東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2017/02/08


しわを作らない為のポイント

しわを作らない為のポイント

顔にできてしまったしわは非常に目立ってしまい、老けた見た目にしてしまいます。ですからいかにピンと張りのある皮膚に見せるかが見た目を若く保てるかどうかの分かれ目になってくると言えるでしょう。
若い肌をキープする為には乾燥させないように気を配るのが基本です。乾燥をしている状態は肌細胞が弱々しいですが、肌細胞が弱くなり衰えると水分を保持する能力も低下してしまいます。そして潤いのない肌状態は皮膚を支える力も弱まってしまう為、皮膚をたるませてしまうことになりますし、それによっておでこや口元などにしわを作ってしまうことになるのです。その為、張りのある肌を保つ為にも保湿をして潤いを補給しなければいけません。また、一見して潤いがあるような肌でもインナードライになっていて肌内部が乾燥しているようなこともありますので、表面的な潤いに惑わされないように要注意です。
紫外線対策も欠かさずに行うようにした方が良いでしょう。紫外線は肌状態を悪くする最たる要因でもありますが、紫外線は肌の奥深くまで届いてしまうのが厄介な理由です。特に乾燥肌の場合は細胞同士の結合力が弱く、隙間から紫外線が入り易くなってしまいます。

ほうれい線
紫外線対策の為にはUVカットクリームを付けたり、帽子や日傘、なるべく長袖などを着用するように気を配ることが大切です。
表情筋を鍛えて皮膚をたるませないように気を配るのもしわ予防の為にできることのひとつです。顔の筋肉だけに限ったことではありませんが、筋肉は使わないとどんどん衰えていってしまいます。特に顔の筋肉は意識して使うようにしないとなかなか鍛えることはできませんし、筋肉が衰えると皮膚を支える力も弱くなるのです。
顔の筋肉を鍛える為の方法としては表情を意識して作ってみるという対策法がありますが、例えば口周りを思い切り動かしてみたり、目を大きく開いたりギュッと瞑ってみるなどの方法が挙げられます。意識して色々な表情筋を使ってみることによって肌にも張りが出るようになりますし、また代謝も良くなりますので若々しい肌を維持し易くなるのです。
歪みを生み出さないようにしたり、矯正をしてみるのもしわ対策になります。殆どの人の顔は左右非対称であり何らかの歪みも持っていたりしますが、歪みがあると血流が悪くなって老廃物が溜まり易くなってしまいます。そして余計な脂肪もついてそれがしわの原因になってしまうこともありますので注意した方が良いでしょう。
歪みを生み出さない為には注意しなければならないことがいくつかあります。例えば片側の歯ばかりを使って食事をしたり、頬杖をつく、うつ伏せで眠るなどが挙げられます。また、体の歪みがあると顔にも影響することがある為、体を歪ませないようにすることも大事です。
矯正する為には歪みを生み出すようなことを意識的に止めると共に、矯正の為のリンパマッサージなどを行ってみるのも良いと言えます。また、歪みが大きかったり、体の歪みからくるものだったりする場合はセルフケアだけでは改善することが難しいこともありますので、専門の施術を受けるなどして対策をするのも良いかもしれません。
しわを作らない為にも極端なダイエットをしないことも大切と言えます。特に良くないのが間違った食事制限によるダイエットです。特定の食材しか食べない、炭水化物は摂らないなどのダイエット方法もありますが、こういった方法ですと大きく栄養バランスを崩してしまいます。肌を作る為の栄養も不足することになりますし、肌が弱くなれば肌の老化が進むのも自然なことです。ダイエットで痩せることができても肌の質が悪くなる恐れもありますので、ダイエットをするにしてもやり方はきちんと考えなければいけません。

   美容鍼


  

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

美容鍼の効果について-10年前のフェイスラインへ

今人気の美容鍼の効果とは? 人間の体には多数のツボがあります。そこを刺激する事によって血行を良くしたりする事も出来、健康の維持・増進の為に刺激している人も少なくありません。また、健康目的だけでなく、美容の為に利用する人もいます。 その場合には美容鍼と …

分かりにくい美容鍼や鍼灸の料金、実際いくらかかるの?

分かりにくい美容鍼や鍼灸の料金、実際いくらかかるの? 今女性に大きな話題を呼んでいるのが鍼で行う美容法です。 専門の美容鍼の治療院等ができたり、従来の鍼の治療院でも美容コースを設定したりして多くの方が美容のために鍼治療を受けることができるようになって …

生理不順の危険性を知り、改善策を探る

生理不順の危険性を知り、改善策を探る 毎日忙しく仕事をこなし、ときには残業をしてストレスも溜まり、家に帰ってもやらなければならないことが盛りだくさん、そんな生活を送る女性も現代では多いのではないでしょうか。かつての日本社会と比べて、女性の社会進出が活 …