと思ってしまう事も少なくありません。まだ良くなっていないのに動かしてしまうと、結果的に炎症を起こしてしまったりする事もあります。これが再発の原因の一つです。

また、リハビリをしていないと言うのも再発の原因となる場合があります。リハビリ自体は必ずしなければいけないと言う物ではありませんが、それをする事によって手足の可動範囲を広げる事が出来る効果も期待出来ます。一見見た目には良くなったと思っても、また痛みも全くなくなったと思っても筋肉は硬直していると言う事も少なくありません。リハビリを行う事によってより動く様にする事、また柔軟に動く様にする事が出来るのですが、それをしていないと簡単に状態が悪化してしまうと言う事があります。

この様に、一度治ったと思った捻挫も再発してしまう事は誰にでもあります。出来るだけ悪化させない為にも捻挫を完治させるのには時間を要すると言う事を十分理解しておきましょう。また良くなったからと言って急激に運動をするのは良くないので、徐々に元の生活に慣らしていくと言うのが基本です。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

足首捻挫で早期に改善する為の対処法は深層筋療法が最善

捻挫を治す為の対処法 捻挫という症状は、スポーツ時に生じる怪我の中で、最も発生率が高いと言われています。多くの方が運動中に見舞われる症状で、珍しくないことから軽視されがちな傾向があります。しかし、実際は適切な治療を講じなければ重症化するケースが後を絶 …

今すぐ、捻挫の痛みから解放されたい方病院よりスーリヤへ

捻挫の治療法について 捻挫とは、手首や足首をひねることで骨と骨の繋がりである関節部分が傷つくことで起こったものです。放っておけば治るだろうと放置してしまうと、靭帯が切れたり骨折をしている可能性があるので、きちんと治療をしなければなりません。また、軽い …

スポーツ外傷の捻挫を早期回復させるリハビリとは

捻挫の基本的なリハビリ方法 捻挫後の基本的なリハビリメニューは、タオルギャザー、チューブトレーニング、バランスボード、の3つです。捻挫の治療のために、ギプスや包帯によって長い間、足関節を固定していると足底部や下腿の筋力が衰えてしまいます。するとうまく …