surya接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

   


接骨院はぎっくり腰の治し方の一つ

接骨院はぎっくり腰の治し方の一つです。

急に立ち上がろうとした時に立てない、腰が痛い、歩く事が出来ないという症状に襲われる事があります。
それがぎっくり腰です。イメージから行くと高齢の人の方がなる可能性が高い物に感じるかもしれませんが、実際には幅広い年代の人がその症状に襲われます。前兆がある場合もありますが、多くの場合は何も異変も無く急にその症状が出てしまいます。

ぎっくり腰の原因

原因として考えられる事はいくつかありますが、一つは腰に負担を掛け続行けているという事です。腰は自分が思っている以上に負担を感じている事が多く、それによって疲労が蓄積されている事も少なくありません。勿論疲労が蓄積されているからと言って必ずしもぎっくり腰になる事は有りませんが、原因の一つだと理解しておく事は重要です。

ぎっくり腰予防法

体操

また同じ姿勢をいつも取っている、運動をしない、腰を動かす事が少ないというのもあまり腰には良くありません。
さらに現在増えてきているのがストレスによるもので、日常生活や人間関係などによっても起きてしまう事もあります。運動不足や急にいつもとは違う動きをしたという場合はそれを改善する事を心掛ければ再発する可能性は低くなりますが、原因が明らかではない場合は再発する可能性も高くなるので注意が必要です。

ぎっくり腰自体はある程度の時間放置しておくと痛みが軽減していき治った感じがしますが、体はまだ歪んだままという事もあります。その状態を続けていると体が無理な体制になってしまったり、時には神経を圧迫して痛みが発生する事もあるので注意が必要です。まずはしっかりと治す事が必要となります。

ぎっくり腰の治し方接骨院でも治療可能

ぎっくり腰の治し方としては病院に行って治療を受けるというのも有りますが、それ以外では接骨院でも治療を受ける事は可能です。治し方としてよく用いられるのが湿布で患部の炎症を抑えたりするという事です。接骨院の場合はそこに温熱治療なども併用したり、マッサージや矯正などをしてもらう事もできます。歪んでしまった体を全体的に矯正していくという事も可能なので、病院にはなかなか行きたくないという人にもお勧めの場所だと言って良いでしょう。

ただ、接骨院の場合は整形外科などの医療機関とは違って医療行為を行う事が出来ません。その為、内服薬などを利用する事も出来ないので、その点だけはしっかりと理解しておく事が重要となります。さらに各種保険適用と言う事を宣伝している所もありますが、中には保険が使えない場合もあります。基本的には健康保険を使うのは外傷性で出血を伴わない時と言う事になっているので注意が必要です。

ちなみに、ぎっくり腰になった場合、最初は整形外科に行っていて、症状が少し良くなってきてからは接骨院に行くという形を選択しても何も問題は有りません。また、最初に病院に行って検査をしてもらう方がより安心だと言っても良いでしょう。
接骨院は確かに腰痛などにも対応していますが、レントゲンなどを利用して検査をする事が出来ないため、もしかしたらその痛みが骨から来ている物なのかただ筋肉の異常なのかという事が分かりません。骨に異常がある場合は整形外科に行く方が正しい治し方と言えます。だから、まずは病院で検査をしてもらって骨に影響があるかどうかを調べて貰う、その後骨折などの場合はそのまま病院へ、骨の歪みの場合は接骨院にという風に分ける事も可能です。

ぎっくり腰は正しい治療をする事によって早く症状を抑える事が出来る様になります。なるべくその原因や症状に合っている治療の施設を見つけ、そこで適切な処置を受けるという事が重要です。また治療後は日頃の生活にも気を付ける様にすると、ある程度再発を防ぐ事が可能となって行きます。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

ぎっくり腰とは何かと、初めに何をすればいいですか?に対する答え

ぎっくり腰とは何か初動の治療が大事 ぎっくり腰とは正式には「急性腰痛症」といいますが、突然想像もしていなかった激痛が腰に走り、重度になると立つことも出来なくなる辛いものです。原因は人によって様々ですが、骨の歪みや腰周辺の筋肉が弱くなってしまったこと、 …

ぎっくり腰に効果的なストレッチ

ぎっくり腰の治し方に効果的なストレッチ ぎっくり腰とは急性と慢性の2種類に分けられ、前者はそれまで何も問題のなかった身体に、重たい物を持ち上げた瞬間や、普段行わないスポーツをして無理な姿勢になった瞬間に突然激痛が走って、動けなくなる症状。後者は元々軟 …

ぎっくり腰の病院での治療は経過みるだけ当院へご相談下さい

ぎっくり腰病院での治療 ぎっくり腰になって、治療に行こうとしたとき、すぐに思いつくのは病院だと思います。それは間違いではありませんが、病院では痛む箇所とその原因を明らかにして、対処療法的に痛み止めを処方されるという、言ってみれば応急処置をする場所と考 …