東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/02/08


ぎっくり腰は安静も大切ですが軽いぎっくり腰の治し方で治すことも可能です

軽いぎっくり腰は即日で治すことも可能です

ぎっくり腰は、急性腰痛や椎間捻挫などとも言われ、腰がギクッという衝撃とともに強烈な腰の痛みに襲われます。
ぎっくり腰の原因は特定されてものはなく、ぎっくり腰になる人の数だけ原因があると考えることができ、腰椎が瞬間的にずれて腰の筋肉が負荷に耐えることができずに炎症を起こしてしまう腰痛なのです。
ぎっくり腰と言われる痛みは、検査しても椎間板や骨格などに異常がなく、神経痛も発症しません。目立つ症状がなく腰痛の症状がある場合に急性洋付や椎間捻挫などの病名がつきます。
原因はぎっくり腰になった人の数だけありますが、主な原因には筋肉疲労、骨格の歪み、いきなりの過剰な負荷です。
ぎっくり腰は、中腰で荷物を持ち上げようとした瞬間に起こったり、よろめいて片足を勢いよくついた瞬間に激痛がある場合があります。日常の中で同じような動作をしても問題なかったところ、ある瞬間に腰が痛むのです。これは少しずつ溜め込んだ筋肉疲労が負荷の許容範囲をこえた時に腰痛となって発症するのです。筋肉疲労は、睡眠不足、栄養バランスのとれていない食事、運動不足や座った状態で仕事を続けるなど筋肉の疲労が回復されずに徐々に蓄積されて急な腰痛を招くことにつながります。
骨格の歪みは、立ちっぱなしなどの仕事であると長時間限られた姿勢でいることが多くなり、体の柔軟性が失われ、同じ骨格や筋肉だけを使うことになります。使われている筋肉には負荷がかかり、使用していない筋肉は少しずつ歪んでいき、筋力のアンバランスを生み出して骨格の歪みを招いていきます。歪んだ骨格は左右のアンバランスを生み出して、その周辺の筋肉への負荷に変わり、体のバランスをとろうとして筋肉に徐々に疲労が蓄積されて腰痛につながります。
さらに、高い所から急に飛び降り着地の瞬間、勢いよく振り返った瞬間、横になっていて勢いよく起き上がった瞬間など、止まっている状態からいきなり動いた時などに、腰に過剰な負荷がかかり、ギックリ腰になってしまうことがあります。これらの原因の他にも、体重、筋肉のバランス、生活習慣、生活環境、体質なども原因として考えることができます。
ギックリ腰にも軽い場合と重症な場合があります。軽いギックリ腰は、少し休んだり、痛みを我慢することで動くことができる状態ですが、軽い腰痛であっても局所は炎症していることに変わりなありません。痛みを我慢して動いてしまうと炎症は悪化してしまうのです。痛みも増すことがあるため、軽いギックリ腰であっても動き回ることは控えることが大切です。動かざるを得ない状況である場合は、患部をかばって動き、油断は禁物です。
ギックリ腰は安静が基本ですが、実は筋肉がしまっている状態でもあり、この状態で筋肉が痛みを起こしているため、いつまでも安静にしていると筋肉がさらに固まってしまい痛みがとれなくなってしまいます。動かせるところから動かす方が治りも早くなり、治った後の違和感もとれやすくなります。
軽いぎっくり腰の治し方は、最初に、痛みが一番楽な姿勢を見つけます。横になれる状態であれば寝てしまいます。
仰向けになり、両膝を曲げたり、横向きの姿勢で背中を丸めて、足の間に枕などを入れる状態は楽な姿勢です。痛みを感知している脳をリラックスさせるために、痛み部位に手を当て続けます。これにより痛みを緩和することができます。痛みが治まってきたら、動かせるところから少しずつ動かします。足首を動かし、上半身は固定したまま膝を立てて揃えたまま左右に小さく動かします。
ここで少しずつ動かせるようになったら、四つん這いになりハイハイします。これにより背中の筋肉や股関節の筋肉が柔らかくなります。痛みが強い場合は控えます。
動けるようになったら38度〜40度程度のお風呂に入ります。ギックリ腰は炎症を起こしているため冷やすことが大切ですが、冷やすことで血流を悪くして治すスピードを遅らせることになります。痛みのある患部を温めることで修復作業が促進されて痛みの治りは早くなることが期待できます。
ギックリ腰になる原因のひとつに、足の筋膜が硬くなると腰に負担がかかることがあり、足の筋膜をストレッチすると腰の痛みが楽になることがあります。
腰に痛みがある場合は無理は禁物ですが、正座で太腿の前のストレッチが可能なので、1分程度正座をします。続いて太腿の裏のストレッチを20秒行ないます。椅子に浅く座り、片足を伸ばしてゆっくり前に体を倒します。正座と太腿の裏のストレッチをお風呂上がりに行なうと効果的です。
これら軽いぎっくり腰の治し方で改善することが可能で、動けるようになりますが、痛く無いことが完治したことにはならないため、一度専門医に腰を診察してもらうことは必要です。
また、ギックリ腰を再発させないために、普段から腰回りや背骨周りの筋肉を柔軟にしておく必要があります。ストレスが溜まることで腰痛になる可能性もあります。腰痛は体が悪くならないように防衛システムが働いている状態でもあるため、ストレスを溜めない工夫も必要です。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

ぎっくり腰と間違えやすい症状の腰椎椎間板ヘルニアも即日緩和可能です

ぎっくり腰と間違いやすい症状 ぎっくり腰は腰に激痛が走りますが、ぎっくり腰のほかにも、腰に痛みが走る病気や症状がいくつかあります。ぎっくり腰の痛みは強いですが、病院で加療しなくても安静にすることで治りますが、ほかの腰痛は一クセも二クセもあるものばかり …

ぎっくり腰予防に効果的なストレッチで快適な生活を

ぎっくり腰予防に効果的なストレッチ ぎっくり腰からの回復を早める効果的なストレッチをご紹介しましょう。腰が痛むから、腰を伸ばせばいい、なんて考えていませんか?腰は多くの筋肉がある場所で、上半身と下半身の働きを制御する筋肉も備わっています。それだけに、 …

ぎっくり腰に効果的なストレッチ

ぎっくり腰の治し方に効果的なストレッチ ぎっくり腰とは急性と慢性の2種類に分けられ、前者はそれまで何も問題のなかった身体に、重たい物を持ち上げた瞬間や、普段行わないスポーツをして無理な姿勢になった瞬間に突然激痛が走って、動けなくなる症状。後者は元々軟 …