東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/01/20


ぎっくり腰は整骨院治療より深層筋療法で即日緩和可能です

突然のぎっくり腰の治し方について

突然にやってくるぎっくり腰。それは、大きな荷物を持とうとかがんだ時、入浴中に髪を洗おうとした時等、いつ何時あなたを襲うかわかりません。その激痛で、歩くことはおろか、トイレに行くことも難しくなってしまいます。経験者の多くが、ぎっくり腰の痛みは、2度と経験したくないと思っているでしょう。では、突然やってくるぎっくり腰になってしまったらどうしたらいいのでしょうか。
最初の対処を間違うと、長引かせてしまうこともあるので、まずは自分で出来る簡単な治し方を理解しておきましょう。
ぎっくり腰になってしまったら、まず、前かがみなど痛みを伴うことは絶対に止めましょう。痛みが激しい場合は、楽な姿勢で横向けになりましょう。少し楽になったら、まず、足首を動かすなど簡単な動きを取り入れていきます。次は、仰向けに寝て、両膝を90度に立て、ゆっくりと左右に膝を倒しましょう。この時、無理は禁物です。
簡単な動きですが、症状を緩和するための効果的な治し方の一つです。痛いからと何日も寝たままでは、かえって症状を長引かせてしまうようです。ぎっくり腰は、およそ1週間から10日ほどで治りますが、心配な場合は、医師や整骨院などの専門家に診てもらう手段もありますが深層筋療法が有効です。ぎっくり腰になる大きな原因は、同じ姿勢を続けるなどの生活習慣が考えられます。日頃から腰に負担をかけない生活を心掛けることが大切です。

ぎっくり腰最善の治療法の深層筋療法

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は痛みの原因を明確にして根本原因にアプローチ。今すぐ痛みから解放されたい方「今すぐ」ご連絡下さい。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円
治らなかった痛み・辛さを驚異的に改善。深層筋療法は自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。二度と同じ痛みを繰り返さない状態に体を改善させる。

電話:0422-27-6505

治療インターネット予約はこちら

ぎっくり腰になった時の正しい治療法

ぎっくり腰とは突然ぐきっという衝撃を腰に感じ、同時に激しい痛みに襲われて動くことが出来ない状態に陥る症状のことで、重たい荷物を無理して持ったり、腰に過度な負担をかけることで起こるといわれています。
ぎっくり腰になったときには正しい治し方をすることで出来るだけ症状を長引かせず、回復に向かうことが出来るのです。
まず最初にぎっくり腰の症状を感じたときには、安静にすることが正しい治し方です。激しい痛みのあまり動くことが出来ないというケースが多いですが、そのときは痛みが少しでも和らぐ姿勢を見つけて暫く安静にして動かないことが重要です。動ける程度の痛みならば我慢をして仕事や家事をしてしまうこともありますが、ぎっくり腰が悪化しないためにまずは安静にして身体を休めてあげましょう。
少し落ち着いてきたらぎっくり腰になった部分を冷却して炎症を落ち着かせ、姓こつんに治療に出向くのが正しい治し方ですすが電気を当てて終わりの場合も多いのでスーリヤへご相談下さいませ。自己流でストレッチやマッサージをしても悪化する可能性がありますそして正しい治し方でぎっくり腰が完治したら、再発しないために腰や太もも付近の筋肉を鍛えて腰に負担をかけすぎない生活を心がけることが大切です。

日常生活でできる ぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰の原因は、腰まわりの筋肉が凝り固まり、硬くなっているところに、前かがみになる事で、腰にストレスがかかり、発症します。ぎっくり腰の根本的な治し方は、腰の筋肉をほぐすことに他なりません。

ストレッチを行って、腰周りの筋肉を、柔らかく保っておくことが大事です。効果的なストレッチとして、上半身の重みが腰の負担とならないよう、床に寝て行うものが推奨されています。
仰向けに寝て、両方の手のひらを床につけます。両膝を、床と三角の形を描くようにに立て、両膝をつけたまま、左右にゆっくりと倒します。息を吐きながら両膝が離れないように右に倒し、元に戻し、左に倒し、元に戻す、という順序です。倒す時に息を吐き、戻す時に息を吸うようにしましょう。

また、ぎっくり腰の治し方として、通常の姿勢に気をつけることが挙げられます。
常に骨盤を前に倒した前傾姿勢であると、腰に常にストレスがかかることになります。前かがみにならないよう、骨盤を立てた立ち姿勢を心がける必要があります。内股となると、骨盤が後ろに開き、腰に負担がかかることになるため、内股にならないよう配慮することが必要です。「前かがみにならない」「内股にならない」という姿勢を心がけることは、ぎっくり腰の根本的な治し方となります。

ぎっくり腰の治し方は整骨院より深層筋療法が最善

何か荷物を持った時や、腰を曲げた時におこる急な腰痛をぎっくり腰といいます。腰を曲げたまま動けなくなったり、歩くのも大変だったりします。整骨院で効果無いマッサージは電気治療する前にスーリヤへご相談下さい。ぎっくり腰の治し方は原因を確かめるべきです。整体やマッサージに行く人もいますが、かえって悪くなる場合もあります。レントゲンで椎間板ヘルニアや脊椎官狭窄症と診断されることもあります。レントゲンで異常がない場合は筋肉やスジの緊張や炎症によるものでしょう。治らない場合は硬膜外注射をしてくれる開業医もあります。炎症を鎮めて脳からでる傷み物質を遮断するのが目的です。
ぎっくり腰の治し方を考えるのも大事ですが、日頃の生活を見直したほうがいいです。腰痛の人の多くは腹筋や背筋が弱く、運動をしていない人が多いです。痛みが軽くなったら、毎日朝夕、ベッドで上半身を曲げて両手で足首を持つストレッチや軽い腹筋運動をすると予防できます。何かを持つときには腰を曲げるのではなく膝を曲げ、両足を広げたり足を前後にすると、腰の負担が減ります。常にお腹に力を入れることを意識すると、腹筋が鍛えられます。

ぎっくり腰になった時の整骨院の治し方

ぎっくり腰になったとき、まず考えられる治し方は整形外科など病院を受診する方法です。病院ではぎっくり腰特有の激痛を緩和してくれる鎮痛剤を直接患部に注射したり、内服薬や外用薬を処方してくれたりと痛みに対する治療が行われるのが一般的です。痛みを取り除く治し方を受けたからといって、症状がすぐに改善するわけではないため、コルセットで患部を固定したり出来るだけ安静にして身体を動かさないなどの配慮をすることも重要です。
そして整骨院や整体院などの病院以外の機関を利用した治し方もぎっくり腰の症状を改善するために有効となります。患部を揉み解して血行を良くしたり、歪んだ骨格を元に戻して痛みを緩和させたりといった施術を受けることが可能となります。病院とは違うため、あくまでもぎっくり腰を緩和するために利用するのが主な目的ですが、自分の状態と合った施術を受ければぎっくり腰の緩和はもちろん、予防に役立てていくことも可能となるため、是非利用したい方法です。
正しい治し方を行っていけば、辛いぎっくり腰やクセになっているぎっくり腰でも慌てずに対処することが出来て、激しい痛みとも上手に付き合っていくことが出来るため、治し方を理解する事は大切です。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

慢性腰痛
ぎっくり腰は安静も大切ですが軽いぎっくり腰の治し方で治すことも可能です

軽いぎっくり腰は即日で治すことも可能です ぎっくり腰は、急性腰痛や椎間捻挫などとも言われ、腰がギクッという衝撃とともに強烈な腰の痛みに襲われます。 ぎっくり腰の原因は特定されてものはなく、ぎっくり腰になる人の数だけ原因があると考えることができ、腰椎が …

ぎっくり腰
ぎっくり腰の治療法、治し方は深層筋療法1回で劇的に改善

ぎっくり腰になる一番の原因とは ぎっくり腰の原因は様々で痛み方もそれぞれですが、根本的な原因がいくつかあります。まず筋肉が慢性的に疲労していることです。ぎっくり腰とは突然起こる腰痛ですが、症状が急なだけで原因はゆっくりと進行しているケースが多いです。 …

ぎっくり腰
ぎっくり腰になった時の応急処置について

ぎっくり腰になった時の応急処置について ぎっくり腰になると、ギクッという痛みと共に強烈な痛みが腰に走り、動けなくなるような症状に突如として襲われます。急性腰痛などとも呼ばれている通り、正に前触れもなく突然痛みに襲われ、しかも痛みの度合いは、その場から …