東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/02/08


40代後半から起こる四十肩、五十肩の原因と治療法

40代後半から起こる四十肩、五十肩の原因とは

40代以降になると、四十肩、五十肩の症状が起こることがあります。40代後半から60代くらいに発症することが多いことから、四十肩、五十肩と呼ばれますがどちらも症状は同じで、肩や腕を動かすと痛みが生じそれによって腕などを動かす範囲が狭くなってくると言うのが特徴です。四十肩、五十肩の原因ははっきりと解明されてはいません。しかし四十肩、五十肩の原因としては加齢によって肩の間接や筋肉、その周辺の組織が固くなったりすることによって炎症や痛みが起こるとされています。その他にも、四十肩、五十肩の原因として食生活の乱れや喫煙、飲酒と言った生活習慣やストレス、ホルモンバランスの変化なども間接的な要因として挙げられるとされています。四十肩、五十肩は40代以降に発症することが多く、男女の違いや運動習慣などが歩かないかと言ったことの違いには大きな違いがありませんし、右利き左利きと言ったことなどにも発症が起こり安などと言った違いはありません。ただし、若いころにスポーツなどで肩を酷使していたり、肩を痛めたことがあると四十肩、五十肩が起こりやすい傾向があります。また普段から猫背と言う人の場合には体にゆがみが生じやすいとされています。

四十肩、五十肩の最善の治療法

深層筋療法

四十肩、五十肩治療料金

料金

中年以上に起こる四十肩、五十肩症状とは

40代以上の中年期に入ると、肩こりとはまた違った四十肩、五十肩症状が起こることがあります。40代頃から60代にかけて起こることが多いため、四十肩、五十肩と呼ばれていて、呼び方は違いますがその症状に大きな違いはありません。四十肩、五十肩症状の特徴としては、痛みがあげられます。肩を動かそうとすると痛みが起こるので肩や腕を動かせる範囲が狭くなってしまうのが特徴です。特に腕を上下や水平に動かすと痛みが起こりやすくなります。肩こりとは少し違う感じがすると感じたら、四十肩、五十肩症状が起こっている可能性があります。チェック方法としては、肩がこわばっている感じがする、腕を上下に動かしたり、肩を動かすと痛みが起こる、着替えや洗髪、整髪など腕を上げることがつらく感じる、背中のファスナーを閉めたり開けたりするのがつらい、寝返りを打つと肩に痛みが起こるなどです。痛みには個人差があり、肩関節だけではなく、首や腕にも広がって痛みを感じる場合もありますし、症状が進行するとズキズキと激しく痛みを感じる場合もあります。また、左右両方の方に症状が出ることは少なく片方の肩に症状が出る場合がほとんどです。四十肩、五十肩症状は痛みが落ち着いてきても肩や腕の動きが制限されてしまうこともあります。

激痛になる四十肩、五十肩予防法

年齢が40代や50代になっても、誰もがその実感がなくいつでも気持ちは若いつもりです。
しかし、実際の体はそうした気分とは裏腹に着実に老化は静かに進行しています。それを、感じるのが腕が上がらないことや腕に激痛が起こる四十肩、五十肩です。首から肩、背中の筋肉が過剰に緊張してこっている状態になります。
これは、呼び名にその年代が入り否応なく自分の老化を実感します。
その四十肩、五十肩予防法をすることで防ぐことは可能です。
四十肩、五十肩予防法をする時期ですが、できるだけ早い時期からするのが好ましいとされています。
早い時期というのは、20代から始めても大丈夫です。
まず、初めは腕の筋肉を伸ばしていきます。前に腕を伸ばし片方の腕で伸ばすようにストレッチをしていきます。
次に、丸くなりやすい姿勢を伸ばすことです。骨盤と腰のあたりに両手を回し、肘を少しだけ後方へ引く意識をすると背中を伸ばすことができます。
また、背中で両手を交差させるようにしていくと肩関節周囲が柔らかくなります。
ただ、これらの予防法は無理をしないことです。
ストレッチをしているときに、痛みがでた場合にはすぐに中止して止めることです。
無理をすると、筋肉をさらに痛めることになります。

四十肩、五十肩におすすめなストレッチ

なってしまうと辛い四十肩、五十肩ですが、四十肩、五十肩の一番の治し方は「運動(体操)療法」です。しかし、自己流で間違った体操やストレッチを続けると悪化してしまう事もあります。そこで、四十肩や五十肩におすすめなストレッチをご紹介します。まず、前かがみ体操といわれる体操です。やり方は、身体を前屈させた状態で、腕をだらんと下げて力を抜きます。そして身体を円を描くように揺すり、それにつられて腕が脱力した状態で円を描くように動かします。とても簡単で肩が痛くても無理なくできる運動です。振り子運動もおすすめです。脚を前後に開いて立ち、身体を前屈させて腕を力を抜いてだらんと下げます。その状態で身体を前後に揺すると、身体の揺すりにつられてダランと力を抜いた腕が前後に動きます。このような簡単なストレッチで良いので、身体を動かす事が肝心です。また、辛い四十肩、五十肩にならないためにも、予防ストレッチをする事もおすすめです。まずタオルを準備します。タオルを肩幅くらいに開いて持ち、腕を上げます。そのまま左に体を徐々に倒していって、20秒キープします。正面に戻してから、今度は反対側に倒します。とても簡単なストレッチなので、予防のためにも行ってみてはいかがでしょうか。

ストレッチ

四十肩、五十肩を軽減する体操

四十肩、五十肩の症状が起こると肩や腕に痛みが生じて肩や腕を動かす範囲が狭くなってくるためとても不便ですし、つらいと感じることが多くなってしまいます。この四十肩、五十肩の症状を軽減する方法としておすすめなのは四十肩、五十肩体操です。やり方はまず、椅子に浅めに腰かけて背筋をしっかりと伸ばします。次に腕が上がる角度を左右の腕とも確認しましょう。次に手のひらを天井に向けて、足の腿に乗せます。肩が天井に引っ張られていくようなイメージで上半身を上に向かってグーッと伸ばします。ある程度伸ばしたら、スーッと力を抜いて脱力し体をもとの状態の戻しましょう。このとき腰の力も抜くようにしましょう。これを自分の体力に合わせて5回から10回行うようにしましょう。この体操を行うことで、肩から腰につながっている筋肉を緩めることができるため、肩を上げやすくしていくことができます。また椅子がなくてもできる体操としてはまっすぐに背筋を伸ばして立ち、片手で首の後ろ側の服の襟をつかみます。つかんだ手を中心にして肘の先でぐるぐると円を描くように動かします。このとき腕だけではなく肩甲骨も意識して動かしてみましょう。10回を1セットにして1から3セット行いましょう。体操は痛みが強い場合などには無理して行わないようにし、自分の体調などに合わせて行うことが大切です。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

五十肩、肩関節周囲炎の症状、原因と最善の治療法

五十肩の症状、治療法 中年以降になると身近になってくるのが、「肩が痛くて上げられない」という症状。「五十肩」という 呼び方が広く知られていますが、正式名は「肩関節周囲炎」といいます。五十肩といっても、実際には40 歳代後半から60歳代までにみられる病 …