東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/20


慢性化のぎっくり腰の応急処置は深層筋療法が最善です

慢性化のぎっくり腰を緩和させる直し方

何気ない行動で突然腰に激痛が走ってぎっくり腰になってしまうことがあります。ぎっくり腰の原因は長い時間同じ姿勢などで、骨盤の内部の筋肉があまり動かない状態を続け股関節が固まってしまうと大腰筋の緊張が出てそれによって大腰筋がひきつけを起こすためです。ぎっくり腰になった時に腰が痛いと言いますが、原因は股関節なのです。急な激痛で動くに動けなくなってしまうことも多く、その場での治し方としてはまずは、大腰筋をほぐすことが大切です。安静になれる場所へ移動して落ち着いてストレッチを行い筋肉をほぐすようにします。ぎっくり腰の治し方は仰向けになって床に寝転んで両膝を立てます。このとき膝は90度くらいにして足を肩幅よりも少し狭いくらいに開いておきましょう。膝を床に向かってゆっくりと倒していきます。このとき30秒くらいの時間をかけながら倒すようにし、痛みが出たらそのままやめて元に戻します。倒したら、そのまま3分ほどその姿勢をキープします。そうすることで腰とお腹のあたりがリラックスしてきて、ぎっくり腰の痛みが治まってきます。これはあくまでも応急処置ですので、痛みが治まって動けるようになったら、整体院や整形外科を受診して診てもらうようにしましょう。

ぎっくり腰最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は痛みの原因を明確にして根本原因にアプローチ。今すぐ痛みから解放されたい方「今すぐ」ご連絡下さい。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円
治らなかった痛み・辛さを驚異的に改善。深層筋療法は自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。二度と同じ痛みを繰り返さない状態に体を改善させる。

電話:0422-27-6505

治療インターネット予約はこちら

簡単に出来る、ぎっくり腰の治し方、応急処置

病院や鍼灸院に行かずに自宅で出来るぎっくり腰の治し方を紹介します。まず、ぎっくり腰の治し方の基本として「絶対安静」というのは間違いだということを頭に入れておいて下さい。絶対安静というのは、あくまで急性期の対応であって、その後の回復には「適度な運動」が必要なのです。

具体的な方法としては、急性期が過ぎて少し落ち着いた時点から、積極的に体を動かすようにします。まずは寝ながら出来るストレッチとして、あおむけになった状態で両膝を立てます。そして上半身は固定した状態で揃えた膝をゆっくりと左右に倒します、この際痛みが出ない範囲で行う事と息を止めないで行う事が大切です、ゆっくりと続けていくうちに可動域が広がっていきます。

次のステップとしては、四つん這いになってゆっくりハイハイをします。この運動をすることで背中や腰の筋肉を柔らかくほぐす事が出来ます。ぎっくり腰の痛みの原因としては患部周りの筋肉が過度な負荷のために萎縮してしまうことであるので、緊張を和らげてあげることが痛みの解消にとても重要です。

そして一番効果が出やすいのが「入浴」です。ぬるめのお湯にゆっくりと浸かって体の内側からコリや緊張をほぐしていきます。こうすることで1週間程でぎっくり腰が治ります。

ぎっくり腰の治し方はコレ!

ぎっくり腰は、腰に急激に起きる鋭い痛みの症状です。魔女の一撃とも呼ばれている強い痛みが襲い動けなくなってしまうことがあります。従来ぎっくり腰には安静が一番といわれていましたが、現在の治し方は安静第一ではありません。痛みが激しいときは楽な姿勢で安静にしています。そのあとに痛みが徐々に引いて来たら少しずつ体を動かす事が良いとされています。お風呂に入ることができるなら、お風呂に入りゆっくり休むこともよい治し方です。また、翌日はシップなどで患部を冷やすのも効果的です。冷やすといっても体全体を冷やすほどの冷やし方はやりすぎです。また痛みがどうしても強いときには、鎮痛剤を併用するのも効果的です。この段階ですこし動けるようであれば、整形外科や整骨院に行き診察してもらうとよいでしょう。落ち着いて来たら患部を温めて予防や治療します。ぎっくり腰の治し方としては一連のこの行動が治すポイントになります。つまり、安静、少しずつ動く、患部を冷やす、診察に行く、患部を温める、です。また痛いときはコルセットが有効です。コルセットをつけるとかなり痛みが緩和されるので楽になります。自己流の体操はかえって痛みをひどくする場合があるので避けたほうがよさそうです。

ぎっくり腰の治し方と基礎知識

ぎっくり腰は正式な病名は急性腰痛症といいます。いきなり腰部に痛みが走る病気で関節捻挫や筋膜の炎症などが起こった時の症状です。ぎっくり腰の治し方は昔は安静第一といわれていましたが、現在はぎっくり腰になった直後の時期は痛みで動くことができない状況では安静にします。動けるようになったら、痛みの様子をみながら、少しずつ、ステップをふみながら治すようにします。治し方のポイントは無理をしないで、痛みが引くようにすることです。絶対に痛みを我慢しておこなわないようにし、焦らず、まずは痛みが一番楽な姿勢を見つけます。横になって、寝ている姿勢が楽な場合はその姿勢で寝るようにします。リラックスをして痛い部位に手を当てます。家族に手を当ててもらうことで、脳が自然に痛みを和らげます。手を当てて痛みがおさまってきたら、少しずつ動きます。急に動かず、手を当てながら動きます。足首を動かし、次に膝を立てて揃えたまま左右に少し動かします。少しずつ動かせるようになったら、四つんばいになってハイハイをおこないます。痛みが出る場合はやめます。その状態ができるようになったら、お風呂に入るようにします。ぎっくり腰の治し方は無理をせず、少しずつ回復させることがポイントです。

突然起こるぎっくり腰の治し方とは

ぎっくり腰は何気ない動作を行った際に急に腰に激痛が走って起こる急性腰痛のひとつです。突然、ぎっくり腰を起こしてしまったら治し方としてはまずは安静にすること、そして患部を冷やすことが大切です。ぎっくり腰を起こしたら無理に動かしたり、体をひねってみたりと言うことは避けて少しでも体が楽になる姿勢をとるようにしましょう。横になれるようであれば、横になって安静を保つようにしましょう。安静できる場所に移ってからの治し方としては横向きに寝転がって膝を曲げるようにすると痛みが和らぐことがあります。2日から3日は安静にして過ごすことが大切です。その際に、氷嚢やなければビニール袋に氷水を入れて患部に数分間あてて、しばらく外しまた数分間あてると言うのを繰り返し行うようにします。そうすることで患部を冷やして炎症を抑えることができます。ただし痛みが強くなる感じがする場合にはすぐに中断しましょう。足にしびれがあったり動かしにくい、足の感覚がないと言う場合にはぎっくり腰以外の病気の可能性もあるので足を動かせなかったり感覚がない、鈍いと言う場合にはなるべく姿勢を変えないようにして早めに病院を受診するようにしましょう。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

ぎっくり腰予防に効果的なストレッチで快適な生活を

ぎっくり腰予防に効果的なストレッチ ぎっくり腰からの回復を早める効果的なストレッチをご紹介しましょう。腰が痛むから、腰を伸ばせばいい、なんて考えていませんか?腰は多くの筋肉がある場所で、上半身と下半身の働きを制御する筋肉も備わっています。それだけに、 …

接骨院はぎっくり腰の治し方の一つ

接骨院はぎっくり腰の治し方の一つです。 急に立ち上がろうとした時に立てない、腰が痛い、歩く事が出来ないという症状に襲われる事があります。 それがぎっくり腰です。イメージから行くと高齢の人の方がなる可能性が高い物に感じるかもしれませんが、実際には幅広い …

ぎっくり腰になったら少しの安静と早めの活動が大切です

ぎっくり腰になったら早めの活動が大切です 近年、若い人にも増加しているぎっくり腰は、正式には急性腰痛症と言い、何気ない動作をした後に、いきなり腰部に痛烈な痛みが起こる病気で、急性腰痛症は、関節の捻挫や筋肉の損傷、筋膜の炎症などが同時に起こる症状ともい …