東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/02/08


ぎっくり腰になった時の応急処置について

ぎっくり腰になった時の応急処置について

ぎっくり腰になると、ギクッという痛みと共に強烈な痛みが腰に走り、動けなくなるような症状に突如として襲われます。急性腰痛などとも呼ばれている通り、正に前触れもなく突然痛みに襲われ、しかも痛みの度合いは、その場から動けなくなるほど強烈なものの場合が多いです。
きっかけとしては、重い物を持ち上げたり、準備もなく体を激しく動かしたり、あるいはくしゃみをしたことによってなったという人も少なくありません。これらは、日々の生活の中でため込んでいた筋肉疲労が、キャパシティーオーバーを起こしてしまったことや、長時間同じ姿勢を取っていたことから起こる骨格の歪みなどにより、引き起こされることが多いです。いずれにしても腰の筋肉に過剰な負荷がかかったため、腰に炎症を起こしている状態になってしまっています。
それではぎっくり腰に襲われた場合、どのような処置を取ればよいでしょうか。
ぎっくり腰は、その痛みが強いため、咄嗟に救急車を呼んだり、夜の場合は夜間病院にかかったりしてしまう人もいます。けれどもそれはやめておいた方がいいでしょう。確かに痛みは激しいでしょうが、通常は命にかかわることはないためです。救急病院や夜間病院は、命に係わるような緊急性の高い患者のための施設です。またもしこのような病院にかかったとしても、症状が劇的に回復するということもまずありません。例えかかったのが整体医院だったとしても、発症直後は病院でできる処置はあまりないものなので、無理に病院にかかることは控えましょう。
それでは応急処置として何をすべきかというと、まずは横になったり、壁に寄り掛かるなどして、安静にすることです。この時大切なのは楽な姿勢を取ることで、身体を丸めるなり四つん這いになるなりして、できる限り痛みの和らぐ格好で、痛みが少しでも落ち着くのを待ちましょう。もし痛みに襲われたのが外出時の場合には、人の手を借りるなどして安全な場所へ移動し、楽な格好を取るようにしましょう。いずれにしても発症直後は自力で動くことすら困難なので、少しでも体を動かせるようになったら、腰の筋肉に負担がかからないよう気を付けつつ、体を休めましょう。その際、何かに寄り掛かる場合には、安定性のあるものを選ぶようにしてください。また横になる場合には、なるべく体が冷えないような場所にしましょう。寝転がった時に、腰に負荷がかかるように感じた場合には、腰の下にタオルやクッションを置くなどして、なるべく腰に負担がかからないようにしましょう。
またぎっくり腰は腰に炎症を起こしている状態なので、なるべく冷やすようにしましょう。アイスノンや氷嚢、冷却シートでもいいので、10分ほど腰を冷やせば、炎症を抑えることができ、痛みの緩和に繋がります。なお氷を使う場合には、凍傷を起こさないよう、ハンカチでくるむなどして使用しましょう。
この応急措置について、むしろ痛めた腰は温めた方が楽になるのではないかという見解もあります。確かに腰痛で整体医院にかかると、患部を温められることはありますが、それは専門的知識のある医師による処置であり、まったくの一般人が聞きかじりでそのような手段を取ることはやめるべきです。一般に炎症を起こしている部分を温めても、症状が改善することはありませんし、むしろ炎症部分を広げてしまうことにもなりかねません。特に入浴は危険です。腰痛が起きている状態では、通常通り歩くこともままならないはずです。そのような時に足元が滑りやすい水場に入っては、何が起こるかわかりません。
また患部をマッサージをしたり指圧するのも、危険なのでやめましょう。筋肉が炎症を起こし、痛めている状態でそこを揉みほぐすことは、傷口を広げるようなものです。資格者による施術を受ける場合は別ですが、少なくとも自己判断での応急処置として、マッサージを施すのはやめましょう。同様に、ストレッチもやめた方がいいです。少し動けるようになったからといって、痛みをこらえながら無理に患部を動かすようなことはしないことです。痛みがぶり返し、むしろ症状をひどくすることになりかねません。
処置をしても激痛が治まらなかったり、発熱を起こした場合には、整体医院ではなく、整形外科にかかるようにしましょう。また激痛に嘔吐が加わったり、腰以外にも幹部がある場合には、無理せずに救急車を呼ぶようにしましょう。
なお、応急処置によって痛みが治まったとしても、当面は無理に身体を動かすようなことはしないようにしましょう。洗顔時に前かがみになったり、トイレでいきむようなことは、思いがけず腰に負担をかけてしまいます。また柔らかい布団やマットレスでの就寝や、うつぶせ寝、同じ姿勢を取り続けることも控えましょう。重い荷物を持つようなこともしない方がいいです。歩行に不安がある場合には、骨盤ベルトを巻くなどをして、腰をサポートするようにしましょう。
腰痛は、再発させないことが大切です。痛みが引いても、一度は医師の意見を聞き、再発危険性がなくなるまでは無理をしないようにしましょう。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

ぎっくり腰
ぎっくり腰の治療法、治し方は深層筋療法1回で劇的に改善

ぎっくり腰になる一番の原因とは ぎっくり腰の原因は様々で痛み方もそれぞれですが、根本的な原因がいくつかあります。まず筋肉が慢性的に疲労していることです。ぎっくり腰とは突然起こる腰痛ですが、症状が急なだけで原因はゆっくりと進行しているケースが多いです。 …

ストレッチ
ぎっくり腰に効果的なストレッチ

ぎっくり腰の治し方に効果的なストレッチ ぎっくり腰とは急性と慢性の2種類に分けられ、前者はそれまで何も問題のなかった身体に、重たい物を持ち上げた瞬間や、普段行わないスポーツをして無理な姿勢になった瞬間に突然激痛が走って、動けなくなる症状。後者は元々軟 …

youtu3
慢性化のぎっくり腰の応急処置は深層筋療法が最善です

慢性化のぎっくり腰を緩和させる直し方 何気ない行動で突然腰に激痛が走ってぎっくり腰になってしまうことがあります。ぎっくり腰の原因は長い時間同じ姿勢などで、骨盤の内部の筋肉があまり動かない状態を続け股関節が固まってしまうと大腰筋の緊張が出てそれによって …