東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


足首の捻挫を早期に改善させる最善の治し方

捻挫とは?捻挫のレベル

捻挫とは運動中や日常生活において、転倒したりそれを堪えるために手首や足首を強い力で不自然にひねり、骨と骨を繋ぐ役割をしている関節部分を損傷してしまうことです。関節は関節包という袋に包まれており、その袋の中には軟骨や潤滑剤が入っていて通常はスムーズに動くようになっています。さらに外側からは靱帯が骨と骨とをしっかり繋ぎ合わせており、安定した運動が出来るようになっています。捻挫は不自然にひねってしまうことで、こうした関節の靱帯や腱、軟骨等を傷つけてしまうこと。
特に多く発生する部位は足首や指です。小学生がドッジボール等で良く経験する突き指やムチウチ、ぎっくり腰も実は捻挫にあたります。関節付近にある血管が傷つくと内出血を起こし、その部分が腫れてることもあります。このような炎症や傷などにより痛みが起こってしまうのです。

捻挫は関節や靱帯の傷つき具合によって、3つのレベルに分けられています。
●捻挫のレベル
1度・・・痛みも腫れも軽症で靱帯が一時的に伸びている状態
2度・・・靱帯の一部が切れてしまっている状態
3度・・・靱帯が完全に切れており(靱帯断裂)、関節が不安定になっている状態

軽症であればテーピングをしたりサポーターで固定することで回復することもあります。捻挫を早期に改善させる最善の治療方法深層筋療法はスポーツ傷害の捻挫なの引き金となっている「筋肉」を見つけ出し、この筋肉を刺激し、コリを形成している細胞や血管を再活動させます。再活動した細胞や血管により収縮した筋肉が緩み、新陳代謝も高まり、血流が促進し圧迫されていた神経も正常な状態に回復します。捻挫だと侮っていたら剥離骨折していたケースもありますし、間違った処置で回復が遅れることもあります。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。

電話

予約

捻挫を長引かせない為にやっておきたい事

スポーツをする方なら競技を問わず多くの方が経験する怪我に捻挫があります。この怪我は主に足首や手首など細いところの筋肉に負担がかかり、炎症が起きてしまう症状です。転んだり腕をついてよく起きる症状ですが、初期の対応を誤ると炎症や故障が長引く原因となってしまう怖い症状でもあります。
まずは応急処置を知って適切にケアすることで、その後の治癒を早めて競技や運動に復帰することが出来るようになります。
まず捻挫をしたときにやっておきたいことがアイシングです。氷と水をたっぷり入れた氷のうを患部に当てて冷やします。足首の場合、足首の内側を痛めたのか、外側を痛めたのかで冷やす箇所が変わってきますが、痛みのある箇所を適切に冷やします。
時間は約20分間ほどで、20分間しっかりと冷やしたあとには1時間そのまま常温にて放置します。
あまりに長い時間アイシングをしすぎてしまうと逆に足首を冷やし過ぎて故障を長引かせてしまう可能性があるので注意しましょう。このように時間を決めてアイシングすることで患部の炎症を適切に冷やし、炎症を効果的に沈めることができ、鎮痛することもできます。

捻挫をしたときにやってはいけないこと

捻挫という経験をあまりしたことがない人からすると、捻挫をしたときにやってはいけないことというのが分かっておらず、結果として、症状を悪化させてしまうということが多々あります。炎症を起こして腫れを伴うような場合にはしっかり冷やすことが求められ、より症状が重ければすぐに吉祥寺スーリヤ接骨院へご相談下さい。問題は自分で何とかできるだろうと何も調べずに様々なことをしてしまう点です。

よくありがちなのは冷やすどころか、むしろ患部を温めてしまうというものです。捻挫をして最初にすべきことは患部の腫れを引かせることです。そうすることによって痛みを引かすことができます。冷やす事も大事ですが内出血が止まっているのに冷やし続けると治癒を遅らせる事になります。患部を温めるタイミングは捻挫発症後数日もしくは一週間後で、腫れが引き、内出血を起こしてる部分を回復させるために患部を温めるということが必要となります。壊れた細胞は数日してから回復し始めます。回復が始まれば温める必要がありますが、ずっと冷やしてしまうとそれを阻害することにつながります。捻挫を治すには、発症後は冷やし、それ以降はインディバや深層筋療法で治療が効果的です。

ラグビーによる捻挫の対処方法について

数多くあるスポーツ競技の中でもラグビーはハードなスポーツとして知られています。現在では国内でも人気が高まっているスポーツになりなすが、ラグビー選手として競技を行っている方ならば、身体を常に鍛えていることが多く、一般的な方よりも多くの筋肉量を持っていることが特徴です。ラグビーという競技の中ではタックルなどを行ってボールを奪い合う場面が多く見られることから、人人がぶつかりあったり、人に踏まれてしまうことも多々あるスポーツとしても有名です。そのため強靭な肉体が必要とされているのですが、実際にラグビーを行っている方の中には足の捻挫を引き起こしてしまうリスクが高いものになります。捻挫を起こしてしまっても、筋肉でカバーを行ったり、気合で試合に出場することを行う場面もありますが、ラグビーによる捻挫で気をつけるべきことがあります。例えば何度も捻挫を繰り返しているような方であれば、放置してしまうことで選手生命が短くなってしまう可能性があります。

そのため捻挫を起こしてしまった場合では、常に適切な方法で対処することが求められています。以前はアイシングなどをメインとして行われてきた背景がありますが、当院ではインディバと深層筋療法を併用した治療方法で対応し捻挫を早期に改善へ導きます。マッサージと温めることを繰り返す方法も紹介されることがあり、以前とは異なる治療方法です。ラグビーによる捻挫で気をつけるべきことでは、骨の歪みが起きている可能性もあるので、正しく矯正を行う方法も良い対処方法です。

捻挫など長引く足首の痛みの治し方

普段からスポーツをしている人にとって怪我はつきものです。どれだけ気を付けていても、いかに体を鍛えていたとしても、プロのスポーツ選手ですら怪我で悩まされます。特にラグビーやサッカーなど足を使うスポーツの人は、足首の捻挫で痛みがなかなか改善されないと悩んでいる人は大勢いるでしょう。そんな長引く足首の痛みの治し方として、当院のインディバ×深層筋療法できるだけ早急に治療を始めることをおすすめします。
本来、捻挫などは早期に治る怪我ですが、治療を遅らせたばかりに長引いて、何十日間も痛みが続いているという人が大勢います。また、治療を遅らせてしまうと、捻挫がクセになってしまい、治った後も再発するという危険性を含んでいるため、注意が必要です。捻挫は早急に治る怪我のため、捻挫を発症してから二週間以上も痛みが続いている場合は治療法を考えたほうが良いかもしれません。
痛みが続くからといってサポーターを痛みのある足首などに取り付ける人がいますが、サポーターは確かに筋の役割をこなしてくれるため、痛みは抑えられますが、その分治療が遅れますので、痛みが出てからすぐは身に着けない方がよいでしょう。ストレッチも重要ですが、痛みが出ている間は控えるべきです。痛みが消えてからリハビリ目的でゆっくりとするストレッチは効果的なので、痛みが消えてからストレッチするとよいです。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

捻挫
捻挫の根本原因にアプローチしその日に改善可能です

足首の捻挫の原因と予防法 捻挫と一言で言っても実は、色々な捻挫があります。首、手首、腰、足首などの人間が体を動かす際に必ず動かす全ての関節周りで切るのです。その中でダントツに多いのが足首でしょう。足首は歩いたり走ったりする際に必須の関節であり、全体重 …

深層筋療法
捻挫治療は病院か接骨院か?吉祥寺スーリアで当日緩和

捻挫の処置を正しく行おう 捻挫をする事は誰でにもありますが、その時の処置をどうするかによって回復までの期間が変わる事も少なくありません。 出来るだけ早く良くする為にも、正しい処置を知っておく必要があります。 基本的には酷く捻挫をしてしまうと言う事は少 …

インディバ
東京でスポーツ外傷の捻挫はインディバで早期回復

重度の捻挫によるスポーツ外傷とは 捻挫は、スポーツを楽しんでいる時に見舞われるケースが多いことから、スポーツ外傷と呼ばれることもあります。スポーツ外傷とは、運動中に何らかの衝撃により足に大きな負担が生じ、骨と靭帯が外れてしまうことを言います。通常の歩 …