東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/02/08


生理不順の危険性を知り、改善策を探る

生理不順の危険性を知り、改善策を探る

毎日忙しく仕事をこなし、ときには残業をしてストレスも溜まり、家に帰ってもやらなければならないことが盛りだくさん、そんな生活を送る女性も現代では多いのではないでしょうか。かつての日本社会と比べて、女性の社会進出が活性化してきているものの、ふとそんな生活に疲れてしまうこともありますよね。そんな生活の中ふと気がつくと、生理の不順に気づくことはありませんか?あれ、今月は生理が来たかも覚えていない、などという女性もいるようです。また、最近特にイライラするな、化粧品も変えてないのに肌荒れがひどい、という不調が表れることもありますよね。それは最近何かと耳にすることが多くなった、生理不順やPMSの仕業かもしれません。
まずこのPMSという言葉、女性であれば一度は聞いたことがある、という人は少なくないのではないでしょうか。一般的には生理が始まる10日~7日前に気分の落ち込みやイライラ、肌荒れなどの症状を指して言います。もちろんそれが始まる時期や症状の種類は人によって様々で、自分が気づいていないところで、この症状が出ているということもよくあります。症状が重くなると、鬱のような症状が表れることもあります。そういった代表的な症状以外にも、ありとあらゆる不調が考えられ、何かおかしいと思ってネットで調べてみると、それも実はPMSの症状にある、ということも珍しくありません。
こんなとても厄介なPMS、あまりにひどい場合は専門医をたずねてみた方が良いでしょう。最近は市販薬も販売されるようになりました。ただ、こういった問題は女性にとってはとてもデリケートなものなので、なかなか人には相談できない、という人も多いです。イライラがひどくて近くにいる家族や友人、職場の同僚にもついきつく当たってしまう、でもなかなか理解してもらえない、という悩める女性が多いようです。こんなことが毎月起こると思うととても疲れてしまいますよね。
そして、そもそもそんな生理自体が来ないということもある、生理不順に悩む女性もとても増えてきています。生理周期は人によって違いはあるので、一概に何日間でないからおかしい、ということは言いにくいものですが、毎月決まった周期で生理がこない人、もしくは生理自体が毎月来ないという人は、注意が必要です。本当に忙しい生活を送っていると、なかなか病院にすぐ行くということはできないかもしれません。しかしそんな生活こそが生理不順を引き起こす原因になっているということを知らなければなりません。例えばメディアなどでも、かつてのアイドルが当時の生活が忙しく不規則で、全く生理がこなくなってしまった、という話が取り上げられます。それが改善したのならば良いですが、そのまま放置してしまったり軽視してしまうと、本当に大変な事態を招きかねません。生理不順には、子宮に関係する病気が影響しているとも言われ、将来的に出産ができなくなってしまう可能性なども指摘されています。PMSと同様に、少しでも異変を感じたらまず医師に相談するのが懸命です。
こんなに様々な症状や不調を引き起こす生理ですが、女性の身体には必要不可欠で避けられないものです。そこで少しでもこういった厄介を改善するためにできることはあるのでしょうか。普段の生活の見直しが必要です。まずはバランスの良い食生活を心がけ、睡眠をしっかりと摂ることが何より大切です。また密かにエコブームの傍らで人気が高くなってきている、布ナプキンもこれらの不順を解決するアイテムになっているようです。肌に優しく身体にも害にならない布ナプキンを使用することで、生理不順や生理痛、PMSが軽くなったという女性も多いようなので、試してみる価値はありそうです。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

メニュー
美容鍼の効果と基本の打ち方について

美容鍼の効果 美容鍼は古くからある東洋の鍼治療を美容医療に応用したものです。長さは1.5cmから3cmの間の鍼を使用し、様々な太さのものを皮膚に刺していきますが、フェイシャルの場合顔面やデコルテを中心に複数の種類を使い分けます。打ち方はクリニックによ …

メニュー
肌荒れを引き起こす原因と対策法

肌荒れを引き起こす原因と対策法 肌荒れを起こすと皮膚がざらざらになったり、かさかさする、吹き出物が出たりします。要は健康な皮膚ではない状態であり、きちんと対策をしていかないとさらに重い肌トラブルになってしまうことがあるのです。つるつるの肌へと整えてい …

ニキビ
ニキビはできるだけ早期に改善することが大切です

ニキビはできるだけ早期に改善することが大切です 最近、大人の女性の肌悩みとして、上位に挙げられることも増えてきたニキビ、一昔前までならば、思春期特有の肌トラブルとして知られていましたが、近年では、成人以降の大人でも悩まされている人が続出しているようで …