東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2016/12/28


ぎっくり腰の治し方をマッサージについて

ぎっくり腰の治し方をマッサージについて

ぎっくり腰は、咳やくしゃみをした時や、重い荷物を持った時になってしまうことが多いですが、洗面所で顔を洗っているだけでも起こる場合があります。腰痛には慢性と急性がありますが、ぎっくり腰は急性の腰椎症なので捻挫のような状態なので、痛みが強く、不自然な姿勢になって動けないことが多いです。
ぎっくり腰の治し方は、腰の一部が炎症を起こしている状態なので、安静にするのが一番です。病院やクリニックで処方されたり、ドラッグストアや薬局で販売されている冷湿布は、患部の炎症を抑えて痛みを和らげる働きがあるので、貼っておくと良いでしょう。

温湿布?冷湿布? ぎっくり腰の湿布選び

温湿布は、患部の血流を促進してしまうので、痛みがひどくなってしまうため、使わないようにして下さい。痛みが強い時は、無理をして病院に行っても、湿布などを処方してくれるだけなので、痛みが緩和してから、整形外科に通院をしたほうが良いでしょう。痛みが強い時は根拠のないマッサージをすると、逆効果になってしまうので、自己流の方法では行わないようにして下さい。技術がない整体院やカイロプラクティックの治療院でも、炎症が強く、痛みが強い場合はマッサージを行わないことが多いです。

ぎっくり腰は即日緩和可能です

深層筋療法

ぎっくり腰の予防方法

ぎっくり腰を予防するためには、普段から適度な運動をしたり、筋トレをしたりして、大腰筋を鍛えておくようにしたり、姿勢を正しくして、猫背にならないように注意をして下さい。自由に体を動かせず、痛みも強いので大変辛いですが、冷湿布を貼っておくようにしたり、安静にするのが一番よい治し方と言えます。
痛みが緩和すると、整形外科のクリニックに通院をすると、丁寧に診察を行って、痛み止めの内服薬を処方してもらったり、訓練室で理学療法士や作業療法士の指導のもとで、リハビリを指導してもらえます。整体院やカイロプラクティックの治療院では、炎症や痛みが強い時は、腰のマッサージを行わないことが多いですが、下半身の足や指をマッサージしてもらうことで、痛みを緩和する働きがあります。下半身の足や指は、坐骨神経と繋がっているので、マッサージを受けることで、痛みを抑えることができます。

ぎっくり腰になってしまった時は

立ち仕事や家事はなるべく控えるようにして、一週間から2週間程度経つと少しずつ痛みが緩和するので、無理をしないようにする必要があります。普段の生活では、急に重い荷物を持ったりするのは避けるようにして、冷湿布などを常備しておくようにしましょう。腰の筋力が低下すると起こりやすいので、普段からこまめに歩くようにしたり、適度な運動を心掛けるようにして下さい。治し方は、とてもシンプルですが、安静にするのが一番なので、無理に動くのは避けるようにしましょう。
中高年以降の年代の人や、高齢者のほうがなりやすい傾向がありますが、物流や運搬などの仕事をしている人や、重労働をしている人も起こりやすいので注意をして下さい。若い年代の人は、中高年や高齢者に比べると治りが早いですが、何度も繰り返す人が多いので、普段から生活習慣を見直す必要があります。
ぎっくり腰になってしまった時は、強い痛みで慌ててしまう人が多いですが、無理に病院に行こうとすると症状が悪化してしまう場合があるので、注意をして下さい。
普段の生活では、下半身や腰のマッサージを行うことで、血流が良くなるので、腰の炎症を予防できます。痛みや炎症が強い時は、ぬるめのお湯であれば、入っても良いですが、長時間は患部を温めないようにする必要があります。少し症状が改善してきて、痛みが弱くなっている場合は、入浴をして体を温めるようにして下さい。普段の生活では、保温性の高い衣類や下着類を選んで着用するようにして下さい。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

整体を受けることでのぎっくり腰の治し方

整体を受けることでのぎっくり腰の治し方 ぎっくり腰は、急な動作によって腰に激しい痛みが走る症状のことを指します。一般的には、重い物を持ち上げた瞬間や身体を捻った瞬間、過体重や姿勢不良、筋肉の疲労などによって起こるとされていますが、明確な原因というのは …

ぎっくり腰と間違えやすい症状の腰椎椎間板ヘルニアも即日緩和可能です

ぎっくり腰と間違いやすい症状 ぎっくり腰は腰に激痛が走りますが、ぎっくり腰のほかにも、腰に痛みが走る病気や症状がいくつかあります。ぎっくり腰の痛みは強いですが、病院で加療しなくても安静にすることで治りますが、ほかの腰痛は一クセも二クセもあるものばかり …

軽度のぎっくり腰の直し方と治療法は深層筋療法が最善です

軽度のぎっくり腰を緩和させる直し方 急に起こるぎっくり腰は、激痛があり病院に行こうと思っても動くことができません。軽度のぎっくり腰はもその場で緩和する治し方を知っていると、楽になることができます。 軽度のぎっくり腰の原因は、長時間同じ姿勢を続けること …