surya接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

   


整体を受けることでのぎっくり腰の治し方

整体を受けることでのぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰は、急な動作によって腰に激しい痛みが走る症状のことを指します。一般的には、重い物を持ち上げた瞬間や身体を捻った瞬間、過体重や姿勢不良、筋肉の疲労などによって起こるとされていますが、明確な原因というのは判明していません。そのため、適切な治療方法というのも無いのが特徴となっています。ただ、発症した際には出来るだけ安静にすると良いと言われています。

横になるなど楽な姿勢になり、患部を冷やすことで痛みが和らぐともされていますが、それでも痛む場合や出来るだけ早く治したいという場合には、病院や整体に行くのも良いでしょう。整体におけるぎっくり腰の治し方は、その施術者や患者の症状などによって異なります。ただ、患部には直接触らずに関連部位などをマッサージしたり、ほぐすことで治りを早めたり、再発を予防する効果はあります。また、腕の良い施術者であればすぐに治すことも出来る、と言えますが、すべての整体でそういった効果が得られるわけではないので、もしも治療を受けるのであればその整体院でどんな治し方をするのか、評判は良いのか、通いやすいか、などを調べてから利用するようにした方が良いとされます。

ぎっくり腰最善の治し方

深層筋療法

整体院、接骨院やマッサージ店、鍼灸院でのぎっくり腰治し方

整体院以外であれば、接骨院やマッサージ店、鍼灸院などを利用する方法もあります。腰が痛くて動くのが辛い場合には、往診に来てくれるところを選ぶのも良いとされます。自分の好みやニーズに合ったところを利用するのが良いでしょう。ただ、ぎっくり腰を治療する際に注意した方が良いことがあります。それは、その腰の痛みが本当にぎっくり腰なのかどうかという点です。

腰痛の症状

こういった激しい腰の痛みが起こるものは、椎間板ヘルニアや腰椎椎間関節捻挫などもあったり、それ以外の病気である可能性も存在するためです。多くの場合は、時間の経過と共に痛みが引くものですが、数日経っても痛みが引かない場合や、発熱や吐き気、しびれ、冷や汗、ふるえが起こる、夜間痛や再発を繰り返す場合などには病気を疑ってみた方が良いとされます。そのため、病院などできちんと診察してもらい、正しい治し方で治療を行なった方が良いでしょう。

整形外科での治療

その際に利用するのは、整形外科か内科が良いとされています。整形外科の場合には、レントゲンなどを撮ることで骨に異常が無いかを調べることが出来ますし、内科の場合には病気の際の治療を真っ先に行なうことが出来ます。病院では、基本的には痛み止めや消炎鎮痛剤、湿布などを処方され、安静にしていることをすすめられると言えます。ほかにも、注射などをすることもありますが、自然治癒が最適となっています。これは、微小な筋肉の損傷が原因となっているため、病院で行なうことの出来る施術には限りがあるためです。

整体での治療

そのため、早めに治したい人や少しでも痛みを緩和させたい場合には、整体院やマッサージの施術を受けることでさらに痛みを和らげ、治りを早くしようとするのです。どんなに痛くても緊急治療を必要とするわけではないので、病院を利用する際には、救急車は呼ばずに出来るだけ誰かに車などで送ってもらうようにしましょう。

ぎっくり腰の治し方まとめ

ぎっくり腰になる直接的な原因はまだはっきりとは分かっていませんが、さまざまな原因が重なり合って発症するという事実はあります。例えば、加齢や腰に負担の掛かる姿勢を取っていることや、精神的や肉体的な疲労が腰の痛みに繋がることもあります。そのため、発症しないためにも普段から腰には気を使っておいた方が良いと言えます。姿勢や歩き方以外にも、運動不足や睡眠不足などは疲労を溜めやすい体にしてしまうため、日常生活を見直すことも重要となります。前触れなく急に発症するのが、ぎっくり腰なので自分は健康だから大丈夫と慢心はせずに、普段の生活を改めることも大切なことなのです。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

ぎっくり腰は筋肉の緊張が関係し、裏技ストレッチで予防ができる

ぎっくり腰は予防ができる ぎっくり腰とは突然発症し、腰には電気が走るような激しい痛みで動けなくなってしまう事から、海外では魔女の一撃を言われています。大して重たい荷物を持った訳でもなく、くしゃみや咳、軽く腰を曲げた時など何気ない動作の時にもぎっくり腰 …

ぎっくり腰の病院での治療は経過みるだけ当院へご相談下さい

ぎっくり腰病院での治療 ぎっくり腰になって、治療に行こうとしたとき、すぐに思いつくのは病院だと思います。それは間違いではありませんが、病院では痛む箇所とその原因を明らかにして、対処療法的に痛み止めを処方されるという、言ってみれば応急処置をする場所と考 …

軽いぎっくり腰の治療法は深層筋療法15分で歩いて帰れます

ぎっくり腰の予防 ぎっくり腰にはその前触れを示す予兆があるといわれています。最もわかりやすい予兆としては、腰の違和感、もう少し詳しく言うと突っ張った感じです。また長時間座っていると、以前は腰に痛みを感じなかったにも関わらず、痛みを感じるようになった場 …