東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

   


眼精疲労の問題とセルフケア

眼精疲労の問題とセルフケア

眼精疲労の問題は、現代人の慢性的な悩みの一つで、様々な症状や苦痛の原因になっています。
スマートフォンやゲーム、パソコン等を避ける事は難しいので、眼精疲労は解決が難しいと考えがちですが、適切に対処を行えば解決する事が出来ます。
眼精疲労の原因は、同じ距離で対象物を凝視したり、強い光に晒される事で視神経が披露する事にあります。
つまり、ピント調節機能が低下する事で、眼精疲労は引き起こされたり悪化する結果に繋がります。
この問題を解決する為には、原因と一定の距離を置く事が大切で、可能なら完全に切り離す事が最も効果的といえます。
しかし、現代人に欠かせない機器ばかりなので、眼精疲労と上手く付き合う事が問題を大きくしないコツになります。
ピント調節は、眼球周囲の筋肉が行うので、定期的に目を動かしたり回すストレッチは疲労感軽減に役立ちます。
また、遠くを見る事も効果的で、特に意識して遠くと近くを交互に見るやり方は手軽な疲労回復方法になります。
栄養補給も疲労問題改善には重要で、ビタミン類や活性酸素に対抗出来る栄養素の補給が必要です。
視神経の多くは、光に対する感受性が高いので、強い光を浴び続ければ強いストレスに変わります。
この影響は、直接的な目やピント機能だけではなく、肩こりや頭痛、精神的なイライラに発展する原因にもなります。
目は使った時間に応じた分だけ休む事、これが疲労を悪化させたり、頭痛やストレスを引き起こさないコツです。
仕事で目を使わずにはいられない人は、時々目を閉じて暗闇を見たり、光をシャットアウトして脳を休める事も大切です。
光はエネルギーの一種ですが、眼球や視神経と共に、脳も強いストレスに晒される事になります。
音や匂いは脳が感じ取る情報でも、視覚的に目から入る光はそれ以上に影響が強く、また外部から入り込む情報の多くを占めています。
目の疲れは、脳が引き起こす部分もあるので、その両方を遮断出来るまぶたを閉じるやり方は眼精疲労改善にプラスの作用があります。
もう一つ疲労を軽減出来る方法としては、目の周りのツボを刺激したり、温めて血流を改善するやり方が効果的です。
眼球周囲の筋肉は、肩こりと同じく血流の低下が症状の悪化を引き起こします。
筋肉を解したり、柔らかく保つ事が肩こりの軽減になるので、目の周囲とそれを覆う部分の筋肉にも共通するヒントになります。
目を閉じて血流を改善出来る方法には、入浴がお手軽かつ効果的な選択で、入浴効果と湯気の二つの作用で目を休ませる事が可能です。
好みの香りが得られる入浴剤は、匂いでリラックス効果が得られるので、これを浴槽に加える事も疲労回復効果を高めます。
長時間や高温の入浴は、体の水分を奪う事がかえって疲労に繋がるので、適度に水分を補給する事も忘れられないポイントです。
体が温まった後は、指で優しく目の周りを刺激したり、指を滑らせて血流を促す事もセルフケアになります。
眼球を直接圧迫する事は危険ですが、その周囲であれば比較的安全なので、力加減さえ間違えなければ問題ありません。
あえて目を動かす事、これも凝り固まった筋肉を解す効果を生むので、上下左右に目だけを動かす事も筋肉の凝り改善効果になります。
これらの取り組み方は、毎日の生活に無理なく組み込む事が出来ますが、目を使わない1日を適度に加えたり、他の五感を活用する休日を作る事も偶には必要です。
上手く休む事が出来れば、翌日に疲れが残る事はなくなりますし、視力も長期的に維持し続ける事が可能です。
実際には、集中的に疲労感が増したり、毎日必ず疲れが取り除ける保証はないので、目の健康に不安がある時は眼科に相談する事も疲労改善を助ける方法になります。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

口コミ評価抜群の東京の美容鍼

口コミ評価抜群の東京の美容鍼 ニキビや肌荒れなどの悩みはありませんか。また、加齢が原因となり、様々な肌の悩みを抱えていませんか。このような悩みがある方に、東京の鍼灸サロンをおすすめします。口コミでも高い評価を得ている鍼灸サロンでは、ニキビや肌荒れ改善 …

肉離れ治療はインディバ+深層筋療法で症状早期改善

肉離れとはどのような状態か スポーツをしていて肉離れを起こしたと言う話を耳にすることがありますが、この肉離れとは筋肉が切れてしまった状態のことを言います。肉離れにはいくつかの種類があり、肉離れを起こして動かすことができると言う場合は筋肉の膜に傷が入っ …

むくみの症状について

むくみの症状について 一般的にむくみの症状が出る原因というは、水分の過剰摂取や、日頃からの塩分の摂りすぎも関わっています。長い時間立ち仕事をしたり、座ったままだったりと、同じ姿勢を続けていることで、疲労感を感じたり、寝不足なども引き金になりやすい要因 …