東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/17


ぎっくり腰と間違えやすい症状の腰椎椎間板ヘルニアも即日緩和可能です

ぎっくり腰と間違いやすい症状

ぎっくり腰は腰に激痛が走りますが、ぎっくり腰のほかにも、腰に痛みが走る病気や症状がいくつかあります。ぎっくり腰の痛みは強いですが、病院で加療しなくても安静にすることで治りますが、ほかの腰痛は一クセも二クセもあるものばかり。病院で加療する必要があるものがほとんどなので、注意が必要です。ではその事例を紹介しますね。
まずは腰椎椎間板ヘルニア。
階段から落ちたり、車に接触するなど強い外圧が身体に加わった後に痛み出した、下腹部に力が入らない、しびれがある、太ももやつま先に力が入らないなどの症状がある場合です。神経が圧迫された痛みである可能性が高いです。背骨の継ぎ目にある椎間板が、何らかの原因でずれ、中に入っている神経を圧迫することで起きる痛みです。腰椎の骨折でも、ぎっくり腰と同じような痛みが出ます。椎間板ヘルニアとは少し違って、こちらはぎっくり腰になる場合と原因が似ています。重いものを持つ、くしゃみや咳をするなどで、腰椎が骨折し、激痛となるためです。腰椎の骨折は骨粗しょう症になっている方が発症しやすいといわれています。こちらは病院に行き、レントゲンを撮って判明するケースが多いですね。そのほか、内科系の病気でもぎっくり腰と似たような痛みを伴う場合があります。とくに尿路結石、子宮筋腫などはその典型例です。

腰の痛みだけでなく、微熱や発熱が続く、しばらく安静にしても痛みが治まらない、冷や汗が出る、具合が悪くなるなどの症状があると、内科系の病気で腰痛になっている可能性が高いです。

整形外科ではどうしようもないため、内科を受診しなくてはなりません。ぎっくり腰と区別する必要があるので、大学病院など整形外科も内科もある大きな病院に行きましょう。

最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。

電話

予約

ぎっくり腰に作用する筋肉

ぎっくり腰は筋肉が作用して起こります。こちらではぎっくり腰と関係のある筋肉について取り上げていきます。ぎっくり腰に作用する筋肉まずぎっくり腰になった筋肉がどういう状況にあるか、説明します。ぎっくり腰になると、腰の筋肉の痙攣に加え、筋肉の炎症が起きます。このけいれんは腰だけでなく、足や腕、胸など全身で起こり得る、普通の反応です。いわゆる「つった」状態ですね。つると、筋肉が自分の意志とは関係なく突っ張って固くなり、非常に痛みます。夜中にふくらはぎの筋肉がつって(こむら返り)、思わず目を覚ます、アレです。

つる現象は筋肉がある場所ならどこでも起こりえますが、炎症を伴うケースは、さらにもう一段上のダメージを受けた場合に起こる、肉離れのようなものです。腰椎ねんざは腰の筋肉が肉離れを起こし、炎症を起こした状態です。ほかの部位より太く、多くの筋繊維が集まる腰は、外からのダメージに対し、非常に強く、少しの衝撃にはびくともしません。しかし、腰に強い力が加わると、腰の筋繊維がこわばり、力を集約しようとします。力が強くなるごとに、筋繊維がより強固にこわばり始め、すべての筋繊維が耐えられるキャパシティを超えたとき、一斉にギュッと縮約します。その筋繊維が縮む力によって、腰の周りの筋肉や靭帯などの組織に傷がつき、炎症を起こします。その炎症こそが、ぎっくり腰の痛みです。

腰の周りの筋肉には、腹直筋、錐体筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋、腰方形筋、大腰筋などがあります。ぎっくり腰の仕組みを理解し、予防を効果的に進めるために、一度腰まわりの筋肉の位置を確かめておくとよいかもしれませんね。

ぎっくり腰のきっかけ

ぎっくり腰は急性腰痛症と呼ばれ、ある日突然腰が痛み出す病気だと思われている方も少なくありません。しかし、ぎっくり腰ははっきりとしないまでも、その原因はある程度特定できるといわれています。直接的な原因ではないにせよ、ぎっくり腰のきっかけともいうべき行動は、人ぞれぞれ、必ずあるのです。

ぎっくり腰のきっかけとなる行動たとえば長距離移動をするトラック運転手を例にとりましょう。多くの長距離トラック運転手は高速道路を走行し、到着時間と闘いながら、休まず運転し続けています。たまにとる休憩はインターでの仮眠時間のみ。それ以外の時間はただひたすら、運転席に座り、ハンドルを握り続けます。結果、同じ姿勢(前かがみの姿勢)を長時間とり続けることになります。都会で働くオフィスワーカーも同様で、納期と戦いながら椅子に座り続け、パソコンに向かって同じ姿勢(前かがみ)を取り続けています。もしくはで工場で働く主婦の方が、仕事終了前の10分間、毎日前かがみの姿勢で床をぞうきん掛けした場合。

エアコンの調子が急に悪くなり、たまったほこりを掃除するために、椅子に上ってエアコンを取り外そうとしたとき、ほんの5分ほど上を向いて腰を反り返るように作業したケース。これらはやがていつか来る、ぎっくり腰のきっかけとなっている可能性があります。一見些細な行動でも、後で大きなダメージとなって帰って来るかも知れないので、十分注意しましょう。

ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰の症状は複数あります。主として以下の症状が出てきます。

1.椅子に座れない

2.すぐに立てない

3.くしゃみや咳をすると痛む

4.身体を動かすと激痛が走る

5.時間が経って痛みが増した

6.横になっているときが一番楽

もしこれらの症状がほとんど出ているなら、それはぎっくり腰です。ただ、こんなに痛みがあるにも関わらず「ぎっくり腰」は病気の名前ではなく、腰痛の一種として分類されています。ぎっくり腰と一口に言っても、その原因は人それぞれなので、自分がどのようなきっかけで、腰に激痛が走っているのか、その見極めが大切になります。なぜかというと、治療方法が原因によって変わってくるからです。ここがぎっくり腰の一番難しいところかもしれません。確かに痛みはあるのに、病院に駆け込んでもすぐに治療をしてくれるわけではなく、まずは原因探しが行われます。いずれにしても、ぎっくり腰の症状は日常普通に行っていた動作が、全くできなくなる点で、非常に深刻です。食事や入浴、トイレはもちろん、歩くことや立つことさえままならないのです。

ぎっくり腰になった人はこの時初めて、腰の大切さを実感するといいます。ぎっくり腰の症状や痛み具合、症状の進み方は個人差があります。最初は腰が張るなどの違和感しかなかったものが、1時間、2時間と経つにつれてじわじわと痛みを増し、夜家族が寝静まるころには、あなたは痛みと一人で戦いながら、夜を明かさなければならないかもしれないのです。そうならないように、ぎっくり腰の症状の変化には十分気を付けて、無理をしすぎないようにしましょう。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

ぎっくり腰は安静も大切ですが軽いぎっくり腰の治し方で治すことも可能です

軽いぎっくり腰は即日で治すことも可能です ぎっくり腰は、急性腰痛や椎間捻挫などとも言われ、腰がギクッという衝撃とともに強烈な腰の痛みに襲われます。 ぎっくり腰の原因は特定されてものはなく、ぎっくり腰になる人の数だけ原因があると考えることができ、腰椎が …

ぎっくり腰の応急処置として有効な深層筋療法で即日緩和

ぎっくり腰の自宅で出来る応急処置として ぎっくり腰になったとき、家に誰もいないし、そもそも痛くて外に出られそうにない!そんなときどうするか。家でできる応急処置の方法をご紹介します。まずすべきは、動かずにじっとしているです。安静にしていれば、痛みは次第 …

ぎっくり腰になったら少しの安静と早めの活動が大切です

ぎっくり腰になったら早めの活動が大切です 近年、若い人にも増加しているぎっくり腰は、正式には急性腰痛症と言い、何気ない動作をした後に、いきなり腰部に痛烈な痛みが起こる病気で、急性腰痛症は、関節の捻挫や筋肉の損傷、筋膜の炎症などが同時に起こる症状ともい …