東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

   


ぎっくり腰の病院での治し方とは

ぎっくり腰の病院での治し方とは

ぎっくり腰は急性腰痛症とも呼ばれ、急な動作や重いものを持った瞬間などに身体を捻った際に起こる場合が多いです。症状としては、起き上がれないほどの激しい痛みが特徴とされます。一般的には、ぎっくり腰になった際の対処法は安静にするということです。次第に痛みが引いていくのを待つのが良いと言われているためです。ただ、気を付けなければならないのはその腰の痛みの原因を知っておいた方が良いということです。これは、椎間板ヘルニアや腰椎椎間関節捻挫などが原因であった場合にはそれ相応の処置をしなければならないためです。また、骨などにも異常が無いかを診る必要があります。そのため、病院での診察はしておいた方が良いと言えます。

病院

基本的な病院におけるぎっくり腰の治し方というのは

レントゲンを撮ったり、椎間板ヘルニアなどの別の病気だった際に対応しやすいのがこれらの科となっています。また、病院に行かずに自宅で安静にしていても、数日間痛みが引かない、もしくは痛みが強くなっている、震えや発汗、吐き気やしびれ、排便や排尿に異常が生じている場合には、ただちに医師に診てもらうようにしましょう。こういった症状になった際にあまりの痛みで、救急車を利用しようとする人がいますが、これはあまり良くないと言えます。救急車は緊急治療を必要とする患者のために利用されるものであり、ぎっくり腰はその必要が無いものです。まずは、横になったり楽な姿勢になり、患部を冷却することが重要です。様子を見て、それでも不安な場合には家族や知人に頼んで病院に送ってもらい、診察を受けるようにしましょう。

このように、病院での治し方には限度がありますが、ほかにもさまざまな場所で治療を行なうことは出来ます。例えば、接骨院や整体、鍼灸院、マッサージやオステオパシーなどが挙げられます。患部は触らない方が良いので、事前に痛みがある部位を申告し、関連部位だけをほぐしてもらったり、改善させることで痛みを和らげたり、再発予防を行なうことが出来ます。こういった治療を受ける際に注意しなければなれないのが、施術者の技術などによって効果が違うということです。出来るだけ施術を受ける前に、どんな施術を行なっているのか、評判はどうなのか、といったこともリサーチしておいてから依頼をしましょう。

ほかにも、動くのが困難であれば、往診に来てくれる医師や鍼灸師などを利用したり、通いやすい場所にある医院を利用するのがおすすめです。ぎっくり腰は、さまざまな要因で発症することが多いですが、明確な原因というものは未だによく分かっていません。ただ、さまざまな要因が重なることで発症しやすくなるものだとも言えます。普段から腰に負担を掛けない生活を心掛けたり、動作に気を使うこと、疲れなどを溜めないようにすることは重要だとされます。また、運動不足や睡眠不足などの不規則な生活を送らないようにする、といった日々の習慣にも関連付けられることも多いので、そういった点にも注意をして過ごすことが今後、健康に過ごすためには必要なことだと言えます。

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

ぎっくり腰
軽度のぎっくり腰の直し方と治療法は深層筋療法が最善です

軽度のぎっくり腰を緩和させる直し方 急に起こるぎっくり腰は、激痛があり病院に行こうと思っても動くことができません。軽度のぎっくり腰はもその場で緩和する治し方を知っていると、楽になることができます。 軽度のぎっくり腰の原因は、長時間同じ姿勢を続けること …

ストレッチ
ぎっくり腰予防に効果的なストレッチで快適な生活を

ぎっくり腰予防に効果的なストレッチ ぎっくり腰からの回復を早める効果的なストレッチをご紹介しましょう。腰が痛むから、腰を伸ばせばいい、なんて考えていませんか?腰は多くの筋肉がある場所で、上半身と下半身の働きを制御する筋肉も備わっています。それだけに、 …

マッサージ
軽いぎっくり腰の治療法は深層筋療法15分で歩いて帰れます

ぎっくり腰の予防 ぎっくり腰にはその前触れを示す予兆があるといわれています。最もわかりやすい予兆としては、腰の違和感、もう少し詳しく言うと突っ張った感じです。また長時間座っていると、以前は腰に痛みを感じなかったにも関わらず、痛みを感じるようになった場 …