東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


捻挫は応急処置で治療期間が変わります

捻挫になったときの応急処置について

捻挫になってしまったときには、その8割方は軽度な場合が多いと言われていますが、正しい治療による対応をしなかったときに重度の怪我につながってしまうことが考えられます。そのために1日でも早く良い状態に回復させるためには、正しいケア方法を把握しておくことが重要です。捻挫になったときには、応急処置をすることで症状や痛みの軽減につなげることができます。
自分自身のセルフケアで対応できる症状としては、靭帯まで傷が達していない場合となります。痛みが少ないときには、1週間から2週間ほどかけて経過の様子を見ることがおすすめです。
応急処置としては安静にするものがあり、痛みの部分を動かすことなく包帯やテーピングを使用して固定をします。足首に関してはテーピングで固定することによって、衝撃が加わることを防ぎます。冷感シップや冷水、氷などを使用することで、捻挫の患部を冷やします。シップを使うときには、間違った使用方法をしてしまうと症状を悪化させてしまうので注意が必要です。
冷やすケア方法に関しては、15分から20分ほどの時間行うことが目安となっており、それ以上の時間をかけて冷やす必要はありません。
腫れているときには、その原因となる内出血を止めることが大切になるので、患部に包帯を巻くことで軽く圧迫することで、血流を止めて腫れを抑えることができます。内出血やうっ血、腫れを予防するために、患部を心臓よりも上に持ち上げることも効果的です。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。

電話

予約

捻挫を再発させてしまう原因とは

足首や手首の捻挫は再発しやすいもので、突き指やぎっくり腰も捻挫の一種です。捻挫は再発しやすいイメージがありますが、再発させるには理由があるのです。捻挫を再発させてしまう原因とは、完治せずに激しく動かす、力任せに動かすなどが考えられます。
捻挫して完治していない状態は、患部が弱くなっている状態でもあります。そのため、捻挫した時と同じ動きをして少し負荷がかかるだけ再発するのです。再発させないためには患部をしっかりと完治させる必要があります。
捻挫は、完治してしっかりとリハビリをやっても同じ部位が再発することもあり得ます。この場合は、身体の動きに問題があります。特にスポーツでの再発の原因に考えられることで、再発する部位に負担のかかる無理な体勢で動いているということです。これは力任せに動いているということで、力任せに動くと関節には大きな負担かかかります。正常な動きの場合は靭帯が対応できますが、捻挫して本来よりも弱っている状態で同じ負荷をかけた場合に再発するのです。
この場合の改善方法は、スペインの最新の医療機器で、高周波の作用にジュール熱で細胞に温熱効果をあてる『インディバ』を使用して施術しております。
捻挫を再発させてしまう原因とはいくつかありますが、大切なことは、患部を動かすことに不安や怖さがある場合には無理をして動かさないことです。不安や怖さがある場合は、患部をかばう動きをしがちで、フォームなどが崩れて他の部分にも負担がかかることになり、痛めた所以外の部位も痛める原因となります。不安や怖さをなくすにはリハビリです。痛めた部位はリハビリして完治させることが大切です。

捻挫が癖になったときの治し方

よく捻挫は癖になると言います。なかなか治らないという人の話も聞きます。怪我というものは本来は正しい処置をしていれば治るものですが、なぜ癖になってしまうのでしょう。捻挫とは運動をしていて手首や足首をひねってしまい、骨と骨とを繋いでいる靭帯を傷つけてしまうことです。軽いものであれば、しっかりと固定して冷やしていれば、1週間ほどで完治するのですが、癖になってなかなか治らないというのは、間違った治療方法に問題があります。

「骨折してないから大丈夫、たいしたことない」と思って、痛みが消えたからとすぐに動かしてしまう人が多いのです。でも、実際は靭帯はまだ伸びきったままで完治していないので、無理に動かすと再発してしまうというわけです。そのため重要なのは、捻挫が癖になったときの治し方です、捻挫は適切な治療をすれば早期に改善します。

しっかりと、捻挫癖の防止のためのトレーニングを行うことです。ここでおすすめしたい2つのトレーニングがあります。1つ目は「かかと上げ」です。これは親指の付け根に力を入れて爪先立ちになるものです。2つ目は「ゴムチューブトレーニング」です。これは足を伸ばして座り、ゴムチューブを親指に引っ掛けて、手で抵抗をかけながら親指を足底方向に伸ばすというものです。この2つはどちらも腓骨筋群が鍛えられるので、捻挫の癖を直すのに大変有効です。しかし1番大事なのは、靭帯が傷ついている状態なのですから、「油断しないでしっかり治そう」という気持ちを持つことです。

スキーで膝の捻挫をした時の治し方と優れた技術

スキーなどのウィンタースポーツを行っている方ならば、冬山を滑走している最中にアクシデントを起こしてしまう場合もあります。脚を無理な方向に曲げてしまうようなことがあった場合では、膝の捻挫に発展してしまう場合もあります。スキーの場合では左右の脚のバランスを上手にとることが必要になるスポーツで、脚は非常に大切な部位として考えることができます。もしも捻挫を起こしてしまった場合では、関節や靭帯、筋肉などに炎症や損傷が見られる可能性があるので、直ぐに滑走を中止することが何より大切です。自力で下山できる場合では脚をかばいながら下りることが必要になりますが、状態が酷く悪化している場合では周囲の方に頼んで運んでもらうことも良い方法です。

当院のスキーで膝の捻挫をした時の治し方としては、スペインの最新の医療機器で、高周波の作用にジュール熱で細胞に温熱効果をあてる『インディバ』を使用して施術しております。また、冷却することを目的にして、冷湿布などを使って患部を冷やす方法で治す場合もありますが一時的なもので完治させる対処法ではありません。

スキーで膝の捻挫をした時の最善の治し方はインディバ使用し、従来のスポーツマッサージでは難しかった深部治療促進までを行い、スポーツ外傷による怪我や痛みの予防、早期の除痛や組織の改善や疲労回復を促します。この方法では人によっては絶大な効果を発揮することができる場合もあり、優れた治療法で症状を長期化させてしまうことを軽減できます。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

接骨院
捻挫治療は接骨院で導入されているインディバが効果的です

捻挫をした時のスーリヤ接骨院での対処法 スポーツなどで捻挫をした時は、患部を動かさないように固定しながらスーリヤ接骨院へお越し下さい。最初にスーリヤ接骨院で治療を受ける際、捻挫した経緯や状況についてヒアリングします。捻挫である事が判断された場合、初期 …