東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/02/08


ぎっくり腰に効果的なストレッチ

ぎっくり腰の治し方に効果的なストレッチ

ぎっくり腰とは急性と慢性の2種類に分けられ、前者はそれまで何も問題のなかった身体に、重たい物を持ち上げた瞬間や、普段行わないスポーツをして無理な姿勢になった瞬間に突然激痛が走って、動けなくなる症状。後者は元々軟骨がすり減っているなどの兆候がありながら、長時間の車の運転や座ったままのデスクワークの蓄積により常に痛みが続く状態を指します。
ぎっくり腰は急性と慢性で処置が異なりますが、共通して言える事は腰に無理をさせない(負荷を掛けない)事です。激痛が治まる迄は安静にして動かさない事、痛みが徐々に治まり医師からOKサインが出たら、日常生活に支障のない範囲まで回復するリハビリを始めます。いずれも素人判断で処置してはいけません。軟骨がすり減っている場合、手術という方法も考えられます。基本的に温める事が良いとされますが、炎症を起こしているケースでは一時的に冷やす事も有効な場合があります。この辺りの判断は専門医に指示を仰ぐのが賢明です。治療に使用するコルセットに頼り過ぎると筋肉が収縮し、完全回復が見込めなくなる事もあるので、こうした補助具も上手に活用しなければ効果がありません。痛み止めや補助具の使用タイミングは医師の指示通り行う事で効果が発揮されます。
ある程度回復した段階でストレッチも治療に効果がある事が分かって来ました。しかし、ぎっくり腰をした身体でストレッチというのは恐怖と隣り合わせです。また急激な痛みが来るのではないか、そんな不安を抱えながら実施しても意味がないので、こちらも専門のリハビリ技士に指導してもらって行う事をお勧めします。
ストレッチと言っても、腰回りを中心に行う訳ではありません。普段腰を守ろうとして負荷を掛けている箇所の筋肉を解し、腰を支える筋肉を鍛える目的で実施します。正しい姿勢で行う事が一番重要で、決して痛みに耐えながら行うものではありません。汗ばむ程度に身体をゆっくり伸ばし、気持ち良いと感じる程度に解す事でリラックスして、酸素が十分に体内に行き渡り、血行を促進し必要な筋肉を育みます。腰回りの筋肉を鍛えるという事はお腹の脂肪は燃焼され贅肉は少なくなります。体重が減ると腰への負担が軽くなり、腹筋が鍛えられるとかなり腰の痛みは回復します。お腹がポッコリ出た中年太り体型は腰に一番負荷が掛かる体型です。痩せる事が目的ではなく、適正な体型を維持する事で身体全体の健康バランスが取れます。
ストレッチは毎日少しずつ実施する事がポイントで、1ケ月に1度、1週間に1度2時間や3時間まとめて実施しても効果は殆ど感じられません。急激に行うのではなく、少しずつ可動域を広げ、柔軟性を増す事で筋肉も確実に付いてきます。筋肉は使わなければ直ぐに落ちてなくなり、使えば使う程鍛えられて成長します。全身にある筋肉の付き方を把握し、それぞれに適したトレーニングを実施すると年齢にも性別にも関係なく、筋肉を鍛える事が可能です。鍛えた日には浴槽にゆっくり浸かり、疲れを癒す事も忘れてはいけません。酷使するとかえって身体を傷める原因になります。こうしたノウハウは専門の勉強をした人でないと知る由がありません。整体師やリハビリ技士に相談すると良いでしょう。
ストレッチと並行して行いたいのが食事の管理です。3食正しいバランスで食事をとるのが理想的ですが、昨今の生活スタイルでなかなか理想通り食生活を営む事が難しくなっています。そこでお勧めなのが、1ケ月スパンで見る食生活改善です。毎日の食生活を神経質に考えると嫌気がさして断念しますが、例えばある月の1周目は飲み会などで暴飲暴食が続いた場合、その翌週は意識して腹八分以下、アルコールも控えめにして甘い物も1日1回、昼間だけに抑える。実はこの程度の意識で十分効果があると言われます。1ケ月を総合的に見た時、全体のバランスが整っていれば身体は十分満足して、無駄な脂肪を貯め込む事も無いと言うのです。この1ケ月スパンの食生活改善法は多くの人に指示され、実際に効果が立証されている理想的な方法です。
食生活が安定すれば、自ずと身体の体調も整い易くなり、ぎっくり腰の回復及びリハビリにも非常に良い影響を与えます。何も実行しなければ、体調も身体も変化は起こりません。
ぎっくり腰は貴方の身体が出したSOSのサインです。これを機会に身体と向き合い、大切にして健康で楽しく生活するための方法を考えるきっかけにすれば良いのです。ぎっくり腰をきっかけにそれまでより健康になった、回復してから定期的な運動を続ける事で体力が増した、基礎体力が向上したという話はよく聞きます。
つまり貴方にも今より健康な身体を手に入れる事は可能であると断言出来ます。それには貴方自身の努力と決意が必要です。あまり負担に思わないで、毎日の習慣として取り入れると、実行しない日は身体がムズムズするはずです。適度な運動やストレッチは身体にとって何よりも良い健康法です。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

ぎっくり腰原因
ぎっくり腰とは何か?その原因と症状と応急処置

ぎっくり腰とは何か?その原因と症状 腰が突然ギクッとして、激痛が走りどうにも動けなくなってしまう、という場面を目にすることがあるでしょう。普段から定期的に運動していて体力に自信がある人でも、突然経験することがあるため、その原因と症状について知っておく …

ぎっくり腰
ぎっくり腰と間違えやすい症状の腰椎椎間板ヘルニアも即日緩和可能です

ぎっくり腰と間違いやすい症状 ぎっくり腰は腰に激痛が走りますが、ぎっくり腰のほかにも、腰に痛みが走る病気や症状がいくつかあります。ぎっくり腰の痛みは強いですが、病院で加療しなくても安静にすることで治りますが、ほかの腰痛は一クセも二クセもあるものばかり …

病院
ぎっくり腰治療で保険適応するには

ぎっくり腰治療で保険適応するには デスクワークの増加もしくは達仕事の増加など同じ姿勢を繰り返すことが多くなっていることによって、本来2足歩行で動くことが理想の体の一部に大きな負担がかかることが増えています。それによって生じた負担が限界を超えた場合に脳 …