東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


足首捻挫で早期に改善する為の対処法は深層筋療法が最善

捻挫を治す為の対処法

捻挫という症状は、スポーツ時に生じる怪我の中で、最も発生率が高いと言われています。多くの方が運動中に見舞われる症状で、珍しくないことから軽視されがちな傾向があります。しかし、実際は適切な治療を講じなければ重症化するケースが後を絶たない上に、捻挫のタイプに合わせた治療を行わなければ慢性化してしまいます。そもそも、捻挫というのは骨と靭帯のバランスが乱れることにより生じます。
人間の身体には、およそ206個もの骨が存在しており、こういった骨は靭帯と組み合わさって構成されているのです。捻挫という症状は、何らかの影響により靭帯にストレスが生じてしまい、伸びたり切れることを指すのです。捻挫と一口に言っても、捻挫のタイプは様々な上に、重篤度に関しても大きく異なります。
通常、捻挫は主に3つのレベルに分けられます。
・1段階が靭帯が伸びてしまっているものの、断裂は認められないということです。
・2段階が部分的に炎症が生じてしまう、部分断裂です。
・3段階目には完全に靭帯と骨が外れてしまう完全断裂というものです。
ただし、これらのレベルというのはあくまでも目安なので、見た目の割に高いレベルの重篤度に指定されることもあります。
捻挫のタイプにより、定義の仕方が異なるとは言っても、症状の重い捻挫であることには変わりないので、本来の動きを取り戻すことができるまで時間がかかってしまうという事実には変わりありません。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。

電話

予約

捻挫の原因と起こる仕組み

人間の身体には骨と骨をつなぎ滑らかに動かすための関節と言う部位があり、その関節部分に大きな力が加わることで、関節部分を包む組織や骨と骨とをつなぐ役割をする靭帯が損傷した状態が捻挫と呼ばれるものです。
手首や足首などの関節の中でも特に足首は全身の体重を一箇所で受け止める場所であることから捻挫が起こる率の高い部位です。骨と骨をつなぐ靭帯や関節組織を包む関節包、関節を滑らかに動かすための滑液を分泌する滑膜からなる関節は通常は一定の可動域を持つのですが、その範囲を超えた無理な動きをしたときに関節周辺の組織が傷つき、部分的に断裂したりねじれたりといったことが起こる状態、それが捻挫の仕組みです。捻挫の原因はこのように一定以上の大きな力が加わるなどの外傷によるもので、中でも身体全体を支える位置にある足首に良く起こるのが特徴です。
捻挫を起こすと関節部分が腫れあがって動かしたり押したりすると痛みを感じます。程度の思い軽いに差はあっても、数日後には多くの場合日か出血によってあざが患部に現れます。捻挫の症状は重症になると靭帯が断裂して足首が不安定になったりすることもあります。さらに、何日か経過しても一向に患部の腫れが引かない上に強い痛みもあるときには、捻挫だけでなく骨折をしている疑いもあるので、すぐに医療機関を受診するようにします。
日頃から関節を保護する役割をする筋肉を意識して強化するような運動を心がけることも捻挫の予防に繋がります。

捻挫のメカニズムと代表的な症状

関節は一定の可動域を持つことで身体を動かすことができる仕組みになっているのですが、その可動域以上の動きを一時的な強い力がかかることで強いられてしまうことで関節周辺の組織が傷ついてしまうのが捻挫の原因です。
手首や足首などの関節部分に起こりやすいのが特徴ですが、中でも全身の体重を受け止める部位である足首は特に捻挫を起こしやすい関節です。
捻挫の症状としては、まずは患部に腫れと痛みが起こります。関節が腫れあがって、動かしたり押したりといった刺激を与えると痛みを感じます。多くの場合捻挫をして数日経過すると皮下出血によってあざが現れるのが、代表的な捻挫の症状です。
しかし一口に捻挫と言ってもその重症度は靭帯の損傷の度合いや伸び具合などによって異なります。軽度のものなら靭帯は伸びても断裂はいていないため痛みや腫れがそれ程ないのですが、何度も同じ部位に繰り返して起こる可能性が高くなります。
靭帯の一部が断裂し皮下組織の損傷が目立つのが中程度の症状です。痛みで歩くのが困難な症状になります。
そして差靭帯が完全に断裂してしまっているのが重度の捻挫で、患部の腫れも皮下出血もひどく、足首が不安定になって体重をかけることができない状態になります。

痛みが長引く足首捻挫の治療法

不意な動作や不注意などで足首を「捻挫」してしまうことは意外とよくあります。症状が軽度であれば、特に処置を行わなくとも気に留めるほども無く完治してしまうという事も多いのですが、比較的症状が重い場合には適切な治療を行わないと症状が長引いてしまうこともあります。痛みが長引く足首の治療法として、最もおすすめなものは「インディバ」です。

捻挫とは、患部の靭帯や筋肉が損傷を起こしている状態の事を指します。炎症や内出血などによって可動が制限されていたり、筋力が一時的に低下している状態で普段通りの動きをしようとするので痛みが発生します。この状態で無理に動かそうとすれば症状は悪化し、完治が長引いてしまう原因となってしまいます。

捻挫を早期に治療する為に大切なことは、それぞれの状態に対して最適な処置を施し、出来る限り負担を掛けないように努めることが必要です。症状が完治するまではサポーターや松葉杖などを使って出来る限り負担を減らし、炎症が治まるように意識します。初期に「温泉などに入る」という事は逆効果になる可能性があります。先にも紹介している通り、捻挫になった場合には患部が炎症を起こしている為、温泉などで血行を促進してしまうと炎症がひどくなってしまいます。

検査方法と手首の捻挫の治療法

捻挫は骨同士をつなぐ靭帯が伸びたり切れたりして起こります。手首は動きも多く捻挫になりやすい場所です。運動中だけでなくパソコンを長時間使っているときにも手首に負担がかかります。日常生活で起こることも多々ありますから注意することが大切です。捻挫をしているかどうかを検査する方法は手のひらを開いて手首をゆっくり小指側にまげて検査を行います。どのくらいで痛みがあるかで捻挫の有無と程度を調べることができます。痛みがあると捻挫の可能性が高くなります。早期の治療が大事です。早期の正しい処置がその後の回復に関わってきます。

手首の捻挫の治療法は主として。痛む場所を固定して安静にします。テーピングや包帯、ギブスなどを使い固定します。炎症を抑えるために冷やします。捻挫後30分以内の治療が効果的です。ビニール袋に氷を入れて冷やすアイスバッグ法が一般的な治療法です。腫れと内出血を抑えるために患部に伸縮性のある包帯を巻きます。靭帯の治癒にも効果的です。血流とリンパの流れを抑制することが腫れを抑えるのに効果的です。痛みのある箇所を心臓より高い位置にするとよいでしょう。入浴や飲酒は血管を拡張するので避けるようにします。痛みが強い時吉祥寺スーリヤ接骨院はインディバと医療マッサージをします。どの治療法も捻挫直後に行うことで回復が早くなります。自己流のマッサージは症状を悪化させる原因となるのでやめ専門医に受診することがおすすめです。

捻挫を甘く見ない足首捻挫の回復期間とは

運動で無理な動作をしたり、正座をして脚がしびれ、無理に立ち上がって歩こうとした時に、足首を捻って捻挫をしてしまうことがあります。捻挫をするとその部分が腫れ上がり、熱を帯びてしばらく痛い時期を過ごすことになりますが、この足首捻挫の回復期間は最低でも3週間とされています。
捻挫は、靭帯を損傷した状態になります。修復する際に、靭帯を作り出しているコラーゲンの作用が、おおよそ3週間から8週間とされています。これはMRIでの検査結果でも明らかですので、最低でもこの期間は安静にして、靭帯が元の状態に回復するのを待つ必要があります。
しかし、3週間というのは、あくまでも靭帯の損傷が軽く、早く回復した場合に限ったものです。激しいスポーツなどを行う人が捻挫をした場合など、やや症状が重い場合には、約2ヶ月ほどかかるとされています。
素人の人が陥りやすい判断方法として、腫れが引き、痛みがなくなった状態であることが完治だと勘違いをするケースが目立ちます。しかし、捻挫は急性期と慢性期があり、まだ慢性期の状態だというのに、痛みがなくなったからと激しい運動や動作をしてしまうと、再び足首の靭帯を傷めてしまう危険性が高まります。

捻挫をしても競技復帰を早める方法とは

スポーツをしていると、怪我はつきものです。競技にもよるのですが、練習や大会などの際に足などがどうにもならない状況になってしまうこともあるのです。特に足首を捻挫してしまうということはよくあることでしょう。そういった場合に、どのように対処をしていくのがいいのか、そしてどの程度の期間を経て、競技に復帰できるのかということを考えてみましょう。
場合によっては2~3日で痛みがなくなったり、3週間程度も痛みが続くこともあります。これは捻挫の度合いにもよるのです。スポーツをしていてなるべく早く競技復帰したいと思うのは当たり前でしょう。それでは競技復帰を早める方法についてご説明しましょう。
もしも捻挫をしてしまった場合には、まず応急処置を速やかに行うようにしましょう。早めに処置をすることでダメージを最小限にすることができるでしょう。そして、応急処置をしっかり終えたら、翌日からインディバ温熱療法を開始するといいでしょう。
捻挫をしてから1日程度経過すると、血液が一部に集中することがなくなり、細胞組織が酸欠によって死滅の危険性はなくなるのです。なので、このタイミングで血行を高めて自然に治癒する力を活発にしてあげるといいのです。
温熱療法というのは、回復期ではとても有効な治療方法になるのです。スポーツ競技をしている中で、大会が近い時などには、捻挫の直後にはアイシングをし、その後はインディバ温熱療法を実践していくと早期に回復し、復帰することができるでしょう。

捻挫の炎症について

捻挫は骨や関節に異常はなく、関節を守る靭帯や筋肉に炎症が起きたり靭帯が損傷した状態です。痛みや炎症が長引くこともあるため、早めに完治するには注意すべきことがあります。
足首をひねったり、転んで痛めた部分が腫れている捻挫の炎症については、腫れている部分を冷やします。痛めた直後に炎症が関節を中心に広がり腫れ、冷やさずに放置すると腫れが引きません。冷やすことで腫れを最小限に抑えることができ捻挫の完治を早めます。腫れが引いたら冷やすことは止めます。
捻挫の炎症については、無理に関節を動かすと炎症を鎮めることができません。痛めた部分を安静にすることで靭帯や炎症を起こしている関節周辺の炎症を落ち着かせることができます。痛みが酷い場合は、関節を固定します。
捻挫は骨折ではないため、入浴する場合が殆どですが、捻挫でも長時間の入浴は控えます。特に湯船につかると捻挫した部分の炎症が悪化し、靭帯の損傷部分の炎症が酷くなり腫れがさらに酷くなる可能性もあるのです。炎症が落ち着くまではシャワー程度にして、シャワー後に痛めた部分の腫れが酷い場合は冷やします。
過度な飲酒や喫煙は血流を阻害し、炎症を悪化させる可能性があります。一度傷ついた靭帯の治癒を遅らせることもあり、痛み止めなどを服用してもいつまでも痛みが落ち着かないこともあります。
炎症や痛みが落ち着いても無理に動かしてはいけません。無理に動かして運動などをすると捻挫の炎症を再発して腫れることもあります。完治を早めるためには痛みが落ち着いても少しずつ関節を動かすことが大切です。

捻挫になった場合は保険治療可能です

足首などを中心に起こる捻挫の症状は、早めに治療をする事で症状の悪化や痛みを軽減させて回復させることが出来ると言われています。主に治療を行う場合整形外科や接骨院、整骨院を利用する方は多いですが、捻挫の保険治療は整形外科でしか受けることが出来ないとイメージされている方は少なくありません。
しかし捻挫に限らず、骨折・脱臼・打撲・筋挫傷などの症状がみられる場合に限り接骨院や整骨院でも保険診療として治療を受けることが出来るようになっていますので、症状に合わせて自分の行きやすい治療施設に通う事が可能になっています。
治療内容は施設によって異なり、整形外科では主に症状の度合いを確認するためにレントゲン、MRI、CTなど画像診断を行ってからギプスや包帯などによる固定、理学療法師によるリハビリ、最後に湿布や軟膏、痛み止めを処方箋で出してくれますが対処療法に過ぎません。
次に整骨院・接骨院の治療の治療は低周波や超音波などを利用した電気治療をメインに、リハビリやギプスや包帯などによる固定を行ってくれます。但し1か月以上も治らない、痛みが軽減しない場合は正しい治療法を持ち合わせていないので吉祥寺スーリヤ接骨院へご相談下さい。このように整形外科と整骨院、接骨院の大きな違いはレントゲンやMRIなどの画像診断』と痛み止めなどの薬の処方をできるかという点になります。
捻挫をしていると思っても実際は骨折をしている可能性がありますし、症状が悪くなればなるほど痛みも強くなりますので比較的症状が重いなと自分で判断出来る場合は正しい治療を受けることが一番効果的です。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

今すぐ、捻挫の痛みから解放されたい方病院よりスーリヤへ

捻挫の治療法について 捻挫とは、手首や足首をひねることで骨と骨の繋がりである関節部分が傷つくことで起こったものです。放っておけば治るだろうと放置してしまうと、靭帯が切れたり骨折をしている可能性があるので、きちんと治療をしなければなりません。また、軽い …

捻挫を早く治す最善の方法深層筋療法で即日緩和

捻挫を早く治す最善の治し方 足首の捻挫の直接的な原因は足首が本来の可動域とは異なった動きをすることですが、スポーツ中の疲労や、老化による体力の低下によって起きるのが一般的で、登山中の場合は疲労により足をつく場所を間違えるなどして起きることが多く、応急 …

東京でスポーツ外傷の捻挫はインディバで早期回復

重度の捻挫によるスポーツ外傷とは 捻挫は、スポーツを楽しんでいる時に見舞われるケースが多いことから、スポーツ外傷と呼ばれることもあります。スポーツ外傷とは、運動中に何らかの衝撃により足に大きな負担が生じ、骨と靭帯が外れてしまうことを言います。通常の歩 …