東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/20


軽度のぎっくり腰の直し方と治療法は深層筋療法が最善です

軽度のぎっくり腰を緩和させる直し方

急に起こるぎっくり腰は、激痛があり病院に行こうと思っても動くことができません。軽度のぎっくり腰はもその場で緩和する治し方を知っていると、楽になることができます。
軽度のぎっくり腰の原因は、長時間同じ姿勢を続けることで、骨盤内部の筋肉が全く動かない状態を長時間続け、股関節が固まってきます。股関節が固まると大腰筋が緊張し、この状態がぎっくり腰を起こす原因です。ぎっくり腰をその場で緩和する治し方は、大腰筋を意識してほぐすことです。
ぎっくり腰になったら、激痛があるため安静にし、少し落ち着いてきたらアイシングやストレッチを行ないます。
まず、準備で痛みがでない程度の力で収縮させたり、伸ばして力を抜いて緩めます。痛みがでない範囲でゆっくりと動かして休みます。痛みの原因となっている筋肉を軽い力でゆっくり動かします。続いて、仰向けに寝て、膝を立て足は肩幅より少し狭めに開きます。膝を床に向かってゆっくり倒します。片側に倒すのに30秒程度かけ、痛みがでたら止めて引き返します。動かしている途中で筋肉が伸び縮みし、気持ちいいと感じるところで留まります。このままの状態で3分間キープすると腰などがリラックスしてきます。反対側も行ないますが、このストレッチは床まで足をつけることが目的ではないので無理に床までつけることはありません。このストレッチをやることで腰が楽になるため、動けるようになったらスーリヤへご相談下さい

ぎっくり腰最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は痛みの原因を明確にして根本原因にアプローチ。今すぐ痛みから解放されたい方「今すぐ」ご連絡下さい。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円
治らなかった痛み・辛さを驚異的に改善。深層筋療法は自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。二度と同じ痛みを繰り返さない状態に体を改善させる。

電話:0422-27-6505

治療インターネット予約はこちら

軽度のぎっくり腰の直し方は体を少しずつ動かしていく事

治し方は医者に診てもらうなど、様々な方法がありますがぎっくり腰になってしまった原因から考慮すれば治しやすいです。
ぎっくり腰になっている場合、腰の筋肉がひどく緊張状態にあります。昔の治し方ならば、安静にすることが重要でしたが緊張状態がとけなければ改善しません。
もちろん、安静にすることは必要です。ただし、体が動く状態になれば少しずつ動かしたほうが筋肉を硬直させずにすみます。
痛いからといって、同じ姿勢を続けているとより長い間緊張状態が続き痛みがとれにくくなります。
ぎっくり腰になりやすい人もいます。それは座ったまま長時間仕事をする人です。同じ姿勢が続くと、腰に負担がかかり緊張状態になってしまいます。緊張状態が続き、体を動かしてしまうとぎっくり腰になります。
軽度の治し方の基本は少しずつ動かしていくことですが、体の緊張をほぐす手段としてお風呂に入ることも有効な手段です。体を温めることで、血流が改善されて緊張状態を解消しやすくなります。
軽度のぎっくり腰を治すときは、ゆっくり動かせる範囲から始めていくことが大切です。無理に体を動かしてしまうと、より悪化してしまう恐れがあります。
なかなか改善しない場合は、緊張ではなく腰の骨などに異常がでている可能性が高いので医師に診てもらうとよいです。

軽いぎっくり腰の治し方について

ある日突然、腰に激痛が感じる、いわゆるぎっくり腰というものを、今までに何度か経験したことのある人は意外に多いものです。
特に、寒くなると体がこわばるので、ちょっとした動きをしただけでぎっくり腰になることもありますし、長時間車を運転している時には、できだけ楽な姿勢を取ろうとするのですが、逆にそれが負担になって、やはりぎっくり腰になってしまうことがあります。
あまりにも症状がひどいようなら、専門医に診てもらう必要があるのですが、もしも程度の軽いものなら、自宅でも十分に改善できるので、治し方を覚えておくと良いです。
まず、仰向けに寝て、膝を立てます。両足の裏は床につけたままにしておき、全身の力抜いてリラックスをしておくことが重要で、余計なところに力が入っていると、悪化するかもしれないので注意が必要です。
そして、そのまま立てた膝をどちらかに倒していき、五秒ほどその状態をキープします。この時、腰が伸びているのを意識しておき、それが終わったら、反対側に倒してまた同じようにストレッチしていきます。これを何度か繰り返しておくと、ずいぶん腰が軽くなるので、無理のない範囲でこの治し方をやるようにしておきましょう。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

ぎっくり腰
ぎっくり腰治療で保険適応するには

ぎっくり腰治療で保険適応するには デスクワークの増加もしくは達仕事の増加など同じ姿勢を繰り返すことが多くなっていることによって、本来2足歩行で動くことが理想の体の一部に大きな負担がかかることが増えています。それによって生じた負担が限界を超えた場合に脳 …

慢性腰痛
ぎっくり腰は安静も大切ですが軽いぎっくり腰の治し方で治すことも可能です

軽いぎっくり腰は即日で治すことも可能です ぎっくり腰は、急性腰痛や椎間捻挫などとも言われ、腰がギクッという衝撃とともに強烈な腰の痛みに襲われます。 ぎっくり腰の原因は特定されてものはなく、ぎっくり腰になる人の数だけ原因があると考えることができ、腰椎が …

ぎっくり腰
ぎっくり腰と間違えやすい症状の腰椎椎間板ヘルニアも即日緩和可能です

ぎっくり腰と間違いやすい症状 ぎっくり腰は腰に激痛が走りますが、ぎっくり腰のほかにも、腰に痛みが走る病気や症状がいくつかあります。ぎっくり腰の痛みは強いですが、病院で加療しなくても安静にすることで治りますが、ほかの腰痛は一クセも二クセもあるものばかり …