東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


捻挫を早く治す最善の方法深層筋療法で即日緩和

捻挫を早く治す最善の治し方

足首の捻挫の直接的な原因は足首が本来の可動域とは異なった動きをすることですが、スポーツ中の疲労や、老化による体力の低下によって起きるのが一般的で、登山中の場合は疲労により足をつく場所を間違えるなどして起きることが多く、応急処置をして下山しなければならないので、テーピングなどの捻挫治療についての知識を持っておくと便利です。しかし、それ以上に怖いのは軽い捻挫です。捻挫は炎症をともなうので、解熱鎮痛剤などを服用して治療を行いますが、これに加えて関節が正常な動きをするようにテーピングをすると、他の部分に痛みが広がるのを防ぐことができます。スポーツ中の捻挫は足首を捻ってしまうことで起きますが、バスケットボールやフットサルのように室内で行なわれるスポーツは汗などの水分によって床が滑りやすくなると着地に失敗して捻挫を起こしやすくなります。テーピングをすると関節の動きが抑制されるので、痛みが軽減されますが、登山中やスポーツの試合中などにはテーピングをしながら体を激しく動かすので、痛みを麻痺させる薬をスプレーすると一時的に痛みを感じにくくなりますが、サッカーのように激しいスポーツの場合には交感神経が興奮し続けているので、痛みを感じにくくなっているので、テーピングでしっかりと固定しておくだけでも十分に競技を続けることができます。捻挫は治療をせずに放置しておくと、膝や股関節まで痛めることがあるので、なるべく早く受診して治療をする必要があります。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。

電話

予約

足首捻挫を早く治す方法とは

捻挫は手首や足首に鈍い痛みを起こすので、日常生活に影響が出ます。捻挫を早く治すのが理想的ですが、そのためにはまず安静にすることが大切です。運動中に足首などを捻った場合、症状が軽くても重症化を防ぐために運動をストップします。そして適切な処置を行います。捻挫した直後は熱を持っているので、腫れないように冷やして血液が送られるのを制限します。

圧迫しながらアイシングを続けます。圧迫まで終わったら、患部を心臓よりも高い位置に持ち上げます。足首の捻挫であれば、横になって足を椅子などにかけます。運動の大会などですぐに運動を中止できない時は、テーピングやサポーターで固定することで、悪化を最小限に抑えることができます。ただし、軽度であっても患部には強い負担がかかるので、必要以上に運動しないように注意します。捻挫には急性期と慢性期の2つの段階があり、足や手を捻った直後は急性期と呼ばれます。熱を持ち腫れなどの症状が出ます。慢性期になると痛みや腫れが治まってくるので、治療をおろそかにしやすいです。腫れが無くなったら、インディバ治療する事で血流を良くして患部の回復を促進します。捻挫は本来は早く治せる症状ですが、症状を長引かせることでクセになり、日常生活でのちょっとした動作でも捻挫するようになるため、適切な処置が重要です。

捻挫

捻挫をしたときにやってはいけない間違いな治療法

捻挫が多く発生するのはスポーツ中ですが、指や足首の捻挫は日常生活の中で発生することも少なくありません。捻挫をしてしまったら、すぐに対処することが重要です。しかし、一見正しく見えるものの、実はやってはいけない間違いな治療法もあるため注意が必要です。
多くの人がやってしまいがちな間違いな治療法は、患部を温めてしまうことです。ケガをしたときは患部を冷やすことが肝心で、温めてしまうと腫れが引かず、痛みが増してしまうこともあります。そして、できるだけ患部を心臓より上の位置に上げておくことも大切です。そうすることで、血液が患部に集中して腫れが広がることを防げるのです。
また、冷やすことは重要ですが冷やしすぎることも間違いです。捻挫をしてから3日程度経過したら、血行を促すために冷やすことを止めて逆に温めるのが正しい治療法なのです。病院に行ったら冷湿布を処方されますが、格段に良くなる事はないでしょう。
包帯をきつく巻きすぎてしまうのも間違った治療法です。包帯は患部を固定する良い方法ですが、きつく巻きすぎてしまうと血の巡りを妨げ、回復を遅らせてしまうのです。痛みが出ない程度に巻いて固定しましょう。
捻挫は、しっかりと治療しておかないと癖になってしまうこともある怪我です。間違いな治療法と正しい治療法を知っておき、患部の回復に努めることが大切なのです。

捻挫をした時に必要なサポーター

捻挫はある程度の時間固定して、さらに冷却をしておけば次第に状態は良くなって行きます。処置の基本は安静にする事で、その人の状態によっては時間が解決してくれると言っても良いでしょう。しかし一見腫れ等も無くなり痛みも軽減されている場合でも、完治していない事も少なくありません。捻挫は症状は早く良くなりやすいのですが、完治させるまでにはある程度の時間を要する場合も多々あるからです。

ある程度時間が過ぎて腫れが治まって内出血も無くなり、痛みも引けば湿布をしたり固定したりする必要はなくなって行きます。
しかし実際に日常生活を送ろうとして見ても力が入らないとか、うまく動かす事が出来ないと言う場合も少なくありません。
そこで必要となるのがリハビリとサポーターです。
リハビリは関節の可動領域を広げる為に、さらに筋力を回復させる為に必要な事です。

またサポーターはまだ弱っている筋肉に無理をさせない為にも利用する物で、さらに冷え等を防ぐ効果も期待出来ます。
捻挫自体はそれ程酷くない見た目であっても、内部にはどのような損傷が起きているか分からないと言う事も決して少なくありません。出来るだけスムーズに良くする為にも、サポーターをうまく活用して患部に余計な負担を掛けないようにしましょう。
またサポーターはいつも同じ物を使っていると肌の表面に湿疹が出来てしまう事もあるので、洗い替えを用意して清潔を心掛ける事もとても重要となってきます。

捻挫の時に接骨院を選ぶ理由

捻挫は関節部の靭帯に負担がかかることで、ひざや足首などに痛みが走ります。多くは炎症を伴い、アイシングや冷湿布を貼って安静にしておくことで1~2週間ほどで完治しますが、靭帯の断裂や損傷があると完治するまでに時間がかかり、治療法も異なってくるので、最初に病院に行く場合は整形外科となります。接骨院や整骨院などでも治療を受けることは可能ですが、レントゲン検査や投薬治療といったものは整形外科でしかできないため、必ず最初に検査を受ける必要があります。ここで軽度ならば安静にしておくだけで完治しますが、関節や靭帯のゆがみが発生していた場合は、引き続き治療を受けることになります。この際に整形外科でも良いのですが、接骨院の方が良い治療を受けられることもあります。接骨院は柔道整復師という国家資格を取得した医師がいますが、多くはスポーツの経験者であることから、捻挫になった経緯や症状に合わせて治療を行ってくれます。患者の立場から物事を考えてくれることが多く、テーピングの指導や捻挫中の生活の注意点なども事細かに説明してもらうことができます。一般の病院のように投薬治療といった安易な方法はとらず、それを補うだけの判断力や技術力を身につけ、人体の自然治癒力を最大限に生かした施術を行います。レントゲンも治療薬の処方もありませんが、健康保険を使用することも可能なので、副作用のある薬を飲みたくないといった人に向いている治療法です。

痛い捻挫に効く!マッサージ方法

捻挫は程度の違いはあれど、なると痛みを伴い、普段通り歩くことが難しくなる場合があります。また捻挫にマッサージは効果的なのか?やらないほうが早く治るのでは?と疑問に思っている方も多いかもしれません。しかし捻挫のほとんどが軽度である場合が多く、無理をせずに正しいマッサージを行うことで治りを早くすることが可能です。捻挫を一度経験すると、その部分は再度再発する可能性も高いと言われているので、正しいマッサージをしっておけば役立つでしょう。マッサージが効果的であることはわかったけれど具体的にどこをマッサージすればいいのか、捻挫に効くつぼを紹介します。
まずは手にある列欠というつぼです。列欠とは、首の脈を取る位置から指を大体2本分くらい上にあげたところに位置しています。二つ目に照海という内くるぶしの少しへこんでいるところで押すと少し痛みがあります。この照海は人間にとって元気の源となる腎臓のつぼの流れの中にあり、血の流れを良くするため、このつぼを押すと全身が温かくなり痛みに効きます。三つ目に梁丘というひざのお皿部分の下で中央部に位置しているつぼも捻挫に効くと言われています。

梁丘は肩こりや関節痛など特定の症状に効果があるとされており、つぼを押すときは素早く強めに揉むことや息を吸うときにつぼを押し吐くときに戻すことがポイントとして挙げられます。これらのつぼを押しながらマッサージをする場合は、適度に行うことがポイントです。強くやりすぎると、悪化する原因になりかねません。正しく行い、捻挫が癖にならないようにすることが大切です。

捻挫をしたら湿布は有効か

捻挫とは、関節が不自然な角度に曲がってしまったり、ひねったりしたときになるものです。腫れがひどい時や痛みが強いと専門医に診てもらう機会が多いのですが、軽い捻挫の場合は、そのままにして痛みがそのまま残ってしまうことや関節がガクガクするということもあるようなので、気になる場合は専門医に診てもらう方がいいと思います。
一般的には、スポーツをしているときや転倒したときになりやすいです。捻挫をしたら、患部を動かさないようにして湿布をする場合がりますが対処法にしかすぎません。

湿布は、痛みと炎症を抑えるお薬成分が皮膚から患部へ浸透していきますから取り急ぎの捻挫治療です。湿布には、温湿布と冷湿布がありますが炎症は熱を持っているので冷やさなければいけません。ここで温めてしまうと血行が良くなりすぎて悪化することが考えられます。

湿布薬にはパップ剤とプラスター剤があります。パップ剤は、白い少し厚みのあるプルプルした部分があるものでインドメタシン
という、鎮痛消炎成分の配合されたものもあります。パップ剤は、水分を多く含んでいるので冷やす効果が高く熱を持ったり腫れが強いときに最適だと言えます。パップ剤には、温湿布もありますが医師の指示に従って使用するようにしてください。
プラスター剤は、パップ剤の持つ冷やす効果はありませんが鎮痛消炎成分が配合されていますので、炎症や痛みに効果があります。関節痛や腰痛など長期間続く痛みの場合に処方される場合が多いのですが、粘着力が強いので、お肌のトラブルが起こりやすいので注意が必要です。

サッカーの足首の捻挫を早く治す方法について

捻挫は関節をひねることで起きる症状で、炎症や痛みが起きるので歩くことが難しくなりますが、テーピングをすることで、関節を固定して痛みを軽減することができるので、炎症の悪化を防ぐことができます。サッカーの足首の捻挫を早く治す方法としてはテーピングやサポーターなどを使用するのが一般的で、関節の可動域を小さくすることで痛みを軽減することができます。

捻挫は太ももの疲労が原因で起きることが多く、サッカーなどのスポーツ中に起きる捻挫はほとんどの場合は捻挫が原因であるとされています。足首の捻挫を早く治す方法としては、テーピングやサポーターで固定をして、安静にしておくことが大切ですが、症状がひどい場合には深層筋療法とインディバで足首の痛みを早く治すことができます。関節の炎症は安静にすることで自然に修復されるので、あまり心配する必要はありませんが、無理に動かしてしまうと足首の角度が変化して捻挫を繰り返すことがあるので注意が必要です。

また足首の骨は骨折しやすいのでレントゲンなどで検査をして、捻挫であることを確認することが重要で、骨折の場合は入院治療が必要な場合もあるので、急激に腫れたり、痛みが異常に強い場合にはすぐに病院に行って適切な治療を受けないと後遺症が残る可能性があります。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

捻挫
捻挫の根本原因にアプローチしその日に改善可能です

足首の捻挫の原因と予防法 捻挫と一言で言っても実は、色々な捻挫があります。首、手首、腰、足首などの人間が体を動かす際に必ず動かす全ての関節周りで切るのです。その中でダントツに多いのが足首でしょう。足首は歩いたり走ったりする際に必須の関節であり、全体重 …

接骨院
スポーツ外傷の捻挫を早期回復させるリハビリとは

捻挫の基本的なリハビリ方法 捻挫後の基本的なリハビリメニューは、タオルギャザー、チューブトレーニング、バランスボード、の3つです。捻挫の治療のために、ギプスや包帯によって長い間、足関節を固定していると足底部や下腿の筋力が衰えてしまいます。するとうまく …

包帯
スポーツ外傷(捻挫・肉離れ)の包帯の巻き方

簡単にできる足首捻挫の包帯固定方法 足首は外側に向きにくい反面、内側の可動範囲が大きいため、捻るなどして極端に強い力が内側に向けて掛かると、靭帯を痛めてしまう「捻挫」の状態となってしまいます。 捻挫した場合、患部を動かすと痛みを生じるため、動かさない …