東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


捻挫治療は深層筋療法でその日に改善可能

スポーツで起きやすい捻挫とは

些細な事が原因でも起きやすいスポーツ障害の症状のひとつに捻挫があります。捻挫とは、手首や足首をひねった時、骨と骨を繋いでいる関節部分が傷ついた症状の事です。酷い場合は、骨や靭帯にも影響が出て、骨折や靭帯断裂に繋がっていく可能性があります。
そんな捻挫を予防したいと考えた場合、重要になってくるのがウォーミングアップです。
準備運動なしに体を動かすと、手首や足首をひねりやすい、体や関節に大きな負荷をかけやすい状態になってしまいます。この状態を回避するには、ウォーミングアップをしておくという事が重要になってきます。運動をする前は勿論、日常生活で体を大きく動かす前には、準備運動を組み込んでおく事がお勧めです。もしくは、日常的にストレッチをしておくという事も有効です。
特に風呂あがり等、体が柔らかくなっている状態の時に、筋や関節を動かすようにしておく事で、急に体を動かしても、関節等に大きな負担がかかる状態を防ぐ事が出来ます。
ただ、捻挫予防を考え、ストレッチを行う場合、やり過ぎには注意をしておく事も大切です。体や関節を傷つける程のストレッチを行うと、逆効果になる為、やり過ぎない事も大切です。それでも関節が傷つき捻挫になってしまった場合は、安静にする、冷やす等が有効です。痛みが強い場合、早めにスーリヤ接骨院で診察を受け、治療をしていく事が大切です。捻挫とは、関節部分が傷ついた状態の事で、準備運動等で予防をしていく事が出来ます。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。

電話

予約

捻挫の症状と辛い足首の捻挫について

スポーツやダンスを行った際に捻挫をしてしまったなどのトラブルに見舞われてしまう方が多くいます。突然の捻挫のトラブルに見舞われてしまうと痛みもあり、頭が真っ白になってしまう方も少なくありません。
足首の捻挫について事前に知識がある方であれば、効果的な改善策を試すこともできますが、多くの方はどのように足首の捻挫を解消すればいいのか分からないという方が多いです。足首を捻してしまう原因は数多くありますが、どんなに注意してスポーツやダンスを行っていても足首の捻挫に見舞われてしまうケースも多々あります。捻挫のトラブルに見舞われてしまった場合、後遺症を残さずにケアを行なうのであれば、正しい治療法を実践することが大切です。
まず、足首を捻挫してしまった際には、内側にひねってしまったのか外側にひねってしまったのかに注目してケアを行なってみましょう。
また、程度によっては、セルフケアを行うことも可能な為、自分の足首の捻挫の症状をきちんと確認することが欠かせません。
軽度であれば、少しの腫れや痛みがある程度であり、スポーツなどを再度行えるまで10日から2週間ほど期間で復帰することが可能です。しかし、中度や重度になってしまうと靭帯が完全に切れてしまっていることもあり、自己流のケアで改善することは困難です。接骨院にてリハビリや、一定期間包帯テーピング、ギブスで固定したり、機能的装具などを使用して運動療法を実践しなければいけない場合もあります。

スポーツ障害による足首の捻挫治療方法

スポーツや登山などで捻挫をした場合には応急処置としてテーピングをするのが一般的ですが、足首の捻挫治療方法としてはテーピングをして関節の動きを固定して、痛みを軽減しながら、解熱鎮痛剤などを服用して炎症を改善するのが一般的で、なるべく安静にして関節や筋肉の回復を待たないと完治するまでに時間がかかります。

捻挫の痛みがあるにもかかわらず無理をして歩いたり、スポーツをすると症状が長引くので、必ず医療機関を受診して適切な治療を行なわなければなりません。また東洋医学で捻挫の痛みを改善することもできますが、根本的な治療ではないので、捻挫をしている足で歩いたり、スポーツをすることで足首だけでなく、膝や太ももの関節を痛める可能性があるので、関節をなるべく動かさないように心がけることが大切です。炎症がなくなって、痛みを感じなくなったら少しずつ関節を動かすことが重要で、リハビリをしながら関節の可動域を大きくしていくと後遺症などが起きにくくなります。高齢者の場合は筋力が衰えることで捻挫になりやすくなるので、太もも部分の筋肉を鍛えるために、スクワットや早歩きをして太ももの筋肉を鍛える必要があります。若い人が捻挫をするのはスポーツなどによる疲労が大きな原因となっていて、疲労によって太ももが上がりにくくなることで通常とは異なる場所に着地をするなどして足首を痛めてしまいます。バスケットボールやサッカーなどで捻挫が多いとされているので、足首にテーピングやサポーターをしてケガを防止することも重要です。

捻挫になりやすい人とは

足首を捻挫をしやすい原因には、色々ありますが、まず、捻挫になりやすい人と言えば以前に捻挫を経験した人です。中度、強度の捻挫を経験していると、腱が弱ったり構造そのもののバランスが悪くなってしまう傾向があるからです。また、完治をするまでにしっかりと治療を行わないままでいると再発する可能性も高くなります。

そして、合わない靴を履いている人も捻挫になりやすい人として挙げられます。ハイヒールや足に合っていない靴を履いていると、足関節だけではなく外反母趾、偏平足になってしまいやすく、正しい歩き方が出来なくなります。足のアーチ部分が減ってしまうことで、足裏のバランスが悪化してしまいます。

これが、骨盤や背骨のゆがみにも影響を及ぼしてしまいます。ゆがみが起こると、足の筋力も衰えてしまうので、ちょっとした動作で捻挫をしやすくなってしまいます。そのためにも、捻挫対策の一つとして、足にフィットする歩きやすい靴を履くようにします。それによって、歩行時のけり返しもスムーズになり、足裏のバランスが良くなることで足の筋力をつけられるようになります。

以前に捻挫を経験している人なら、いっそう、靴の選び方には細心の注意を払う必要があります。少しでも痛みを感じた場合には、サポーターを装着することやテーピングをすることを心がけることも、対策に役立ちます。その他、骨密度が低くなっている高齢者も捻挫になりやすい人です。高齢者になれば、歩行も不安定さが出て来ますので、より安定感のある靴を履いたり、杖で安定した歩行を目指すなどの工夫が必要です。

捻挫の主な要因とは

挫折を引き起こしてしまう主な要因とはどのようなものでしょうか。それは通常動かすことが可能な範囲を超えて関節や靭帯が動いてしまうことです。実際にどのようなタイミングでこのような現象が起きてしまうかと言いますと、これから激しい運動をする前にウォーミングアップをきちんと行わないで運動をしてしまう場合に発生します。というのも、ウォーミングアップを事前に行わないと関節が硬い状態のままで柔軟性が発揮できないため、激しい動きをしているうちに関節や靭帯等を痛めてしまうからです。ただだからと言ってウォーミングアップに全力を注ぐと今度は関節を痛めてしまうので注意が必要です。これ以外にも捻挫の要因となるのは、自分の能力以上の運動をしようとすると関節や筋肉は耐えることができません。無理な運動は捻挫の要因になってしまいます。このため自分の能力に合った運動を心掛ける必要があるのです。たとえ身体能力に問題が無かったとしても運動をする日に体調が悪く、その状態で運動を頑張ってしまうと逆効果になります。体調が悪いことでいつもよりも集中力が足りなくなるので、万が一にも何かと接触して転倒してしまうと捻挫してしまうことになります。特にサッカーやバスケットボール等、動きの激しいスポーツを行う場合は普段大丈夫でも体調によって普段発生しないことが起きてしまうのです。このため、体調面に特に問題が無い場合はウォーミングアップを、体調が優れない場合は休憩を入れるようにしてください。

捻挫の保険治療ができるところ

激しいスポーツをしていたり、普段とは違う動きをすると足首やひざが捻挫することがあります。また、階段を踏み外すなどしても起こることがあり、関節部分に急激な負荷がかかることで、靭帯や関節包が捻れて炎症や痛みを伴います。多くは炎症を起こすことで痛みが発生しますが、治療をせずに放置したりすると関節部が歪んでしまい、より酷い痛みを伴うこともあるため、早めの処置が必要となります。病院で治療を受ける場合は、まず整形外科でレントゲンや超音波によって、靭帯に損傷や異常がないか検査を受けておくと良いでしょう。そのまま整形外科に通うのも良いですし、行きつけの接骨院や整骨院があれば、そういった所に通うことも可能です。ただし、気をつけておきたいのは、保険治療が行えるかどうかの確認をしておかないと、治療費が高くなってしまうことがあることです。接骨院は柔道整復師という資格を持った人が治療を行い、捻挫のような急性の症状の治療でも健康保険が適用されます。しかし、整骨院は国家資格を取得していても、柔道整復師とは異なるため、稀に健康保険が適用されないことがあります。名称にほぼ違いがないので間違いやすいところですが、似て非なるものなので気をつけなくてはいけません。また、整体やカイロプラクティックというものは整体術を使って骨盤の矯正などを行いますが、資格は国家が認めるものではなく民間のもので、健康保険だけでなく自賠責や労災といったものも使えなくなっているので注意しましょう。

何度も捻挫を繰り返す理由

一度捻挫をしてしまうと、何度も同じ足の捻挫を繰り返してしまうという話をよく耳にします。捻挫を繰り返す理由について考えてみましょう。足首を捻ったときは、一時的に関節の位置が変わってしまいます。多くの場合は、歩いたりしているうちに元の位置へと戻ります。しかし、痛みは治まっていても関節の位置が元に戻らないケースがあります。足首の痛みは捻った時の炎症が治まってしまうと、痛みは無くなってしまうため、治ったと勘違いしてしまいます。足首の位置が捻挫をした時の状態のまま、固定されてしまいますとまた足首を捻る原因となってしまいます。捻挫などで足首を捻った時、無理な方向に引っ張られると防御反応として足首を支えている色々な組織が緊張をして守るためです。同じ側の捻挫を繰り返してしまうのは、この緊張した足首の状態がそのまま残ってしまっているためです。足首全体が捻挫をした足の方向に曲がりやすくなっています。特に足首は日常生活で体を支えていますので再発の危険性が高くなります。再発を防ぐために、まずはテーピングやサポーターを思いつくかもしれませんが、それでは自分で治す力が成長しません。そこで、再発防止に効果があるのはバランストレーニングです。一度捻挫をしてしまいますと足首を伸ばす反応が遅れてしまいますので、足首を元の状態に戻すのが遅くなってしまいます。バランスを鍛える反射トレーニングが足首の反応を元に戻すのに効果的です。

捻挫が癖になったときの治療方法について

本来の可動域を超えた範囲に足首が動いてしまった際に発症してしまうことになり、関節周辺や筋肉、靭帯などに損傷がみられる状態を指しています。捻挫の基本的な治療方法、応急処置として用いられている内容では、湿布を使う方法やアイシングを行う方法、病院では電気治療などを行う場面もあります。

通常ではその後の短期間で症状が軽くなることが一般的ですが、捻挫の状態次第では長期化してしまうことがあります。治りそうで治らない状態が続いてしまう方も多く、捻挫が癖になってしまうような方も存在しています。スポーツ競技を行っている方だけではなく、一般的な生活を送っている方でも長期化してしまうことで起こる弊害などもあり、足首が内出血を起こしてしまったり、片足をかばった生活を送ることで、反対側の脚にまで無理な力が加わってしまい、その結果として当初は関係のない部位も傷めてしまう可能性があります。

捻挫が癖になったときの治療方法としては、あまり知られていない方法として深層筋療法を挙げることができます。整体の技術の場合では一般的な病院では施術していない方法になり、比較的短期間で治療を済ませることができる可能性があります。深層筋療法はこれまで長期化してしまった痛みでも見事に改善できる場合もあるので捻挫が癖になったときの治療方法としては相応しい施術です。

関連ページ

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

捻挫の根本原因にアプローチしその日に改善可能です

足首の捻挫の原因と予防法 捻挫と一言で言っても実は、色々な捻挫があります。首、手首、腰、足首などの人間が体を動かす際に必ず動かす全ての関節周りで切るのです。その中でダントツに多いのが足首でしょう。足首は歩いたり走ったりする際に必須の関節であり、全体重 …

捻挫を早く治す最善の方法深層筋療法で即日緩和

捻挫を早く治す最善の治し方 足首の捻挫の直接的な原因は足首が本来の可動域とは異なった動きをすることですが、スポーツ中の疲労や、老化による体力の低下によって起きるのが一般的で、登山中の場合は疲労により足をつく場所を間違えるなどして起きることが多く、応急 …

捻挫治療は病院か接骨院か?吉祥寺スーリアで当日緩和

捻挫の処置を正しく行おう 捻挫をする事は誰でにもありますが、その時の処置をどうするかによって回復までの期間が変わる事も少なくありません。 出来るだけ早く良くする為にも、正しい処置を知っておく必要があります。 基本的には酷く捻挫をしてしまうと言う事は少 …