東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/02/08


ぎっくり腰治療で保険適応するには

ぎっくり腰治療で保険適応するには

デスクワークの増加もしくは達仕事の増加など同じ姿勢を繰り返すことが多くなっていることによって、本来2足歩行で動くことが理想の体の一部に大きな負担がかかることが増えています。それによって生じた負担が限界を超えた場合に脳が限界を超えたことを知らせるために痛み物質を出して教えることが関節痛なのですが、その関節痛の中でも突発的に表れるのを腰部分にかかるぎっくり腰です。この症状は別名魔女の一撃と言われるほど突然襲われるものであり、その原因もまた立ち仕事もしくは座り仕事の偏った姿勢の増加によって腰部分に負荷がかかることで腰の骨が歪み、さらにこれまで耐えてきた腰の筋肉繊維が腰のゆがみでさらに負担が軽減できずに限界を迎えた段階で炎症を起こし痛みとなります。

実際のぎっくり腰というのは突然襲われることが特徴ですが、本来は元々ぎっくり腰になる条件が整っていて患部は炎症を起こしているのですが脳がそれを察知するほどの炎症ではない限りは痛みとして現れないことが多いのです。そのことからぎっくり腰は持病の一環として扱われている共に、一度発症すると炎症の負担が治まるまでは痛みそして再発リスクも比較的高い厄介な症状なのです。症状が起こったときの対処法としては炎症が治まるまでの間は筋肉繊維の回復を待つために患部を温冷療法で痛み物質を流し再生を待つ絶対安静が条件ですが、ただ絶対安静といっても実際には学業や仕事上の関係で重い病気と違い休むことはできないため症状を患ったまま動かざるを得ないのも事実です。そこで利用することが良いのが整形外科もしくは接骨医といった医療機関であり、医療機関で患部に麻酔を打ち痛みを和らげつつ骨のゆがみを直して緩和させる医療方法を取ります。しかしそれでも医療機関を受診し痛みを緩和したとしても長い期間通院しなければならないことに変わりないため、現在では法律の改正によりこれまで認められていなかった保険適応が出来るようになっています。そのため医療機関で保険適応が効くようになり利用することが増えていますが、ただし実際に保険適応するには定められたルールを満たさないと保険適応されないことを覚えておく必要があります。

最初のルールは患った状態で整形外科を受診し、その上で当然ながらレントゲンなどを受けて患部の状態を調べたうえでぎっくり腰であるという診断を受けることが条件となります。しかしここで最初の注意点としては、その痛みが発症してから2週間以内に医療機関に受診したものでないと適用されないということです。それはあくまで急性に発症し腰に熱を持った痛みがある状態がぎっくり腰に分類され日常生活に支障をきたしてしまうためであり、それから2週間たって痛みが続く物は慢性の腰痛となり別の種類となってしまうため適用外となるためです。そして次に整形外科での治療を行う場合には保険適応されますが、しかし整形外科はその他大勢の患者も見るため自身が見るときに時間がかかるデメリットを考えてその他の治療期間となるセカンドオピニオンを行う際にも注意点がいくつかあります。保険は治療を行った場所で一度使うと乱用を防ぐために同時期に他の医療機関との併用は保険適応内では受けられないようにしている仕組みとなっており、病院で腰を診てもらいながらその他の治療期間である整骨院も通うなど両方の通院だと保険は利かないようになっています。そしてセカンドオピニオンの選択肢の一つに整骨院ではなく、中国由来の治療法となり血行促進による怪我の修復効果で行う鍼灸院で腰痛を治療してもらう場合にも注意事項があります。それは鍼灸院で腰痛を治療してもらう場合には、その鍼灸院が保険診療をしている鍼灸院に行かなければならないことです。鍼灸院の中にはしっかりと知識を持って認可されていても個人経営している鍼灸院が多く、それゆえに保険で半額されるため利益が少なくなることを考えて実費治療のところが多いことから看板を参照するか電話で保険が効くのかを相談し判断する必要があります。そして最大の注意点は仮に適応される鍼灸院を選んで受診して治療を行うとしても、実際に適応するには最初の段階での注意点となる患った状態で整形外科を受診しその上で当然ながらレントゲンなどを受けた条件を受けたうえで確定したことを診断した医者から同意書を受けないと適応されないことです。そのため治療を受ける前に再び受診して鍼灸院で同意書をもらい医師に書いてもらうもしくは医師から同意書を書いてもらってから鍼灸院に送るという形をしないと適応されないということです。先に言ったとおりに過剰に同じ姿勢を繰り返すことが当たり前の状態となったことに比例して体を痛めることが増えており、年々で年齢性別問わずに整形外科もしくはその症状に適応した医療機関に通院する人が増えています。本来その症状になったときには絶対安静が良いのですが予定上で出来ないことが多く、しっかりとルールを守ることを前提に痛みを我慢せずに医療機関を受診することが良いと言えます。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

病院
ぎっくり腰治療で保険適応するには

ぎっくり腰治療で保険適応するには デスクワークの増加もしくは達仕事の増加など同じ姿勢を繰り返すことが多くなっていることによって、本来2足歩行で動くことが理想の体の一部に大きな負担がかかることが増えています。それによって生じた負担が限界を超えた場合に脳 …

youtu3
整体を受けることでのぎっくり腰の治し方

整体を受けることでのぎっくり腰の治し方 ぎっくり腰は、急な動作によって腰に激しい痛みが走る症状のことを指します。一般的には、重い物を持ち上げた瞬間や身体を捻った瞬間、過体重や姿勢不良、筋肉の疲労などによって起こるとされていますが、明確な原因というのは …

ストレッチ
多くの方が経験するぎっくり腰 ストレッチでの治し方

多くの方が経験するぎっくり腰 ストレッチでの治し方 まず、ぎっくり腰になる原因ですが重い荷物を持ったからではありません。ティッシュを取っただけでもなる人はなります。ぎっくり腰というのは日頃の疲労が溜まっての症状です。また、同じ姿勢で仕事し続ける人にも …