東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


東京でスポーツ外傷の捻挫はインディバで早期回復

重度の捻挫によるスポーツ外傷とは

捻挫は、スポーツを楽しんでいる時に見舞われるケースが多いことから、スポーツ外傷と呼ばれることもあります。スポーツ外傷とは、運動中に何らかの衝撃により足に大きな負担が生じ、骨と靭帯が外れてしまうことを言います。通常の歩行などによって生じる捻挫とは異なり、スポーツ外傷とは大きな痛みを伴うという特徴があります。こういった運動中の捻挫は、外部サポーターの使用が最適です。患部が動かないようにしっかりと固定するため、痛みを和らげ、再度捻挫してしまうことを防ぎます。
装着すると、とても楽になることから一度利用すると手放せないという方が多いのが実情です。ただし、サポーターを長期的に利用することは、捻挫の再発を促しかねないという見方もあります。
そのため、今後運動時には必ずサポーターを利用するという心構えで用いるのではなく、最終的にはサポートを受けずにあらゆる競技を楽しむという気持ちで過ごしましょう。靭帯が完全に断裂してしまったような、重度の捻挫の場合は、常時用いるべきですが、あまり重症ではないのであれば早急に外すことを目標にしましょう。そして、スポーツ外傷とは筋肉だけに着目してはいけないという特徴があります。つまり、骨に対してもしっかりと視線を向けて治療を講じる必要があるのです。
靭帯の調子が良くなり、捻挫の治癒に向かっていたとしても、骨の具合が悪いようでは完全治癒することは難しいのです。

捻挫治療に効果あるインディバとは

スポーツ障害に多く利用されているインディバ(INDIBA)とは、電気メスの発明者であるスペインの物理医学博士ホセ・カルベット氏(インディバ社)により開発された、電磁波エネルギーによる「高周波温熱機器」の総称です。インディバの高周波の作用によるジュール熱で皮膚ならびに皮下組織に温熱効果を与えます。施術中の痛みがないので、より深部の治療が可能となります。温熱のみならず非熱も利用出来る為、急性期を含めた損傷(骨折、捻挫、脱臼、打撲など)の早期回復、疼痛緩和、治癒の促進がインディバで可能です。インディバは世界のトップアスリートFCバルセロナ、読売ジャイアンツや、サッカー日本代表、なでしこJAPAN、東北楽天イーグルス、阪神タイガースなどの選手がスポーツ障害による怪我の予防、治療として使用しています。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。

電話

予約

下記沿線から多数来院頂いております。

東京都練馬区、東京都新宿区、東京都目黒区、東京都江東区、東京都三鷹市、東京都武蔵境、東京都豊島区、東京都渋谷区、東京都世田谷区、東京都杉並区、東京都北区、東京都中央区、東京都港区、東京都中野区、東京都板橋区、東京都西東京市、東京都小金井市。

捻挫のメカニズムは?足首の捻挫について

捻挫とは、足をひねったり足に荷重がかかったりして、筋肉を損傷してしまう症状です。足首に炎症が生じるため、通常は痛みを伴います。足首の捻挫について、特に気をつけて気をつけておくべきシーンは、スポーツをする時や、急に動く時です。足首は、人間の体を支えている部位であるため、痛めてしまうと日常生活に支障をきたしてしまいます。
一度捻挫を起こしてしまった場合には、早期に適切な治療する事をおすすめ致します。無理に足首を動かしてしまうと、痛みが激しくなるばかりでなく、捻挫が治りにくくなってしまいます。そのため、インディバを利用しなるべく治りが早くなるような処置を行う必要があります。
痛みが特にひどい場合には、痛み止めを服用したり痛み止めを注射したりします。ただし、通常はそこまでする必要はなく、このような処置をするのは、どうしても試合に出なければならないスポーツ選手や、痛みの程度が起き胃場合です。
捻挫を起こしてしまう原因は、不意に足に力が入ってしまう場合が多いです。そのため、運動する時には足の筋肉をほぐしたり、変に力が入らないように意識しておくことが重要です。

捻挫

捻挫を起こした時の処置と足首の捻挫治し方

捻挫は、過度な捻り方をして関節を痛めて、腫れや痛みを伴う症状をいいます。捻挫はあらゆる関節で起きますが、一番起こしやすいのは、足首の捻挫です。捻挫は程度により、病院で治療を受けなければなりませんが、基本的な対処方法は同じで、早く適切な対処をすれば、完治するのも早くなります。

基本的な足首の捻挫の対処法は、「RICE」という方法で行います。
RICEは、「安静」の意味である「Rest」、「冷却」の意味の「Ice」、「圧迫」の意味の「Compression」、
「拳上」の意味の「Elevation」の四文字の頭文字を表しています。

まず大事なことは「Rest(安静)」にすることです。
患部の足首を動かさないように、床やベッドの上などに、足を延ばして座る姿勢をとります。
そして、段ボールなどの厚紙でよいので、足裏にあてて三角巾やタオルなどで巻き、足首が動かないように固定します。

次に、「Ice(冷却)」を行ないます。
氷嚢がなければ、ビニール袋に氷を入れて、患部に当てます。(足首を冷やしすぎないように、タオルなどをあてがいます。)
冷やし続けていると、無感覚の状態になるので、そうなると一度氷嚢をはずして、痛みが復活したらまた氷嚢で
冷やすというのを繰り返します。

「Compression(圧迫)」は、患部の腫れや出血を防ぐために行います。
伸縮性のある包帯やテーピングで巻くのがよいです。圧迫しすぎないように注意します。

「Elevation(拳上)」は、患部の足首を心臓よりも高い位置に挙げるという意味です。
クッション程度の高さに足首を挙げて安静にします。これにより、内出血が防げ、痛みも和らいできます。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

捻挫
捻挫を早く治す最善の方法深層筋療法で即日緩和

捻挫を早く治す最善の治し方 足首の捻挫の直接的な原因は足首が本来の可動域とは異なった動きをすることですが、スポーツ中の疲労や、老化による体力の低下によって起きるのが一般的で、登山中の場合は疲労により足をつく場所を間違えるなどして起きることが多く、応急 …

美容鍼効果
リフトアップの原因と対策

リフトアップの原因と対策 年齢を重ねるとともに、リフトアップを意識するようになります。若い頃はすっきりとしたフェイスラインだったとしても、加齢とともに肌にはたるみが出てきます。ぼやけたフェイスラインになってしまうのは、顔の筋肉の衰えですから、日頃から …

メニュー
肌荒れを引き起こす原因と対策法

肌荒れを引き起こす原因と対策法 肌荒れを起こすと皮膚がざらざらになったり、かさかさする、吹き出物が出たりします。要は健康な皮膚ではない状態であり、きちんと対策をしていかないとさらに重い肌トラブルになってしまうことがあるのです。つるつるの肌へと整えてい …