東京でぎっくり腰治療は吉祥寺スーリヤ接骨院

今までのアプローチとは完全に違う深層筋療法で “あらゆる腰痛に終止符を打つ”

    2016/02/22


ぎっくり腰の治療法、治し方は深層筋療法1回で劇的に改善

ぎっくり腰になる一番の原因とは

ぎっくり腰の原因は様々で痛み方もそれぞれですが、根本的な原因がいくつかあります。まず筋肉が慢性的に疲労していることです。ぎっくり腰とは突然起こる腰痛ですが、症状が急なだけで原因はゆっくりと進行しているケースが多いです。少しずつ筋肉疲労を溜め込むと、ある日許容量を超えてしまいます。中腰で荷物を持ち上げる瞬間やよろめいた時に、筋肉に大きな負荷がかかると耐え切れなくなってぎっくり腰になります。筋肉は毎日疲労しますが、睡眠や栄養で回復しています。運動不足や栄養バランスの乱れ、睡眠不足で筋肉を回復が追いつかなくなります。また骨格の歪みも考えられます。長時間同じ姿勢でいると体の柔軟性が低下するので、同じ骨格や筋肉が使われ続けます。筋肉は使われないと緩むので、筋力のバランスが崩れて骨格が歪んでしまいます。体のバランスを保とうと腰周りが無理をすることで、痛みを発生させます。若い人やスポーツ選手でもぎっくり腰になることがります。これは高い所から飛び降りたり、横になった状態から勢いをつけて起き上がったりする時に起こりやすいです。止まった動作から突然動き始めると、腰に大きな負担がかかるためぎっくり腰になります。

ぎっくり腰の最善の治し方深層筋療法とは

筋肉を刺激し、コリを形成している細胞や血管を再活動させます。再活動した細胞や血管により収縮した筋肉が緩み、新陳代謝も高まり、血流が促進し圧迫されていた神経も正常な状態に回復します。ぎっくり腰の治し方、短時間で最大効果の現れる手技です。症状が軽減する「自然治癒力」を最大限発揮させます。1~2回で劇的に良くなっている方が多数いらっしゃいます。

深層筋療法

治療料金

詳しい料金はこちら click

治療効果にご納得頂けない場合、全額返金致します。

【40分:4000円税抜き→初回限定3,000円】
唯一無二の技術で最大限の効果を出す。深層筋療法は今までのアプローチと完全に違う “あらゆる痛みに終止符を打つ”手技となります。正しい原因に対して正しいアプローチを行えば、当然のようにあなたの体は改善へと向かいはじめます。

【60分:6000円税抜き→初回限定4,500円】
1回の施術で驚きの緩和。深層筋療法は、患者様の長年の”つらい”と感じる存在的な「筋しこり」を刺激することで、生体・筋肉の持っている自然治癒力を導き出し楽になるを手助けします。注射、湿布、その治療方法では痛みをごまかすことができても根本的に痛みを解消する事は出来ません。適切な治療をすれば早期に完治します。

電話

予約

ストレッチでのぎっくり腰の治し方

ストレッチ

寒い冬や年末年始などの忙しく動き回る時期は、身体の節々に負担が掛かってぎっくり腰になりやすくなります。予告なく突然起こる事が多いので治し方も分からず慌ててしまう場合がありますが、整体や治療院などで処置を受けて自宅でもそれなりのケアをすれば悪化する事もなくより早く治せるでしょう。整体などでの治し方は、ぎっくり腰の元になっている部分を伸ばしたりしながらストレッチを行っていきます。
ただでさえ痛みが激しいのに、その部分を伸ばしたりしては余計痛みが強くなるのではないかと不安にもなりますが、無理な力で刺激するわけではありません。その人の症状がどの段階にあるのかという状況に応じて、強さを変えていきますから安心して受けて良いでしょう。
さらに自宅でも簡単に行えるストレッチがあります。背中をピッタリを床につけて、脚を曲げた体勢になります。その状態で左右の脚を同時に横に向かって倒していくという方法です。勢いをつけずにゆっくり時間を掛けて倒していくのがポイントで、これを何度か繰り返す事によって腰の筋が緩やかに伸びていくので症状が楽になります。自分の意志で動かすので、痛みを感じたらストップ出来るというのもメリットと言えます。

ぎっくり腰の治し方、予防は体操も効果的

体操

ぎっくり腰は、特別な人にだけ起きる症状ではありません。普段腰痛など感じたことがなかった人でも、ふとしたきっかけで起きることがあります。1度起きると癖になりやすく、将来的に腰痛が持病になることもありますので、充分な注意が必要です。
基本的には腰がかかる姿勢、職業の人に起きやすい症状ですが、年末年始はぎっくり腰が増える時期でもあります。なぜなら長時間コタツに座って同じ姿勢を取る、暴飲暴食の機会が増える、初詣などで寒い場所に長時間立つ機会が増える、など腰に負担がかかりやすい時期だからです。
ぎっくり腰の治し方は、腰に負担がかかって炎症を起こしている状態ですので、炎症が治まるまで安静にするしかありません。患部を冷やすのも有効です。痛くて動けないはずですので、どっちにしても安静にはするでしょうが、無理をせず、楽な姿勢で横になっているのが一番です。深層筋療法以外は劇的に良くなるような治し方はありませんので、ある程度時間がかかることは覚悟しておく必要があるでしょう。
少し良くなってきたら、軽い体操をして弱った筋肉を動かします。仰向けに寝転んで両足を曲げ、そのままゆっくりと足だけを左右どちらかに倒していきましょう。痛ければ無理をせず、倒せるところまでで良いです。この体操をすると、治りがずいぶん早くなります。

病院でのぎっくり腰の治し方

病院におけるぎっくり腰の治し方というのは、基本的には痛み止めの処方を行なうことです。ほかにも、消炎鎮痛剤や湿布などを処方してくれますが、安静な状態にして自然治癒という方法の治し方であることがほとんどです。ぎっくり腰は、微小な筋肉の損傷から発生するため、縫ったりすることも出来ないので自然治癒以外の方法で治療することが難しいとされています。数日間、不自由な生活を送ることにはなりますが、次第に症状は緩和されるものなので、病院ではそれ以上の治療は行わないことが多いのです。

ぎっくり腰に効果的な対処法とは

入浴

重いものを持ち上げた瞬間にギクッときて、そのまま動けなくなってしまったといった経験をお持ちの方も決して少なくないでしょう。このようなぎっくり腰に効果的な対処法があれば、是非とも実践してみたいものです。
ぎっくり腰になったらとにかく安静に、といった言葉をよく耳にするものです。もちろん、ぎっくり腰になった直後は安静にしていることが必要です。その際、自分にとって一番楽な姿勢を見つけましょう。一般に言って、ぎっくり腰の人が楽に感じる姿勢とは、仰向けになって膝を曲げた姿勢か、横向きに寝て背中を丸め、なおかつ両足で枕かクッションを挟んだ姿勢であると言われています。
ぎっくり腰に効果的な対処法として、次の幾つかの点を是非実行してみるようにしましょう。痛みが少しひいてきたら、いつまでも安静に寝ていないということです。少しずつ動くようにすることが勧められています。もちろん、急に動いてしまっては逆効果になってしまうため、少しずつ動くのがポイントです。まずは足首、そして膝を立てたまま左右にゆっくり動かすという具合です。ゆっくり動けるようになってきたら、効果的な対処法はお風呂に入ることです。熱すぎないお湯に入り、体を温めることによって、修復が促され痛みが緩和されます。

ぎっくり腰の症状について原因を知って予防

ぎっくり腰、別名は急性腰痛症という急に腰に激痛が走る症状のことをいいます。急に重たい荷物を持ち上げたり、急な動作を行ったり、長距離を歩いたり、簡単なことでいえばベッドや布団から起き上がるときに急に体を起こすだけでもぎっくり腰になってしまいます。原因としてこれだという確信的なものは無く、軽いものから重い症状まで様々です。
その痛さときたら激痛で、その場にうずくまってしまったりその場から動けなくなること、大丈夫だと思って少し動くとまた激痛がきてしまうというツライ連鎖の繰り返しです。
症状としては動作という動作をするたびに顔がゆがむほどの激痛が腰に入り、動けなくなってしまうというのがひとつです。
最初は違和感が少しあるかなという程度だったのが急に腰痛としてあらわれてしまったり、いったん寝てしまうと次の起き上がるのが困難な場合もあります。
おじぎや体をそることもできず、動きがままならないこと、歩行が困難、くしゃみや咳などでも響き腰が痛む、など人によって様々な痛みを生じてしまうぎっくり腰。最初はそれがぎっくり腰だということに気づかないでいつも通りに家事や仕事、ウォーキングなどをしてしまいさらに悪化してしまうケースもあるので上記の痛みが腰に走ったらまずはぎっくり腰かもしれないと疑いましょう。

ぎっくり腰を予防する方法

ぎっくり腰を予防するには、骨盤を歪ませて腰の一部に負担をかけないように体を左右対称に使うことを意識します。カバンを持つ腕は左右交互にします。できれば避けるべきなのが脚を組むことですが、癖になっている人は反対の脚を上にするなど意識して組み替えます。立っている時も重心が片方の脚に乗っていることが多いので、普段重心がかかっていない方に注意します。ゴルフや野球では体の片側しか筋肉を大きく動かさないので、ウォーミングアップの時に念入りに使わない方の筋肉を伸ばします。また体を冷やさないこともぎっくり腰の予防に効果的です。夏場はエアコンの影響で足先が冷え切っている人が多いです。現代人は脳や目を酷使して、血流が上半身に集まりやすい傾向があります。冷え性はますます下半身に送られる血液を減らすため、下半身を中心に保温します。ウォーキングで全身の筋肉を動かしたり、ズボンを2枚履いたりします。飲み物も冷たいものより体を温める紅茶などを積極的に飲みます。スクワットは腸腰筋を鍛える効果があります。しかし年齢によってはスクワットは負担が大きいので、椅子に座って両足を床から少し離し、片方ずつ太ももを上げる動作を10回行うと良いです。

ぎっくり腰の効果的な治療法

突然やってくるぎっくり腰。重いものにかかわらずティッシュ一枚を屈んで取っただけでなってしまうこともあります。
初めてなってしまった時は大いに焦りますが、適切な治療法で対処をすれば回復も早いです。

ぎっくり腰になると、昔は安静に横になって痛みが引くのを待つ、という治療法が常識となっていました。
しかし最近の研究では、超初期段階で痛み止め(薬、湿布薬)で対処した後、動かせる箇所からどんどん動かしていくという治療法が適切であるとの結果が多く出ています。
そもそもぎっくり腰の原因は、ある同じ体勢を長時間続けたことによる腰の筋肉の硬化状態なのです。
椅子などに座りっぱなしの体勢は腰の筋肉に相当なストレスをかけていて、生活の中でその負担に耐えきれなくなった筋肉が悲鳴を上げるのです。ぎっくり腰になってしまった時は、腰の筋肉がギュッと縮こまっている状態です。
固まってしまっている筋肉を痛みのない元の状態に戻すためには、ずっと安静にして余計固めてしまうよりも、不安ながらも動かせるところからどんどん動かしていったほうが回復がとても早く、治った後の患部の違和感も取れやすいのです。ぎっくり腰はクセになるとも言われますが、再度そうならないためにも同じ姿勢をとり続けることを避け、日頃から背骨や腰の周りの筋肉を伸ばすように時々体操するように心がけましょう。

突然になるぎっくり腰の応急処置

西洋では、魔女の一撃と言われるくらい突然激痛がおきるのがぎっくり腰です。ぎっくり腰になったときには動くこともできないときが多く、どうしたらいいか焦ります。歩くことも、立つこともできない事が多くあります。まずは、その状態のままでの安全を確認することです。
屋外の場合なら、痛くてもすぐに動くことが大事です。時間が経過すると、動けない事態になることもあるために、誰かの手を借りても安全な場所にいきます。応急処置としては、腰に炎症がおきているので冷やします。屋外の場合なら、コンビニなどで氷を購入してタオルやハンカチで包み10分程度痛い部分に当てておきます。この冷やす際には、冷却用のシップも使用ができます。
このように強い痛みがあるときには、患部を冷やすことが一番大切です。次にできる応急処置は、冷やしながらも体を横にして安静な姿勢になることです。横になることができないときには、壁などに体をよりかけると楽になります。
安静にすること、患部を冷やすことが大事です。

関連ページ

もしシェアしていただけたら、励みになります。ありがとうございます。

  関連記事

ぎっくり腰の応急処置として有効な深層筋療法で即日緩和

ぎっくり腰の自宅で出来る応急処置として ぎっくり腰になったとき、家に誰もいないし、そもそも痛くて外に出られそうにない!そんなときどうするか。家でできる応急処置の方法をご紹介します。まずすべきは、動かずにじっとしているです。安静にしていれば、痛みは次第 …

整骨院での保険適応のぎっくり腰の治し方について

整骨院でのぎっくり腰の治し方について 突然の腰の激しい痛みで歩くことや立ち上がることもできない状態となるのが急性腰痛症であり、通称ぎっくり腰で知られています。症状としては、物を持ち上げたりといった動作中に急に腰が痛みだして動くことが難しくなることや、 …

多くの方が経験するぎっくり腰 ストレッチでの治し方

多くの方が経験するぎっくり腰 ストレッチでの治し方 まず、ぎっくり腰になる原因ですが重い荷物を持ったからではありません。ティッシュを取っただけでもなる人はなります。ぎっくり腰というのは日頃の疲労が溜まっての症状です。また、同じ姿勢で仕事し続ける人にも …